いいこさんのお気に入りレビュアー
いいこさんをお気に入り登録しているレビュアー
6人
参考になった総数
85

【いいこ】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/29件 を表示

  • 名作です
    ほのぼの。ほろっと。
    心に沁みるお話でした。
    大好き。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年06月13日
  • ネタバレあり
    やってやってやりまくる
    表題作と短編が2つ。表題作と次の短編は初エッチが青姦で立ったまま。更に短編2つは初エッチで拘束というワンパターン。3つとも合意なしのほぼレイプ。馴らしもせずにいれられてヨガるとか、BLならではのファンタジー要素とエロいかどうかは別問題。
    ビッチなケモノが飼育員を目指してる真面目な攻めにしつけられる話…なんだろうけど、ドSな攻めの方が名前に違わずよっぽど獣っぽい。ピアスらしくやってやってやりまくる作品ですが情緒もエロさもなかったなと思いました。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年09月25日
  • 早く続きが読みたい!
    人間になりたい雷神が、生きることに疲れたゲイのもとに降臨する話。神さまなので常識知らず。でも神さまなのでめっちゃいい人。ベースはギャグコメディなのにちゃんと切ない。
    2巻まででハグと手つなぎしかないのでBL要素は少ないですが、ほのぼのしたいときにおすすめの一冊。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年09月25日
  • ネタバレあり
    内田カヲルらしい作品。
    内田カヲルらしい作品。筋肉隆々で居丈高な方が受け。身体の小さなブサイクが攻め。ストーリーもコミカルで、好きな人は好きだと思う。上下巻はちょっと長かったかも。。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年10月31日
  • ネタバレあり
    色々と破綻している。。
    ストーリー、台詞、画のすべてが素人くさいと言わざるを得ない。ありふれた材料を拾って作ったはずの定食が、想像以上に不味いできになった感じ。頑張ってアウトローな雰囲気を出そうとしたのだと思うが、結局コミカルでもシリアスでもなく、情緒のない作品になっている。これは辛口なコメントを書かざるを得ない。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年10月31日
  • ネタバレあり
    感想を言いたくなるBL
    表題作よりも後半のオネエと税理士の組み合わせにぐっときました!
    攻がオネエなのに、ベッドシーンでは男口調でしかもドSです。攻めシーンの語彙がBLのそれではなく、男性作家が書くような言葉尻なので個人の趣向にもよるんでしょうが、私は大好き。エロエロでたまりません。
    そして献身的な受が可愛いだけでなく、とにかく格好いい。所謂できるリーマン。BLはこうでなくっちゃ。 エリートにも関わらず、振り向いてもくれない攻を追うため、仕事を捨て家庭を捨てて攻のところへ。またまた、BLはこうでなくっちゃ。読みながらきゃあきゃあ言ってしまいました。
    久しぶりに出会った良作。大好きです!
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年04月23日
  • 率直な感想としてはもう少し読みたかった
    攻がもう一歩病んで、受がそれを受け止め救出する…
    そんなくだりがもう少し読みたかった。
    二話とかあるとちょうど良かったかも。
    ラストは綺麗にハッピーエンド。
    • 参考になった 5
    投稿日:2014年03月02日
  • 仄かに暗く仄かに病み
    門地先生の作品は割と病み系のものが多いのだろうか。
    ラストで少し救われたからまだ良しとしても。。
    BLにありがちな底抜けの愛情などなく、利己的で保守的で自己陶酔的。
    嫌いじゃないけど、読後感は良くない。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年03月02日
  • どこが…
    がっつき攻特集の方を購入。全然がっついてなかったし、ましてやキチクだなんてとんでもない。。
    もっとオラオラ系を期待してたのに、ヘタレやほのぼの多し。値段も高いのにタイトル負けって感じ。
    • 参考になった 12
    投稿日:2014年02月23日
  • ネタバレあり
    三角関係の作り方が微妙…
    攻の奥さんを含めた三角関係、後輩を交えた三角関係、どちらもうまく書き切れていなくて微妙。奥さんも後輩も良い人で、都合のいいタイミングであっさり身を引くし…。人間関係がもう少しきちんと書かれていれば評価も違うのに残念。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年01月03日
  • エッチシーンがない
    遠藤くんがとにかく可愛い。
    ベッドで悶える様が見たかった。

