ori333さんのお気に入りレビュアー
ori333さんをお気に入り登録しているレビュアー
11人
参考になった総数
100

【ori333】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/28件 を表示

  • 単なるBLマンガじゃない
    感動しました。
    道路の白線を人生に見立てて…2人の人生を通して、生きるって愛ってなんだろう?と考えさせられてしまいました。涙どころか鼻水も止まりません。そんなつもりじゃなかったのに。
    現実主義な攻め伊東と夢見がちな受け西。出会いはまるで少女マンガなのに、物語の展開は現実味を帯びていて、穏やかさと苦しさとが入り混じります。
    ほぼ2人しか出てこない。彼らが年齢を重ねていくのを追いかける形式。BLに慣れている方なら予測のたつストーリー展開です。しかしここまで書ききられているのは珍しいと思います。
    萌えるとかエロいとかそういう感覚は出てこず、純粋に物語を楽しみました。(萌えやエロも大好きです)
    終わり方も感動的でした。素敵な作品。
    買って良かったです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年04月18日
  • お互いに夢中の恋
    表題作以外にもう1話作品収録されています。
    どちらの作品とも、ストーリー性・キャラクター・絵柄・エロ度…全ての要素において好みで、最高に満足でした。
    表題作は、無節操な攻めが無垢で素直な受けにハマっていく様がとても良かったです。身体が綺麗に描かれた程よい修正のエロシーンも魅力的。
    もう1作は、無神経なイケメン×彼に長年片想いの後輩。ふたりの気持ちのすれ違いやハマり具合をお互いの視点でわかりやすく読めました。何だかんだでバカップル。
    どちらとも、受けが恋愛初心者で乙女な所がカワイくて、すごくツボでした。
    すっかりこの作家さんのファンになりました。次回作も買ってしまうでしょう。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月01日
  • 愛が溢れてとまらない
    きゅんきゅんしながら楽しく読めました。
    この時代設定に合った美しく個性的な絵柄で、ストーリー以外も魅力的です。時代モノがお好きな方にはたまらないんじゃないでしょうか。
    ももがかんわいい。卍の事が大好き。卍と出会う前のエピソードが出てきますが、健気で切なくなります。むっちりボディがいいですね。卍もまた、ももの事を愛しているのがよ~く分かる。格好いい。ふたりが出逢えて良かった!
    お色気シーン(エロと言うにはなんか違う)もあるよ。
    時々、絵とシンプルなセリフ(江戸訛り)だけで状況を把握するのが難しく感じました。私の理解力の問題かもしれませんが。
    とはいえ、どうやら続きがあるようなので嬉しいです(1巻目だけでも楽しめます)。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年03月25日
  • ネタバレあり
    満足
    イケボ後輩和深くん×不眠症の主人公一紫。
    不眠でぶっ倒れた一紫を和深くんが助けたことから、ひとつのおふとんで眠る仲に。
    和深くんの優しい声が、悪夢を見る恐怖で眠れなかった一紫に、穏やかな睡眠と目覚めをもたらします。
    一緒に眠り一緒に食事をする毎日を繰り返すうち、ふたりの関係にも変化が…。結ばれるべくして結ばれるこのしっくりくる感じ、いいですね。
    一紫さん(三十路)がまぁ可愛い。守って助けてあげたくなる儚さがありました。和深くんに出会えて本当によかった。
    後半、一紫さんの父やお世話になっている精神科医も出てきます。
    丸ごと表題作で、気になるところ全部拾ってくれてる感じがしました。
    立ち読みの印象ほど重くなく、ほんわかしていて読みやすかったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月27日
