tentenmoverさんのお気に入りレビュアー
tentenmoverさんをお気に入り登録しているレビュアー
43人
参考になった総数
865

【tentenmover】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/344件 を表示

  • 単なる萌え漫画の序盤から急にシリアス込みの深い漫画に
    第1巻の最初の頃は大正浪漫を舞台にした単なる萌え漫画かと思いきや、途中から思いもよらぬシリアス展開になったり、とっかかりで思ったより深い話になった。良い意味で裏切られた。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年12月31日
  • こんな彼女欲しかった
    酒好き・酒豪な彼女。酒だけではなくてそのアテも即席でいろいろ作ったり、一緒に飲み歩いたり。ちょっと強すぎ飲みすぎだけど、時に素直に甘えてくれるし、こんな彼女が欲しかった。後藤羽矢子さんの4コマ、大好き。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月31日
  • 高校生らしい手探りの恋愛未満
    ドラッグストアでバイトをする高校生男女。恋が芽生えているようないないような。素っ気ない彼女に気持ちはあるのか?微妙な距離感空気感が面白かった。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月31日
  • 辻灯子の作品の中ではちょっとイマイチ
    辻灯子のお仕事4コマだが、これは初期の作品?他の作品と比べると絵柄もノリもイマイチだったかな。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月31日
  • 辻灯子の4コマ
    辻灯子の作品にハマって作者買いした4コマ。学生を描いた作品だけど、こういう若いノリも爽やかに描くね~。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月31日
  • 辻灯子のお仕事4コマ
    辻灯子の4コマの雰囲気に惹かれて作者買いした作品。独身OLを描いた作品で、楽しく毎日過ごしているような、いろいろ焦るところがあるような、そんな心情が爽やかに描かれていて楽しめた。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月31日
  • ふたごを抱えたドタバタ4コマ
    辻灯子の4コマの世界が好きになって作者買いした作品。ちょっとまだ絵が稚拙?だけど、ドタバタしながらほんわかさせられうふたごを抱えた家族が素敵。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月31日
  • 辻灯子の4コマの心地よいテンポ感
    この作品で辻灯子を知ったけど、この人の4コマの雰囲気というかノリというかテンポが好きだなぁ~。ホント、気楽に楽しく読める。この作品をきっかけに、いろいろ辻灯子の漫画を買ってしまった。ヒロインの女性が優秀なんだかダメ女なんだか、マメなんだかズボラなんだか、もう1人の主役級の男性と進展するんだかしないんだか、面白かった。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月31日
  • 表紙詐欺
    表紙の絵は可愛いのにな~。中見たらガッカリ。購入検討するなら立ち読み版で最初の数ページだけでも見て判断すべし。「30歳の保健体育」の中では絵が綺麗でお勧めなのは「恋のステップアップ編」、絵はちょっと残念だけどそれなりに“保健体育”していて味わいがあるのが本編。これは絵のクオリティのために読むのは結構苦痛だった。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月31日
  • シリーズ中の本編ではあるが
    「30歳の保健体育」シリーズの中では本編に当たるのか?でも最初に三宅大志氏作画の「恋のステップアップ編」を読んでしまったので、作画のレベルでまず少々がっかりした。読んでみると、女の子は案外可愛かったし、妖精のクピドも可愛いし、一番“保健体育”しているので本編らしい。シリーズの中で1つだけ買うならこっちの本編よりも「恋のステップアップ編」のほうがお勧めだけど、本来のストーリー?恋のノウハウ?を味わうならこっちなのかな。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月31日
  • 三宅大志氏作画の女の子が可愛すぎる
