レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

2401~2425件/10832件 を表示

  • なぜホモ・サピエンスだけが繁栄したのか?
    「人類の歴史は虚構の上に成り立っている」ことを前提に、未来への展望も含む全人類史を巨視的に俯瞰した書『SAPIENS』は、世界の主要メディアから絶賛されるなど注目を集め、世界的ベストセラーとなった。『銃・病原菌・鉄』で知られるジャレド・ダイアモンドや、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグらも熟読したという同書の邦訳が本書『サピエンス全史』(上下巻)である。上巻では、約135億年前の「ビッグバン」から、中世ローマ帝国の時代までを扱い、「虚構」としての人類の文化、そしてそれが統一に向かう原理などについて論じている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2017年03月03日
  • 文明は人類に幸福をもたらしたのか?
    ビッグバンから未来予測に至るまでの人類の歴史(文化史、文明史)をマクロ的に俯瞰し、その本質を探る『サピエンス全史』。上下2巻のうち下巻では、中世ローマ帝国の時代から現代までの歴史を、宗教、科学の視点で追いつつ、「文明は人間を幸福にしたか」という、これまで歴史学で取り上げられたことの少ないテーマに挑んでいる。そして最後に、遺伝子工学やサイボーグ、コンピュータによる非有機的生命などのテクノロジー進化に触れ、現在の人類を超越した「超ホモ・サピエンス」出現の可能性を占っている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2017年03月03日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    カワイイ
    ざっと読んでの感想なのであまり深いことは言えませんが…
    受けのウインク顔(厳密には違う)が可愛すぎてそれだけでお腹いっぱい幸せいっぱいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月02日
  • 匿名希望
    3年に一度のお楽しみ
    ☆好きな猫本☆
    圧倒的画力の北道さんが猫く猫四コマ。
    リアルに猫かれた猫たちがシュールな日常を語ります。
    じわじわーと進むモコちゃんストーリーも楽しみです。
    …あ、描と猫、まちがえた‼︎
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月01日
  • ネタバレあり
    ドタバタなようで
    ちょっぴり切ないストーリー。新しい三角関係の形。でも・・・最終的にはずっとセフレとして支えてくれてた北田が一番かっこいいっていう感想で終わったwあの北田の切ない一言が忘れられないなー。ガチムチはあまり好きではないけど、本人・本命・セフレ視点のストーリー構成が新鮮で面白かったので★5
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年03月01日
  • 匿名希望
    クールなネコ漫画だと思います
    ☆好きな猫本☆
    今や育児エッセイ漫画家としても有名な伊藤理佐さんが
    独身時代を二匹の猫と過ごした日々のおはなしです。
    と言ってもネコあまあま、という感じではなく
    程よい距離感があるのが理佐さん風味。
    猫と、お酒と、今とはちょっと違った理佐さんの顔を
    見ることができます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月01日
  • 匿名希望
    ハマります!
    ☆好きな猫本☆
    あまり読んだことがなかったいくえみ綾さん。
    何気なく立ち読みしたこの漫画からすっかりハマって
    過去作品まで揃え始めてます。
    過去のそれぞれの作品にそれぞれの時代の猫の気配がするのも楽しい。
    この作品には今につながるねこ由来もあって
    いくえみ綾ネコ漫画入門としてもオススメです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月01日
  • 無理矢理方言詰め込み過ぎ
    話自体は中々面白いかなと思ったけど、博多出身の私でさえ吹いてしまうレベルの方言の詰め込み感が半端なくて、内容が頭に入ってきづらかった。。。
    昔の人たちが話すレベルの方言の凄さに博多出身の私ですら読みづらくてしょうがない。今の博多エリアの人たちは、ここまでの方言は話しません。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月01日
  • 匿名希望
    ☆好きな猫本☆リュックからちょこんと顔が出てるお嬢がすごく可愛いです。こんな喫茶店でゆったりコーヒーが飲めたらいいなぁと思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月01日