  • 優しい気持ちになります
    年の離れた兄弟 穣・種 と、訳あっていつもひとりで食事をする会社員 豊 の心温まるほのぼのストーリー。
    ある日公園で豊お手製のおにぎりを種くん(4才)に食べられてしまうことから兄弟と出会い、彼らの父と共に家族ぐるみで仲良くなります。
    登場人物全員かわいいです。特に種くんのかわいさににまにまします。
    兄の穣と豊の関係を見守りつつも、BL度はあまり高くないのですが、とても感動的で、満足のいくお話でした。
    ズバリBL、恋愛模様アレコレ…が読みたい方にはちょっと違うかもしれません。
    好きな人、大切な人とたのしく一緒に食事が食べられるって幸せなことですね。
    その後の物語もあって、良かったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月19日
  • 三田さん、うらやましい
    あぁ素敵。面白かった。
    2012年連載の3話+2016年連載の続編3話+描き下ろしが1冊になっています。
    仕事人間片桐さん×無職の猫系男子。お互い行きつけのカフェで出会い、親しくなっていきます。
    惚れた相手にメロメロになる大人の男(攻)を描くのが本当にお上手だと思います。そしてカワイイ。片桐さん、バッチリ大人のスマートな男だけど、カワイイんです。
    受けの三田さんは変わり者。掴みどころがないけどブレなくて、天性の愛されキャラです。
    相変わらず会話のテンポがよく無駄がなく知的でハイセンス。
    登場人物の人となりが出るセリフに、時折ストーリー関係なくハッとさせられました。
    展開はゆるやかで、でも締まるところは締まる。
    日常系の括りに入るのかな?
    完結してますが、いくらでも続きが読めそう。
    幸せに大人の恋愛物語を楽しめました。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年02月10日
  • カワイイギャグエロマンガです
    こちらで電子化されるのを待っており、即買いしました。
    面白かった~!春田先生好きだ!
    続きものではないようですが、その後が読みたいったらありゃしない。
    佐藤くん(総受け)が明るくえっちに2人に翻弄されていきます。エロかわ。何だかんだで従順。
    タイトルどおりの内容ですが、読み進めると…おっそうくるのねという結末に。
    テンポが良く読みやすいです。おふざけの中にちょこちょこシリアスな面を入れ込んでくるところにドキドキさせられました。
    エロいというよりか面白いって方が読後の印象強いです。
    表題作以外にもう1作ありました。
    バリタチくんが、狙ってるお相手とどうこうなりたい襲っちゃうという話。こちらも楽しく読めました。
    気軽に読んでニヤニヤしたい方にオススメです。しかし、その後は気になると思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月31日
  • にまにまほのぼのそしてお腹空く
    キャンペーンでお安くなっていたので購入してみました。
    うわー買って良かった~。かわいい~。
    カフェ店長由井さん×カフェに野菜を卸してるセツくん。
    ギスギスやトラブルがなく優しい、2人の行く末をゆっくりにんまり眺めていられるお話です。
    キャラクターが全員(と言っても、あとモブカフェ店員(←すげーいいキャラしてる)と猫ぐらい)かわいい。悪者がいない。
    2人が、恋愛云々だけじゃなく、自分の仕事や家族にもきちん目を向けていて、それがうまいこと織り込まれて描かれているところが、面白みを増してると思います。
    出てくるカフェゴハンたちが美味しそう。レシピも載っていて作りたくなります。
    そんな感じなのでえろはちょろーっとですが、満足。
    まるまる表題作でした。
    疲れているときに読み返したくなりそうです。
    そういえば、攻めの由井さん、そんなヘタレって感じでも無かったですけどね!
