レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

2301~2325件/11047件 を表示

  • 匿名希望
    ネタバレあり
    絵とエロは◯ですが
    絵はキレイで、エロもいっぱいです。が、好みによると思いますが、なんというか、内容が薄い??と思いました。原作を漫画に落とし込む際に、削られてしまった内容があったのかな、と感じてしまいました。
    エロとラブラブ重視で、ストーリーや共感は二の次という方向きのようにおもいます。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月19日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    涙・笑い・エロス・ストーリー 全て揃った名作
    かれこれ25年も前、腐女子という言葉もなかった頃より大ファンです。まだレビューが書かれていなかったのでびっくりして投稿。
    クラシック音楽の世界が生き生きと、かつリアルに描かれているのはもちろん、キャラクターが本当に魅力的です。
    音楽の経験のある腐女子の皆様は特に共感できる箇所もあるかと。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月19日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    重厚。設定と背景がすごい
    BLとは思えない重厚な作品です。さらっとした物語、エロ重視の方にはおすすめしませんが、どっぷり耽美な世界に浸るには最高です。お金を払う価値のある作品だと思います。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年04月19日
  • 匿名希望
    おすすめ。感動します
    大人におすすめしたい、感動作です。キャラクターの葛藤と気持ちの変化の描写が素晴らしいです。ありきたりでないキャラクターと、リアルさにとても共感できました。すっきりしてキレイな絵柄も魅力。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月19日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    おすすめ
    タイトルの通りコメディタッチの作品で、テンポよく進みます。おすすめです。先生の本性が暴かれる続編も読みたいな~
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月19日
  • 匿名希望
    泣きました。
    本当に久しぶりにBLで泣いてしまいました。
    というかBL小説ではあったけど、マンガでは初めて泣いてしまったかも。
    2人が出会って、恋に落ちて、付き合って、でも色々な出来事や葛藤を乗り越えて・・・というストーリーとしては王道なのですが、淡々と、でも温かく2人の愛とタイトルの通り人生が語られて行きます。
    泣けるんだけど、悲しいとか可哀想で泣いてしまうのではなく、2人の愛の深さに感動しての涙でした。オススメです。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年04月19日
  • どこに向かっている?
    著者買いです。安定の面白さではありますが,どこに向かっているのかよくわからないです。
    嶋木あこ「ぴんとこな」と同じジャンルなので微妙に内容がかぶるのも気になります。もう少し読んでみないとわかりませんが,2巻現在,若干の「?」感があることは否めません。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年04月19日
  • 女子にもオススメです
    テニスをよく知らない人にもわかりやすいし,スポ根にありがちな魔球的なものもないので,少女漫画ばかり読んでいる人にも楽しく読めると思います。派手さはないですが,読後感が爽やかなのが何よりよいです。羅川真里茂のテニス漫画「しゃにむにGO!」が好きな女子にオススメです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月19日
  • かなり好みが分かれる作品かも
    壮大な世界観ですが、作中にモノローグはおろか台詞もかなり少なく2巻辺りまでは正直何をやっているのかいまいち分かりません。3巻辺りから何となく話の筋が掴めてきますが、漫画を読みながら考察したり行間を読むような読み方が好きでない人には好みの作品ではないかもしれません。
    詳細な世界観の説明がほぼ無いとはいえ主人公の目的は物語当初から判明していて行動に一貫性があり、作中世界の構造物間の距離等の具体的な数値は何度か登場するため全てが曖昧なストーリーという訳でもなく、きちんと話の核というか掴みどころはあります。
    普段はどちらかというとしっかりと伏線回収して明解に終わるような漫画が好きなのですが、この作品は話の全貌がいまいち掴めないながらも苦にならず全巻一気に読めた珍しい作品でした。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月18日
  • 単なるBLマンガじゃない
    感動しました。
    道路の白線を人生に見立てて…2人の人生を通して、生きるって愛ってなんだろう?と考えさせられてしまいました。涙どころか鼻水も止まりません。そんなつもりじゃなかったのに。
    現実主義な攻め伊東と夢見がちな受け西。出会いはまるで少女マンガなのに、物語の展開は現実味を帯びていて、穏やかさと苦しさとが入り混じります。
    ほぼ2人しか出てこない。彼らが年齢を重ねていくのを追いかける形式。BLに慣れている方なら予測のたつストーリー展開です。しかしここまで書ききられているのは珍しいと思います。
    萌えるとかエロいとかそういう感覚は出てこず、純粋に物語を楽しみました。(萌えやエロも大好きです)
    終わり方も感動的でした。素敵な作品。
    買って良かったです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年04月18日
  • 匿名希望
    間違いなし
    男性でも楽しめます。
    できれば彼女と一緒に読まれることをおすすめします。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月17日
  • 匿名希望
    面白いけど好き嫌いはハッキリ分かれそう。
    デフォルメ強めのキャラクターがガンガン毒の強いギャグをぶちかまします。
    ノリ的にはSouth Parkが少し近いかも?
