コメットさんのお気に入りレビュアー
コメットさんをお気に入り登録しているレビュアー
7人
参考になった総数
72

【コメット】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/32件 を表示

  • 悪くはないんですが…。
    キャラクターを丁寧に動かして無理なく進めるために2冊必要だと考えたのでしょうし、その気持ちは分かるのですが、それでもちょっと冗長に感じます。基本「性善説」に則って作られている感じで、童話を読んでる感覚に近く、感情移入しにくいです。
    絵柄とキャラクターとの関係で、ベッドシーンが合いません。イマイチこう、色気もありませんし。BLとは言えキス止まりでも良い作品は沢山ありますし、そういったものを求めている読者もいると思います。その層をターゲットにお話し作りをするのが良いのではと思います。
    描線が全体的に硬いので、もう少し描きこなれた感が出た方が見ていて楽です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年04月22日
  • 今後に期待
    絵はまだまだな状態ですけど、お話はなかなか良い感じ。
    手が前後逆になっちゃったり(親指側と小指側が逆ってやつです)アップにしすぎてどっちの行動か分からなかったり。描線がラフな感じなのは個性なので自分は気になりませんが、「雑」と受け取られて人によってはマイナスになるかもしれない心配が。デッサン狂ってるところもあるけど、基本絵に個性とセンスがあって伸びたらもっと魅力的になると思います(上目線で申し訳ないが)。
    絵柄、というか雰囲気と、話の展開の仕方が雁須磨子さんぽいです。
    この本というよりは、今後に期待したい感じがあります。
    本音を言うと、受け攻め逆で考えてたんですけど、描きおろし読んだらちょっと納得しましたw
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年03月28日
  • たまに読み返している本
    表題作より後半に入っている不動産屋の方が好きです。攻めの宇堂のキャラクタがすごくツボでwちょいS入っているのがたまらんのです。
    あとサガミさんて脇役の女性が上手いなって思います。BL作家さんてたまに女装してるんじゃ…みたいに描く人いますけど、自然に妙齢の女性というかwもしかして一般マンガも描かれてるんでしょうか。描いてても不思議じゃない雰囲気もってらっしゃいますね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年03月22日
  • 涙が美味しそう
    前作の恋と粗相がツボだったので迷わず購入。前の時もですが、さらっと変態(フェチズム)出すの上手いですよねwそれが強烈な印象に繋がるんですよね。
    この人の絵って独特の柔らかさがあって、特に手が男性というより女性の柔らかい手みたいなのですが絵柄とマッチングしているせいか妙に美味しそうに見えます(褒めてます)。後は目の描き方が好き。
    表題作+短編2編。話が変わっても同じ様な見た目の人物が出てくるので、もう少しキャラの幅が出たらもっと良いのかも?と思います。(しかし私の好みど真ん中のキャラなので変化出過ぎても残念な気がするけど)最後の話は…悲しいー!!泣く!
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年02月23日
  • ネタバレあり
    かっわっいっい~~~
    なんじゃこりゃって程かわいいです。
    最初サンプル読んだ感じだとビッ〇でひねくれ天邪鬼かと思い、そういうキャラは好きじゃない。でも上田さん好きだし…と迷って保留。割引の時にやっぱりと購入したものの、しばらく読まずにまた保留(笑)
    やーでも、蓋開けたら全然違いましたね。一応ビッ〇設定なのかな?本当に?ってくらいピュアっ子じゃないですかw相手もぼかしますけどいい感じなアレで、どんどんギャグテイストになっていくんですが、それもまたかわいくてですね。
    何だかんだで甘くて幸せ、よかったねwといった内容で満足です。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年02月06日
  • ちょっと目新しかったです。
    全体的にかわいいです。
    特殊能力ものですが、「能力話」に偏ったりはせず、上手く纏まっています。暗さはなく、割と楽天的な展開で進んでいきます。
    絵的にはちょっと顔と体つきに対してバストアップのコマだと肩幅ありすぎだなぁと思わなくはないですが、許容範囲。
    後は、キャラクターに好感が持てるかどうかや、何で好きになったのかに納得出来るかどうか(特に受→攻)で、これは好みに左右されるのではないでしょうか。
    自分は、決して好みに属している訳ではないけど、何か惹かれて好感持てちゃうなあ、って感じでした。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年01月24日
  • 地雷の可能性アリ
    終盤、驚きの展開があります。多分、人によってそうとう地雷です。
    それを書いちゃうとあまりにもなネタバレになっちゃうし…。
    レビューサイトとか読んで、自分は大丈夫かそうでないか、よーっく確認してから読んだ方が良いです!
    自分は、大丈夫ではあったけど…大丈夫だっただけで、そうじゃない方が良かったなー、という感想。しかしこの痛さは挿絵湖水きよさんによく合ってる。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月19日
  • これがマックスと思わないで!
