レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

2076~2100件/11368件 を表示

  •  驚きの一冊だ。2017年6月28日に紙書籍、電子書籍同時発売された『東芝 原子力敗戦』(大西康之著、文藝春秋)――企業人としての見識も矜持もなく「国策」に寄り添い翻弄されたあげく、140年の歴史を持つ5兆円企業が壊れていく過程を数多くの内部文書と証言からつぶさに検証した、一級の企業ノンフィクション作品です。
     東芝の「半導体事業売却」を巡るニュースが連日、新聞を賑わしています。半導体事業売却の成否に東芝の生き残りがかかっているというわけです。確かに「半導体事業売却」の混迷も粉飾決算を巡る泥仕合ももちろん問題ですが、いま本当に問われるべきは、なぜ東芝が原発ビジネスの泥沼にはまり込んでしまったのかだ。
     その理由をズバリ示す東芝社員のビジネスダイアリーで、本書は始まります。まずは、「プロローグ そこに悪意はあったか」の書き出しをご覧ください。

    〈きっかけは、筆者が入手した、ある東芝社員のビジネスダイアリーだった。
     表紙には、手帳の持ち主と思しき「田窪CFL」と綴られた付箋。ダイアリーには、東芝の社員である「田窪」が二〇一一年十二月から二〇一二年十一月末にかけて、アポイントを入れた人物が記されている。
     ページを繰っていて、ほどなく気づくのは、面会相手として頻出する、「今井」という名前だ。
    《12年2月10日 10:00~11:00 METI 今井様(トルコの件)》
    《12年2月23日 16:30~17:00 METI 今井次長》
    《12年8月10日 15:30~17:00 エネ庁 今井次長》
    「METI」とは経済産業省(Ministry of Economy, Trade and Industry)のことだ。当時、資源エネルギー庁で「今井次長」といえば、現・首相秘書官の今井尚哉ではないのか──。
     中には、食事をしたと見られる記述も目につく。
    《12年2月1日 dinner今井〉〈12年4月27日 8:00~9:00 今井 レ セゾン》
    《12年10月19日 dinner今井》
    「レ セゾン」とは、帝国ホテルにある朝食が有名なフランス料理店だろう。「今井」の名前は一年間で約三十回登場する。〉

     東芝の経営破綻を取材する過程で、「田窪」と「今井」の関係をよく知る人物に行き当たった著者の大西康之氏は、ダイアリーを見たその人物の証言を引いてこう続けます。

    〈「『田窪CFL』は、当時東芝電力システム社の首席主監(チーフ・フェロー)だった田窪昭寛氏のこと。電力システム社は原発事業などを手掛ける社内カンパニーで、彼はその陰の実力者です。『今井』氏は御指摘の通り、現・首相秘書官の今井尚哉氏です」
     そしてこう続けた。
    「東芝が現在の惨状に陥った背景には、二人の親密な関係があったのです」〉
     監査法人との協議がまとまらずに数か月遅れて2017年8月10日になってようやく発表された東芝の2017年3月期決算――連結純損益は9,656億円の赤字でした。東芝がほぼ1兆円もの赤字という惨状に陥った〈最大の要因は、〇六年に約六千六百億円を投じて買収した米原発メーカー、ウエスチングハウス(WH)を核とする原発事業の不振である〉と、著者は断じます。WHは2017年3月29日、米連邦破産法第11章(通称チャプター11)の適用を申請しました。これで東芝のバランスシートは、5,400億円の債務超過になったが、6,600億円もの巨費を投じて手に入れたWHが実際には火の車で、東芝経営陣はそれを隠蔽するために粉飾決算に走った。

    〈二〇一五年春に粉飾決算が発覚してから二年間。
     東芝が抱え込んでいた闇が徐々に明らかになっていった。半導体やパソコン事業でも粉飾は行われていたが、闇の正体は原発だった。二〇〇八年のリーマンショックと二〇一一年の東京電力福島第一原発事故。二つの要因によって原発を取り巻く環境は激変し、もはや事業としては成立し得なくなっていた。それでも東芝は原発事業を継続し、アクセルを踏み続けた。
     その経営判断に多大な影響を与えたのが、原子力事業部の“暴走機関車“田窪と、アベノミクス推進のために原発輸出を強行した今井だった。〉

