1. 電子書籍TOP
  2. 三田誠広の小説教室
このエントリーをはてなブックマークに追加

三田誠広の小説教室
三田誠広 (みた まさひろ)
1948年、大阪府生まれ。早稲田大学文学部卒業。高校在学中に『Mの世界』で作家デビュー。1977年、『僕って何』で芥川賞を受賞。『いちご同盟』『地に火を放つ者』など著書多数。日本文藝家協会副理事長。武蔵野大学文学部教授。
三田誠広先生の作品一覧はこちら


【今回の作品】
大庭みな子『三匹の蟹』 異国での日常に飽いた妻と男の一夜を描く


 学生気分の抜けきれない大人、という人類がいます。文学関係者は皆そうかもしれません。ですから小説の登場人物にも、そういうタイプが多いような気がします。夏目漱石なんか、主要登場人物の全員がそうかもしれません。同じタイプの人類が結集して、文壇という村を作っている。芥川賞の選考委員会も、そういう村社会の寄合みたいな感じがします。村社会の人々にとっては、村に帰属しない新しいタイプの人類、いわゆる「新人類」に対して、異物に出会ったショックから、畏敬の念みたいなものを感じがちです。新人類を描くと、選考委員たちはコロッといかれてしまって、すんなり受賞が決まるというケースが少なくないのです。
 沖縄の人、在日外国人、外国在住の日本人、被曝体験者、中卒の人、どれも新人類です。お笑い芸人とか、コンビニ人間、などというのも明らかに新人類ですね。でもそういう新人類はすぐに古びます。いま芸人の話を書いても、コンビニの話を書いても、もう新しくはないですね。そういう意味で、いま『三匹の蟹』を読んでも、この作品の新しさは、若い読者にはピンとこないでしょう。これが1968年の作品だということ、つまりほぼ半世紀前の作品だということは、頭の中に入れておく必要があります。


海外在住の専業主婦という“新人類”

 当時の村社会の人々にとっては衝撃的な新人類が、ここにいます。外国在住の専業主婦でフリーセックス……、これがこの新種の特徴です。若い人々には想像もつかないことでしょうが、1ドル360円の固定レートの時代ですね。外国に行こうと思っても、正当な理由がなければ外貨を入手できない、という不自由な時代です。外国にいる日本人というのは、国の留学生試験に合格した人とか、大手商社の社員などに限られていました。仕事で外国に行く場合は単身赴任です。ですから、専業主婦が外国にいるというのは、とても珍しいケースです。
 ここまで書いてきて、少し不安になりました。いまという時代は、専業主婦という存在そのものが、レアケースになっているようですね。結婚しても働くというのは当たり前のことで、よほど収入の高い人の妻でなければ、専業主婦にはなれない。いまでは専業主婦は、憧れの的のような存在です。でも、ぼくははっきり言いますが、専業主婦というのは、その本人がよほどの見識をもっていなければ、つまらない立場ですし、生活も単調で退屈で、生きる意味さえ見失ってしまう。専業主婦というのは、蟻地獄の底にいるようなものではないでしょうか。
 さて、『三匹の蟹』です。舞台はアラスカ。いわば無国籍の土地です。原住民だけがいた土地が、ロシア領になり、それからアメリカの州になった。そこに世界中からいろんな人種が集まってきた。そんなところです。そこで暮らしている専業主婦が、自分の生存のアイデンティティーを失ってしまう。小説は地味な芸術映画(要するにカークラッシュも怪獣も出てこない映画という意味です)のように展開します。シーンとセリフだけがあって、人間の内面が描かれてない。フィルムをつなぎあわせたカットバックの手法で、時間が前後するので、読者は頭の中で、時間の続き具合を修復しながら読む必要があります。


安っぽいホテルで獲得した“自由”

 ファーストシーンは、車がないと生きていけない社会の中で、バスに乗り込もうとする女の描写から始まります。財布の中にあったはずの20ドル札(1ドルは360円、しかも半世紀前の貨幣価値です)がなくなっている。一晩つきあった男に盗まれたというか、中年のおばさんの相手をしてやったので、正当な報酬として財布から抜かれたのかもしれません。実はこのシーンは物語の最後に置かれるべきプロットです。そこから話は、物語の発端に移ります。アラスカの中流の退屈な生活が描かれます。夫(仕事中心のいやな男です)のつきあいで、ホームパーティーをするために、専業主婦が料理やお菓子を作っている。妻の繊細さを理解しない鈍感な夫と、いやに大人びた可愛げのない10歳の娘。そういう生活がいやになった専業主婦が、ふらりと家を出て、しょぼい遊園地みたいなところをさまようことになります。
 専業主婦の生き甲斐とか、生きる喜びって、何でしょうか。ぼくは専業主婦ではないので、よくわかりません。ぼくの奥さんは専業主婦ですが、とても幸せそうです。理解のあるやさしい夫に恵まれたからだとぼくは思っています。この作品に出てくる夫は、外国で仕事をしている有能な日本人の典型で、つまり、自分は正しいと信じ込んでいるいやなやつです。当時の日本人は、専業主婦は夫の奴隷だと思っていました。ヒロインの専業主婦は奴隷であることを拒否して、家を出るのですが、結局のところ、遊園地で出会った男と怪しげなホテルへ行って、20ドルを盗られてしまうという、何ともさえない結末になるのですね。何しろ半世紀前の話です。日本の女子はヤマトナデシコと呼ばれ、夫以外とセックスするなんて、考えられもしなかった時代の話です。だからこそ、この行きずりの男とのセックスは、奴隷からの解放を意味しているのですし、当時の読者を驚かせたのですけれど、奴隷からの解放、すなわち自由の獲得が、うらぶれたホテルでのセックスだというのは、何とも哀しい話ですね。
 作者はその哀しみを、しっかりと自覚して、意図的に描いています。それがラストシーンのホテルの外観の描写で示されています。赤いネオンでうきあがったホテルの名前が「三匹の蟹」なのですね。安普請のログハウスで、赤いネオンの横に、緑色のランプが点っている。何ともケバくて、チープで、うら寂しい、いま読み返しても、当時の女性が置かれた悲惨な状況が胸に迫ってきます。さて、その五十年後の、いまの女子たちは、どんな生き甲斐をもって生きているのでしょうか。


→第八十三回 文字で描いた絵画の試みへ



▲トップに戻る

男性マンガ女性マンガマンガ雑誌ライトノベルキッズ文芸ビジネス・実用雑誌・写真集
電子書籍はeBookJapan