  • 匿名希望
    ぽんた
    ☆好きな猫本☆ 猫のぽんたがやんちゃですごく可愛いです。作者さんがぽんたに振り回されっぱなしでおもしろいです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月01日
  • 匿名希望
    ☆好きな猫本☆
    十兵衛とニタのコンビがすごく相性がよくておもしろいです。ニタが可愛くてしゃべる猫ちゃんっていいなぁと思いました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月01日
  • 匿名希望
    ☆好きな猫本☆
    マンガと写真が載ってるところがおもしろいと思いました。トンちゃんもシノさんもすごく可愛くて癒されます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月01日
  • 他に類を見ないグルメマンガ
    グルメマンガの一種に分類されるとは思いますが、タイトル通りの「目玉焼きの黄身はいつつぶすのか」や、「カレーライスのルーとライスはどういうバランスで食べ進めるのか」「ミカンはどうやって剥くのか」など、人によって千差万別の「食べ方の差」だけをテーマに人間模様を描いていく珍しい作品です。
    嫌悪感を催すような食べ方が紹介されることもあれば、自分だけかと思っていた絶対に美味しいと思う食べ方が描かれることもあり、その些事にここまで真摯に向き合う姿勢には脱帽します。
    絵柄は少しクセがあるかもしれませんが、ジョークも効いていて手軽に読むことができます。
    普通のグルメマンガに飽きている方はぜひ。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年03月01日
  • 癒される
    好きな神社仏閣が舞台なのが切っ掛けで読み始めました。神使の話や恋愛の話も盛り込まれ、楽しく拝見しています。
    久しぶりの新刊である13巻は、まことがとてもかわいいです。30代の女子が、寝る前に毎晩読んでほっこりして癒されています。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月28日
  • 日本酒を愛する者として
    日本人の日本酒離れが憂慮されるようになって久しいですが、そんな時流に負けまいと、本当に美味しいお酒を醸している蔵は日本中にたくさんあります。それをこのマンガでしみじみと知ることができました。
    毎回、実在する日本酒と蔵が紹介されるので、日本酒好きとしては思わず食指が動きます。先日も旅先で、本作品に登場した日本酒がマンガのタグ付きで売られているのを見つけ、2本も衝動買いしてしまいました。
    ・・・「日本酒にはそんなに興味がないが、絵が可愛すぎて表紙買いした」という方。
    大いにアリです。主人公でヒロインの紗々さん、表情もくるくる変わるし可愛くてたまりません。
    とても応援したい作品です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月28日
  • 2巻まで読んで、今のところHシーンが大半です
    1巻読んで、ふむふむ、えっ!?展開早くない?2巻読んでウンウン、やっぱりそうか!って感じです。ストーリー展開はこの次から何かしらあるかな?とか思います。今のところHシーンしかなくてですね、わたし的には嬉しいですが萌えるポイントが残念ながらありませんでした。続きでたら気になって購入するかもですが、もう少し見守りたいです
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月28日
  • これも好き。
    ☆好きな猫本☆の対象にはなってませんが、猫で思い出し、読み返したらキュンキュンきちゃって(*v.v)。。。『ねこねこハニー』の亜以ちゃんの兄、紗以の話。お母さん以外、落ち込むと猫になってしまう猫谷家。次男の紗以は冷静で賢く、叱られることもないので滅多なコトでは落ち込まない。必然的にあまり猫になることもない。けれど、幼馴染みの善治の言葉に傷付いて1ヶ月も猫のままでいた過去がある。端から見てれば分かりやすいほどの両片想い。ジレジレに焦れったい二人。拗らせすぎて素直になれず、距離を詰められるほど自分の気持ちも分からない紗以。言葉は少ないけれど一直線に紗以に向かっていく善治。2巻で紗以がやっと善治に言うんだよね《ギュッってしたい》って。猫みたいに、すりりと頭を寄せて。もう、早く結婚しちゃえよ~(笑)
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月28日
  • 匿名希望
    大人に向けた藤子F作品
    中学生でヌードモデルだったり、高畑さんが最高の性格イケメンだったり、パパが立派過ぎる大人だったり…。当時の藤子F作品としては斬新な設定でしたね。なによりもヒロイン・魔美のハダカ&パンチラ祭りがすごい。いろんな意味でちょっと大人向けだったのかも。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年02月28日