    「ろんぐらいだぁす!」で知った三宅大志氏作画の作品。おぉぅ、女の子が可愛い!恥じらいや悩みの表情が良い!「30歳の保健体育」シリーズの中では一番絵が綺麗で女の子が可愛くて、読み応え見応えがある。「30歳の保健体育」シリーズの中で何か買うならこれだけで十分。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月31日
  • 勇者と名は着くが・・・
    異世界転生物だと最初からやたらとステータスが高かったりゲーム操作画面が出てきてその世界の住人には出来ない力が使えたりで俺TUEEEEな展開が多いが、本作はいきなり理不尽な差別、軽蔑、無実の罪・・・。いろいろどん底。そこから地道に這い上がっていく、タイトル通りの「成り上がり」。ストーリー中で次第に理由が明かされるが、徹底して差別される「盾の勇者」の主人公。攻め寄せてくる魔物と戦い人類を救うはずが、むしろ足を引っ張り敵となるのはその守るべき人類の側。そして真の敵は・・・。「まおゆう 魔王勇者」でも似たような展開を見たが、この陰湿さがまさしく人類の業だなぁ~。他のレビューにもある通りの胸糞ストーリーではあるが、そのストーリーこそを読ませる漫画だと思う。8~9巻くらいからその胸糞展開にも変化の兆し?続きが楽しみ。そして、ラフタリアちゃんとフィーロちゃんがカワイイ!!にも大いに同意。フィーロちゃんがアホで可愛くて強ぇぇ~なのが萌える(笑)
    • 参考になった 10
    投稿日:2017年12月31日
  • くだらなさ過ぎて面白い
    うっかり電車の中で読んでしまったら腹筋崩壊するかと思った。本編の「金田一少年の事件簿」は以前連載を読んでいたことはあったが、単行本を買ったことは無かった。これは犯人目線の外伝ということで、面白そうで買ってみたら、いやいや想像以上に笑えた。そうだよな~、本編「金田一少年の事件簿」の各事件を真面目に真面目に検証したら、こうなるよな~、ツッコミどころは多いよな~。最後の作者後書きで、「この漫画人死にすぎ!」ってそれは言ってはいけないNGワードですよ(笑)
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月31日
  • 幕末激動の時代の女たちの恋物語
    新島襄の奥さん八重の物語。NHKのドラマになったんだったか?そっちを見ていないので、ストーリーを完全初見で見た。史実も追っているんだろうが、シリアスな歴史的事実を織り交ぜながらも、激動の時代に生きる女性たちの恋物語を甘酸っぱくもあり情熱的でもあり時に儚く苦しく、でもユーモラスに描く。台詞のあちこちで英語とか現代語が混ざるので、意図的に時代考証を廃して親しみやすくしているんだろうが、おかげで気楽に面白く読めた。歴史漫画ではなく、歴史の舞台を借りた少女漫画だね。っていうか、新島襄がなかなか出て来ず、主役級のキャラが後に新島襄と名を変えて大成するのかと思っていたよ。そこで出てくるんかい!と思わず突っ込んだ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月31日
  • 漫画の編集など漫画の出版を陰から支える人たち
    ドラマ化されたということで知った作品だが、その時点では表紙の絵を見た時点で敬遠して読んでいなかった。読んでみたら、面白くて一気に読んでしまった。「バクマン。」とか漫画家を描いた作品は多いけど、漫画の編集者とか校正とか営業とか、縁の下の人たちに焦点を当てたのは珍しい。そして、みんなそれぞれに自分たちの仕事に信念を持って取り組んでいて、グッと来た。「何でこの漫画が売れたか分からない?売れたんじゃない、俺たちが『売った』んだ」は格好良かった~。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年12月24日
  • 良くも悪くも西尾維新
    この説明くさくって長々としたセリフ回しで読者の意表をつく設定と展開で、良くも悪くも西尾維新作品。最初のあまりにも唐突な設定が面白いかと思ったが、最後までゴチャゴチャしたまま終わった印象。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月24日
  • 迫力のある活劇だが話はイマイチ。
    「信長のシェフ」や「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」など織田信長にフォーカスを当てた作品は多いし、個人的に大好きだが、本作はそんな時代に活躍した村上水軍の、しかも頭領の娘が主人公。絵に迫力はあるし活劇としては面白いが、ちょっとフィクション過ぎるし話がぶっ飛んでいるし、上の2作に比べるとイマイチかなぁ。原作小説は本屋大賞や吉川英治文学新人賞を受賞しているとのことなので、これはコミカライズの問題なのか?
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年12月24日
  • 「明智光秀の真実」をどう描く?
