bosun1919さんのお気に入りレビュアー
bosun1919さんをお気に入り登録しているレビュアー
118人
参考になった総数
757

【bosun1919】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/147件 を表示

  • ネタバレあり
    涙あり笑いあり感動ありでした
    以前から読んでいましたが単行本が出たら絶対購入しようと思っていました。訳ありなおじさまと売れ残りの猫ちゃんのお話です。私も猫を飼っていますが、共感できる内容ばかりだし
    何よりもふくまるがとても健気で、可愛いです。
    登場人物は悪い人は出てきません。おじさまの親友や職場の人達も素敵な方ばかりです。そしておじさまが一番素敵です❢
    詳しい内容はまだないですがおじさまがひとりぼっちになってしまった理由もとても気になる所です
    早く続きが読みたいです
    • 参考になった 6
    投稿日:2018年02月24日
  • ネタバレあり
    病み系です
    愛されたくて、必要とされたくて努力しても
    報われずに虐げられてきた男と、
    必要とされていたのに
    向き合えなくてその対象を失った男との出会い。
    その隙間を埋めるべく兄弟ごっこ。それでもいいとお互い
    必要とされたいと思っていたのに、やはり現実からは逃げられないもの。歪んだ愛情でも欲しいと思うほど愛に飢えた攻めが切なすぎました。最後はハッピーエンドで良かったです
    この二人のこれから先がもっと見てみたいです
    Hシーンもキチンと最後にあります
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年12月25日
  • ネタバレあり
    印象に残らない作品
    純粋すぎる野良猫のような受けと遊ぶだけ遊ぶ攻め
    ご飯を食べさせながら続く奇妙な関係
    エロはほとんどなく最後の最後に関係します
    好きな作家さんなのでもう少し期待したんですが
    今回はわたし的には外れでした
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月17日
  • ネタバレあり
    とても優しくて健気
    椿丸としい様がハッピーエンドで良かったです。
    お互いが愛おしくて、すれ違いもありやきもきしますが
    灰崎先生の作品は基本的に
    お互いを思うあまりに行き違いが生じますが
    いつも心温まり大好きな作家さんです
    エロも沢山で満足です
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月17日
  • ネタバレあり
    かんちゃんが病んでいく過程
    さすがおげれつ先生です。
    「錆びた夜でも恋は囁く」「ほどける怪物」のかんちゃんが主人公です。
    好きなのに、優しくしたいのに、DVをしてしまっていた
    苦しかった過去から開放されないでいるかんちゃん。
    ノンケなはずの攻めはいつの間にか
    かんちゃんにのめり込んでいきます。
    かんちゃんの過去が明らかにされていきますが
    とても病んでいて、感情の表現の仕方が結構リアルで
    もしかしたら苦手な方もいるかもです。
    攻めがかんちゃん過去の一場面に触れながら
    とても複雑に絡み合っていきます。エロはとてもエロくて
    満足です。早く下巻が読みたいです
    • 参考になった 15
    投稿日:2017年12月08日
  • 思いの外エロ満載でした👍
    初コミックの初読みの作家さんでした。
    ん〜絵もストーリーも少したどたどしい感はありますが
    一生懸命丁寧に作業されたなと感じました。
    表題カプは2話とオマケ、そしてあとニカプが一話ずつ入っています。どれも受けが非常にエロかったです。Hシーンはかなり多い方で楽しめました。
    これからもっと楽しみな作家さんかと思いました
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年11月12日
  • ウノハナ先生やはり最高です!
    流石だと思いました。ハズレなしです。
    トラウマを持つ受けと、イケメンの少しチャラいけど
    受けをいろんな意味で愛してくれる攻め。
    二人の距離の縮まり方や、受けの片思いの友人の心理描写が
    とても良かったです。勿論エロも大満足でした。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年10月15日
  • あ〜〜これは反則です
    座敷童子チュン太、可愛すぎ❣
    高人さんもとても優しくて、かっこいいです。
    これがもし逆だったら少し怖い?