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月29日
  • ニヤニヤしながら読みました
    添い寝フレンド⇒ソフレ。
    抱き枕好きな中村(後輩)と抱き枕にされる瀬田(先輩)。もちろん恋愛感情抜きで始まるのだが…。
    ちょっと引っ掛かる展開もありましたが、面白かったです。
    途中で、エッ?そ、そうなの?と読み手としてソワソワさせられたのち、その後真相が判明してニヤニヤしました。その時の瀬田さんが可愛いし、中村くんも可愛いです。ふふふ。
    出てくる女子がちょっとやな感じですが、後味悪いという程でもありませんでした。
    エロはありますが、多くないです。
    気軽に読めますね。
    表題作ほか2作ありました。どちらも楽しめましたが、表題作が1番良かったです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年01月20日
  • タイトル以上の大人の恋愛
    序盤はタイトルどおりの大人の男同士の恋愛、というかH。
    徐々にドラマチックな展開になってゆきます。
    会話が小粋でくどさがなく、読みやすい。
    社長の中原さん(攻)は一見スパダリのようで全然ちがう、ボンクラなのが良い。続木くん(受)をキキちゃんと呼んで惚れこんでるのがカワイイ。
    すごく面白いです。
    しかしいかんせん絵柄は好みが分かれそうですね。
    ちょっと雑に見えてしまいます。オシャレで抜け感があるようにも思うので、この感じも作家さんの個性というか味なんでしょうけど。別の作品(『Wミッション!』こちらもとても良作でした)に比べてもちょっとサラサラし過ぎかな?と思えます。
    Hシーンが度々出てきますが絵柄故にあっさりしながらも、セリフや表情なんかにドキッとさせられます。
    読めば読むほどハマる、上質なオトコ2人がかわいく思える作品でした。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年01月16日
  • エロかわいいオムニバス
    作家さんが好きなのと、オムニバスが好きなので購入。
    3カップル(3話)でてきます。全員ひとつのゲイバーを通して繋がっています。
    女装男子×メスイキ男子のお話は、意に反してメロメロとろとろにイカされる受が可愛かったです。女装攻めはあまり好きじゃないのですが、お上手な作家さんだと読みやすくなりますね。女装してない状態でも、えっちしてます。
    生意気店員×ランジェリー男子のお話が1番好みでした。受がクールな感じなのに密かにカワイイ下着を付けてるところがたまらないし、それにあてられてガマン出来ず攻めまくる攻め君とのエロも良かったです。
    3話目はヤンキー同士でした。ケンカ友だちというか。顔に傷作りながらヤッてますが、エロは3話の中では少な目でした。
    エロメインとはいえキャラクター性や物語があって、面白かったです。
    修正は白抜きですが、絵もきれいですし気軽にエロを読みたい方にいいと思います。
    • 参考になった 8
    投稿日:2017年01月14日
  • 最高です
    作家買いです。
    面白かったです。
    さすがです。
    本当にお上手な方だと思います。
    物語、登場人物、絵、エロ、細かな動作や会話の表現、全て間違いないって感じ。
    それでも今回は、おげれつたなか先生の作品の中ではエロは抑えめではないでしょうか。(あるけどね)
    登場人物が「キャラクター」じゃなくて、「人間」です。
    リアルなんて知らないんだけど、リアリティがあります。
    ギャル男でアホだけどピュアな受、先生お好きなんだろうなと思いました。可愛かったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月29日
  • ストーリー重視の方におすすめ
    表題作他短編3作品。
    全部良かった。
    主人公達は皆高校~大学生、青春時代が舞台。
    片想いからくっ付くまでや、カップルのもだもだ、別れた後の再会、友情以上恋愛未満の関係など。
    優しくて少し切なくて胸がきゅっとする恋愛物語ばかり。
    エロはほとんど無いです。
    会話のテンポ、言葉のチョイスがものすごく自然、間の表し方がお上手で、表情や目で語る描き方が好きです。
    登場人物は特にイケメンでもモテモテでもなく、普通の子しかいない。女の子も全員いい子で自然です。
    全作品、悪者とか当て馬キャラとか出てきません。だがそれがイイ。
