レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

2326~2350件/11008件 を表示

  • ゲームシリーズ未プレイでも楽しめる
    2090年のハフマン島という架空の島を舞台に戦場を描いた物語で、主人公はオムニバス形式で次々と変わりますが冒頭を除き基本的に戦場での兵士の話です。
    2090年という設定ながら変に近未来的ではなく、街並みや人々の生活様式は2017年の現在とさほど変わらないばかりか少し懐かしさもあるような所があるのが逆に古臭さを感じさせず良いです。逆に戦闘シーンについては近未来的な兵器や人型ロボットを駆使したバトルシーンが迫力あり。
    戦闘シーンだけでなくストーリー自体もちゃんとまとまっていて読み応えがある作品だと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月06日
  • 匿名希望
    大好き!
    さいっこう笑笑
    ギャグセンス!素晴らしい!
    表紙のイメージを持って読んでみると、いい意味で裏切られる
    ほんと面白い大好き
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年04月06日
  • ふたり、幸せであれ
    キャラクターがすごく魅力的でした。
    絵津鼓さんの絵がものすごく好きですので、その所為もあるかもしれませんが、
    成一もナトリも実際にいそうな人物で、好感が持てるし、感情移入しやすいです。
    ただ、設定がものすごく重いです。
    なかなか無いとは思いますが、もし似た境遇にいる、
    あるいは近しい人がそうである様な場合、
    下手すると冷静に読めなくなってしまうのではないか…と心配してしまう程の重さ。
    ちょっと考えさせられてしまいました。
    少なくとも、正義を振りかざしたつもりの悪意ある第三者にはなるまい、と。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月06日
  • 匿名希望
    値段は高いがこれはいい
    全編192ページフルカラー。ページも体もビッグボリュームで最高。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年04月06日
  • ネタバレあり
    時代描写が本格的!
    江戸時代の描写がとにかく本格的で台詞も江戸言葉!
    歴史などまったくの無知なので分からない言葉や単語などたくさんあったのですが、調べたり読み返したりすることでより作品を深く理解することができてとても満足でした。
    絵もとても綺麗で、卍さんがイチイチかっこいい!!
    百樹の陰間時代の切ない話から、2人でイチャイチャしていたり、この一冊だけでも満足!なんですが最後のページに?!
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年04月05日
  • くっそ
    この作品あまり認知されてなかったから、
    俺だけが知ってる良書みたいに思ってたのに。
    マンガ大賞なんか受賞しちゃったら一気に認知度あがるじゃねぇかよ。
    でもなんかうれしい。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月05日
  • 匿名希望
    続きが気になります。
    マンガ大賞に選ばれて初めて存在を知り読んでみましたが
    主人公の独特の雰囲気と才能の片鱗をうまく表現できていてとても
    面白かったです。早く続きが気になります。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月05日
  • 匿名希望
    こ・・・これは!
    ネタバレになるから書かないが、これは大どんでん返しです。 メタ的な意味で・・・
    ある意味作者すっげえな としか言えません。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月05日
  • ネタバレあり
    カンナちゃんが主人公です
    小林さんちのメイドラゴンのスピンオフ作品で、カンナちゃんが主人公の作品です。
    カンナちゃんの可愛さ爆発した日常コメディーの短編集が集まったような形式になっています。身近に小さい娘や孫娘、妹や姪がいる人ならハマってしまうかもしれません。
    大人の晩酌をしてみたくて無理して夜更かししようとして失敗を続けるヒトコマは自分が小さい頃、叔父と父が晩酌をかわして楽しく団らんしていた姿を思いだします。
    私もそれに混ざりたくて、お酒の酌をしたりしていたことを思いだしました。
    懐かしい昔の記憶がふわっとよみがえる日常コメディーが心潤してくれます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月04日
  • 匿名希望
    最高
    とにかく面白すぎる。読み終わるのが辛かった。
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年04月04日
  • 可愛いヤンキー×2
    数年前に別のサイトでレンタルしましたが、表題作が好きだったので今回購入しました。
