おかだ
WEB担当【おかだ】さん
おかださんのお気に入りレビュアー
おかださんをお気に入り登録しているレビュアー
8人
参考になった総数
55

【おかだ】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/28件 を表示

  • とっても良かったですよ~。どれもバスが関係してくる高校生達の可愛い恋の短編集。最初ははっきりとしたKissシーンさえ出てこなくて、ハラハラどきどき、ほんわか淡い恋愛の始まりのお話ばかりです。最近は、同じ高校生でも、カラダから始まる恋愛が当たり前のようなお話ばかりだったので(それはそれでHな気分になるにはアリなんですが)、こちらの短編集はどれも、爽やかで可愛らしくて、キュンとしたり、恥ずかしくなって苦笑いしたり、読んでいてほんわかした気分になれて、精神的にとっても良かったです。あるお話で脇役だった子が別のお話で主役になったり、スピンオフって言うんでしょうか、そういうのも楽しめました。ここで描かれるのは恋愛モノによくある、2人だけの独りよがりの話じゃない。お互いを思いやるピュアな気持ち。そして、恋愛を通じて自分の弱さと向き合い乗り越えてゆく強さ。若い彼らの、純粋で真っ直ぐな瞳が印象的。切なくキューンとしつつ、心がほんわかするような作品集です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年12月24日
  • こちらの作品は吉原由起先生にハマるきっかけになった作品で、めっちゃ好き。没落名家の元お嬢様・蝶子と元使用人の息子・雅之の強烈ラブコメ。仕事では上司で、プライベートは下僕で恋人。あるようで無かったストーリー展開が面白かったです。
    蝶子は純で可愛い処女。この作者さんの主人公にしてはおとなしめで安心して見れます。そのかわり職場の上司にして下僕の恋人雅之がスゴ過ぎ!ツンデレ鬼畜Sかと思えば人目もはばからないお嬢様激ラブの一途な恋人。そしてデリカシーゼロのセクハラ親父だったりもする…。彼の壊れっぷりが豪快でおかしかったです。
    執事、下僕、ドS課長、自衛隊、ヲタ…などなどいろんな魅力満載の雅之さん。吉原作品で一番好きな男性キャラかも。お嬢さま一途の恋する下僕モードもドSなオレ様課長モードも素敵。何か起こるたびに蝶子お嬢様に対する愛の深さが伝わって、こんな風に愛されるのうらやましい!と思いました。
    笑えるし泣けるし、優しい気持ちになれる作品です。サイドキャラもなかなかだし、ときめきが沢山あるのに笑いも多くて素晴らしい作品です。
    • 参考になった 5
    投稿日:2010年12月24日
  • エンマキさんの作品は絵が綺麗なのでこの作品も絵に惹かれて購入し、どっぷりとハマりました!
    お話の設定は実際にはあり得ないけど、ごく一般の日本人である都(みやこ)が日本に留学に来ていた王子のウィルと出逢い、
    最後には彼女がプリンセスになるという正に夢のようなストーリーに心酔いしれました!
    読んでいてにやけてしまう、そんなほのぼのラブコメディー。

    都は最初はウィルの曾祖母であるリツコに関する資料欲しさに近付いたし、
    ウィルの方は外見の美しさとは違って傲慢で巨乳好きのS系キャラで、
    2人の出逢いは最悪なパターンでしたけど…。

    王子は王子としての綺麗な表の顔もあるけど、怒ったり嫉妬したりと綺麗なだけじゃない
    人間らしい姿がちゃんとあるし、都もメガネに服装も地味な外見だけど、
    ありがちな「メガネを外すと美女」みたいな王道パターンでもないし、
    夢をしっかり持っていてまっすぐ生きているところとかがすごく好感が持てました。
    あと脇役も良いです。千里子は、一人はいてほしいと思えるほど友達としていい人だし、
    何より 忘れてはならないのが何事にも常に冷静で従順なロバートさん…。素敵です。

    様々なストーリーの展開がありましたけど、充分読み応えがあり作品の完成度も高くオススメです!
    • 参考になった 4
    投稿日:2010年12月17日
  • 最初は、よくある幼馴染ラブかなぁ~と思って読み始めたけど、2人の成長が気になって…。
    小夜の一途さが報われて欲しい…なんて思ってたら、結局最後までイッキに読んでしまいました。

