腐れ精薄さんのお気に入りレビュアー
腐れ精薄さんをお気に入り登録しているレビュアー
28人
参考になった総数
181

【腐れ精薄】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/55件 を表示

  • 何となく昭和チックな香りがする漫画です。
    ドタバタギャグあり、人情話があり、なんというか闇鍋漫画とでもいえばいいのでしょうか。要は何でもありの漫画なのですが、基本的に登場人物に極悪人がいないので安心して読める内容になっています。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年05月01日
  • ネタバレあり
    構成が練り込まれていて面白いです。
    死神が暇つぶしに人間界にデスノートを落として人間の反応を見て楽しもうとしていたら、一人の頭脳明晰な高校生月に拾われてしまいました。彼はこのノートを使い自分の理想とする社会を創成するためにキラと名乗り暗躍します。
    デスノートで人殺しをするためには相手の顔と実名が必須となるため、通名人間は殺せないというわけで通名が判例でも認められてしまっている在日発展途上国外国人凶悪犯は殺せないという作品です(笑)
    馬鹿正直に自分の本名を名刺でばらまいている日本人などは殺しやすい存在でしょうねえ(笑)
    世界的名探偵のLが来日して自分の理想の為には容赦なく殺人を繰り返す月との頭脳戦を展開。その中でLは月に殺されます。Lの後継者に収まった月は自分の理想の世界に向かって邁進する一方で、殺されたLの本当の後継者と言えるメロとニアがキラへ挑戦を挑み、頭脳戦を展開します。
    そして最終的に月はニアに敗れて死神に助けを求めて命乞いする姿を見て、これから先に面白いことはないと感じ、「ずいぶん長い間、良い退屈しのぎになった」と言って、月の名前を自分のノートに書いて殺したところで物語は終わります。
    後味の悪い終わり方ですが、自分の理想を実現しようと本気になって行動していた月としては当然の結末と言えるかもしれません。自分が生きてさえいればいつでも巻き返しが出来るわけです。そういう意味ではよく練られた作品だなあと思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年04月23日
  • ネタバレあり
    魔法少女コメデイー
    系統的には撲殺天使ドクロちゃん。大魔法峠に近い作品です。
    主人公の女の子は魔法少女に変身すると、ガタイのいい男が魔法少女のコスプレをしたような姿に変身します。ファイト一発オロナミンCのCMに登場している肉体派の男前の俳優さんが、フリフリの魔法少女のコスプレをしている姿を想像してください。
    魔法少女にはつきものの使い魔も、なぜかVシネマに出てきそうな俳優さんみたいな人相です。
    このギャップが可成り笑えます。
    上下2巻の短編漫画ですが、設定がぶっ飛んでいるので笑えます。
    アニメ化も2018年4月から始まるみたいなので楽しみです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年03月12日
  • ネタバレあり
    猫から見た視点
    主人公の猫は銭湯に居付いた猫。
    その猫から見た銭湯の日常や、飼い主と客との交流を猫の独白のような形で進行していきます。飼い主は男性だが、客は女性なので、適当にエロもちりばめられています。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年03月12日
  • ネタバレあり
    アンソロジー
    テレビアニメ化もされた小林さんちのメイドラゴンのアンソロジー作品です。
    各作家が色々な角度から小林さんちのメイドラゴンを描写しています。
    キャラクターは当然本家に似せて書いていますが、それぞれの作家の個性が当然出ていて、本家を凌駕するような作品もちらほらあります。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年02月28日
  • ネタバレあり
    色々考えさせられます
    自分も親戚の子を預かっているときにその子が性犯罪被害に遭い、今はようやく四半世紀かけて立ち直りつつありますが、女性として一番大事な時期を棒に振ってしまいました。
    だから加害者を殺してやりたい、同じように男相手だろうが強姦して凌辱しまくって加害者の人権も人間としての尊厳もないがしろにしてやり、徹底的に暴力を振るって半殺しにして服従屈服してやりたいという感情は当時相当強く持ちました。
    因みに犯人は捕まっていません。
    けど、恨みの連鎖は結局、どこかで絶たないと、加害者に報復することで今度は自分が加害者になり、加害者親族の恨みを買うことになります。
    そして自分に報復するのでなく親族に向けて報復をするとしたら恨みの拡大再生産を延々と続けることになります。
    読んでいて、極悪非道の加害者を制裁する場面などは読後感もスッキリしますが、考えさせられるこみいった内容の話だと、報復刑というのは本当に必要なんだろうかと考えさせられてしまいます。