    全部ハズレなしでしたが、表題作が1番楽しめました。
    年下高校生の外口くん(表紙の背の高い方、攻)の一途さ、まだ恋愛に不慣れで、でも一生懸命で、好きな子の前でちょっとカッコつけちゃったりするところが可愛い。ふたりのその後、読みたくなりました。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年12月26日
  • 受の萌人くんがかぁわいい
    保育園の夏芽先生×園児の保護者萌人くん。
    萌人くんくっそかわです。
    とにかく萌人くんに萌えた。
    照れる仕草や表情、初心な感じ、ちょっと浮世離れしてるのか天然ぽいところ、言葉づかい、そしてビジュアルのエロさ、美しさ(=絵柄の美しさ)。
    夏芽先生が惚れるのも無理ないわ!という感じ。
    その攻めの夏芽先生も人間味があってカワイイし、子どももいい子でカワイイし、カワイイカップルカワイイ家族、カワイイづくし。
    ストーリーに驚くような展開はないものの、キャラクターの良さで楽しめました。
    そしてエロい。ボリュームはさほどでもないですが、絵柄が、描写がエロいので、どきどきします。白抜き修正じゃなかったです。
    おまけマンガもほのぼのラブラブで癒されました。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年12月17日
  • 主人公が主人公らしからぬ
    面白いです。
    ストーリーはもちろん、見せ方が新鮮でした。
    物語でBLしているのは、主人公ではなくて主人公が腐男子的に気になる2人組。
    主人公の通称ベジくんが、その2人組を追いかけ始めるところから、趣味であるBL風男子の観察(盗撮)趣味が、趣味の範疇を超えていきます。
    主人公でありながら、心の内はよーくわかるのに、外的情報がほとんど無いまま話が進んでいきます。でもちゃんと楽しめる。
    恋愛要素以外のドキドキポイントもあり、ストーリー展開になんだか少年誌っぽい面白みを感じました。
    やっぱりそうか~という展開の中にも、ちょこちょこ意外性や萌えポイントが。
    むやみに読み手を驚かそうとしていないところがいいです。
    この作家さん、BL以外も色々とお上手に描けるんだろうなぁという印象。
    エロはありましたが表現があっさり目(擬音やしずる感少)。
    テンポがよく、読みやすかったです。
    それと、キャラクターやサブタイトル(?章ごとに付けられたタイトル)のネーミングセンスにクスッとさせてもらいました。
    しかしまるまる表題作で162ページ、400円。とてもお買い得です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年12月15日
  • エロ、恋愛、青春、ギャグ
    全部の要素がほどよく詰めこまれてる。
    面白くてものすごい勢いで読んでしまった。
    先輩を脅す後輩×パンツを忘れた主人公(先輩)。
    知られたくないことがバレて脅されることから始まる関係・・・という展開はよく見るストーリーですが、それが、パンツキッカケっていうところが面白い。
    絵柄も見やすいし、エロの感じも好みでした。真っ白な修正はなし。
    度々出てきますが、こってりではないんだけど表情とかシチュエーションとかアングルのエロさが◎
    主人公はしっかり男のコなんだけど、カワイイ所がたくさん垣間見えて、萌えます。
    あともう1話くらい読みたかったなという、いい意味での物足りなさから★-1個で。
    この作家さんの他の作品も買おうと思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月12日
  • かわいいかわいいかわいい
    表題作が可愛すぎます。
    康平くんは恐らく中学生くらいだと思いますが、会話が単語ばかりでもっと幼い小学生のよう。言葉足らずだけど、表情がくるくる変わったり行動力があったり素直で、庇護欲がかきたてられます。
    正三さんが彼を理解しようと言葉を反芻してあげるところやちびっ子相手にするかのようにネコっかわいがりするところもまた、たまらない。
    会社員×中学生(多分)なんて、ショタだしなんか卑猥な感じがするのですが、エロはないですし、甘酸っぱく胸がきゅんきゅん萌えまくり。
    どういう展開になって、今後どうなるのか・・・ちょっと切ないけど、楽しみ。
    その他にも短編が何作か。ちょき~は、もっとショタな感じ。
