荒井千晶
b-boyキューブ 編集長【荒井千晶】さん
荒井千晶さんのお気に入りレビュアー
荒井千晶さんをお気に入り登録しているレビュアー
3人
参考になった総数
0

【荒井千晶】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数

1~4件/4件 を表示

  • 1
  • フェティシズム少年
    「美脚タイツフェチ」という人には言えぬ性癖で繋がった同級生二人。
    「自分より変態見ると安心するなぁ」と呑気に構えていたのは最初だけで―!?
    スタイリッシュな絵柄とリア充の香り漂う作風からはとてもイメージできない、感情振り幅最大級の「えげつない顔」がいっぱい!
    制服の下にこっそりタイツを履いているのを容赦なく暴かれ、罪悪感と羞恥に身悶えするシーンは、こんなの初めて見た…!とこちらも衝撃にうち震えました。
    危険な何かに目覚めてしまっても仕方ない不可抗力の魅力に、編集部でも中毒者続出中です!
    投稿日:2015年08月28日
  • 不憫BL
    自分は「ふびん萌え」属性ではないと思っていました。この本に出会う前までは…!押し寄せる不幸と試練に耐える姿を「可哀想!」と嘆きながらも、いつの間にか「もっと酷くされて欲しい」と願ってしまい…か弱き者への慈愛は、「自分の思い通りにできる」という優越感と紙一重の危険なものなのですね。ぐちゃぐちゃで剥き出しの感情と、それに引っ張られて暴走する肉体、その尊さ美しさに「やっぱりBLって素晴らしいよ!」と太陽に吠えた2014年猛暑。もちろん、清い乙女は切なさに感動できるはずですよ、いつかドSに目覚めるその日まで…!!
    投稿日:2014年08月29日
  • 化学室へどうぞ
    「せんせい」って言葉の響きは、どうしてこんなに特別なんでしょう? 10年前の作品とは思えないほど瑞々しい本作を読み返しては、いつも感慨にふけっています。埃っぽい乾いた空気やカビくさい匂い、本庄先生の端整な絵は、容易に閉ざされた楽園のような、あの空間に私達を誘い…! 大人と子供の狭間で矛盾を抱えつつ、恋愛に邁進する浩祐は「青春そのもの」のようにピュアな存在で、メガネ+白衣では隠せない色気たっぷりの先生に、どんどん「開発」されてしまう―。恋愛真っ只中の女の子も、過ぎ去った過去を懐かしむ女の古も、等しく知る感情が溢れて迸って、心も体も揺さぶられます★
    投稿日:2013年07月26日
  • 水着彼氏。
    女性用の競泳水着に身を包んだ美少年を見たことがありますか? 私は「水着彼氏。」で初めて出会い、その禁欲的ミスマッチに度肝を抜かれました。
    そんなバカな、という展開含め「ありえないシチュエーションH」が満載のこの一冊は、まさにBLのアンビリーバブル宝石箱!! 肌にぴったり吸い付く水着のシワや、浮き出る体のラインの描写も綿密で、佳門先生の「水着命」なフェチ心に説得されて萌えてしまうのです。 プールや水着が盛りだくさんで、夏にぴったりなはずなのですが、二人の愛にあてられて体が火照ってしまう「むしろ激アツ」ぶりで、オールシーズンおすすめです★
    投稿日:2012年07月20日
  • 1