    ただ、今の日本の刑罰が緩く、更生主義に偏り過ぎていて累犯犯罪者や日本よりも刑罰の厳しい国から出てきた犯罪者、日本よりも犯罪者の待遇が劣悪な国から出てきた犯罪者から舐められているのは間違いありません。
    被害者の報復に見合った以上の厳しい懲罰を国が代行して行う事は、犯罪被害者の溜飲を下げる事にも繋がるし、報復刑というこの漫画の世界の仕置きよりはよっぽど合理的で犯罪の抑圧にも繋がるように感じました。
    とにかく、一話一話、考えさせられる内容で、是非、アニメ化あるいはドラマ化してほしい作品の一つだと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年02月28日
  • ネタバレあり
    面白いです
    原作を読んでいないからわからないのですが、ひたむきに将棋に取り組む各人の生きざまを丁寧に描いています。また表層的な勝った負けたのバトル話ではなく、その勝った負けたことによる相手への影響なども細かく描写している点は、読んでいてウルっと感動させられてしまうこともあります。
    主人公が鈍感で周囲の恋慕の情を理解できなくてあちこちで誤解や恨みを買い、罰を受けるというオチは原作者の前作品ののうりんとよく似ていてお約束の様でこれもこれでいい味つけをしています。
    絵と構成が非常に読みやすく作られているので、サクサクと読み進める事が出来るのは非常にいいですね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年02月16日
  • ネタバレあり
    十二大戦の県別版?
    十二大戦という干支にちなんだ対戦ものがありましたが、それの47都道府県版といえばいいかもしれません。スタートはその47大戦に鳥取が勝利し日本の首都が鳥取に移るというところから話が始まります。先に結果が出ていて課程を消化していくスタイルの漫画というのも面白いですね。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年01月23日
  • ネタバレあり
    表題通りです。あれそっくり。
    異常な執着心で主人公の男性に執着する異常な女性の異常な行動を漫画化したものです。
    異常に主人公に執着し、主人公の人生だけじゃなく主人公の周りの関係者にも甚大な被害や迷惑あるいは殺人にまで及ぶような被害を合わせ続けている異様な女の異様な行動を書き連ねていて、読後感が本当に不愉快で気持ち悪く反吐がでます。
    ネトウヨの人がこの漫画読んでいたら、完全にこの異常者の女があれそのものだなと感じると思います。ネトウヨの人には読後感最悪だけど読んでもらいたいなあと思いましたね。
    • 参考になった 7
    投稿日:2018年01月12日
  • ネタバレあり
    主人公が全く女の子らしく扱われていない
    アホガールといわれるだけあってトコトン阿呆。
    彼女の破壊力に周りが振り回されることで引き起こされる事象などで笑いを取るスタイル。
    アホガールには幼馴染がいるが、彼はアホガールには幼馴染としての感情以外は何も持ち合わせていないので、容赦なくツッコミを入れるところは今迄にないスタイルといえるかもしれません。
    主人公と幼馴染の激しいノリツッコミもみどころですが、わき役の強烈な個性が主役を食らうようなこともままありました。個人的には犬が好きでした。
    アニメ化されましたが、完全にアニメの方が原作を上回る出来になりました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月21日
  • ネタバレあり
    昭和天皇の伝記漫画
    非常に緻密で丁寧な絵と大事な場面はゆっくりと進ませ読者にじっくりとわからせる構成の仕方で非常に丁寧に昭和天皇の学生時代の状況が非常によく書きこまれています。
    明治大正のそれぞれのエキスパートが東郷平八郎という名マネージャーの采配で、存分に己が能力を発揮して昭和天皇という完成された人間を作り上げたことが1巻を通して丹念に描かれています。
    物語の中に学友の一人が迪宮の眼力に圧倒されるシーンがかかれていました。
    「殿下には何もかも見通されているようで」というくだりがあったのですが、実は私も幼稚園の時に同じ体験をしているのです。希望者だけが正月の一般参賀に幼稚園バスで連れて行ってもらえたのでこれに参加したことがありました。そこでたまたま昭和天皇と目があったときに何もかも見通されて体を正面からスパーンと貫かれたような感覚に陥り、思わず拝伏してしまいました。人間のカリスマというのでしょうか、オーラというのでしょうか、完全にこの人にはかなわないと幼稚園児が悟って、勝手に土下座して拝伏したのでした。
    浩宮殿下(現皇太子殿下)と高松空港でばったり出くわした時にはその時一緒にいた母が興奮と緊張と感激のあまり、声も出さずに涙が止まらなくなってしまい自分でも何で何でとわけわからない状態になって完全にパニックっていました。
    やはりご皇室の方は昭和天皇にせよ、現皇太子殿下にせよ、当世最高のエキスパートが当世最高のマネジメントで教育して作り上げた最高の感性され純化した人間だから、その伝統の血と相まって常人とは違うオーラ―やカリスマを自然にはなっていらっしゃるのかもしれません。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年12月01日