    タイトルにも書きましたが、ソフトなヤンキー2人の「甘酸っぱい初恋」という言葉が似合うお話です。
    攻めがひたすら受けを好きと言う設定がお好きな方は楽しめると思います。
    友達から恋人になってからの恥ずかしさやあまのじゃくな反応をしてしまうことへの葛藤が読んでいてキュンとしました。
    正直絵は割と初期かなと思いましたが、苦手でもなかったので個人的には好きな作品です。
    今後の続編や別の作品も楽しみな作家さんです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月04日
  • これからの人生で何度も読み返すだろう作品
    キャラクターが生き生きと躍動する。
    ストーリーと画力が高いレベルで調和している。
    人間とは、生物とは、進化とは、という問いの答えに迫ろうとする作品。
    寄生獣が好きな人はこれも楽しめると思う。
    戦闘シーンなどで生々しい表現が多いので苦手な人には向かないと思う。
    この作品にこれまでレビューが付いてないなんて嘘だろ?と思ったほど。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月03日
  • 読み始めると止まりません
    読み始めたら最後、もう全く止まらない。
    早く、もっと、つづきを読みたい、そういう本。
    寝不足にならないように、時間に余裕がある時に読み始めるのをお薦めします。
    あー眠い。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月03日
  • 匿名希望
    流石です
    楽しみにしていた沙槻さんの新連載、悶えました。
    探偵物大好き、これからどのように展開されるのか次回が待ちきれないです
    怪しい雰囲気がたまりません。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月03日
  • 3月20日
    3月20日は地下鉄サリン事件が起きた日だ。
    私は当時はニュースで事件の報道を知ったくらいで、完全に傍観者でしかなかったが。
    あの日と阪神大震災と東日本大震災を機に、日本は社会としての方向を大きく転換せざるを得なくなったように感じる。
    ファッション、現象、流行として村上春樹を捉える風潮には以前から困惑を覚えていたけれど、この記録は、多くの葛藤を経て、この事件当事者の方々の肉声を、真摯に伝えようとするものであり、村上氏の別の引き出しをまた一つ新たに私達に示している。
    当時は誰もが、なぜこんなことが起きたのか受け止めることができず、まさに報道は狂騒の極みのようだった。しかし、他の数え切れない痛ましい事件と同様に、当事者に何が起きていたのか、結局のところは傍観者には伝わっては来なかったし、私を含めて傍観者は他の事件や雑多なニュースと一緒にして、数年もしたらこの異常な忌まわしい事件も記憶の片隅に押しやってしまったように思う。忘れられることは人間にとって救いでもあるけれど、決して忘れてはならないこともあるだろう。
    北朝鮮情勢に神経を尖らせ、ISの脅威に曝されている今こそ、理不尽かつ圧倒的な暴力が、人に一体何をもたらすのか、心に刻むべく、広く読み継がれるべき記録だと思う。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月03日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    タイトルでネタバレしないで欲しい
    既にタイトルからネタバレされているので、
    特に驚きもなく淡々と読み進めて終わりました。
    悪役になったはずの二人が最後まで悪に徹するわけでもなく、
    中途半端に善人ぶったせいでタイトルのネタバレで半減した面白さが更に半減し、
    最後まで読んでがっかりしてしまいました。
    そもそもの主人公・華とヒーロー枠・すめらぎのやり取りがあまり書かれておらず、
    感情移入出来るほどの内容も密度もなかった為、
    最後までボーッとただ文章を追っている程度で感情が動く事もなかったのが残念です。
    よくある題材ではあるものの、決して悪い題材ではないはずなので、
    単純にキャラをきちんと見せる力が足りてないのでしょう。
    学生さんなので、これからキャラ立てした文章を書けるようになれば随分と変わると思いますが、
    自分の悪い点に気付けなければ、あるはずのノビシロもなくなってしまうでしょうが…
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月03日
  • 匿名希望
    やっぱり最高です!
    続き待ってました!!
    リカちゃんがほんと可愛くて…。
    リカちゃんの心情がわかってきて、今後も二人の関係がどう変わっていくか楽しみです!!
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月02日
  • 匿名希望
    美しい線画描写と世界観
    少し怖いかなと予想していましたが、ストーリーの緻密さと構成力、意外性にどんどん読み進めてしまいました!
    ラストのシーンがエロくて最高です!