    子供の頃からずっと好きな幼馴染で1つ年下の男の子・カッちゃんに告白できない女の子・小夜ちゃん。
    カッちゃん一筋で10年間も追いかけ続ける小夜ちゃんがとっても可愛らしかったです。
    好きだから彼に釣り合う女性になりたくてひたむきに努力する一途で本当に可愛い性格のヒロイン。
    頭は切れるわ、頼りにされるリーダー格で料理も得意な美人。
    だけどカッちゃんには告白するのが怖くて偉そうな態度でごまかす小夜ちゃんがすごく可愛い。
    カッちゃんの年下の男の子らしいかわいさとどこか男らしい優しさに、私も胸がキュンとしちゃいました。

    絵はファッションとかが少し古い気もするけど、話が面白いので気にせず読めました。
    キャラの顔が可愛らしく、ストーリーも爽やかに読めるのでその点でもオススメです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年12月03日
  • このての作品は食わず嫌いな感じでしたが、絵の綺麗さに惹かれました。
    内容はシリアスなところもありますが、ギャグのところもあるのでメリハリがあります。
    登場人物達はみんな美形でカッコイイです。

    千年以上の昔から戦い続けてきた、祇王一族と悪魔デュラス。
    その争いの鍵を握る少年が主人公・夕月(ユキ)。
    夕月は赤ん坊の頃、養護施設の前に捨てられていた天涯孤独な少年でした。
    その為に常に自分の存在理由を探し求めていて、人の心の痛みに敏感な優しい男の子なのに世の中キレイ事ばかりじゃいられないのを知ってる中、健気に頑張る姿に個人的に癒されます。
    転生を繰り返す登場人物達。ただ夕月だけは何故か性別も変わり記憶もなくて…。
    夕月の記憶が戻ってからはどんな展開があるのか…。まだまだ謎がありそう。
    前世で魔族から祇王側につくことになったルカとのプラトニックな歯痒い関係は妙にドキドキします。

    すぐに結ばれる恋愛ストーリーが多い中、ラブ要素も戦闘シーンも満足な作品です。
    すべては「結末」から始まった裏僕の世界に是非一緒にハマっちゃいましょうw
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年09月24日
  • 恋愛だけじゃなく沢山のものがつまった作品で、過去があるから今があるって思えます。母親の自殺で心に重い荷物を抱えてしまう主人公の杏が、廻り廻って生きる理由になった大切な人にたどりつくお話です。話の流れに無駄がなく、心理描写も凄い的確なので、杏と一緒に追い詰められていくような気分になりました。終盤は読んでいて辛くなりましたが、読み終えた時の感動は並々ならぬものがあり、とても暖かい気持ちになれます。それぞれの幸せを見つけることもできるので、是非ラストまで読んでみてほしいです。番外編もこの作品をより深いものにしているので、全巻まとめ買いをオススメします。深い作品を求めている方にオススメしたいです。
    • 参考になった 9
    投稿日:2010年09月17日
  • ピアニストを目指す天才少年カイのお話です。始めは小学生、のちに高校生になります。
    神童ものかと思いきやそういう設定でもなく、主人公のカイは社会的に恵まれない環境で生まれ育ちます。
    その中には子供にはお勧めできない露骨な表現もありますが、作品としては勿論必要な部分でもあります。
    私はカイが本格的にピアノを始めるあたりから色々な事が繋がってきて面白いと思いました。
    視点が指導者の阿字野、ライバルの修平やお嬢様、カイのファン達などに変わりながら話が進むので、ドラマをみているような感覚があります。
    コンクールの緊張感やカイ・誉子・修平が弾くピアノの音、といった音楽に関しての内容はもちろん、一人一人のピアノに込める想いだったり、お互いがお互いを高めあっていける関係が、生き生きと伝わってきます。
    漫画は音が聞こえないものですが、何故かカイのピアノは聞こえてきそうな気がします。
    あったかい気持ちに、そして純粋な気持ちになれる作品でオススメです。
    • 参考になった 5
    投稿日:2010年09月10日
  • 惣領冬実サンの作品は、絵が素晴らしく綺麗で、ストーリーや伏線の張り方等がしっかりしていて面白いです。
    それだけでもスゴイのですが、結構前の作品でも絵やストーリーに全く古さを感じないのは流石!の一言です。
    惣領冬実サンの名作『MARS』もオススメなのですが、今回は『MARS』より前に書かれた作品をオススメしたいと思います。