    歴史上「裏切り者」の代表格として悪名高い明智光秀だが、実際には織田信長に忠実な部下だったという話も。そして、だからこそ本能寺の変は謎に包まれている。別作品だが「信長のシェフ」が大好きで繰り返し読んでいて、その作中でも明智光秀は誠実なキャラとして描かれていて、どう本能寺の変まで繋げるのかが楽しみで仕方がない。とは言え「信長のシェフ」はあくまでフィクション。本作は、史実に忠実に人物像を描いているようで、この先どう「明智光秀の真実」を描いてくれるのか、凄く楽しみ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月24日
  • イケメンが心までイケメンで憎めん・・・
    タイトルがあまりにも大上段だから、てっきり「※ただしイケメンに限る」系のきづきあきら+サトウナンキお得意の陰湿な話かと思ったら、なんとまぁ素敵なドタバタラブコメ。主人公の一人のイケメンが性格面までイケメンだから憎めなくて困る(笑)読んでいて、どうしても自分は本来の主人公(ブサメンで、性格までひねくれて、コミュ障、女性恐怖症・不信症)の側に自己投影してしまうので、状況が羨ましいやらイラつくやら。まだ既刊2巻だが、今後どう展開するのかめっちゃ楽しみ。きづきあきら+サトウナンキの本領発揮で陰惨な結果にならないことを望むw
    • 参考になった 8
    投稿日:2017年12月24日
  • 初っ端からネタバレのスピンオフ?
    「転生したらスライムだった件」のスピンオフ作品。なのだが、読み始めたらいきなり誰だこれ?なキャラがぞろぞろ。これは原作のweb小説を読んでいる人には面白いのだろうが、コミカライズ版「転生したらスライムだった件」から入った私のような読者にはいきなりネタバレ注意になるのでは?いきなり読者置いてけぼり感。ネタバレ要素を無視すれば期待できそうなストーリーではあるが(レビュー投稿時点で単行本1巻のみ刊行)、メインストーリーの「転生したらスライムだった件」コミカライズ版がもっと進むか完結するまで待ったほうが楽しく読めるのかも?
    • 参考になった 22
    投稿日:2017年12月24日
  • 個人的に大当たりの異世界転生物
    原作はweb小説みたいだが、コミカライズされた本作で初めて知った。世界観にどっぷりハマった。面白かったし、続きが読みたい!設定も話も面白いし、絵も綺麗だし可愛いし。異世界転生物は最近個人的にハマっていろいろ買ってしまっているが、これはその中でも特に当たりだった。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月24日
  • 設定やストーリーは面白いけど、個人的に合わず?
    「このマンガがすごい!2017」オンナ編第1位に入っていて、つい買ってしまった。
    う~ん、面白いか面白くないかで言えば面白かったけど、最後の締めがイマイチだったからどうも全体的に高評価に出来なかった。同作家の「町でうわさの天狗の子」も以前に「このマンガがすごい!」に入っていて、1~3巻まで読んだけど、これも面白いか面白くないかで言えば面白かったというくらい。個人的に作家性というか作風に合わないのかな。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月24日
  • 衝撃的なダークファンタジー
    『このマンガがすごい!2018』オトコ編 第1位!】に挙がっていたのを見て、第1巻を試し読み。衝撃的な設定とストーリーに圧倒され、既刊全巻まとめ買いして一気読みしてしまった。まだ完結していないのかよ~。続きが気になりすぎる。これ、ジャンプ漫画なの?第1巻の表紙の可愛らしさからは想像もできないダークな設定、サスペンス。『このマンガがすごい!』1位に挙げられるだけのことはあると思った。読み応えありすぎ。ただ、ごくごく限られた行動範囲で、限られた出来ることで、限られた時間の中で、繰り広げられる水面下の熱い熱い推理と駆け引きの戦い、これはある程度の大人じゃないと面白みが分からないだろうな~。また、そういう心理戦みたいなものが主だから、連載を追っているのではなくて、単行本で一気読みしたのがまた理解しやすくて良かったのかも。とにかくこの先に超期待。
    • 参考になった 13
    投稿日:2017年12月17日
  • さすがは岡本倫、頭おかしい(褒め言葉)
    なんつー設定、ぶっ飛んだ表現、さすがは岡本倫としか言いようがない。
    エルフェンリートや極黒を読んでその頭のおかしさについていける読者なら、改めて岡本倫を尊敬することだろう(笑)
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月17日
  • オンラインゲームで知り合った男女の同棲
    オンラインゲームで出会った相手は、男と思っていたら女の子だった。そして突然同棲生活に。金田一蓮十郎にはライアーxライアーで出会ったが、ストーリーはドロドロしているのに独特のカラッとした空気感のある漫画で、好きだった。この作品も、突然の異性との同棲で戸惑うようで、妙に冷めているようなあっさりした空気がありつつ、でもお互いの心の機微が描かれていて、面白い。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年12月05日