石純一郎
ヤングガンガン 編集長【石純一郎】さん
石純一郎さんのお気に入りレビュアー
石純一郎さんをお気に入り登録しているレビュアー
0人
参考になった総数
0

【石純一郎】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数

1~2件/2件 を表示

  • 1
  • MURCIELAGO -ムルシエラゴ-
    ヤング誌の王道ジャンル・バイオレンスアクションの斜め上あたりをカッ飛ぶ、よしむらかな先生の改(怪?)心作「MURCIELAGO -ムルシエラゴ-」。
    まず主人公「紅守黒湖」は元・凶悪犯罪者。もっと言えばスローター(大量殺人者)。いや、ダメでしょ主人公やっちゃ! ついでに言うと女の子が大好きな肉食系女子で、自分の性欲に忠実。間違いなく共感しちゃダメ、ゼッタイ。
    悪を討つ悪……って言えば聞こえはいいけど、その暴力に一瞬の躊躇も迷いもない彼女。そして犯罪者たちを、これでもかとヒドイ目に遭わせて見せる笑顔。なんだろ、ドキドキする。あれ? コレ好きってこと?(錯乱)
    見えてくるのは、善悪の彼岸――。皆さまもゼヒ、この甘美な世界をご堪能アレ。大丈夫、怖いのは最初だけだから。アハ☆
    あ、黒湖の相棒「屠桜ひな子」ちゃんには問答無用で癒されますよ!
    彼女がご飯食べてるシーンだけで、どんな殺伐シーンでもシアワセ確定。
    投稿日:2015年08月28日
  • ディメンションW
    かつてSFとは未来への希望だった。自動車は空中に浮かぶチューブの中を走り、家庭では万能ロボットが家事や子供の遊び相手もしてくれる便利な世界。誰もが一度は想像したことだろう。いつからか、SFでは文明崩壊
    後の世界やディストピアばかりが描かれるようになってしまった感がある(それはそれで面白いのだが)。
    『ディメンションW』の舞台である近未来には相も変わらず貧困や差別や悪意が存在し、ユートピアというには程遠い。だが、コイルという発明品によりエネルギー問題が解決し、ちょっとだけ便利になった未来が描かれて
    いる。
    現実はマンガのように簡単にはいかないし、まだまだ予想もできない困難が私達を待ち受けているかもしれない。それでも、もう一度だけこのマンガで未来への夢を一緒に見てもらえたら……そう願っています。
    投稿日:2013年07月26日
  • 1