tanu_kiさんのお気に入りレビュアー
tanu_kiさんをお気に入り登録しているレビュアー
1人
参考になった総数
19

【tanu_ki】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~2件/2件 を表示

  • 1
  • ネタバレあり
    底本は光文社の愛蔵版です。良いです。
    本シリーズ「マッドメン」は、これまで単行本化が少し不自由でした。「天国の鳥」「鳥が森に帰る時」という二つのエピソードが、他のエピソードが構成する主ストーリーライン「オンゴロの仮面」と少し矛盾するからです。過去の単行本化ではこの2話を除いてあったこともありました。
    今回は完全版ですので、その2話含む全話が入っています。
    ただし、順番が面白い。最初は違和感ありましたが、読み進んでうなりました。
    つまり、3部構成なんですが、1部がコドワの登場から悪霊アエンとの対決まで。2部は例の時系列が少しおかしい2話。3部の主人公は、なんとコドワではなく波子なんです。
    これは昔出ていた単行本を読んでては気付かなかったことでした。
    「マッドメン」の後半の主人公は波子! そう、生まれながらに伝説だったコドワではなく、日本のごく普通の少女だった波子が、自分の選択として神話伝説の世界で生きようと決意する、その過程がドラマになっているのです。
    この頃の諸星先生は女の子が可愛いです。全体に画力も凄く、たった一人で水木プロと同じような細密画を描いています。後半、波子がだんだんと文明国の服を脱ぎ捨て(脱がされ?)、半裸のネイティブ・ニューギニアンとなっていくのがとても素敵で、美しく、カッコイイです。
    本書のスケールの大きさは、改めて読み終わると圧倒されます。
    なお、うれしいことに「鳥が森に帰る時」の最後のコマの台詞などは初出に直っています。「気が狂った」といった台詞は現代風に書き換えられていますが、まあ仕方ないでしょう。他にも、全体の平仄というかストーリーラインで矛盾を生じないよう直された台詞がありますが、どこがどう変わったかはお楽しみに。けっして興醒めではなかったです。むしろ、編集者のこの作品への愛と尊敬を感じました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年07月24日
  • ネタバレあり
    これは面白いから絶対読むべし!
    現役ヘルス嬢の告白エッセイマンガ。って言わなくてもわかるか。
    とても面白い! 作者の観察眼、考えて咀嚼して消化する力、表現力、どれも素晴らしい。読んでて感情移入してしまう。がんばれっ!というか。
    風俗というテーマがそもそも面白いけど、しっかり表現できる力があればこそ。素敵です。
    そして、絵柄が意外なことに肉感的でエッチです。少ない線なのにリアルで独特の色気あり。損はさせませんよ!って感じ。
    3巻に分冊されてますが、1巻だけ買うのは損です。全部買いましょう!
    ひさびさに「続きが読みたい!」と思いました。
    • 参考になった 18
    投稿日:2017年11月11日
  • 1