     国策として「原発輸出」を強引に推し進める官僚と、その意を受けて言わば「死に体」の原発企業を将来戦略の切り札と思い込んで買った日本を代表する企業。東芝の転落はここから始まった。原発輸出という「国策」の闇に引きずり込まれた東芝にはもはや、解体への道しか残されていなかった。

     東芝がWHを買収する8年前の1998年6月22日。全国紙朝刊に奇妙な広告が掲載されました。

    〈RCサクセッション レコード発売中止の御知らせ
    「COVERS」8月6日発売予定/「ラブ・ミー・テンダー」6月25日発売予定
    上記の作品は素晴らしすぎて発売できません。 東芝EMI株式会社〉

     東芝傘下の東芝ENIが8月6日の広島原爆忌に予定していた忌野清志郎率いるロックバンド「RCサクセッション」の新譜(うちシングルカットを6月25日に先行発売予定)の発売を中止すると告知したのです。
     ボブ・ディラン「風に吹かれて」やジョン・レノン「イマジン」などの洋楽に新たな日本語の詞ををつけたカバー曲集。戦争や核、原子力発電などをテーマに原曲とは異なる忌野清志郎らしい作品世界を創造した。シングルカット予定だった「ラブ・ミー・テンダー」と「サマータイム・ブルース」は原発の安全性を問う詞が秀逸だ。なじみ深いメロディに乗せて口ずさんでみてください。〈素晴らしすぎて〉の深い意味が見えてくると思います。
    ・ラブ・ミー・テンダー
     何 言ってんだー ふざけんじゃねぇー
     核などいらねえ
     何 言ってんだー よせよ
     だませやしねぇ
     何 言ってんだー やめときな
     いくら理屈をこねても
     ほんの少し考えりゃ 俺にもわかるさ

     放射能はいらねえ 牛乳を飲みてえ
     何 やってんだー 税金(カネ)かえせ
     目を覚しな
     巧みな言葉で 一般庶民を
     だまそうとしても
     ほんの少しバレてる その黒い腹
    (以下略)

    ・サマータイム・ブルース
     暑い夏がそこまで来てる
     みんなが海へくり出していく
     人気のない所で泳いだら
     原子力発電所が建っていた
     さっぱりわかんねえ 何のため?
     狭い日本のサマータイム・ブルース
    (中略)
     電力は余ってる 要らねえ
     もう要らねえ
     電力は余ってる 要らねえ
     欲しくない
     原子力は要らねえ 危ねえ
     欲しくない
     要らねえ 要らねえ
     電力は余ってるってよ
     要らねえ 危ねえ

    〈素晴らしすぎて発売できません〉というコピーは、“発禁”に対する制作現場の精一杯の抵抗だったのはないか。もしそうだったとして、まだそうした抵抗が新聞の広告になって実現できた時代だったことに改めて思いを馳せてします。

