TELさんのお気に入りレビュアー
TELさんをお気に入り登録しているレビュアー
97人
参考になった総数
530

【TEL】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/147件 を表示

  • 最弱なのに最強という胸熱展開最高!
    村人という最弱ジョブなんだけどレベルが最強なので勇者よりも強い!という展開が面白いですね。
    村人ということで舐められているんだけど、一度戦闘になると強さを示すかっこよさ、
    異世界転生系の良い部分が散りばめられていますね。
    でもジョブが村人という最弱職なので、勇者が200、300とレベルを上げると村人の強さを
    追い抜いてしまう理不尽さもファンタジーとしては面白いですね。
    コミックもノベルも非常に面白い、そんな作品です!
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年09月28日
  • まさかコミックで読めるとは!?
    2002年でしたでしょうか?阪神ファンのためだけに作られた阪神のことだけを追求したこの映画、最高でした。
    だって、阪神の選手やOB(ランディ・バース等)を出演させるだけにとどまらず、観客エキストラの応援や実況も
    ペナントレースの試合そのものを再現していました(「阪神が優勝争いをしている」という部分はフィクション)。
    そんな伝説的映画の記憶なんか忘れ去ってるよ、という今コミックで読めるとは驚きです。
    ミスター・ルーキーの心情や二足の草鞋生活などなどの場面だけでなく、家族愛までもしっかり描かれていました。
    いやー、阪神ファンなら確実に面白いと思えるはずです。
    ただ、阪神ファン以外の方が読んでもハッキリ言って何が面白いかわからないかもしれませんね。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年09月05日
  • 控えめに言って最高!
    萌えビジュアルだけでも素晴らしいのに、さらにちょっとHっていうのが最高ですね。
    ちょい脱ぎ、半裸、ほぼほぼ全裸などなどシチュエーションも豊富。
    私はこういう作品を待っていたんですよ!
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年08月24日
  • 小説はとても面白い!
    紙の書籍を持っていましたが、お得だったので購入したんですよ。
    久々に読みましたがやっぱり面白いなって思いました。
    控えめで物静かな美人(巨乳)の栞子さんが淡々と謎を紐解いていく姿って良いですね。
    大輔と徐々に仲良くなっていく雰囲気も結構見逃せない展開です。
    実写とかで徹底的に汚された当作品ではありますが、小説はとてもおもしろいので早く続きが読みたいですね。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年08月24日
  • たまに読むと面白い
    ものすごく久しぶりに読んだけど面白いなぁって思いました。
    毎回思うのが、この雑誌読むとPC新調したくなるってこと。無駄に高スペックのPCが欲しくなります。
    それに今回は「ペヤング」でしたが、なぜこんな企画を!?という記事が載っているのがイイですね。
    また機会があれば買おうと思いました。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月24日
  • お金と人付き合いは密接にリンク?
    お金と人付き合いってやっぱりリンクしますよね。
    なかなか直視したくないものではあるし、日本人は「お金」の話を極端に嫌う傾向があるので、
    実はよくわかってない部分なのかもしれません。
    なので、こういう本って結構貴重だなって思いました。お金と人付き合いを見直すきっかけができる良書、おすすめです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月24日
  • 復讐劇ってやっぱり面白い!
    必死で頑張り多くの人を救ったはずなのに、王女や仲間たちに裏切られいたぶられ殺された勇者。
    二度目の人生があるならば復讐してやる・・・と誓い、自身がこの世界に召喚された日に戻ることに。
    そして召喚を実施した王女をまずは出合い頭に一発ぶん殴る!という場面から復讐の物語がスタート。
    以前の人生で裏切った奴らを今度は執拗にいたぶり殺していく様は読んでいて爽快感すら感じます。
    すぐには殺さず、最高の恐怖と痛みで復讐する主人公の勇者、この物語から目が話せません。
    • 参考になった 5
    投稿日:2018年08月24日
  • 爽快感あふれる復讐劇
    信じていた王女や仲間たちが裏切り徹底的にいたぶられ捨てられた勇者。
    そんな勇者が王女に召喚された場面に戻ることになり、復讐が開始されます。
    当然前回いたぶられた記憶は残っているので、自分を痛めつけた王女や側近たちを
    ひたすら殴り切り燃やしていく様は変な爽快感すら感じました。
    原作小説も同様に面白いのでかなりおすすめです!
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月24日
  • twitterで話題の作品がコミカライズ!
