堀靖樹
ビッグコミックオリジナル 編集長【堀靖樹】さん
堀靖樹さんのお気に入りレビュアー
堀靖樹さんをお気に入り登録しているレビュアー
2人
参考になった総数
0

【堀靖樹】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数

1~4件/4件 を表示

  • 1
  • あかぼし俳句帖
    世界で一番短い詩型、俳句。五七五のそのリズムは我々、日本人の体に染みついており、あなたも私も一度や二度は、「あ、今の俳句じゃね?」というフレーズをひねり出した事があるはず。しかし創作として取り組むと、おそらくその世界の深さと豊かさに呆然とする。その状況を中年の人生と恋の悲哀を織り交ぜ楽しく読ませる作品です。漫画を読んで」、ひとつ俳句を捻ってください。
    投稿日:2015年08月28日
  • 深夜食堂
    オリジナルで不動の人気を誇る本作にさらなる飛躍が!この秋、10月初旬よりTVドラマ第3弾が放映開始!さらにさらに2015年1月31日全国東映系で映画公開予定!!!公開情報は順次本誌誌面で!話題沸騰の深夜食堂から目を離すな!と言いたいです。
    投稿日:2014年08月29日
  • どうらく息子
    巷間、落語漫画がきているってぇ噂が流れておりますが、舞台が学生サークルでぇあったり、若干昔の話でぇあったりで、今現在を生きるプロの落語家を題材にした作品はとんと、ご無沙汰でございました。しかしぃ、今ここにございますのがこの「どうらく息子」!師匠は長屋じゃなくてマンションに住んでるし駆け出しの前座にだってキャラしだいでTVの仕事もきちゃう。厳しい修行の場にだってICレコーダーが登場したりする。一方、肝心の落語の方も登場人物が扮する「漫中噺」でわかりやすい!面白くてためになるし、主人公の話す「寿限無」や「やかん」は覚えちまえるかもしれませんぜ!
    投稿日:2013年07月26日
  • ラストイニング
    スポーツ漫画の分野で一番多数をしめる題材が「高校野球」であろうことに、異論はないだろう。これだけ数があるとリアルを装うため、様々なアイデアが投入される。しかし、失礼を承知で言わせてもらうが、2,3の例外を除き全くなってない。高校野球、野球というスポーツのリアリティにおいて、「ラストイニング」を凌ぐものは現存しないと言っても過言ではない。なぜなら初代担当者(この私)も監修者も、全国優勝の記録がある高校の元球児だし、作画家は、その草野球仲間だ。このチームが「こうだったらいいのになぁ」という理想の高校野球の日々を考えて、作られているのが「ラストイニング」。と言って野球オタしか萌えどころのない作品かといえば、さにあらず。漫画らしい飛躍とユーモアも、高校生らしい青春の日々も、さらに高校野球を、めぐる大人の事情も描かれるというサービス満点の作品なのだ。
    投稿日:2012年07月20日
  • 1