まさ
出版社担当【まさ】さん
まささんのお気に入りレビュアー
まささんをお気に入り登録しているレビュアー
8人
参考になった総数
37

【まさ】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~10件/10件 を表示

  • 1
  • 屋上でたばこを吸う不良少女に「勃たない」ことをからかわれた後、「ちゃんと大きくなるかどうか私に見せてよ」とさらにイジられアソコまでイジられてしまいます。そして色々話したあと急に不安が吹き飛びギンギンに勃たせることができた主人公くん。その後屋上で激しく童貞卒業しちゃいます。 そんな主人公くんが勃たなかったある主原因でもある高飛車なお嬢様も、ラブラブHしたかと思えばおしっこを体をよがりまくり我慢するエロすぎる姿を見せてくれます。このシーン、かなりおすすめです。 鬼ノ仁さんの描く女の子はスタイルも良いし攻められている苦悶表情がたまらないそそります。何よりパンツがエロティックに描かれているので着衣フェチの方にもオススメです。ぜひこの機会にお楽しみください!
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年08月31日
  • こんな無人島バカンスがあるんならぜひとも参加したい!と心の底から本気で思ってしまうほどの夢の楽園を描ききった至高の名作です!

    島まるごと所有している有栖川家のプライベートアイランドに集められたのは美人な女性だらけ!さらに男性は主人公一人だけ。当然主人公にはHなお誘いが毎日のようにあるわけなんです。島についてすぐ高校時代の知り合いと再会してH! 童貞卒業したかと思えばその後すぐに浜辺で出会った人妻とH!さらに部屋の中でなにか落ち込んでいる女性となし崩し的にH、温泉で鉢合わせた未亡人とH、浜辺でもH、サスペンスドラマで出てくるような崖で出会ったショートヘアの女性ともH・・・

    本能の赴くままに童貞喪失したばかりの絶倫さを駆使してHしまくります。自分に正直にHを楽しめるプライベートアイランド、私もぜひ行ってみたい、夢のような島なんです。というわけで、みなさんもぜひぜひお楽しみくださいませ!
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年08月31日
  • 解説にもあるように、触手!輪姦!そしてぶっかけ!!に定評のあるエレクトさわる先生の作品です。見た目清楚で可愛らしい女の子がいきなり触手を操り黒髪美人の生徒会長を翻弄します。始めは強気で反抗するものの、乳首やアソコを徹底的に攻められ 「絶対アンタなんかに屈しないんだからねッ!」 という必死のセリフも虚しく「キモチイイ…ッ!子宮セックス気持ちイイのおおッッ!!!」と快楽に堕ちてしまうシーンは素晴らしいの一言。ページを捲って30ページちょっとでこの状況、続きが本当に気になります。 エレクトさわる先生の描く女の子や激しいHシーンをぜひ多くの方にお楽しみいただきたい!全力でオススメします。

    • 参考になった 3
    投稿日:2018年08月31日
  • 大人気アダルトゲーム『対魔忍アサギ』のコミカライズ版ですよ!原作とは異なるオリジナルストーリーですが、とにかくエロい!強気な女が身動きが取れない状態で徹底的に攻められ快楽に敗北し敵の言いなりになってしまうシチュエーションは最高ですね。

    過去敵に捕らえられた際に、主人公のアサギとさくらの姉妹が性感神経を常人の3000倍になるよう改造され、絶頂すると乳首から大量に噴乳するようになってしまった…という設定がまずは最高。そして、敵地に潜入するんだけど、やっぱり負けてしまい徹底的に攻められ快楽にまたまた堕ちてしまうんです。その後は、衆人環視の元で二穴同時攻めされたり、電車の中で痴女になったり、姉妹で絶頂対決をさせられたり…激しい攻めの連続が好きな人にはぜひ読んでいただきたいですね。

    結局強気なのは始めだけで、あとは攻められ続けるアサギとさくらの姉妹。絵もキレイだしねちっこいエロ描写は最高の一言。この機会にお楽しみいただければと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月31日
  • 2000年頃だったかな?「DISCIPLINE」というアダルトゲームが発売されたんですよ。私も発売当日に買いに行った記憶があります。キャラクタービジュアルだけでなく、異常な性癖を斜め四十五度から刺激するストーリー展開が結構面白かったのを今でも覚えています。そんなアダルトゲームがアニメ化し、さらに電子書籍として楽しむことができるなんていい時代がきたなぁと思います。

    この作品は、アニメの画像をコミックのように編集したものです。しかもオールカラー。多少ゲームとはストーリー展開が異なる部分もありますが本筋はあまり変わりません。なので、異常すぎる性癖を持った学園を支配するお嬢様たちと、そんなお嬢様たちに抵抗する寮生たちとのエロすぎる攻防はこの作品でも十分楽しめるし最高にエロいんです。ちなみに「異常すぎる性癖のお嬢様たち」と書きましたが、主人公サイドのメンバーも清純派ヒロインである音川を除いてみんな変態。エロゲのキャラクターはこうあるべしという作者の強いこだわりをひしひしと感じます。

    原作は約20年前に世に出ましたが、今でも十分楽しめるしとにかくエロいこのアダルトコミック、私は全力でオススメします!
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月24日
  • 主人公が蜘蛛です。元女子高生の蜘蛛です。目覚めたらなぜか異世界の洞窟内に蜘蛛として転生しちゃっていました。さらに異世界ラノベではよくありがちな「チート能力(異常に強い能力)」を持っていません。むしろレベル1の最弱状態からスタートします。でも、持ち前の前向きな性格で数々の敵を倒し能力を高めながら生き抜いていく爽快感がたまらないんですよ。