    結構twitterで追いかけていた作品です。
    twitterやpixivに載っていたものはセリフがなく絵とシチュエーションのみで魅せる面白さがありました。
    それがセリフ付きで単行本化されるとまた違った面白さが出てきましたので、twitterとは別作品として楽しめますね。
    悪ガキ時代の幼馴染に大学で再会したら、悪ガキが超美少女になってましたというお話ですが、
    男の方もガタイの良い頼れるスポーツマンになっていて、美少女に翻弄されるのかと思いきや
    逆に美少女が翻弄されている展開は新鮮で面白いんです。
    私的にはかなりオススメしたいですね。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年08月22日
  • 読む人を選ぶ作品かも・・・
    私も10や20どころではない冊数の異世界系ラノベを毎月読んでいます。そして毎回思うのが、だいたい同じような設定が多いなぁということ。
    でも、この作品はちょっと設定が予想の斜め上を突き進んだ異様なものでした。
    だって、主人公がチート能力を持っている、というレベルではなく、「死ね」と思うだけで相手を殺せる能力を持っているんですもん。
    しかも相手が人だろうがモンスターだろうがお構いなしに排除していくさまは爽快感を超えた変な面白さを感じます。
    でも、こんな突飛な設定で話を続けられるのか?という疑問は多少感じていますが案外この即死能力だけでない裏側のストーリーが
    しっかりと描かれているので結構楽しく読み進めることができるんです。
    読む人を選ぶ作品かもしれませんが、私は結構オススメします。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年08月21日
  • 私も村おこしに参加したい!
    田舎体験ツアーに行ったら、可愛い女の子たちが毎日代わる代わる子種をもらいに主人公とHしに来るんです。
    ご飯を作ったあとHしたり、ご飯を作る前にHしたり、学校へ行く前にHしたり・・・
    過疎化した村をなんとかしようと若い男と毎日H。そんな裏事情は一応あるけど、色んなタイプの可愛い女の子が
    日替わりでHしまくるこの村おこし、私もぜひ参加させていただきたい!
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年08月16日
  • 受賞する意義のある作品
    直木賞受賞作品ということで何も考えずに手に取り一読。
    内容は思った以上に重かったが、現代社会に警鐘をならすという意味では
    受賞するに値する作品だと感じた。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年07月24日
  • 艶めかしい描写がたまらん!
    表紙の女の子がとにかく可愛いし、肉感がエロいので思わず購入。
    表紙だけかなぁ、と思いきや中身もしっかりとエロかったです。
    登場する女の子のスタイルや柔らかそうな胸やお尻の描き方がとにかく良かったです。
    他の作品も読んでみたい!
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年07月24日
  • 転生したら蜘蛛になってる!?
    女子高生が教室でいきなり激痛に見舞われて、気づいたら洞窟の中で蜘蛛になってました…というお話です。
    意味不明。さらに蜘蛛。女子高生が虫の蜘蛛になっちゃったんです。
    普通に考えたら「絶望」ですよね。でもこの作品の面白いところはこの蜘蛛(蜘蛛子ちゃん)が「超ポジティブ」なところなんです。
    超逆境なのにもかかわらず「この世界で蜘蛛として生きてやる!」と激しく決意したり、
    蜘蛛だろうがカエルだろうが不味くても生きるために食べまくったり。。。そんな前向きな姿勢が健気なんですよ。
    蜘蛛だけど、読んでるといつの間にか可愛く感じてくるこの不思議、たまりません。
    さらに、蜘蛛の糸でせっかく作ったマイホームを人間共に焼かれて追われてしまった際、
    流石の蜘蛛子ちゃんも精神的にかなり凹んでしまうんですが、次のページではもう
    「うウジウジするの終了~」とあっけらかんに心を切り替えられる精神的な強さ。
    いやー、蜘蛛子ちゃん可愛いんですよ。マジで惚れそうです。蜘蛛だけど。
    女子高生が転生したら蜘蛛になるっていう意味不明な設定ですが、驚くくらい面白い作品です。
    結構タイトルで引かれてしまう作品かもしれませんが一度漫画を読んでほしいですね。
    新しいエンターテインメントに出会えると思いますよ。
    • 参考になった 5
    投稿日:2018年07月10日
  • 二郎とディズニーは同列!?