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月17日
  • 戸惑いながらも流される主人公…
    女の子が朝起きたら男になっちゃってた!?というよくあるシチュエーションです。
    そして朝アレがそそり勃ってしまい、でもどうして良いかわからない主人公が、
    親友よりも先に担任の先生(巨乳、美人で可愛い)に相談したら気持ちよくされちゃいました、
    というよくあるお話です。でも、そういうのが好き。
    その後、クラスメイトの友達に男になったことがバレたり説明しないと行けない状況に陥ったりして、
    なんやかんやでみんなとHするわけですが、オールカラーだし可愛いので結構読み応えがあるので結構良いですよ。
    明るめのタッチで描かれたエグさの無いH、おすすめです。
    • 参考になった 14
    投稿日:2017年04月17日
  • 芋づる式に…
    1巻が半額だったので、購入決意。前々から立ち読みなどで、触りだけは読んでたんですけど、なかなか購入に至りませんでした。で、1巻買って読んだら…
    可愛いんですよ、受が!一途で健気で泣き虫で。気付いたら、芋づる式に既刊の4冊を一気買いしちゃいました。買って損無しでした。
    エロは軽めですかね。でも、ストーリーが良いので物足りなさはありませんでした。
    絵☆☆☆
    ストーリー☆☆☆
    エロ☆
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年04月16日
  • 主人公の男性に共感できず
    たまたまこの直前に読んだ「響~小説家になる方法~」も小説書きが主人公だが、人格の破綻が酷くて読んでいて主人公にイライラした。この作品でも主人公はプロの小説家だが、人付き合いが悪い・下手にも程がある。小説家ってこういうのがステレオタイプなのかな。微妙な立場で葛藤するのは分からんでもないが、やっぱり主人公に共感出来ない漫画は面白いとは思えないなぁ・・・。ヒロインも健気な純愛は良いがあまりに一途過ぎる。
    脇役の大垣は良い味出してたな~。こいつは大好きだった。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月16日
  • ネタバレあり
    ん~予想通り?
    昭和の始め、主の娘と執事の息子。
    という設定を読んで、あ~、と話の行く末を予想したのですが、
    やはり少し寂しい結末で残念でした。
    収録作品4編のうち2編は寂しく、
    残りの2編はハッピーに終わったので、
    読後感としてはまだましな方、といった感じです(´∀`)
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月16日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    やられた!エロカワ受け姫!
    これはやられた。趣味ごと愛されてどんどん可愛くなる紺野君。読んでるこちらも
    魅せられて引き付けられる。パンツが伸びる、汚れるとベッドで悶えつつ言う姿に
    ノックアウト!。一方の山城君は長い間の「紺野ボディフェチ」で、手に入れたら
    BLお約束の悩みにぶつかるし、何とパンツにやきもちをやく始末。
    「それでいいの?」というトラブル解決もあるけど、ラブがたくさんでお腹いっぱい。
    ご馳走さまでした。
    他のお話も、やっぱりエロカワ受けでこちらも◎!
