hihiさんのお気に入りレビュアー
hihiさんをお気に入り登録しているレビュアー
0人
参考になった総数
1

【hihi】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 伝説の劇画、降臨!~生命だけは平等だ~
    徳洲会(というか日本の政治)が激震するこの時期に待望の電子書籍化!!
    どういう経緯での電子書籍化かは分かりませんが、権利者の方々の英断に感謝!

    さて、この漫画は以前、鹿児島の街なかで徳洲会関係者が無料で配布していました
    (選挙対策ってやつね)。
    1,990年ごろで私は幼児だったのですが、「幼児にまでこんなもの配ってどうするのだ?」
    と呆れたのを覚えています(笑)。
    中身ですが、自伝というか「理想に燃える徳田青年が、日本医療の非常識と闘うぞ。
    病院をたくさん作って、貧しい皆を助けるぞ(そのために選挙も頑張るぞ)」
    というハートウォーミング・ヨイショ劇画です。

    劇画担当の貴志先生(さいとうたかを門下?)の力量もあって、それなりに読ませます。
    300ページ弱で200円は十分にお買い得と言えるでしょう。

    なお、今回電子書籍化されたのは、2,004年以降に改訂された新装版のようで、
    アテネオリンピック等にも触れております。
    私が道端で配布された旧バージョンと中身の比較ができないのが少しだけ残念です(笑)。

    徳田虎雄氏については、元々から毀誉褒貶ありますし、現在では、金満・傲慢・暴君・
    子育て失敗等のイメージが決定的となり、もはや彼に良い印象を持っている人は少ない
    と思います(鹿児島の外では特に)。

    しかし、ヨイショ風味とはいえ、この劇画に描かれている内容もまた真実の一端だと思います。
    ただ「徳洲会はけしからん」というだけでなく、多角的な視点を身に付ける方が殊に実り多い
    というのが大人の見方でしょう。
    産経新聞の徳洲会に関する連載記事「父子の野望」も合わせての一読をおすすめします。

    良くも悪くも「風雲児」徳田虎雄を知る上での貴重な資料であると思いますし、今回のことで
    更に価値が高まった一冊です。
    この先、事件がどういう形に事態が進行しようと販売し続けて欲しいですね。
    • 参考になった 1
    投稿日:2013年11月30日
  • 1