    この作品は本編『彼女がカフェにいる』の番外編で、主人公みちるの縁者や脇役達にスポットを当てた、全6話からなる短編集です。
    みちるの祖父母の馴れ初めから、亮平のGF陽子、みちるの友達で「恋愛は弱肉強食」主義の花耶子、次世代の女の子のお話まであり、どのお話もとても面白かったです。
    本編『彼女がカフェにいる』もそうでしたが、短編集の方も相変わらずほのぼのしており、ハッピーエンドで安心して読めました。
    番外編なので、本編を読んでいれば楽しさ倍増!ですが、話の筋は本編を読んでいない人でも楽しめる作品になっています。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年09月03日
  • 前世と現世が本当に上手く違和感なく美しく合わさる描写に思わず唸りたくなります。感嘆です。
    光源氏の藤壺への叶わぬ想いが、その後の紫の上との悲恋、そして紫の上と千年後に再び会おうと約束し、来世へと繋がるわけで…。
    このお話のベースは、すごく切ないです。光源氏の想いが随所でひしひしと伝わってきます。
    ですが、話自体は非常にコミカルで面白かったです。
    光源氏の生まれ変わりの激モテ葉月君は、実は女性恐怖症で手が震えちゃったり。
    一方、紫の上の生まれ変わりである舟(しゅう)ちゃんは、前世の記憶など全くなくて。
    脇役の源氏物語マニアのヒロシ君が、かなりイイ感じです。
    葉月君と舟ちゃんの恋の結末は…。そして、光源氏と紫の上の想いは報われるのか…。
    ラストまでハラハラドキドキしましたが、読んだ後にとても幸せな気持ちになれる作品です。
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年08月27日
  • 最初はちょいエロの漫画だとしか思っていませんでしたけど、良い意味で期待を裏切られた感じです。序盤での独特な二人の関係にかなり引き気味でしたが、6巻以降、終盤に進んで行くに連れてどんどん引き込まれ、最終章を読んでいる時には涙がとまりませんでした。脇キャラに笑わされ、最初はダメダメだった主人公・相羽君の成長に感動し、胡桃ちゃんと一緒に涙がこぼれてしまいました。二人の著しく歪曲した愛情表現が儚さや切なさを表現しており、見る者に同情にも似た感情が芽生え、知らずと二人の世界に見入ってしまう面白さが他の恋愛漫画とは違うと感じました。胡桃ちゃんを想う相羽君の気持ちは「純愛」で、ラストまでぜひ読んでみてほしい作品です。下ネタ満載だけど、ただエロいだけではなく厚みのあるストーリーで、女性にもエロ漫画に興味ない方にもオススメ!です。
    • 参考になった 6
    投稿日:2010年08月20日
  • 初恋の頃のピュアな気持ちが蘇ってくるような作品です。もどかしいけどまっすぐで、一途で、一生懸命。
    大好きすぎて素直になれない。そんな淡く切ない誰もが一度は青春時代に経験したような物語。
    なかなか素直に想いを伝えられない真緒ちゃんと、ストレートに気持ちをぶつける羽鳥の、一途で切ない純愛ストーリーです。

    お互い片想いし続けた相手だから、なかなか自分に自信が持てなくて、素直になれなかったり、うまく伝えられなかったり。とっても切なくてキュンとします。
    真緒と羽鳥の、個々の視点からストーリーが展開されていて、同じストーリーを二度楽しめるのがいいです。真緒sideだけなら、羽鳥の気持ちが全然わからないし、逆もそう。お互いの想いがとても細かく繊細に描かれてるので、入りやすいです。