    「現在の日本でここまでワクワク感や勢いを感じられるのは二郎と東京ディズニーリゾートくらいだ」
    冒頭からいきなりぶっ込んでくる評価マシマシな文章、とりあえずここを読んだ時点で私的名著に選定させていただきました。
    ラーメン二郎は行列に並んでいる間も、席に座ってラーメンが出てくる間も、そして食べている間も常にワクワク感を感じることができる
    ある種最高峰のアトラクションと言っても良いのではないかとこの本では語られます。
    また、分析の中で著者が多くの日本企業の経営のあり方を暗に憂いているのではないかと感じました。
    今の日本企業は顧客の様々な声に対して右往左往しているが二郎は違う。
    愚直に超大盛りの麺にどでかいチャーシュー、山盛りの野菜という一つの商品をブレることなく提供し続けている凄さがあると。
    さらに他店との差別化であったり、事業モデルについてを経営学的な手法(フレームワーク)を用いて分析されているので、
    経営学を学ぶ方にはかなり有益なんじゃないかなぁと思います。
    というわけで、ためになるしお腹も空いてくる名著、私はオススメしたいですね。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年07月06日
  • twitterで追いかけていました!祝書籍化♪
    ショートヘアで無防備で主人公のことを色気で翻弄する女の子が主人公。
    サバサバ系の性格でナチュラルに主人公を胸チラやお風呂乱入などなどで攻めていくシチュエーションの数々が最高。
    また、主人公を取り巻くサブキャラクターたちもみんな可愛いんですよ。巨乳美人の先輩や貧乳だけど可愛いクラスメイトなどなど
    全編を通してちょっとHでちょっとエロくてみんな可愛いお話です。
    また、少しだけ出てくる深刻な場面も物語のアクセント。結構オススメな作品です。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年07月02日
  • 今の時代をときめく異世界系作品が豊富
    「村人ですが何か?」とか「デスマーチから~」「このすば」といった異世界系人気作品や
    ちょっとHな「トリアージX」「トリニティセブン」などなどこの手のジャンルが好きなら買って損はない雑誌だと思います。
    個人的には「エクスタス・オンライン」が結構好きですね。これも異世界作品なんですが、
    主人公は異世界の魔王になってしまい強力なパワーとカリスマ性で勇者たちを蹂躙します。
    でも臆病で小心者なので無理して強がっているというギャップが面白いですね。
    雑誌は大きくて分厚いけど、電子だと大きさ皆無。やっとマンガ雑誌を気軽に楽しめる時代がやってきました。
    今後もドラゴンエイジは買い続けようと思います。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年06月13日
  • 最高に面白美味しそう・・・
    クレヨンしんちゃんのキャラ(みさえとかしんのすけとか)はほぼほぼ出てこず、
    パパの野原ひろしが仕事中どこで昼食を取るかってだけのお話です。
    調子に乗って唐揚げを最大個数注文したらあまりにも大きなからあげが山盛り来て絶句。
    でも完食することが礼儀だ、と言わんばかりにかぶりつくシーンはとにかく美味しそう。
    他にも、蕎麦屋に入って丼のセットを注文したら、想像以上に山盛りのお蕎麦が出てきて完食、、、
    というのを見てすぐさまそばを食べに行きました。
    また、お昼ご飯の描写だけでなく、ちゃんと上司やってるなぁってお話もあるので結構読み応えがあります。
    クレヨンしんちゃんとは違ったお話ですがおすすめです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年06月13日
  • 質の高い話題作
    何かと話題のこの作品。個人的には異世界系の中でもかなり面白い部類に入ると思っています。
    転生したのが90歳を超えるおじいさんで、米を食べたいがために数万の敵へ挑む破天荒。
    そんな主人公を異世界へ誘ったのが見た目幼女の神様。ノリが良くウザい感じがとても良いです。
    ヒロインたちも良くある設定のキャラクターですが可愛くて個性的。身分を隠して冒険に出たところ案の定暴漢に襲われてしまい
    それを主人公が颯爽と一掃するなんてお約束なシーンがやっぱり面白いです。
    よくある異世界系作品なんですけど、キャラクターや基本ストーリーがしっかりと作られているので
    総じて質の高い作品になっていると思いました。
    • 参考になった 5
    投稿日:2018年06月08日
  • ほのかな恋模様と友情の物語
    アニメ化したのでご存知の方は多いのかなと思います。一応毎回見てるのですがどうしても続きが気になりいろいろ調べたところ、
    「多田くんは恋をしない」ノベル版があったので思わず手にとってしまいました。