    表題作だけでも買った価値があると思うくらい、かわいすぎて悶えました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月25日
  • 坂口くんがかわいい
    あらすじで想像していたイメージと違いました。
    なし崩し(風)にエロから始まった関係だけど、結局お互いが好きになっちゃったパターン。
    もう少し攻の高東くんがヤバイやつで、陰湿な部分もあるのかなと思っていたのですが、受の坂口くんが大好きゆえ尽くして・・・まぁ、深読みしなければ、それほどヤバイやつでもなかったです。
    坂口くんは、意思表示がはっきりしないとあるものの、表情がわかりやすくて度々顔を赤くしており、カワイイです。心の中で言い訳を探しながら流されている所もカワイイです。
    ちょこちょこ小ギャグが挟まれているところも楽めました。
    エロシーンは結構あるんですけど、表現がどエロって感じでもなく、さらっとヤってます。
    終盤もう少し過程を見たかったなと思うところがあったかな。
    あと、恋愛マンガにしてはコマ割りが特徴的だと思いました。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年11月22日
  • ほの暗い、重い、切ない、でも
    気になっていた作品が電子化されたので、購入しました。
    暗い過去を持つ主人公螢35歳(受)と彼に恋をするひと回り年下の岡崎くん(攻)。
    暗い過去故に新しい恋に進めないというありがちなテーマかと思いきや、これまでに読んだ作品とひと味違うのは、螢が自分の選択に後悔せず、投げやりになっていないところ(かといってポジティブ熱血ってわけじゃない)。それから、安易に新しい恋(というか岡崎)に、螢を救わせない。
    螢自ら何とか光を見い出して生きていこうとする様が、落ち着いたトーンで描かれていて、良かった。
    岡崎との恋の展開は、エンディングに向かうにつれ、暗闇の中だから少し明るく見えるのだけど…、何だかまだ切なさをまとっている感じ。もう少し経過を見たかったなと思うところもあり。
    全体的に、ネガティブじゃないのに暗いって感じです。
    エロもありますが、エロメインじゃない。
    ストーリー重視の作品。
    1冊まるまる表題作。
    他の作品も読みたくなりました。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年11月14日
  • 互いを思う愛の深さともどかしさ
    1巻を読んで感動し、2巻を即買いしました。
    胸が苦しいです。
    ラブラブシーンやエッチももちろんありますし、2人が愛を育んできた様子が伺えるのですが、
    新しく登場するキャラクターを通して、男同士で恋愛をして共に生きていくことの難しさ、将来の悩みなど、2人の葛藤が描かれています。1巻よりシリアスな面が多い印象。
    簡単には解決できない事だけど、だからこそ一緒に乗り越えて欲しい。お願いだから、絶対に2人で幸せになってね、と心から思いました。ふみちゃんになって真剣に応援したい。
    読後、心を持っていかれてます。
    おげれつたなか先生の描くキャラクターは、皆人間味があってどこかにいそうで、恋敵であっても愛おしく思える子ばかりです。
    3巻を早く読みたいです。
    • 参考になった 7
    投稿日:2016年11月10日
  • ピュア・・・泣
    感動しました。
    この作者さんの他の作品ももっと読みたい!という気持ちになりましたし、この作品の続きも読みたいです。
    四十路のバツイチ会社員植松さんと、牛丼屋の爽やか大学生旭川くんの、出会いから距離が縮まるまで。
    心理描写が細やかで引き込まれ、登場人物たちに共感しっぱなし。シチュエーションもごく日常で、恋愛ってこうやって始まるんだよなぁ(キュン)・・・と。
    植松さんの娘が出てくるのですが、彼女の父に対する想いにも心を掴まれました。
    しっかり男同志のBLなんだけど、BLであることを忘れそうになりました。
    エロはなし!ですが恐らく植松さんが受。
    余談ですが、植松さんが四十路よりも老けて見えますね。顔立ちや言葉遣い、感覚がちょっとおじさん過ぎるかも(笑)今の世間の40ってもっと若いと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年11月06日
  • 意外と純粋な恋愛物語
    表紙や立ち読みで感じた印象と違いました。シリアスでエロいのかなと思いきや、もっと優しくて微笑ましかった。もちろんエロいけど。
    青姦でしかイケない美濃さん×彼に買われるウリ専のシゲルくん。