  • ネタバレあり
    学園ホラー
    性格破綻者の主人公の女が仲良しサークルに入りこんで人間関係をずたずたに引き裂いて破壊し殺人にも手を染めていくという学園ホラーもの。
    内容が陰惨だけど、絵がかわいらしくて癖があまりないので非常に見やすく、読み進めやすいですが、読後感の後味の悪さは強烈です。
    好みがわかれる作品ですね。
    好きな人は多分、とことんハマる作品だと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年11月08日
  • ネタバレあり
    暴行ファック鬼畜物
    内容が本当に鬼畜です。いや気違い畜生だから気畜でもいいかもしれません。
    ところがそれを感じさせない女性らしい柔らかい筆のタッチから内容は鬼畜過ぎるのに、そんなに抵抗なく読めてしまいます。
    被害者にほとんど落ち度らしいものがなく、一方的に理不尽な目に遭うバージョンと、些細な落ち度がきっかけで、破滅的な理不尽な目に遭うバージョンと2つのパターンで短編集がまとめられています。
    これでオナニーできたら貴方は性犯罪者の器質があるのかもしれません。
    なので、これ評価は両極端になると思います。
    嗜好があわなければ評価1
    嗜好が会えば評価5という
    非常にアクの強い作品だといえるでしょう。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年11月03日
  • アニメ化もされましたが原作はダメでした。
    アニメはほどよくホラーで絵も完成されていましたが、原作は絵がアニメ程完成されていないために安定性にかけていました。残酷描写はテレビの方が絵が完成され安定しているために怖さを感じましたが、漫画ではホラーではなくコントにしか見えません。
    う~ん、アニメが面白かったので原作もと思ったんですが、先にレビューかかれている方の通りで、こら失敗でした。
    ストーリー展開はいいんですけど、絵がねえ・・・
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月18日
  • ネタバレあり
    ハートフルストーリー
    主人公の男性の元に、同級生の娘が頼ってきて同居生活することに。
    主人公は普通の男性で、ヒロインの同級生の娘は非常によくできた子供として描かれています。主人公の職場は長時間労働が当たり前のブラック企業のような描写がかかれています。しかし、主人公を始め職場の人間関係は良好なようです。ヒロインの同級生の娘も特殊な家庭で特殊な育ち方をしている割には学校内では普通に過ごしていて学校内のコミュニテイーも安定しているように描写されていました。
    今はお互いに距離感がわからず、よそよそしい関係しか気づけていませんが、お互いにお互いの事に好意はもっているようです。(性的な意味ではなく人間的な意味で)
    今後のはなしの展開が気になるところです。
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年10月18日
  • ネタバレあり
    能面女子高生の日常漫画
    家のしきたりで能面をつけっぱなしにしている女子高生の日常漫画。
    彼女を取り巻く彼女も含めて残念な人間ばかりが集う
    勘違い食い違いギャップに笑えるギャグ漫画です。
    絵がとにかく丁寧で見やすいです。
    ギャグ漫画は絵が雑なのが多いのですが、
    この漫画はそういう意味でもギャップがあって笑えてしまいます。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年10月08日
  • ネタバレあり
    通学ギャグ漫画
    主人公は自称中の下の女子高生、ちおちゃんが通学中に巻き起こす珍騒動ギャグです。
    実際にあり得そうなシチュエーションでいつもなぜか最終的には実際にありえないような結末で終わるというこのギャップが肝といえます。
    これだけよくまあトラブルを引き寄せられるなあとある意味感心すると同時に、本当に通学のたびにこれだけ受難していたら、学校に行くのが嫌になるだろうに、律義に通学する彼女にある意味敬服します(笑)
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月05日
  • ネタバレあり
    ギャグ漫画
    ダッチワイフと女子高生を中心としたコメディーです。
    シュール過ぎるギャグに笑えます。
    癖が強い画風と内容なのでこれはハマる人とそうでない人に極端にわかれるでしょうね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年08月03日
  • ネタバレあり
    学園ラブコメ
    ヲタ系女子とノンケ男子のラブコメです。