    二人をみていると忘れていた何かが思い出され、心が洗われたような気がしました。
    また様々な登場人物の視点から描かれるものの、感情の描写やストーリー展開に矛盾がなく、作者の力量を感じます。
    小出しにされる羽鳥と真緒ちゃんの小さい頃の絡みもいいです。
    とにかく感情描写が細かく完成度が高い。純愛もので読み応えのある作品をお探しの方は一読してみる価値あり!です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年04月23日
  • あんな顔の女主人公なんて初めてでとても新鮮でした。最初は米子のビジュアルに抵抗がありましたが、次第に馴れてきて段々と米子が可愛く見えてくるw

    ブスでヘタレな主人公米子が、就職した高校で生徒や先生・親たちと正面からぶつかっていく姿が凄く共感できて応援したくなります。
    米子の自分の顔のコンプレックスや怯えに必死に立ち向かう姿がとても愛しかったです。
    成長していく米子や幼馴染のイケメン三四郎の米子への熱烈なアタックなど、見所満載でとても面白かったです。

    話も教育に触れつつ、でも恋愛要素が要所に収まっているので、テンポよく読めました。かなり笑えるし、熱い気持ちになる良い作品だと思います。
    短めの作品の中に沢山の為になる言葉が溢れていて、何度も頷き、考えさせられました。常に一生懸命で謙虚な米子は凄いと思います。
    読後に心が温まるような素敵なお話です。世代を問わず楽しめる作品だと思うので、ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年04月16日
  • 久々に素敵な作品に出会ったという感じです。先生と生徒の恋愛モノは沢山あるけど、ぜひ読んでみてください。読んでみて損はナシ!って作品だと思います。

    ただHなだけではなく、先生の愛情や覚悟の深さ、蜜香の一途さにのめり込んで読んでしまいました。
    恋をした蜜香は全て先生が中心で、先生はそんな蜜香を心配しながら、気持ちを受け止めたり、時には先生の気持ちの方が大きくなってしまって戸惑ったり…。
    先生と生徒という壁に悩みながらそれでも二人で乗り越えていくのは愛が成せる技なのでしょうね。
    加賀先生と蜜香がお互いだんだんと惹かれていく様子、気持ちが丁寧に描かれていて、話の中に入り込めます。
    徐々に見えてくる先生の優しさ、大人さ、カッコ良さ、彼女を包みこむ大きさ、それに、お互いに惹かれ合う二人の愛に羨ましさがつのりました。
    蜜香が先生との出会いによって本当の愛を知り、強く綺麗になっていくのは同じ女性として羨ましく思いました。
    こんなにも真剣に一人の人を想い、その人と共に歩んでいけるのはとても幸せな事ですよね。

    ストーリー、画的にも文句ナシです。エロだけに走らずしっかり作りこんであるので好感が持てます。
    ティーンズだけじゃなく、大人の女性でも純愛にキュンとでき、ストーリーもしっかりしているのでオススメです!
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年04月09日
  • 極道ギャグにハマリました。

    昼間は下着会社の冴えないサラリーマンで上司にこきつかわれ、夜は国内1・2を争うほどの大組織を束ねるヤクザの親分でめちゃくちゃ強い。
    2つの顔を持つ主人公が繰り広げるストーリーは展開が早く、面白いです。
    本心はヤクザなんてしたくない。しかし、浮き世のしがらみがそれを許さず、逆にヤクザ社会でなぜかうまくいき、ヤクザを束ねる能力が開花していく主人公に笑えます。
    主人公は最終的には、ヤクザ人間になるのか? 平凡な社会人になれるのか?

    話の展開に飽きを感じない意外性ある作品で、一度読むと最後まで読みたくなると思います!
    何よりキャラクターが皆個性的で、主役と同じくらい脇役たちに愛情さえ感じてしまいます。
    エピソードが短く区切られているので読みやすく、恋あり、闘いあり、人情あり、笑いありで、男女問わず後を引く面白さはオススメです!
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年04月02日
  • 前から気になっていた作品でした。
    ホラーだけあって、妖怪や虫、人が殺されるシーン等、ちょっと怖い描写もありますが、それ以上にストーリーに引き込まれす。