     とまれ、レコードは別な会社から発売され、今もCDなどで入手できるし、何より忌野清志郎の時代を先取りする予見性、物事の本質を見抜く感性は時を超えて今という時代を照らしだし、色あせることがありません。一方、原子力発電を撃つ忌野清志郎の批評精神を〈発売中止〉によって封じ込めようとした東芝は今、原発輸出の泥沼に引きずり込まれ、壊れていく過程にあります。
     著者によれば、東芝には二度、路線を修正して引き返すチャンスがありました。〈一度目は東芝社内で「WHのインペア(減損処理)」がささやかれ始めた二〇〇九年〉であり、二度目は福島第一原発事故の時。あの時点で世界の原発投資が減少に転じることは、誰にでも容易に予想できた。原発撤退を決めたシーメンスや、はっきり原発事業に関して「退却」の意志を示したGEなどライバルたちの動きを見ても、原子力が成長産業でなくなったことは理解できたはずだという。〈それでも東芝はアクセルを踏み続けた。あるいはブレーキを踏むことを許されなかったのかもしれない。首相の懐刀、秘書官の今井尚哉が背後にいたからである〉として著者は、「国策」大合唱に乗り、その失敗を隠蔽するために粉飾に走った経営陣、そして「チャレンジ」という名の会計操作(粉飾)指示に唯々諾々と従った一般社員たちへの疑問を突きつける。結局のところ、自らの判断を避け、思考停止に陥った「サラリーマン全体主義」が惨状を招いた原因だったのではないか。東芝・原子力敗戦の淵源をそこに見いだします。自らの言葉で原子力発電を撃った忌野清志郎の詞に正面から向き合っていたら、そして原発推進の当否判断から逃げて思考を停止させることがなかったら・・・・・・。
     歴史の皮肉を感じざるを得ません。(2017/9/15)
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年09月15日
  • 匿名希望
    岩清水君が大好き(ストーカー等ではない)
    一部分のみをネタにされてますが 読んでくれれば誤解とわかります
    彼は優しくてケンカは弱いけど心の強い立派な人です
    そのうえ頭がよくて可愛くてなおかつ料理も上手 完璧か
    無私の心で愛を捧げてるだけなので御一読を
    シマシマパジャマ姿もいいですよ
    後 初期 誠のすがすがしいまでのゲスっぶりも見ものです
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月14日
  • 舞 mai 1と2巻を 読んで
    ベタなものをいろいろ盛り込んでいておもしろいとおもいます
    劇画風で画力もたかく
    もしかしたらサザンアイズの原案がここにあるのかもとおもわせる雰囲気があります
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年09月14日
  • ネタバレあり
    古代~現代史歴史ファンタジー
    現在連載中の作品なので5巻時点での感想です
    関ヶ原の戦いでの島津の退き口と呼ばれる迫力ある戦いから物語が始まりますが、戦国時代の物語ではありません。SF的な設定やエルフやゴブリン等のファンタジー要素も多く出てきます。
    日本史だけでなく世界史における古代、中世、近世、近代、現代史の様々な偉人が登場するので世界史に詳しい人ほどより楽しめる作品かと思います。しかしこの作品に限ったことではありませんが偉人のキャラの味付けがかなり濃いめなので思い入れのある歴史上の人物がいる方は要注意です。
    大胆な絵柄と戦略に基づいたバトルシーンで迫力満点のストーリーですがハイテンションのギャグシーンが多いので重苦しすぎず読みやすく感じました。また、単なるバトル描写だけでなくSF要素も感じるような伏線めいたものも多数あり、続きが楽しみです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年09月14日
  • 匿名希望
    阿弥陀せんせいの新作、最高かよ...
    本当...こんな2人を間近で見れたら、アッーーーー!てな感じで噛み締めちゃいますよ。
    阿弥陀せんせい独自のテンポ感は本作でも健在で、人物描写に特化した背景の少ないシンプルな画づくりもやっぱり阿弥陀せんせいの魅力だなあ...!オススメです。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年09月14日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    不死の王達と戯れる地獄遊戯の巻
    ジョンが好きで5巻→3巻と読み進めています ジョンも好きですが独特な感じのお祖父様にも惚れたww
    ドラルクが坊ちゃんなのに報われないのは一族特有のカラーなのかも 半田君が表紙なだけあって色々見せ場がありました
    ロナウドに何故彼女が居ないのかの理由も何となくわかってしまったww 全体的にほっこり出来る一冊ですww
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月13日
  • ネタバレあり
    BLAME!好きな人はハマるかも
    まず最初に同作者の作品でやや傾向が違う「BLAME!」と「シドニアの騎士」の中間辺りに発表された作品ですが雰囲気としては「BLAME!」寄りです。
    西暦3000年代の地球でとあるウイルスによって起こったバイオハザードから人類を救うべく戦う主人公の話です。
    4巻の地球でのラストバトルまでは濃い密度のストーリーで描かれていますが、5巻以降は話が急速に進み細かな描写が多く省略されているような印象を受けました。そこに地球でのラストバトル後の時空の歪み?的なものの影響で登場人物の時間軸がずれていることも合わさり一気に話が分りにくくなります。
    とはいえ、物語冒頭からの重要な謎はほぼきちんと回収していますし、ストーリーの要所要所の繋がりはちゃんとあります。特にラストシーンが物語冒頭にかぶせる様な演出だったのが好みでした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月12日
