1. 電子書籍TOP
  2. 三田誠広の小説教室
このエントリーをはてなブックマークに追加

三田誠広の小説教室
三田誠広 (みた まさひろ)
1948年、大阪府生まれ。早稲田大学文学部卒業。高校在学中に『Mの世界』で作家デビュー。1977年、『僕って何』で芥川賞を受賞。『いちご同盟』『地に火を放つ者』など著書多数。日本文藝家協会副理事長。武蔵野大学文学部教授。
三田誠広先生の作品一覧はこちら
第九十六回 新しい時代の母親のイメージ

【今回の作品】
長嶋有『猛スピードで母は』 現実に立ち向かう母を子ども目線で描く


 長嶋有さんは、文學界新人賞を受賞した『サイドカーに犬』という作品で、颯爽とデビューした作家です。当時、ぼくも犬を飼っていましたので、このタイトルを見て、おおっ、と思いました。すでに老犬となっていた犬との散歩が、あまり愉しくなくなっていた時期でした。ぐんぐんぼくを引っぱっていくような犬の勢いがなくなって、遅れ気味にヨタヨタと歩く犬の姿を見て、悲しくなったりしていましたので、この犬をサイドカーに乗せてバイクでスッ飛ばしたら、犬も喜ぶのではと思いました。まあ、ぼくには自動二輪の免許もありませんから、実際にサイドカーを運転するつもりもなかったのですが、とにかくサイドカーに犬を乗せる話なら、読んでみたいと思いました。
 でも作品を読んでみると、犬の話ではありませんでした。小学校高学年の少女がヒロインで、神経質な母親が家を出ていったと思ったら、ただちに父の愛人らしい女が家に入ってきて、お母さんの代わりをしてくれるという話です。その愛人のキャラクターが、カラッとしていて、悲惨な家庭環境の話のはずなのに、プロットがさらさら流れていく爽快感が、とても印象的でした。確かに一瞬、サイドカーに乗った犬が出てくるのですが、サイドカーに乗せられたその犬の状態が、ヒロインの状況と重なるということなのでしょう。
 この作品は芥川賞の候補にもなりましたが、強く推す選者もいた反面、反対意見も多く、受賞には到りませんでした。反対した人は、「軽すぎる」という印象をもったようです。これは結局、女の子と継母の物語なのですが、それをあまりにもさらっと語っているので、ものたりなさを感じたということでしょうか。


登場する女性の現代的なキャラクター

 その次の回の選考会で、長嶋さんは過半数の支持を得て受賞しました。それがこの『猛スピードで母は』という作品です。
 前回は少女と継母、という設定でしたが、今回は少年と実母の母子家庭が描かれています。これも設定からすると暗くなりそうに思えるのですが、前回同様、文章はさらさら流れていきます。当然、選評の中にも「軽すぎる」という声があったのですが、今回は少数派でした。半ば以上の選者が、長嶋有さんの文体に慣れてきたということかしもれませんし、この設定をこの文体で軽く描くというのが、この作家の戦略であり、文学的な試みであり、画期的な方法論だということに、選者の多くが気づいたということでしょう。
 2つの作品を比べてみると、継母と実母という違いはあるのですが、この女性のキャラクターはよく似ています。強くて、明るくて、やや雑な感じがする。それまでの日本人男性が好んでいた、控え目で、じっと耐えている女というイメージの、対極にあるような人物像です。そこのところが、新しいかといえば、夏目漱石『三四郎』に出てくる女性も、同じような感じなので、昔から文学作品の一種の定番キャラクターという感じもします。しかし、それが継母であったり、母子家庭の母親だったりすると、いかにも現代的な状況だといえるのかもしれません。
 長嶋有さんはその後も、プロの作家として大活躍されています。『サイドカーに犬』は映画化されましたが、長嶋さんの原作の『ジャージの二人』という映画もあって、ここでは犬(しかもぼくの飼い犬と同じハスキー犬)が大活躍します。この映画は、ぼくの好きな日本映画のベスト3に入る作品です。それから、ブルボン小林という名前でマンガを描いたり、マンガ評論を書いたりもされています。とにかくふつうの作家ではない、独特のスタンスで仕事をされているユニークな作家ですが、谷崎賞を受賞するなど、作家としても着実な実績を残している、すごい作家です。


重い内容を軽く無駄のない文体で描く

 長嶋さんの文体は、軽くてテンポがいい。軽い文体というと、むだの多いおしゃべり調の文章を連想しがちですが、長嶋さんの文章は違います。軽いのだけれど、とぎすまされている感じで、的確にむだが省かれ、刈り込まれている感じがします。少し刈りすぎではと思われるほどに、テンポが早いので、読み始めのころは不安な感じがしないでもなかったのですが、若い読者にとっては、ちょうどいいテンポなのかもしれません。
 ぼくが芥川賞をもらったのは、40年前のことですが、やはり文章が軽いといわれました。当時のぼくにとっては、軽く書くというのは、実はとても難しいことでした。試行錯誤を重ね、むだを徹底的に省くことによって、ようやくその文体にたどりついたのです。長嶋さんは、ぼくの息子くらいの年齢ですから、この文体は、ごく自然にすらすら書けたのかもしれませんが、いまの若い人たちが真似しようとしても、案外、難しいのではないかと思われます。
 とにかく、一度、読んでみてください。ぼくは大学で、小説の書き方を教えていますが、文学部の学生は、こんなふうに軽くは書けません。昔の作品を読んだりする影響でしょうか、意外にもっともらしい理屈っぽい文章を書きがちです。小説を書くんだという身構えた気持ではなく、肩の力を抜いて、さらっと書く。もしかしたらいまの若者にとっても、けっこう難しいことなのかもしれません。長嶋さんのこの受賞作は、軽く書きながら選考委員の老人たちにも褒められた、いわばお手本のようなものです。


→第九十七回 公園に流れる空虚な時間へ



▲トップに戻る

男性マンガ女性マンガマンガ雑誌ライトノベルキッズ文芸ビジネス・実用雑誌・写真集
電子書籍はeBookJapan