    生き生きとした女の子・実花(じっか)と、実花を守ってくれる黒狐の妖怪・唱(となう)のコンビから目が離せません。
    実花や、友達、学校を狙って様々な妖怪が襲ってきます。
    唱の実花への一途なところや妖怪達の意外な純粋さに感動しました。
    ただ恋愛するだけでなく様々な問題にぶつかりながら、自分で決断して進んでいく物語にとても惹かれました。
    唱がヒーローなのですが、あくまで妖怪で、無条件に人を救うお話になっていないところが新鮮でした。


    苦手なホラーでしたが、体が千切れても、狐さん達が不死身に近いから安心して読めました。
    ただのホラーって感じではなく、人との関わりや教訓などこの作品からいろいろと学べると思います。
    読後の後味も悪くありませんでした。和風妖怪ものホラーが好きな方はオススメです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年03月26日
  • ハーフですごいかっこいいけど、遊び人の花田と親の再婚で姉弟になることになった桜。
    はじめは大嫌いだったけど一緒に暮らしていくうちにジワジワと二人の間に信頼関係ができてくるところはなかなか良かったです。
    後半、2人が次第に互いを意識してラブラブに甘さもありハピエンかと思いきや、花田の女性不信ゆえの独占欲が元ですれ違いや葛藤が中心に話が進みハラハラしました。
    前半の正反対なタイプのシンと桜のテンポ良い喧嘩がスカッとするものが多く面白かったです。
    絵に好き嫌いがあるかと思うのですが、読後感がとても良く、読んで良かったと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年03月19日
  • 主人公と親友が「四神天地書」という本に吸い込まれて、吸い込まれた主人公が召喚すると願いをかなえてくれるという四神のひとつ、朱雀の巫女となり七星士と共に朱雀を召喚する物語。誰でも一度は本の世界に入りたい、と願ったことがあるのではないでしょうか。そしてこんな素敵な恋がしてみたい、と…。そんな女性の永遠の憧れを見事に書き描いた作品です。絵も可愛いし美形揃いのファンタジーモノが好きな方におすすめです。少し残酷描写があるので苦手な方は注意。

    10年以上も前の作品ですが、とても素晴らしいです!
    なんと言っても七星士という宿命に選ばれた7人の生き方はカッコよく、また泣けます。
    それは朱雀七星士だけでなく、敵対する青龍や他の七星士たちもであり、時間の経過は感じさせません。
    連載終了後も外伝小説が発売されるなど今もファンが多い作品です。
    玄武・白虎編の『ふしぎ遊戯 玄武開伝』に連なる物語ですが、こちらは約200年の時間が経ち、メインも紅南国「朱雀」に移ります。
    朱雀・青龍編を読んだら、白虎と玄武の結末がわかってしまうので、楽しみが半減してしまうような気がしていましたが、巫女達みんな性格が異なり、巫女が2人同時にでてくるので巫女2人の話の展開もあり面白かったです。
    朱雀・青龍編が一番好きと言う人も結構いるので、ぜひ読んでみて下さい。
    • 参考になった 3
    投稿日:2010年03月12日
  • 何度読み返しても、涙がボロボロ出ます。
    好きだの嫌いだののチャラチャラした少女漫画とは違い、テーマは「心」。
    支えになる教えや言葉がいっぱい詰まった作品です。

    その肩に、たくさんの人々の「自由」と「平和」への祈りを背負った運命の子供、タタラ。討たれた兄タタラとして生きる事を決意したが、同時に普通の女の子として人を愛し信じ、弱さと脆さを持った少女、更紗(さらさ)。
    人を統べる恐ろしいくらいの才を持ち、野心に溢れた皇子、赤の王。人を惹きつける魅力を持ち、たくさんの仲間に支えられ真の国の姿を見つけていく青年、朱里(しゅり)。
    タタラ(更紗)は赤の王(朱里)を倒さなければならず、赤の王(朱里)はタタラ(更紗)を倒さなければならない。新しい国と、自分についてきてくれる仲間のために。
    けれど更紗は朱里を、朱里は更紗を愛していた。

    敵も味方も、守るべきものがあって、信念があって。
    一方では正しいことも、一度視点を変えると180度変わるという事が端的に描かれている作品です。
    ストーリーの壮大さも、一人一人のキャラの個性がしっかりとあり、作者の作り込みが非常にしかっりしていて、本当に実在する人物のように生き生きと描かれていて、感情移入せずにはいられませんでした。
    皆さんにぜひ読んで欲しいと思う作品です。
    • 参考になった 7
    投稿日:2010年03月05日
  • 主人公達が医者という漫画は数多くあるけど肛門科の先生同士のお話っていうのはかなり珍しい設定でとても新鮮でした。大人の恋愛の設定なのに即エッチな安易な展開じゃなく、すぐには二人が結ばれたりしないところも良いです。