    また続きも楽しみです!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月02日
  • ワクワクしない
    全くテンションが上がらない文章…
    奈良千春さんの表紙でだいぶ底上げしてもらっていると思います。
    50ページ進んだくらいで自分がすごく頑張った気になりました。
    気持ちが上がらない文章って読むのしんどいですね。
    挿絵は満点です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月02日
  • 匿名希望
    いい感じ
    主人公のドキドキ感が可愛いくていいです。徐々に接近していっているけど、ノンケ同士がどう通じ合うのかが楽しみです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月02日
  • お互いに夢中の恋
    表題作以外にもう1話作品収録されています。
    どちらの作品とも、ストーリー性・キャラクター・絵柄・エロ度…全ての要素において好みで、最高に満足でした。
    表題作は、無節操な攻めが無垢で素直な受けにハマっていく様がとても良かったです。身体が綺麗に描かれた程よい修正のエロシーンも魅力的。
    もう1作は、無神経なイケメン×彼に長年片想いの後輩。ふたりの気持ちのすれ違いやハマり具合をお互いの視点でわかりやすく読めました。何だかんだでバカップル。
    どちらとも、受けが恋愛初心者で乙女な所がカワイくて、すごくツボでした。
    すっかりこの作家さんのファンになりました。次回作も買ってしまうでしょう。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月01日
  • 健気さに泣きました。
    ストーリー ☆☆☆ (☆3つが満点にしてます)
    絵 ☆☆☆
    エロ ☆☆
    立ち読みで、受の健気さにキュン泣きしまして、割引中だったので購入しました。
    受のお人柄で、ストーリーに引き込まれましたね。で、健気なもんだから、泣けてきちゃう。良かったです。
    画も綺麗でした。
    エロの描写は、体位とか受の表情がメインで、回数は満足ですが、結合部の描写は軽めだったので、ちょっと物足りなさがありました。
    けど、割引中のお値段でこの内容は、お得です。買って良かった〜。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月01日
  • ご飯つくりすぎ子と完食系男子
    「食モノ」漫画好きにも、恋愛漫画好きにもオススメしたいのが本書、『ご飯つくりすぎ子と完食系男子』です。誰かにご飯を作ってあげたり、作ってもらったり、「食」を共にするということは、実は特別な関係の相手のみに許された行為です。ほぼ初対面ながら、色々な過程を飛ばして、「食」を共有する関係になってしまった男女の、「今更そこを照れるの!?」という、甘酸っぱいやりとりが本書の見所です。その中でも個人的にお気に入りのシーンは、おいしそうにご飯を食べる平瀬を、荻野が初めて目の当たりにするシーン。「おいしいと言ってもらえることは、自分の恥ずかしい部分を受け入れてもらえているようでドキドキする」という荻野のモノローグに、「食」の奥深さと、自分の気持ちを素直に認めることから始まる、恋愛の醍醐味がつまっているように思いました。そしてこれこそが、本書の面白さだと思います。お腹が空くと、誰かに会いたくなる、誰かと一緒にご飯を食べたくなる、という経験が誰にでもあるかと思うのですが、食と恋はとても密接な関係にありそうです。今後は「食」を通して恋愛模様が広がっていく予定です。続きも是非お楽しみください。
    投稿日:2017年04月01日
  • 全編に漂う学園モノの雰囲気
    古典は全く読まないのに
    「清少納言モノ(後述)」
    2作目です(^_^;)。
    「姫(きみ)のためなら死ねる(くずしろ氏著)」同様、破天荒な清少納言が平安文壇のライバル達とドタバタを演じるという点では共通しますが、こちらはもう至って単純明快に描いていて、痛快の域に。
    その一方で時系列を追った展開(後述)も、心情描写の濃い日常系の上記の作品と違って描いていて、一通りの物語としても成立してます。
    その一方で、
    時系列(後述)はもとより時代というかあらゆる考証をすっ飛ばして完全に現代風に描写されてるので、古典ファンには取っつけないと思います。
    コレ、10世紀前の話ですよね・・・・・
    物の貴重さとか疾病の恐ろしさとか、そういうのをボカして少納言をひたすら阿婆擦れ(失礼!)に描いてるので、そこを意識し出すと・・・・
    その代わり紫式部のプッツン振りなどキャラの抑揚は引き立ちます。
    地位や風習のしがらみを吹っ飛ばす少納言の挙動は貴族というより学園物のノリで描かれてます。
    (まぁ学校行事が基本宮中行事に倣ってたりしますし)
    タダ、
    物語の最後に当時の年表も掲載されてますが、
    清少納言と紫式部の作中のような宮中での絡みはどうやら無い模様なんですね。
    (年齢は10離れてる程度なのでそれぞれ意識する程度の間柄はあったようですが)
    ですからこれらの作品のように清少納言の宮仕え時に源氏物語が流行るとか、キャラの年齢が実際とはどうも違う模様。
    コレ考えても、
    この手の作品はコラボという手法を使った一種のジャンルみたいな物でしょうね。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年03月31日
  • 匿名希望
    ラブミステリー?!
    「ラブミステリー」なんてBL漫画では中々出会えないジャンルだと思い読んでみました!
    正直最初ミステリーということで『難しい?』『固い?』『グロテスク?』みたいなイメージを持ちながら読みましたがそんなことありませんでした♪
    逆にミステリーらしい謎あり+エロありで読みやすかったです(>▽<)
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月31日