    あと津田の家庭環境がブラックなのかと期待したら、伏線でも何でもなくてがっかり。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年01月03日
  • ネタバレあり
    ジンとの絡みが…
    ジンとマリの絡みが思いのほかなく、ぐずぐずに終わって消化不良。祐介とセックスする時のマリが可愛いくておおっと思っていたら、祐介の1Pのオカズだったというオチ。
    誰とくっついてもいいからマリたんが幸せになる話が見たい。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年01月03日
  • ネタバレあり
    泣けそうで泣けない
    泣けそうで泣けない。
    切ないようでいてそうでもない。

    読む順番を間違えたからか、この先輩が受にはならないだろうーと、余計なことばかり気になってしまった…。
    • 参考になった 5
    投稿日:2014年01月03日
  • 微妙かな…
    買った記憶すら失うほど印象に残らない作品。BLを知ったばかりの高校生の頃ならもう少し楽しめたかも。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年01月03日
  • 作家買い
    夏目イサクさんが好きなので作家買い。
    アタリハズレなし。
    でも印象は薄い方かも。。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年01月03日
  • 作家買い
    夏目イサクさんが好きなので作家買い。
    アタリハズレなし。
    もう少し長編で、喧嘩したりいちゃいちゃする所を見たかった。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年01月03日
  • 作家買い
    夏目イサクさんが好きなので作家買い。
    アタリハズレなし。
    ほのぼの系。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年01月03日
  • 作家買い
    夏目イサクさんが好きなので作家買い。
    アタリハズレなし。
    ほのぼの系。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年01月03日
  • 作家買い
    夏目イサクさんが好きなので作家買い。
    アタリハズレなし。
    ほのぼの系。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年01月03日
  • 作家買い
    夏目イサクさんが好きなので作家買い。
    アタリハズレなし。
    ほのぼの系。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年01月03日
  • エロが好きならオススメ
    ストーリーはあってないようなもの。
    エロが好きならオススメ。
    だがしかし、絵が見づらい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年01月03日
  • 評判が良いので買ってみたが…
    評判が良くランキングでも常に上位にあったので買ってみたものの、いまいち好みに合わず。
    しかも完結してないとは思わなかった…
    • 参考になった 7
    投稿日:2014年01月03日
  • ネタバレあり
    リバ好きゆえに…
    リバじゃなかった。あとちょっとという所で終了~。攻守逆転するところが見たかった。
    課長×部下も中々可愛らしく、お腹いっぱいで満足な作品。この作家さんは評判通りハズレなしです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2013年09月30日
  • ネタバレあり
    1人の作家さんとは思えない
    1人の作家さんが書いたとは思えない。よく言えばバリエーション豊富、創造性豊かということなんだろうけど、1冊にまとめたことにより統一感がないのが気になる。

    ことに最近は複数カップルでも根幹となるストーリーは同じという、”テーマ”のしっかりしている作品が多くどうしても見劣りしてしまった。オムニバスは1話1話に厚みがない分、読後の満足感も足りない傾向が強い。ただの短編集で終わらない工夫が欲しいところ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2013年09月30日
  • ネタバレあり
    ストーリーは2つ。
    ノンケ課長×ゲイの部下と、大道具×子持ちタバコ屋のゲイ同士のカップル、2つのストーリーが詰まってました。作家買いです。
    子供が出てくるBLにハズレなしと思ってる私ですが、やはり2つめのカップルはむちゃむちゃ好みでした。ただ、大道具×タバコ屋さんはセックスシーンがなかったのが惜しい。大人の男同士のソレを見たかった。
    もう1カップルはいらなかったなあ。もっとじっくり書き上げて欲しかったです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2013年09月30日