  • ネタバレあり
    豪華
    確かに、絵は素敵です。豪華です。しかし、私好みのジャンルではなかった・・・。すみません。14年も投獄されていたのに、その苦労が描き切れず(ページ数の都合)肝心の憎しみが積み重なっていかなかった。そして、期待していた子供のエデとの出会いから大人になるまでのエピソードがまるまる無い。一番楽しみにしていたのに・・・。ハーレクインとかもそうだけど、出版社さんの都合で1巻でまとめなくてはいけなかったことは充分分かりますが、もったいない。作者さんの画力と、小説全7巻を1巻にまとめあげた苦労を労っておまけの☆4つです。これは、あくまで私の感想です。この作品を大勢の方が称賛しているので、興味のあるかたは読んでみてください。
    • 参考になった 10
    投稿日:2017年09月12日
  • ネタバレあり
    今月のおすすめ
    2014年に「モンテ・クリスト伯爵」で連載デビューされた男性漫画家さんで、男性雑誌で連載されています。ベタでも、悪魔が真の愛に目覚め(伏線在り)て、溺愛となっていけば、女性読者の心もガッチリ掴めるでしょうね。本人が変化を求めない限り、人が人を変えることすらできないのに、愛を持ち合わせていない悪魔の概念を揺るがすどんなエピソードをもってくるかがキーポイントかなぁ。あと、とても画力のある漫画家さんなので、悪魔の顔が怖い(子供なら失禁するよね。デビルマンもビックリ)けれど、コミカルな内容も入れつつ強弱がつけられていて読みやすかったです。当て馬君の絡みが気になって購入したのですが、私の予想に反して、悪魔的に追いつめるのがなるほどな~と。今後に期待大!!しかし、子供に見られない(エロ有り)・置き場に困らないという点で、電子で良かったのですが、本のカバー裏の書き下し漫画が読みたかったです。本もよろしくってことかな。
    • 参考になった 15
    投稿日:2017年09月12日
  • 匿名希望
    電子版特典について
    1巻をレンタルで借りて、面白かったので2巻を購入。
    紙と悩んだのですが、カバー裏も読めるし、デジタルの特典があるということで電子版をチョイス。
    電子版の特典は龍桜くんピンのモノクロのイラストでした。(紙の方はカラーイラストです)
    漫画かな?とちょっと期待してしまいましたが、不公平感がないのでこれでいいのかも。
    紙かデジタルか悩んでる方の参考になれば。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年09月11日
  • どっかで見たような気もするんだが(^_^;)
    立ち読みレビューですが買いそう。
    幕末の絵師を名匠の娘視線からコミカルに綴ってます。
    やや艶っぽいけど
    それを相殺(-_-;)して余りあるズボラさと
    あっけらかんさと
    奇妙な侠気を持ち併せたヒロイン。
    巨匠である親と、自分と同世代の絵師仲間をオッサンあんちゃん感覚で軽妙に描いてます。
    冒頭から町内会の書会に一同出入り禁止とか・・・・・(-_-;)
    一方で描写は完全に現代感覚で、
    ある程度の考証も含めては居ますが、
    なかなかキレのあるボケツッコミを実在人物で展開してます。
    アレ?
    何処かで見たようなこの展開。
    あ、
    「暴れん坊少納言(^_^;)」
    だ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月11日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    第二シリーズはファン向けか
    救いがあったと言っていいんだろうか?と迷うキャラはいる。けど、どうしようもなく悪化しながらも、崩壊につながる綻びはよい方向に開けていくので、いいおとなも出てくるので、読後感は思うほど悪くない。あと人物の表情がすごくいいし(泣き顔、笑顔の説得力!)見開きの“モノ”のアップはぞっとする。紙で見るともっといいんだろうなあ。
    第二シリーズ(6巻以降)は、5巻までに散々な目にあった人たちのその後とか、平和な仲良し二人とかが見られて嬉しい一方で、話としてはかなり無茶に見える。第一シリーズの、どうしようもないことが(でも時には希望も)積み重なって話がじわじわとすすんでいく様子はなく、なぜそうした?と疑問を持ってしまう犯行現場。5巻までの、想像を掻き立てる怖さがないのが残念。とはいえ、やはり後で裏切られたり作ったりしてない平和そうな笑顔が見られるのは嬉しい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月10日
  • あ〜〜これは反則です
    座敷童子チュン太、可愛すぎ❣
    高人さんもとても優しくて、かっこいいです。
    これがもし逆だったら少し怖い?
    高人さん可愛すぎてチュン太暴走!!、それも見てみたいかもしれない。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年09月10日
  • ネタバレあり
    べた惚れペア大好き♪♪
    一瀬&高史並みの、
    べた惚れレベル高いペアが来たーーーーーっ!!
    で、最初の難関を迎えそうな予感で1巻エンド(゚Д゚)
    水澄が「恋はしない」と決意するほどの、
    心の傷を負った高校時代の恋。
    その時の彼(親友)が店に現れて!!
    ん~、早く2巻を読ませてくれ。
    そして、誓と水澄の甘~い次の話を、早く読ませてくれ(´∀`)
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年09月10日
  • ネタバレあり
    もう、サッッイコー!!
    医療分野のコミックは、所謂「フラジャイル」や「ブラックジャック」「ドクターK」などに代表される医者コミックしか知りませんでしたが、あるCMを見てから、このコミックを知りました。
       