    高人さん可愛すぎてチュン太暴走!!、それも見てみたいかもしれない。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年09月10日
  • さすが腰乃先生です
    この作品は実は相当古い作品です。しかしそれを感じさせません。幼馴染からの恋人関係です。なんとも流されやすい受けと、淡々としながらも結構情熱的な攻めが笑えます。色んなプレイもあり、エロ満載です。そして相変わらずセリフが多い。受けの弟も何かオカシク可愛い。とても楽しかったですよ。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月21日
  • とてもエロくて甘いです
    とても良かったです。女性下着を着たがる男と、女性下着をデザインする男。エロ多いです。甘くて愛があるって感じでした。お互い言葉が足りなくて、すれ違いもありますが結局お互いの事思いすぎての事なのでOKです。あと、短編2話入っています女装男子が可愛かったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月14日
  • 短編集でした
    短編集で3カプ出てきます。相変わらず絵もきれいで、エロも一応ありますが、どの話も本当に不完全燃焼でした。多分続きとかあるっぽいですが、もっとキチンと1冊にまとまっていたら良かったかも。表題は3Pありです。この作家さん結構好きなんですが今回は残念でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月10日
  • 笑いあり、胸キュンあり
    前から気になっていて、今回割り引きだったので購入。
    お客さんの笑顔見たくて、一生懸命ホストして、裏切られて傷ついて、所詮ホストって言われて。開き直りの憎まれ屋になりました。攻めは、それでもそんな受けが好き。全部受け止めたい。人は愛されると、愛することができるのだと思う。受けがカワイイ胸キュンして萌えます。エロも多いです。丸っと表題カプのお話でとても良かったです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年03月30日
  • ストーリー重視でエロも充実しています
    「続きはまた夜に」のスピンオフです。感動しました。ストーリーがしっかりしていて、なおかつエロも充実しています。刑事ものですが、事件捜査にしか興味のない刑事と訳ありパートナーのカプです。ある事件をきっかけにパートナーに異変が起きました。事件の謎解きとトラウマとの戦いです。この作家さんの作品の中で断然1位になりました。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年03月27日
  • BL脳腐男子くん、笑えます。
    出会いは下宿先。腐男子のお友達が出来て喜ぶ幹くん。曽我部さんは実はとっても内気なゲイ。1巻目はチューだけです。2巻目は色々男同士のナンタラが始まります。BL大好きな攻めはとてもピュアな曽我部さんに、キュンキュンします。そして実践。腐男子の脳内が垣間見え面白かったです。腐男子≠ゲイなんでしょうが、関心があるのも事実なんでしょうね。とにかく受けはとても純粋でカワイイです。カッコイイ攻めを目指す腐男子くんの努力は続きます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月25日
  • ネタバレあり
    かなり苦しく、理解するには難しい
    5話一気に読み終えて感じることは、苦しさと切ないとは言えない締め付ける胸の痛みです。性癖とは、SでもMでも、男同士でも、お互いが受け入れれば罪ではないが、ショタ好きの場合はどうしても罪になる。トラウマがトラウマを生み、果てしなく歪んでいくのは誰のせいなのだろうか。そこから抜け出そうと、矯正され、罵倒され、そこに愛なんてものはない。にいちゃんが、目を付けたゆいくんは、大きくなってもにいちゃんが好きで、忘れられなくて、歪みすぎた愛情はそれでも本物であるという。この作品は読む人によってはとても嫌悪感を感じるかもしれません。私はとても複雑な思いが残りました。
    ゆいくんの彼女役のまいこちゃんがとてもいい味出してました。彼女の存在により救われました。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年03月20日
  • K先生言葉少なすぎ
    黒髪メガネのド真面目な受け、とても乱暴であまりにも寡黙なK先生。誤解されやすい先生をそれでも理解しようと頑張る受け。いつも泣かされながら、強引に持って行かれちゃいます。
    先生男前で、受けの事すごく愛してるんだろうけど、もう少し言葉とか態度で示してくれたらなぁとか思います。受けが鈍すぎて、先生の愛情表現に気づかない。可哀想とかも思ったりして。「秘密の情熱」ではやっと、お互い歩みよれたかな?って感じでした。もっと甘々なところが見たくなりました。エロもキチンとあります。
    • 参考になった 9
    投稿日:2017年03月15日
  • 黒髪、メガネ、ややビッチ萌えどころ満載です