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月16日
  • 主人公の性格が粗暴すぎて・・・
    マンガ大賞を獲得した話題作だし、レビューの評価も高かったので、既刊5巻をまとめ買いして一気読み。そして、ガッカリ・・・。
    天才的な小説家の才能を持つ主人公の響。ただ、性格粗暴すぎ常識なさすぎ・・・。
    得てして天才ってこんなものなのかもしれないが、その才能を見抜いて世に出そうと奮闘してくれる人たちの努力を片っ端からへし折っていく様はムカついて仕方がない。
    もしこれが現実なら、例えいかに作品が素晴らしくても、作者のこの人間性を知ってしまったら、私は読みたくない買いたくない。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月16日
  • ネタバレあり
    テンポのいいロマンスでした♪
    1~2巻読了。良かったっす! 教師と生徒!
    親密になり、絆も深まる中、
    随所で問題が発生してもずるずる引きずることなく、
    早い展開で解決するのが素晴らしい♪♪
    楽しかったっす♪(´∀`)
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月16日
  • 匿名希望
    パクリ漫画
    完全に貴志祐介の「天使の囀り」のパクリ漫画
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月15日
  • 匿名希望
    オススメし難い作品
    8巻まで読んできましたが、結論からいうとこの作品は
    あまりオススメできないです。残念ながら。
    現実を直視しているようで、中身は乙女の妄想や理想を詰めた少女漫画なのです。
    私も少女漫画は好きですが、この作品は少女漫画の上に「現実直視しましょうね」
    という主張を被せているため、その矛盾に気付くと何とも言えない痛々しさを感じ
    耐えられなくなります。
    一つの巻に収録されている話数がやたら少ないのも気になります。
    ただし、上記のことを踏まえた上で興味があるなら読まれてみてもいいかもしれません。
    なんだかんだ私も8巻まで読んでますから。
    所々惹かれる場所はあります。そこは作者も描き方が上手いです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月15日
  • ネタバレあり
    とりあえず完結かな
    まず、エピローグ的な作品です。
    良い意味、読者を裏切らない作品。
    シリーズの中で最弱なミステリーです。
    読者をうらぎってナンボの作品群のなかで、たぶんこれほど素直な展開はなかなかないのではないでしょうか。
    筆が遅い先生の作品なので期待値が大きすぎたのかもしれませんが。
    こうも簡単にくっついて、認められてよいのかと疑問に思いました。
    あの栞子ママがですよ。
    たぶんいくつものエンディングが用意されてる中で、最大公約数だったのでしょうね。
    シリーズを最初から読み直すとこれが一番最弱。
    一つ前が最強かな、だから落差が大きすぎて消化不良をおこしてます。
    ただあとがきで、シリーズは完結するけどスピンオフを含めてシリーズは継続するようだし、アニメの劇場版、実写映画化も言及されています。
    剛力彩芽さんでの実写化は大反対ですが。
    若かりしきころの原田知世こそイメージなのですが。
    作者なりの本当の結末を期待しています。
    ハッピーエンドばかりが結末ではないと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月15日
  • ネタバレあり
    犬猿の仲かと思いきや……
    あらすじ読んだら、
    『ラブファントム』の百々子の姉ちゃんだった♪♪
    こっちに百々子は登場しないけど、
    お姉ちゃん(万由子)が『ラブファントム』の何巻だったかに登場してる♪
    こちらも年の差カップルで、
    とても刺激的で素敵でした♪♪
    一見犬猿の仲っぽくて、でも実は激情の熱愛カップル♪♪
    最後の読み切りもGOODでした♪
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月15日
  • 匿名希望
    浅い
    題材はいいのに浅い。つまらなかった。似たようなパラレルワールド系なら図書館戦争が断然面白かった。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月15日
  • とてもエロくて甘いです
    とても良かったです。女性下着を着たがる男と、女性下着をデザインする男。エロ多いです。甘くて愛があるって感じでした。お互い言葉が足りなくて、すれ違いもありますが結局お互いの事思いすぎての事なのでOKです。あと、短編2話入っています女装男子が可愛かったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月14日