岩間秀和
BE・LOVE 編集長【岩間秀和】さん
岩間秀和さんのお気に入りレビュアー
岩間秀和さんをお気に入り登録しているレビュアー
2人
参考になった総数
0

【岩間秀和】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数

1~7件/7件 を表示

  • 1
  • あとかたの街
    昭和19~20年の名古屋。壮絶な2年間を、12歳の主人公・あいちゃんがいかに生きたか。想像するだけで涙が出てくるが、たまに挿入されるご飯のシーンこそが、あいちゃんを支えていたのだと思うと、子供の基本はいつの時代も変わらないとわかる。特に冒頭から出てくる玉子焼きは本当においしそう(築地グルメ漫画を描く作者の本領発揮!)。食糧難の時代ゆえ、登場人物たちの目の輝きが違うから、そう見えるのかも。こうした細部も含めて丁寧に描かれる“戦時の日常漫画”、戦後70年以降も読み継がれてほしい。特に名古屋空襲を知らない方には、全力でオススメ!
    投稿日:2015年08月28日
  • 町田くんの世界
    面白い漫画というのは、何かひとつ常識を覆す要素が入っているもの。この作品にも、従来のメガネ男子のイメージを覆すような主人公のキャラがあり、大変に面白く読みました。成績は悪く不器用。でも、明らかに魅力があって、それが何なのか、うまく言語化できないまま、話は進んでいくという、不思議な作品です。この「わかったようでわからない」ところが、主人公の町田君の魅力で、おそらく各話で出てくる同級生たちも同じ感覚なのではないかと。だからか、読者である自分も、いち同級生のような感覚で物語に参加している気分に。私も、町田君をもっと知りたいなあ! ※電子書籍版は10月23日発売予定です
    投稿日:2015年08月28日
  • はじめのニット!
    ITANは新しい才能の発掘に注力している雑誌です。おかげさまで、その成果が出始めているわけですが、せっかくなので、ITANデビューの新人作家にスポットを。芦田実希さんは、噂によると編み物が唯一(?)の趣味だそう。だから編み物漫画を…安直に聞こえるかもしれませんが、好きなものを描くと、やっぱり面白い漫画になるんだなあという好例。編み編みしているヒロインを見ているだけで楽しくなるって、キャラが立っている証だと思う。
    投稿日:2014年08月29日
  • パレス・メイヂ
    宮廷を舞台にした漫画はいろいろあれど、この作品を読んだ時には「面白い、やられた!」と思った。そして2巻は絶対買うと心に決めた。美貌の帝に、侍従が美少年!? これ、反則でしょう。中年男子(?)の私でもトキめいちゃう。最近の漫画では、一番の名コンビだと思います。そして、一見難しそうな設定を使いながら、絶妙な間の取り方や簡潔なセリフ回しで、とてもわかりやすい作品に仕上げている久世先生の漫画力に脱帽です。
    投稿日:2014年08月29日
  • 放課後カルテ
    私は健康診断から逃げ回っている人間で、おかげで入社以来三度も入院するはめになりました。そんな私が言っても説得力ないですが、人間、健康が一番。それは大人だけでなく子供も…。今時の小学生の心と体に肉薄する「放課後カルテ」の主人公・牧野は、まさに現代の救世主。口も態度もデカい、小学校の校医にはおよそ似つかわしくないドクター。でも、症状を見つける目は確か。子供たちが戸惑いながらも、牧野の本質に惹かれ、救いを求める姿に強烈なリアリティを感じます。舞台は小学校ですが、大人も共感できるエピソードあり、子供の心に寄り添えるエピソードあり、なので、老若男女にオススメします。牧野の健康診断なら、ちょっと怖いけれど逃げずに受けますよ!
    投稿日:2014年01月17日
  • 千年万年りんごの子
    短編集「地上はポケットの中の庭」で注目を集めた、ITAN育ちの新鋭・田中相さんの初連載作。舞台は昭和の青森。りんご農家で幸せに暮らすはずが、夫が村の禁忌に触れてしまったがために、運命が急転。夫婦のドラマに民俗学的要素が絡み、スケール感、そして漫画の奥深さを十二分に楽しめる作品になっています。そして、その考え抜かれた構図に惚れぼれ! 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞や「このマンガがすごい!」2013オンナ編7位と、各方面で激賞。私自身、校了の度にその面白さに震えてます。ゾクゾクのちワクワク。
    投稿日:2013年07月26日
  • テンペスト
    BL界の鬼才・阿仁谷ユイジさんが、長き構想を経てついに世界に解き放った『テンペスト』。西暦3992年、Y染色体が絶滅し、女性だけとなった世界に生まれた、たった一人の男、安斎・Y・姫。幻の存在である「彼」の人生を追いかけるこの物語は、初回からその壮大な世界に引き込まれること、間違いなし! そして、キャラの表情がなんとも艶っぽく、読んでいると胸の鼓動が止まらなくて…ああ、こんなSF見たことないっす~と、誰もが思うはずなのです。とにかく1巻の第1話、読んでみてほしい~!!
    投稿日:2012年07月20日
  • 1