竹内寿枝
JOURすてきな主婦たち 編集長【竹内寿枝】さん
竹内寿枝さんのお気に入りレビュアー
竹内寿枝さんをお気に入り登録しているレビュアー
3人
参考になった総数
0

【竹内寿枝】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数

1~4件/4件 を表示

  • 1
  • さぁ、ラブの時間です!
    恋愛は簡単なようでむつかしい。それまで別々の生き方をしてきた男女が奇跡的に恋に落ちる。その先は当然ながら幸せな結婚…のはずですが、このお話の主人公、キャリア官僚の酒盛(さかもり)はじめは恋愛が苦手で、恋をとばして結婚をしてしまいます。結婚前に結ばれたある女性との「愛」の自覚がないままに。これが、酒盛をめぐるまわりの人間たちの不幸の始まりでした。昨今、婚活ブームではありますが、その前に恋の経験は必要なんですね。この作品はWebマガジン「JOUR Sister」(絶賛配信中)で連載中!
    投稿日:2015年08月28日
  • 鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす
    40代・バツイチ・独身の九(いちじく)さんは「今が、人生で一番楽しい!」が口癖。充実しすぎて今さら、恋愛とか正直、面倒くさいと思う彼女が同僚の清水くんに恋の歌を贈られ意識するようになります。しかし、そこはアラフォー男女、一筋縄ではいきません。若い頃とは違う、ふたりの想いが蛍に重ねられ交差していきます。チェコに住んでいた清水くんが紹介するチェコ料理も随所に出てきて、料理マンガとしても楽しい♪ もちろん、それらのレシピ+αも掲載。さらに、人気シリーズの家政婦・里がJOURに場所を移して11月号から連載を開始します。こちらもお見逃しなく。
    投稿日:2014年08月29日
  • 虎蛇とブー子
    いい歳してくると、じつは身も心も傷だらけだったりします。同級生の虎蛇(トラジャ)とブー子もそんな大人。仕事や結婚に失敗し、うまく動けない中、ふたりは地元に帰り、再会。徐々にそれぞれの居場所を見つけていきます。この作品は星崎さんの地元である千葉県船橋がモデルになっています。随所に出てくる背景に地元の方はお気づきかも。描き下された名所も楽しい!つづきはJOUR(毎月2日発売)にてシリーズ連載中です。
    投稿日:2013年07月26日
  • 女と猫は呼ばない時にやってくる
    小池田さんが弊誌で描いた初作品です。わたしが出した要望は「女の友情をテーマにしてほしい」というものでした。かなり悩まれたようで、日本人の場合、ホンネを言って喧嘩になると仲直りが難しいという話をしたことが印象に残っています。特筆すべきは小池田さん考案のレシピで本作に登場するお料理はなんとも魅力的で食べたくなる品々が満載。コミックスにはレシピもついています。個人的にはヴィーニョ・ヴェルデというポルトガルワインがおすすめ。いちごのパスタも好評でした。美味しい料理とお酒と詩をぜひ味わってください!
    投稿日:2012年07月20日
  • 1