  • 匿名希望
    素直になれない2人にじれじれ
    主人公の星が可愛いです。というか山本小鉄子先生の描かれる主人公はみんなカッコイイし可愛い。
    男らしいところがあるのにお馬鹿なせいでその男気が変な方向に向かっているのがまた愛しいです。
    顕と両想いなんだろ!?早くくっついてしまえよ!となかなか素直になれない2人にじれじれしながら、続刊を楽しみに待ってます。
    • 参考になった 7
    投稿日:2017年02月28日
  • たった一度。
    ☆好きな猫本☆淡々と、一匹の雄のとらねこの生涯が描かれている。時代々々でとらねこの飼い主は代わる。とらねこも時代々々で死んで、また新に生まれる。けれど心は変わらない。悲しいという感情を知らない。とらねこを失う飼い主の悲しみを知らない。何度目かの生まれ落ちた時代でとらねこは真っ白な雌のねこと出逢い、飼い主を持たず家族を持つ。共に過ごすうちに老いたしろねこの時間が先に止まる。泣いたことのなかったとらねこは涙を流して泣く。初めて、知ったのだろう。解釈は人それぞれ。読む度に泣かされる絵本はあまりない。子ども向けとか、大人向けとか分からない。淡々とした語口なんだけど。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年02月28日
  • 面白かったです(*ˊᵕˋ*)
    輝かしい職場で奮闘する主人公の姿に心奪われました。真相を知りたくて読み進めているうちに、お話の世界観に自然と惹き込まれ、ラストまで楽しめた作品です。
    表紙、挿絵もすごく綺麗で作品の雰囲気とマッチしているように思います。最後にはおまけのお話もついており、満足感もあったので個人的には星5つです☆
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月28日
  • キレのある短編集です
    曽根圭介氏の短編は、「世にも奇妙な物語」にも通ずるキレがあって好きですね。
    表題作「熱帯夜」も良かったですが、私がもっとも心を揺さぶられたのは「最後の言い訳」。
    ゾンビものの短編ですが、ラストがもう・・・ね。
    これほどまでに切なく、そして吐き気を催すほどの嫌悪感を抱くゾンビものは初めてでした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月27日
  • ネタバレあり
    満足
    イケボ後輩和深くん×不眠症の主人公一紫。
    不眠でぶっ倒れた一紫を和深くんが助けたことから、ひとつのおふとんで眠る仲に。
    和深くんの優しい声が、悪夢を見る恐怖で眠れなかった一紫に、穏やかな睡眠と目覚めをもたらします。
    一緒に眠り一緒に食事をする毎日を繰り返すうち、ふたりの関係にも変化が…。結ばれるべくして結ばれるこのしっくりくる感じ、いいですね。
    一紫さん(三十路)がまぁ可愛い。守って助けてあげたくなる儚さがありました。和深くんに出会えて本当によかった。
    後半、一紫さんの父やお世話になっている精神科医も出てきます。
    丸ごと表題作で、気になるところ全部拾ってくれてる感じがしました。
    立ち読みの印象ほど重くなく、ほんわかしていて読みやすかったです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月27日
  • プロ野球ファンならマスト
    主人公が次から次へと球場をめぐり、プロ野球の観戦をしながら「球場グルメ」とドリンクに舌鼓を打つマンガです。しかしあくまでメインはグルメではなく、野球そのもの。
    その知識や場慣れ具合は、筋金入りのプロ野球通でなければピンとこないものばかりですが、じつにわかりやすく魅力的に解説されており、読んだ後は野球に興味がなくとも球場へ行ってみたくなります。プロ野球ファンなら言わずもがなでしょう。
    あと、登場する女の子たちが皆スゴく可愛い。ファンの子も、ビールの売り子も・・・。描き方に愛がありますね。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月27日
  • 女子高生限定のゆるグダバカコメディー
    「女子高生」という単語につられて、本書を手にとられた方。お読みになると、タイトル『女子高生の無駄づかい』の意味を実感できるかと思います。
    でも決して、読んだ時間は無駄になりません。なぜならタイトルは『女子高生の(キャラクターとしての)無駄づかい』という意味ではなく、『女子高生の(彼女たちに与えられた輝かしい時間を、彼女たちはこんなにも)無駄づかい(している)』という意味ですから。
    笑えます。そしてもちろん、萌えることも可。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月27日