    肛門科の敏腕イケメン医師(ツンデレ?)とドジだけど一生懸命な女医さんのラブストーリーです。

    キャラがそれぞれ個性的でとても魅力的です。武童先生は患者さんを大切に、自分の立場に責任を持ち、ただのイケメンではありません。本当にいろんな意味でアナどれませんw 麻子先生の頑張りっぷりも可愛いです。

    話の構成もしっかりしているし、恋愛の進行も自然で引き込まれるし、笑いも誘われるし、次から次へと続きが読みたくなるお話でした。
    お尻にまつわる笑える要素が散りばめられており、医療部分もきちんと取材してあってリアルな感じもあって面白かったです。

    麻子先生は特別可愛いわけではないけど一途で嫌味がなく共感できる部分があると思うし、もっと仕事も恋も頑張ろうって気にさせてくれます。
    コメディタッチですが、恋愛・仕事について真剣に描かれているので、読み応えがありオススメです!
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年02月26日
  • これは私が漫画にハマるきっかけになった作品で、強引だけどクールで大人な小田切さんと、純血種でパワフルな麻衣が大好きでした。

    この話は、主人公の尾崎倫子がある日突然豹に変身し、それから周りの環境が急変していきます。
    幼馴染で恋人の水島慎也、倫子を学会で発表しようとする高校教師の曽根原薫子、倫子と同じく豹に変身する小田切貢たちとの関わりの中で、倫子は大切なものを失ったり得たりしていきます。
    普通の女子高生倫子がある日突然豹に変身してしまうというあり得ない設定なのですが、登場人物の心理描写が細かく丁寧に描かれているので、作品の世界に引き込まれ、どっぷりはまれます。
    途中、主人公が倫子から娘の麻衣に代わり、親子二代にわたるのですが、スリリングかつスピーディーなストーリー展開なので、中ゆるみすることなく最後まで一気に読んでしまうこと間違いなし!

    見所はやはり、悲劇に更に追い打ちをかける恐くて冷酷なヤバい女、曽根原薫子でしょう。もう完全にイッちゃってます。
    倫子だけじゃなく、倫子の家族や慎也、小田切など様々な人を苦しめていきます。
    この女にもし出会わなければ…2人は幸せに暮らせたのだろうか? そう思うと悔しくなります。
    あと、慎也のとても深い愛情も見所です!
    慎也、倫子や各登場人物の壮絶な最期には息を飲みます。泣けますよ~。久しぶりに漫画を読んで号泣しました。

    本当に古い話なのに、いつ読んでも全く色褪せることなく、いつの時代にも通じる不朽の名作だと思います。
    何年経っても何度でも読み返したくなる、本当に素晴らしい作品です!
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年02月19日
  • 弟が買ってくるマガジンに載ってて、ハマってハマって夢中で読んでいた思い出があります。
    かなり読み応えのある作品だと思います。ストーリーも壮大な世界観ですぐに引き込まれます。
    キャラがみんな濃くて魅力的です! 笑えるし泣けるし、すごく面白いです。
    旅の中で様々な仲間と出会い、ストーリーが進むにつれ、それぞれの登場人物のこと、50年前のこと、聖石RAVEの事などなど。
    記憶をなくしたエリーの過去や、星の記憶など、最初はバラバラだったものが本当は繋がっていて・・・。
    謎が張りめぐらされ少しずつ少しずつ明らかになっていく・・・というようなお話です。
    ハル達の冒険を通して絆を深めていく姿がまたよいです。ハルの優しさ、仲間の、親子の絆に泣けます。
    コメディチックなとこもあり、考えさせられるようなセリフもあるのでぜひ読んでほしいです。
    少年漫画が苦手な女性の方でも読んでいただける作品だと思います。
    読み終えてすっきりしましたし、感動しました。ぜひ最後まで読んで欲しい作品です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年02月05日
  • どこまでも素敵な純愛で、切なく愛しくロマンチックな恋物語が沢山つまっててお得な感じの短編集です。

    女の子なら誰でも一度は夢見たロマンチックなストーリーで、しっかり胸に響く恋の話ばかりなところがさすが! と思いました。
    もっと続きが読みたいストーリーばかりでしたが、その中でも「キューピットの卵」シリーズが好きです。
    何回かわけて登場するのですが、ハラハラ、ドキドキ。最後はそうゆう事だったのかぁと読み応えがありました!

