白土知之
ITAN 編集次長【白土知之】さん
白土知之さんのお気に入りレビュアー
白土知之さんをお気に入り登録しているレビュアー
14人
参考になった総数
0

【白土知之】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数

1~3件/3件 を表示

  • 1
  • いないボクは蛍町にいる
    ITANからデビューしたタナカミホさんの初連載作。テーマはパラレルワールドもので、死んだ友達を巡ってストーリーが進むのだが、まず驚かされるのはその「絵」だ。それも光や空気感、時の移ろいと言った本来「絵」になりにくいものを巧みに表現している。それがタナカさんの描く素朴なキャラクターや世界観と相まって独特の瑞々しさを醸し出している。爽快感と微かな苦み。ある種のジュブナイルノベルにも通じる最高の読み味をぜひ!
    投稿日:2015年08月28日
  • グラゼニ
    たぶん漫画のテーマとして最も多く取り上げられてきたジャンルは野球だろう。
    そのためネタは出尽くした感があったけれど、これを読んだ時の感想は「この手があったか!」。野球に関するゼニカネの話をこれでもかとリアルに描いてある。金額も私たちの日常とはかけ離れている。でも、主人公を始め登場人物はそれぞれが野球にストイックで彼らの悩みは身につまされるものばかりだ。金が絡むからこそ見えてくるドラマを描いて「王道」のスポコン漫画。やっぱり野球は奥が深い。
    投稿日:2015年08月28日
  • ひまわり!! それからのだいすき!!
    漫画雑誌にはその雑誌特有の『色』を決めている作品がある。弊誌の場合その作品の一つが「ひまわり!! それからのだいすき!!」だ。この作品は軽度の知的障害を持つ柚子が子育てに奮闘する「だいすき!!」の続編。大学生になった柚子の娘・ひまわりは、仕事や恋愛、結婚など将来を真剣に考える年頃。しかし、すべての問題に母の存在が関わってくる……。その重いテーマに主人公・ひまわりと作者は手を携えながら答えを見つけてゆく。何が正解かはわからない。でも進まなきゃいけない。その、一歩一歩の小さな足取りがとても清々しい。自信を持ってお勧めできる作品だ。
    投稿日:2014年08月29日
  • 1