    表紙で何となく古い作品かと思いましたが、ビンゴでデビュー作。
    絵柄的にはかなり早くから完成されていたらしく新作と特に違和感はないです。新しいものはより洗練されてく感じで、こちらは書込み度が高めですね。
    ただお話の方はとっても、…良く言って初々しいといった感じですね;あんなにスムーズな展開を描く作家さんなのに、むっちゃくちゃぎこちないです。
    既刊を読んでいて、作家買いするくらいファンなので許容範囲ですけど、そうじゃない人にこれを一冊目にはして欲しくないな。栖山トリ子さんが気になっている方は、是非新しめの方から先に読んでください!!w
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年12月19日
  • 初心者向け
    割とオーソドックス。
    随分とあっさり野良猫(比喩)懐いたなあと思ったけれど、実際の野良猫(動物)もご飯を用意し、安心できる寝床を用意し、適度な距離を保ちつつ愛情を手向けると結構あっさり懐いた経験を思い出し、さもありなんと納得。もともと愛情不足で無意識に求めていたとあっては尚更ね。
    半ばまでの長さであっさりまとまっているので、もうちょっと引っ張って欲しかった気も…。うーん、文句って程でもないけど、ちょっと物足りないと言えなくもない。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月18日
  • ネタバレあり
    絵柄は綺麗だけど個性的でもあって良いと思う。
    ちょっと惜しい気がします。何だろう、何でしょうかね。
    流れとか展開とか、悪くないと思うんですけど…
    最後「これで終わりかーい!」ってつっこみが自然と入ってしまった(心の中で)
    二人とも問題を抱えているんですけど、それを解決するなり、逃げ出して逃げ切るなり、大人になって切り替えるなり、反撃するなり、そこまで無理でもせめてのろしを上げるなり、何かしらアプローチされてればこんな気持ちにならなかったかも。多分。
    恋が芽生えているというより、傷の舐めあいで終わっているように見えなくもなくもない。
    あたりが「ちょっと惜しい」に繋がっているのではと。
    綺麗事ですかね?確かに実際問題、現状子供達にどうしろと?何て言われちゃうと、ぐうの音も出ませんな。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月04日
  • ちょっと感想逸れちゃいました。
    さかもとさんのデビュー作?でしょうか?
    かわいいです。かわいいですが、初期の短編集で、本当に1話1話が短いです。8P~長くても32P。しかしデビューしたてなら仕方ないですよね。ただそれでも、攻受のキャラクターが割りと似通っていたり、8Pのあっという間感が響いているのか、28Pあっても16Pぐらいに感じてしまうのがちょっと残念…。でもかわいいですよ!それとうまいですよ!
    少年っぽい華奢な体型とか、服や室内の小物とか、あと植物が上手いんですよねぇ…(タメイキ)群生している植物の、描くところ、省略するところ、ベタでつぶすとこ、抜きで飛ばすとこ、のバランスがとてもステキ。センスあるんだなあって思います。デザイナーになってもお上手な方とお見受けします!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年08月17日
  • なるほど、こう来るか~!
    このお話に関してはタイトルが全てかな、と。
    うーん、石田さんならではというか、石田さんの漫画に出てくる漫画のキャラならではの流れと結末かと。…きっと苦手な人もいると思うんですよね。実際他のレビューだと評価が分かれていたような?でも石田さんの漫画ファンだったら、なるほどね~!だと思います、よ…?
    理系の漫画なのにちっとも理系ネタ出てこない的意見もありましたけど、石田さんて昔から徹頭徹尾、どんなテーマでも「恋愛中心」なので逆にブレ無しです。
    ただ、「スッキリキッパリハッピーエンド」が好きな人にはお薦め出来ません!(笑)
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年06月29日
  • アマアマ
    元ヤクザ×刑事と来てオメガバース亜種?みたいな設定で、こりゃハードバイオレンス暗めかな~と思ったらただのアマアマだったwキャラの所為かほんわかまでしてるw暗いのや重いのが苦手な人も気楽に読めますよ~。
    • 参考になった 9
    投稿日:2017年06月16日
  • 視点が少し面白い。変わった作品。
    何故このページを立読みに選んだのかな?という気持ちはあります。
    結構絶妙ではあるんです。ですがその絶妙さって読んだ上での事なので、未読の人にはちょっと訳分からない事になってしまわないでしょうか…。
    安心してください、初めから読めばきちんと分かりますよ!
    しかし立読みの段階で購入をやめてしまう人が出るのではないかと心配。
    お話そのものは、タイトルにも書きましたが、ちょっと変わっているんですよね。
    それが合うか合わないかはあるかもしれないです。私は楽しめました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年05月27日
  • ちゃんと大人
    こういうと、大変失礼な物言いなのでしょうが!正直、この人こんなに上手かったっけ?と。絵がお上手なのは分かっていましたが、お話の方が。
    無理なく、強引な展開だの矛盾だの無く。時間の取り方が良かったです。伏線の効かせ方が上手いですね!下半身能展開でなく、理性の利いたきちんとした社会人(葛藤はありますけど)の物語で好感度良。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年05月22日
  • かわいすぎ…!!