    最近、ときめきを感じていないっていう方や、少女漫画と言えば恋愛モノというわけで安心して甘~い世界に浸りたい方にオススメです☆

    結構むかしの作品ですが、今読んでも色褪せません。さいとうちほワールドに魅了されること間違いナシ!
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年01月29日
  • ちょっとだけ…のはずが、ドップリはまってしまいました。

    まさに女の戦い! どんな手を使っても旦那さまの気をひきたい…。
    そんな執念とともにすごく切ない気持ちにもなります。

    主人公の金蓮は情があってほんとうに自分に正直な人。
    最初は怖くてずる賢い女だなぁと思ったのですが、物語を読みすすめていくうちに金蓮の聡明さ潔さに惹かれていきました。
    金蓮は残酷かと思いきや、情け深いところもあったり、なにより生い立ちを知ってからはますます大好きになりました。
    意地っ張りでちょっとやり過ぎなところがドキドキするけど、なぜか憎めない人です。
    大抵の行動は「旦那様の愛のため」で、とても可愛らしい女性です。

    悪い事を企んでる人に気づかれずに先手を打って処理する場面が、毎回すっごく気持ちイイ♪
    読んだら絶対スカッとしますよ☆

    受けた借りは必ず返す金蓮なので、彼女を敵にすると怖いでしょう(笑)

    登場人物の一人一人が回を重ねるごとにどんどん魅力的になっていきます!
    とても多くの登場人物がいるのに性格も顔も見事に描き分けてる画力も見事です。
    それぞれの生きざまを見ていると、気高く美しく生きるってこういうことかと考えさせられます。
    その反面、過激に意地悪な汚い面も見えたりして、本当にハマります!

    もちろんエロいシーンも満載なのですべてにおいて満足度の高い作品です!
    • 参考になった 3
    投稿日:2010年01月22日
  • 純愛で、奥手すぎる女の子がなかなか積極的になれなくて、ぐだぐだグルグル考え過ぎの中盤はちょっとクドイかなと思いましたが、外見も中身も素敵な彼と、周りの友達に支えられて主人公が女性としてどんどん可愛く、そして芯を通していく姿に引き込まれます。
    クリスマス、冬休み、お正月など彼氏と過ごしたい自分と家族との板挟み…。
    色々な初めての気持ちをゆるやかに思いださせてくれるような、絵の綺麗さとこまやかに描かれた心理描写が読み手にいろいろな形で伝わってきます。

    恋を休憩中の人や、もう恋なんて忘れちゃった~と思っている人にオススメしたいです。こんなドキドキや不安や幸せは恋でしか味わえません。温かい気持ちになりますよ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年01月15日
  • 北川みゆきさんの作品の女の子のくちびるがちょっとセクシーな感じで好きだったりします。

    数年前、北川みゆきさんや篠原千絵さんの作品が大好きで、「少女コミック」を買っていました。

    『罪に濡れたふたり』 以来、久々に北川みゆきさんの作品が発売されたので、早速、購入して読みました♪

    この作品は 『罪に濡れたふたり』 のような重たい愛憎劇な感じはなく、お隣に住む3人兄弟との恋のお話です。

    お隣の御見原3兄弟の中のどの子と結ばれるのか、全然からんでこない左月が気になりつつ、ドキドキしながら読みました。

    最初はあまり右京が好きではなかったのですが、後半、すごく一途で杏をとても大事にしている感じが伝わってきて、読み終わる頃には右京が一番好きなキャラになっていました。 右京、最高!! です。

    切なくなったりハラハラしたり―――ラブラブ満載の作品です!
    • 参考になった 1
    投稿日:2009年12月04日