    アニメと同様テレサが可愛いですね。お姫様で婚約者もいるけど日本に来てなんとなく恋っぽいものをしてしまうほんわかした雰囲気がとてもいいです。
    また、多田くんも自らテレサに対してアプローチをするということもなく、でもなんか気になるという感じがいじらしいなって思いました。
    異世界とかも良いけど、こういうほのかな恋模様を描いた作品も良いですね。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年06月06日
  • 異世界+薬剤師・・・
    最近異世界系作品が山のように増えてきました。大手出版社だけでなく中小の出版社もこぞって異世界ジャンルの作品を出しまくっていますよね。
    個人的には好きなので「いいぞ!もっとやれ!」という感じですが。。。
    で、この作品は過労死したら異世界で新たな生を受け、さらに特殊な能力と生前に持っていた薬学の知識を元に異世界で様々な病気に立ち向かいます。
    主人公が転生したのは「占星術」で病気を治療する薬学が体系化されていない世界。
    そんな世界で現代薬学の知識をフルに使って水虫といった比較的小さなものから結核といった病気まで治してしまいます。
    そして生前に実現できなかった、街の薬局で多くの人の健康を守る仕事を始め・・・
    と、異世界で薬剤師として大活躍する、っていうお話です。
    結構痛快で面白い作品ですね。個人的には原作小説をじっくり読むのが好きですが、漫画も絵はキレイだし内容も小説とほぼほぼ同じです。
    異世界作品の中でもこの作品は読んでおいたほうがいいでしょう。
    • 参考になった 7
    投稿日:2018年05月31日
  • 異世界に転生して料理を作る!?
    異世界転生系作品が山のようにある中で、この作品はちょっと違った展開を楽しめます。
    具体的に言うと「異世界+料理」。
    異世界系って現実世界で生きてた人が何らかの形で異世界に飛ばされる、そして飛ばされる際に特殊な能力を神様から頂いて
    異世界で悠々自適に冒険するってのが王道ストーリー。大体がこのパターンに当てはまるかと。
    でもこの作品はそんなパターンに当てはまらないところが面白い。
    確かに他の異世界人が持っていない特殊な能力を持っているんですよ。でもそれは戦闘に特化しているものでもなく、
    「ネットスーパー」っていう現代の食品を異世界に取り寄せることが出来る能力。
    この能力を使って人や高位の獣を仲間にして数々の冒険をくぐり抜けていくってお話です。
    料理の描写は美味しそうだし、主人公もなにげに楽しんでいる雰囲気も楽しい。こういう異世界系作品もいいもんですね。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年05月14日
  • 論理と感情渦巻く高度な心理戦!
    土橋真二郎さんの本はほぼほぼ全て読んでるんですが、その中でもこの作品は結構硬派な部類に入るんじゃないかって思います。
    理不尽に複数人が出口のない館に閉じ込められ、さらに無理やり定められたルールの中で心理的な殺し合いが始まるわけです。
    その中で感情的になってしまう人や、逆に暗躍しようと画策する人、それらを俯瞰しながら冷静に動く人・・・
    そんな人間の感情や心理をフルに描いた眼の前の死を回避するための物語。オススメです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年05月11日
  • 丁寧に描写された桜ルートのお話
    絵も綺麗だし、キャラクター描写も丁寧でカワイイ。ストーリーも良くある端折りまくっている駄目なコミカライズとは違い、
    丁寧でじっくりと描かれているので安心して読める良作だと感じました。
    桜ルートって、ゲームをプレイ済みの方ならご存知かもしれませんがセイバールート、凛ルートと違って
    より薄暗くジメジメドロドロした内容なんですよ。でも、そんな他のルートとは結構違う展開盛りだくさんなので
    映画を観る前にぜひ読んでほしいですね。より作品を楽しめると思います。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年05月10日
  • 幼女が主人公だけど萌えはない(上級者は萌えることができます)
    いやー、幼女萌えとは大違いの作品だけど、なぜか萌えてしまうこの面白さ、最高です。
    神の怒りに触れ、女性で幼くて戦時中の世界へ転生させられることに。
    でも、そんな転生先でも転生前に培ったビジネススキルや精神的な強さで数々の修羅場をくぐり抜けていく主人公がなんか可愛くもあるんです。
    また、軍隊という統率されている大組織でどうすれば自分の価値を軍上層部に示すことができ、さらに最も優遇された状態で
    業務を行うことが出来るか、というしたたかな思いを裏でひっそり考えてはいるけど、すべてが裏目裏目に出てしまう残念さが真面目で硬い物語に笑いを生み出しています。ここが結構なおすすめポイントです。
    • 参考になった 13
    投稿日:2018年04月23日