    この作家さんの作品久し振りに拝見しました。絵が随分スッキリしたような気がします。攻めはとても真面目な性格で、受けのエロい攻撃に対向できず、ズルズルって感じです。お互い目指すものを一つとして、相入れます。やはり知的な黒髪メガネは萌えます。エロは多い方です。他に短編で3Pもあります。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年03月13日
  • 病んでます
    作家買いですが、今回は少し病んでいます。学生の頃、告白され、振った相手と再開します。そのときは自分の性癖を知らずに断ったのに、結局自分もゲイだったと。振った相手がパートナーを見つけ幸せそうなのを見て、自分の不幸さを噛み締めます。斑目先生の、なんとなく歪んだ世界があります。
    自分が幸せになりたいのか、相手を不幸にしたいのか、ただひたすら落ちていきます。続きが気になります。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月12日
  • 花はいっくんにベタ惚れですよ
    正直、男の娘は好きではありません。でも花はとてもいっくんに一途で本当にカワイイです。ダサ眼鏡のいっくんとは「花にくちづけ」でくっつき「花といっくん」ではケンカしながらも、アマアマのエロエロです。当て馬の中坊が可愛くなかったですが、花の男らしさも見えて面白かったです。そして関西弁のツッコミが萌えます。さすが阿部先生です
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月10日
  • ネタバレあり
    とにかく絵が綺麗です
    最近この作家さんに凝っています。とにかく絵が私好みです。ストーリーはファンタジーです。ライオンの人獣とサーカス団の相棒カプです。ライオンが可愛いです。モフモフしたいです。タマタマもフワフワしてました。この方の作品は大体ガチムチが受けでエロいです。短編ばかりなのでストーリーは今ひとつですが、私は楽しく読ませていただきました
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月05日
  • 2巻まで読んで、今のところHシーンが大半です
    1巻読んで、ふむふむ、えっ!?展開早くない?2巻読んでウンウン、やっぱりそうか!って感じです。ストーリー展開はこの次から何かしらあるかな?とか思います。今のところHシーンしかなくてですね、わたし的には嬉しいですが萌えるポイントが残念ながらありませんでした。続きでたら気になって購入するかもですが、もう少し見守りたいです
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月28日
  • 神様降臨です
    この作家さんは独特な世界を持ち合わせています。淡い初恋の切なさとか、静かな熱情とか、儚い夢とか、ストーリーがとてもしっかりしています。今までの作品の中でも一番好きです。表題よりも神さまと呼ばれる、霊感のある方の短編シリーズが良かったです。エロシーンも満載でとても満足です。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年02月25日
  • ネタバレあり
    マッタリほのぼの系です
    片思いの同僚が結婚するかも?で失恋して参っているとき、「人をダメにする課長さん」に普通に慰められ、コロッと落ちてしまいます。😅課長さん40過ぎなのに天然すぎでしょ?かと思うと、自然に人を力づけ、癒やし、暖かくて私もダメになりそうでした。ちなみに課長さんはノンケだと思われますが
    男同士ということに対する、前向きな姿勢がとても良かったです。エロシーンはほぼありませんが、課長さん何気にエロく色気がありました。描き下ろしが最高かも、これで落ちない奴はいないでしょう
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月25日
  • ネタバレあり
    ラブコメです。
    3カプのお話が入っています。表題カプとその友達2カプ。
    ゲイの兄のようになりたくないと、自分の身は自分で守ると張り切りながら生きてきたのに、結局気になるお友達発見。そこからはもういつの間にかスキになってた。と言うありがちではありますが、なんともカワイイCPでした。そしてその兄保健医と生徒カプ。この年下ワンコが良かったです。先生も色っぽくて、良かったです。全体的にはラブコメで楽しく読ませていただきました。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月25日
  • 何だか笑えます
    正直、キレイ系が好きな私としては絵が苦手でした。引きこもりニートが受けに一目惚れして、同じ職場に。あまりにも違いすぎる価値観、生活感、戸惑いながらも理解しようとします。宇宙人感あり、そこかしこ笑えます。そして、やや変態っぽくエロいです。CEOもなんとも面白い方でコチラのカプもなかなかお似合いでした。CEOと息子の写真(笑)ヤメテって感じ😃
    面白かったです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月19日