    美濃さんを単なる金払いのいい変態だと思っていたけど、惹かれていくシゲルくん。口は悪いけどどこか憎めなくて、やんちゃで若くてカワイイ。
    変態の美濃さんは物腰柔らかく淡々としていてほぼ無表情なんだけど、時折みせる微笑みとかストレートなセリフにきゅんとしました。変態だけど。
    文字の説明がなくても、美濃さんがどういう会社員かというのが、持ち物や言い回しで把握できる、情景や物語で登場人物の人柄を伝えるのがお上手だなぁと思いました。
    で、おまけ漫画がすっげーカワイイ。きゅんきゅん。
    表題作以外に3作あり、うち2作は相手が狼男だったり魔犬だったりです。どれもほっこり+エロなんですけど、苦手な方はご注意ください。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年11月05日
  • 表紙・タイトルのイメージどおりの
    『僕のセックススター』でファンになり、作家買い。
    お隣に住むストーカー・棗(幼なじみの美少年)×棗にストーキングされているごく普通の明るい高校生・葉(やや鈍感)。
    まるまる表題作で、ストーキング発覚から結末までゆっくりたっぷり読めます。
    ここ省略しすぎじゃない?とか展開早くない?というありがちな心の中のツッコミがありませんでした。
    ストーカー題材だし棗は結構ヤバイやつなのですが、どこか憎めなくて、物語全体もじめじめしておらず、ウブでポップでかわいいです。
    エロはちょこっと。絵は綺麗だしコマも見やすい。この作家さんが好きなら間違いないと思いました。
    • 参考になった 6
    投稿日:2016年10月31日
  • 切なくてあったかくて涙が…
    面白かったです。
    表題作ともう1話。
    表題作は、死んだ姉の優しい婚約者と彼に想いを寄せる活発な高校生。
    少し暗めのテーマですが、キャラクターに皆人間味があって、じめじめした感じはなく、読みやすかったです。
    死んでしまったお姉さんがステキなひとだし(回想シーン)、主人公の友人も明るくて偏見のないすごくいい子。
    主人公と想い人以外のキャラクターも魅力的だと面白みが増しますねぇ。
    人の気持ちはそんなにすぐには変えられないけど、立ち止まっているばかりじゃなくて、先に進むことでやってくる幸せ…。
    その後のエピソードも付いていました。かわいい。
    もう1話は、刑事×人の心の声が聞こえてしまう男の子。
    短いですがよくまとまっていて(上からスミマセン)、可愛らしさもあり、きゅんとしました。特に心の声が聞こえる男の子が可愛くて可愛くてこりゃパクッといきたくなっちゃうよ…。
    どちらの作品も、重要な場面での登場人物たちのセリフにグッときました。
    正直、100円のキャンペーンが無ければ購入していませんでしたが、見つけて良かった!と思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年10月23日
  • 愛する人と生きていくということ
    ノンケ部下(高梨)×カミングアウト済ゲイ上司(徳永)
    の恋と愛のお話。
    なんて素敵な2人なの!恋するって愛するって素晴らしい・・・!という第一声。
    2人が、自分の気持ちに気付いて結ばれて愛が育まれて、苦難を乗り越えながらも、これからずっと一緒に生きていこうとするその様がすごく丁寧に描かれています。
    男同士の恋愛のリアルなんてもちろん知らないのですが、会話や気持ちの揺らぎ、真剣な恋愛をしている2人に、リアリティを感じてしまいました。
    起承転結はしっかりあるのに、いわゆるマンガらしい衝撃的な表現があまりなく、ある意味淡々としているというか・・・そこにリアリティを感じるというか。
    高梨くんはとにかく愛する徳永さんを守ろうという姿が格好よく、徳永さんは恋愛(というか高梨くん)のことになるとネガティブにぐるぐるしちゃうところに同調してしまいますし、カワイイです。
    感動しました。
    あ、でも感動的なだけではなく、可愛らしさやポップなところも出てきますので、重い感じはしませんでした。
    絵は見やすく綺麗、エッチはちょっぴり。
    度々ランキングなどにも登場するし、名作として有名だったので割引キャンペーンのこの機会にシリーズ3冊迷わず購入しました。
    買って本当に良かったです。
    真面目なBL、胸がきゅんとする恋愛物語を読みたい方におすすめします。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年10月22日