    また、蜘蛛らしく糸で家賃0円の家(蜘蛛の巣)を作って快適に過ごそうと頑張ったり、そんな家にニートとして引きこもったり、蜘蛛の巣にかかった獲物(カエルとかバジリスクとか)を仕留めて食べたり。。。異世界、さらに自分が蜘蛛!?という絶望的な状況なのにも関わらず、むしろいい意味で開き直っている明るさと前向きさが他には無い面白さを感じさせてくれます。

    初めてこのタイトルを見た時は「蜘蛛が主人公?」という若干ネガティブな雰囲気を感じたんですが、読んでみると全く想像できない展開目白押しでページをめくる手が止まりませんでした。異世界転生系ラノベはたくさんありますが、その中でもトップクラスに面白い作品だと思います。
    • 参考になった 7
    投稿日:2018年08月24日
  • 本音が言いたい、でもこんなことを言ってしまったら人間関係がおかしくなったり、周りの空気が悪くなってしまう…と後ろ向きなことが脳裏に浮かび、結局ニコニコしながらその場を終わらせる、なんてことは日常茶飯事です。でも、この状況は自分にとっても、また属している組織等にとってももしかしたらマイナスなのかもしれません。

    この本の中では「言いたいことを言ったら職場で浮いてしまう」ということに対し「それが何の問題?」と言っています。職場ではやるべき仕事をやるだけだ、仲良しサークルは居心地が悪い、という理由なんですが、私はこういった主張は結構同意していますね。言いたいことが仕事や組織運営に対して必要なことだったとしても、それが言えないとするとストレスやもやもや感というネガティブな影響もありますし、さらに組織の運営に必要とされる情報が上手く共有されない、という悪影響もありえます。

    おそらく結構な方が本音を言えない状況なのではないかと思っています。そしてその状況が組織や社会をより良い方向へ効率よく動かせていない一つの理由なのかもしれません。ブラック企業が蔓延していたり、残業代未払いだったり、行きたくもない飲み会を断ることが出来ず参加し心を病んだり… なので、多くの方にこの本を読んでいただき、「本音で生きる」ことのメリットやデメリットを知ってもらえればなぁと思いました。

    この本の内容をすべて自分のものにして実行する、というのは難しいかもしれません。しかし、活かせる部分、良いと思った部分を吸収し、少しずつ本音で生きることができるよう自分を変えていければ良いのかな、と感じています。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月24日
  • いわゆる異世界系ですが、主人公が死んだら神様的な存在に転生させられ異世界に召喚されたというわけではなく、日常生活の中でいつの間にか異世界に飛ばされた!?というストーリーです。しかも、異世界に移動したら目の前に巨乳美女の女王様がいて、いきなり結婚を申し込まれてしまい…と、1話からかなり羨ましい状況。

    そして、元の世界に未練の無い主人公は異世界での生活を受け入れて女王様と結婚しちゃうんです。そんな状況から始まる王族としての生活、不自由かと思いきや主人公自体は特に何も期待されておらずただ女王と子作りしてればいい、後宮に引き篭もってダラダラしていればいいというまたもや羨ましい状況。まさに「理想のヒモ生活」!でもまぁ2巻以降はただのヒモ生活では無くなりそうな予感がしてくるんですけどね。

    そんなちょっぴり変わった異世界系作品、オススメです。
    • 参考になった 9
    投稿日:2018年08月24日
  • アニメ『ゆるキャン△』が好きならぜひ読んでほしい!

    各キャラクターの制服や私服姿、水着姿の設定資料や、自転車やバイクといった小道具の資料まで載せられています。特に面白いと思ったのが「ゆるキャン△ キャンプ入門」というコーナーで、「ゆるキャン△」の中で紹介されたキャンプ知識が紹介されているんです。「キャンプの季節はいつ?」とか「下調べとスケジューリング」といったものまで色んな豆知識が載っているので「ちょっくらキャンプでも行こっかなぁ」という気分になっちゃいましたね~

    他にも「シュラフ」や「焚き火用の道具一式」といったキャンプグッズの説明なんかもありました。結構実用的です。個人的に気に入っているところは「スープパスタ」「鍋カレー」「担々餃子鍋」などなど作品内に出てきた美味しそうな料理の数々がふんだんに載せられているところでしょうか。美味しい料理と心地よい景色、私もゆるキャン△の世界に行きたいなぁ。

    というわけで、マンガやアニメと一緒に公式ガイドブックもお楽しみいただければ嬉しいです!
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月24日
  • 人間社会のルールやモラルから隔絶された性と欲望のテーマパーク「水龍敬ランド」!テーマパーク内はすべてエロいアトラクションやイベントが満載。男性は更衣室の出口で半裸の女性スタッフに強制的に勃たされてゴムを付けられ、その状態でパーク内を周るんです。女性はアソコを徹底的に洗浄され気持ちよくなった状態でパークに入ります。

    そんなテーマパーク内はアトラクションだけでなくただの通路でも常にエロい行為が繰り広げられています。「観覧車」では初対面の男女が出会い30分間エロエロなことをして過ごせるし、イベントステージでは出演するアイドルも観客もみんな半裸でHなことを大観衆の前でヤりまくってるんです。さらには、女の子が裸で相撲を取る「もろだし相撲」というイベントが開催されていたり…

    とにかく一般社会のルールやモラルからは完全に隔絶された本能のおもむくままの「エロ」を楽しめる凄まじい作品だと思います。これはオススメしないわけにはいきません!

    • 参考になった 5
    投稿日:2018年07月11日
  • 1