    タロ(柴犬)がかわいすぎます!
    お話は割とオーソドックスですが、丁寧に作られています。
    絵柄も、作画も、丁寧に真面目に作られていて、受けの先生が真面目すぎるぐらい真面目という性格なのですが、作者もそうなのでは?と思われる作品です。
    ただ何というか、途中からBLよりも柴犬タロが可愛すぎて可愛すぎてそっちでメロメロに…。タロで★上乗せ、結果5つです。
    自分は割とネコ派ですが、それでこれだけ愛らしく感じるのだから、犬好きには堪らないのではないですかね。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年05月18日
  • ふたり、幸せであれ
    キャラクターがすごく魅力的でした。
    絵津鼓さんの絵がものすごく好きですので、その所為もあるかもしれませんが、
    成一もナトリも実際にいそうな人物で、好感が持てるし、感情移入しやすいです。
    ただ、設定がものすごく重いです。
    なかなか無いとは思いますが、もし似た境遇にいる、
    あるいは近しい人がそうである様な場合、
    下手すると冷静に読めなくなってしまうのではないか…と心配してしまう程の重さ。
    ちょっと考えさせられてしまいました。
    少なくとも、正義を振りかざしたつもりの悪意ある第三者にはなるまい、と。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月06日
  • 読み始めると止まりません
    読み始めたら最後、もう全く止まらない。
    早く、もっと、つづきを読みたい、そういう本。
    寝不足にならないように、時間に余裕がある時に読み始めるのをお薦めします。
    あー眠い。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月03日
  • ワクワクしない
    全くテンションが上がらない文章…
    奈良千春さんの表紙でだいぶ底上げしてもらっていると思います。
    50ページ進んだくらいで自分がすごく頑張った気になりました。
    気持ちが上がらない文章って読むのしんどいですね。
    挿絵は満点です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月02日
  • サスペンス劇場へ
    面白かったです。
    設定と構成さえ決まれば8割から9割がた成功、というタイプの作品です。
    この構想が固まったとき、作者は高揚したのではないでしょうか?展開がお見事です。
    こういうと、ファンの方やご本人に嫌がられるかもしれませんが、
    男女であったら、二時間ドラマの脚本に行けるのではないかと。
    あっ、でもBL部分も充実しておりますので、ご心配なく。
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年03月24日
  • 絵も話もノーストレス
    この人の本全般に言えるのですが、非常に整った絵柄と線で、
    それだけじゃなく話も展開も、セリフ回しまで綺麗に整っていて読みやすいです。
    引っかかる部分が全くなくて、内容もすっと頭に入ってくるし、ストレスが無いです。
    この完成された絵柄や読みやすさってゆうきまさみ思い出すなぁとふと思いました。
    ジャンル全然違いますけどw
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年03月08日
  • ネタバレあり
    絵柄とてもかわいらしいです。ほわほわしています。
    ほわほわ具合が少し独特ですので、苦手な方もいると思います。
    「のみこむ声は、あまい」とセットになっています。
    BL要素はあんまり無いというか。あるんですけど、本命に対しては恋して気持ちが
    弾んだり落ち込んだり浮かれたりツンデレだったり、という描写で終わっています。
    どちらかというと、家族愛とか友愛とかそっちですね。
    特に「のみこむ~」ではそれが顕著になります。
    友人に恋人が出来てしまい疎外感、とか絡まっていた家族の糸がすこし解けた、とか。
    BLなんだけど、BLなのか…?という思いが拭えないw
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月08日
  • 話の展開が唐突すぎ
    早すぎるというのもありますが、気持ちの切り替えというか気付きというか、
    躊躇や葛藤が一切なく、どんどん読者は置いてけぼりにされます。
    正直途中で読読むのを止めてしまいました。最後まで読める日は来るのかな~。
    ★二つなのは、絵が良いからと、展開が良かったらなあ~惜しいなあ~という
    後ろ髪引かれる所があるからです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月05日
  • ああーもー切なカワイイよ~!!
    作家買いです!
    いっつも可愛くて優しくて少し切なくて癒してくれるお話を描かれますよね。
    なんかもっと読んでたいんですよねー。読み終わるの切ないです。
    どの本でも思いますよ。あーあー読み終わっちゃった。もう一回読むか。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月24日
  • 評価が非常に難しい
    短編集。絵は上手い。めちゃくちゃ上手い。色気もある。
    エロはあんま無くて、女性も普通に出てくるし、
    あくまで人としての相棒という関係であってBLとは違うのでは?という話もある。
    表題作は、いつ「そういう」気持ちになったのかっていう描写が皆無で、
    正直普通の兄弟愛以上のものは感じられなかった。
    だから巻末描き下ろし微エロシーンがあまりに唐突でホントに分からなくて。
    画力だけで無理やり読ませてるのでは…と疑心がわきます。
    絵だけ見れば100点越えるんですけどね。でもお話もダメとも言えない。
    ちょっと感覚が独特な方なのかもしれないです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月09日