    主人公のヲタ系女子はヲタクと言う事でいつもドン引きされて事情を知らないで付き合おうとした男性はみんな彼女の事を振っていましたが、この男子だけはそれらもすべて受け入れて呉れたために付き合うことになりました。ノンケ男子の誠実な人柄に別の女の子も惹かれ、ヲタ系女子と別の女子は恋のライバル関係となりやがて友情のようなものも芽生えはじめています。テンプレな学園ラブコメですが絵が見やすいし、話しのテンポもよく、すらすらと読めます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年07月29日
  • ネタバレあり
    異世界ストーリー
    男漁りばかりしていたビッチ女がある日目覚めたら自分以外は誰もいないという世界に飛ばされます。自分と同じ境遇の人間を捜そうと徘徊を続け、仲間を増やしていろんなところを徘徊し続け元の世界に戻ろうとします。最後のオチはよくありがちな夢オチで話は終わるのですが、絵が丁寧だし、話のテンポもいいし、最後は大団円で終わるので読後感はすっきりしたものになります。
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年07月29日
  • ネタバレあり
    学園コメディー 破廉恥漫画 勧善懲悪物
    内容がとんでもなく破廉恥でぶっ飛んでいます。
    一応勧善懲悪ものみたいな話にはなっています。
    生徒会と闇の生徒会の対決という形で話が進んでいきます。
    毎回、スーパーヒーローとして弩変態な女の子が登場し羞恥心がマックスになるまではただの女の子で辱められ放題なのですが、羞恥心がマックスを超えると人格が豹変して冷酷無惨な非情な人間に代わり、敵対勢力を情け容赦なく一掃します。
    物語のテンポの良さ。そのワンパターンぶりはテンプレ最強の昭和の時代劇や日曜朝の特撮ヒーローものをみているような感じです。
    馬鹿過ぎる内容に馬鹿馬鹿しい展開で馬鹿面白く無駄にエッチで絵が綺麗です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年07月29日
  • ネタバレあり
    魔法ものだけど日常コメディー
    主人公の女の子は真面目でおとなしく非常に優等生な子ですが友人が少ないという欠点を抱えていました。ある日偶然目にしたそれは、魔法少女になるために必要な生物かロボットかよくわからないもので、それとの出会いによって女の子は同じ魔法少女仲間や元魔法少女だった人など、よくわからないそれを経由して次第に友達を増やしていきます。
    日常コメディーで特に激しいバトルシーンもほとんどありません。
    2巻の終わりの同じ魔法少女の女の子が定年で引退のお話ではちょっとしんみりするお話でした。
    基本的にワクワクドキドキするような話はなく、平坦なお話ばかりなのですが、日常よくある的なネタなためにクスっと笑かされたり、ほわっとした気持ちになったりします。
    病みつきになるようなお話ではないですが、疲れた時に癒されたい1冊にはなるかもしれません。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月12日
  • ネタバレあり
    カンナちゃんが主人公です
    小林さんちのメイドラゴンのスピンオフ作品で、カンナちゃんが主人公の作品です。
    カンナちゃんの可愛さ爆発した日常コメディーの短編集が集まったような形式になっています。身近に小さい娘や孫娘、妹や姪がいる人ならハマってしまうかもしれません。
    大人の晩酌をしてみたくて無理して夜更かししようとして失敗を続けるヒトコマは自分が小さい頃、叔父と父が晩酌をかわして楽しく団らんしていた姿を思いだします。
    私もそれに混ざりたくて、お酒の酌をしたりしていたことを思いだしました。
    懐かしい昔の記憶がふわっとよみがえる日常コメディーが心潤してくれます。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月04日
  • シスコン
    行き過ぎたシスコンSF?というのでしょうか。
    シスコンが行き過ぎた主人公が未来でシスコン以外の人間を粛清するという暴走を食い止めるために未来から一人の反シスコン女性が送りこまれます。この女性と主人公のバトルギャグです。バトルといっても実際の肉弾戦もあればそうでもない頭脳戦などもあり、かなり構成が凝っていて大人が読んで楽しむような作りになっています。絵が非常にみやすく、コマわりも見やすく作られているので、凝った構成を堪能することができます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月08日
  • 兎に角不気味です
    レビューを書いている今現在2巻まで読んでいますが、とにかく不気味の一言につきます。
    話しの流れもよくわからないのだけど、絵が見やすいのでひきこまれていきます。
    読後感も何とも言えない後味の悪さというか尾を引く感じでとにかくあっという間に2巻を読み切ったのですがまったく話の内容が未だに良く掴めません。
    兎に角独特の世界観で話の内容はよくわからないのに引き込まれていく不気味な漫画です。
    • 参考になった 14
    投稿日:2017年03月07日