中熊一郎
ビッグコミック 編集長【中熊一郎】さん
中熊一郎さんのお気に入りレビュアー
中熊一郎さんをお気に入り登録しているレビュアー
1人
参考になった総数
0

【中熊一郎】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数

1~3件/3件 を表示

  • 1
  • 医者を見たら死神と思え
    がんと分かったらすぐ手術!抗がん剤! 「早期発見、早期治療」
    こそが最善のがん治療………私らが信じている”常識”って実は、
    エビデンス(医学的根拠)が全く無いって知ってましたか? 医者の
    言うことを鵜呑みにしてはいけません!!
    従来の医療漫画は、①天才外科医が奇跡的な活躍をするブラック・
    ジャック系か、②病院の中の派閥争い、人間関係中心の白い巨塔系か、
    のいずれかでした。本作は、そのどちらでもありません。日本の医療は、
    実はかなり怖いです。長生きしたい方、必読です。
    投稿日:2015年08月28日
  • 病室で念仏を唱えないでください
    昔、カミサンが入院中の病院から、お通夜に行くことになった。そこで気付いた。うっかりして喪服を病院に着ていったら……患者さんや見舞い客にとって最大限に縁起でも無い格好だ。私は駅のトイレで着替えることにした。さて本作である。よりによって喪服どころか法衣を着た坊主が、緊急医として待ち構えている病院の話である。運び込まれた患者が驚く。縁起でも無い!! ここは天国か!? 主人公は医者のくせに僧侶なのだ。僧侶のくせに短気で騒動を起こすのだ。まだ死にたくない患者に念仏を唱えるのだ。しかし命を救うため、一本筋が通っている男だ。読んでみて下さい。
    投稿日:2014年08月29日
  • 機械仕掛けの愛
    私はお涙頂戴みたいな漫画は、本当は嫌なのだ。だがロボットが主人公の本作は、ビッグコミックで一番涙腺がゆるむ。犬や幼児のように、ロボットは純真で、どんなにイジメられてもイジメられてもご主人様である人間を慕い、忠誠を尽くす。醜い人間への無限の信頼は、切ない。映画『道』のアンソニー・クインのように、喪って初めて人は、愛を知る。嫌だが大好きな作品だ。
    投稿日:2013年07月26日
  • 1