    とってもサイコー!
        
    擬人化した細胞達が日々わいわいガヤガヤ賑やかしいドラマを繰り広げているコミックです。
    読んで見て「こ、コレはスポ根か、ほのぼのか、コメディか、恋愛か!?」と迷いますが、
    まるっと飲み込んでひたすら読むのが一番いい姿勢だと思います。
    やっぱりメインは女性赤血球&男性白血球コンビのやりとりですね。
    その他のキャラも際だっており、ボケとツッコミあり、ツンデレあり、現実にもあるあるある場面や意外性、笑いもありで一気に読み終えてしまいます。
      
    敵である菌(ウイルス)なども憎めない性格してますし。
    意外な細胞達の黒歴史もあるし(笑)。
        
    3巻?以降は新キャラも登場してくるので、いったんコンビは解消し、
    各々の話となってストーリーは進みますが、まあ、それはソレ。
    いろいろな話がありますが、中でも一番のお気に入りは「サイトカイン」という話。
    何故かは……。
    読んでみれば判るかと。
        
    ま、自分の体内の中で日頃頑張っている細胞達を事故や病気などで
    失意のどん底に落とさないためにも、やる気スイッチ(サイトカイン)を
    押していかねば!と思います。
       
    あ。このコミックに出会ったあと、「もやしもん」という、此方は細胞達の敵?である
    菌の話を知ったのですが、やっぱり、此方が面白いよ~。
    • 参考になった 9
    投稿日:2017年09月10日
  • ネタバレあり
    素直に読めました
    素直に読めました。
    お坊さんをテーマにしたコミックは「ファンシィダンス」しか
    知りませんでしたが、表紙のイラストが可愛かったので
    購入を決めました。
    結構リアルに現代のお坊さんライフが描かれています。
    とても素直に、面白かったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月10日
  • 匿名希望
    アニメを試聴した人への番外編作品
    ※プリキュア初心者のレビューです。元々この界隈の「暗黙の了解」でしたらすみません。
    まず、「単行本かきおろし作品も収録」とありますが、紙書籍の「特装版」についている特典や小冊子の内容はついていないのでご注意ください。
    漫画版は所謂「ファン向け」の仕様となっております。少しあらすじとキャラクター紹介も含まれていますが、ストーリーの構成上、漫画だけ読んでも「アラモード」のよさは伝わらないと思います。(アニメもおすすめです。)
    一方ファンにとっては嬉しい番外編作品なんじゃないかと思います。特にゆかりさんとあきらさんの割合が多いので、二人が好きな人は是非読んでみてほしいです。
    (電子書籍しか買えない身として、特装版を取り扱っていないのが大変残念なので四つ星にしました)
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月09日
  • 匿名希望
    ストレスなく読める癒し猫マンガ
    黒猫のくーちゃんの仕草が可愛く、飼い主とのお話も楽しくて飽きません。
    絵柄もゆる可愛くて、日ごろの疲れもぶっ飛ぶ癒し力です。
    紙書籍には出ておらず電子のみなので、一部の人しか読んでもらえないのが残念ですが、こうして読める方には是非読んでみてもらいたいです
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月09日
  • 匿名希望
    購入して正解でした
    ノンケでいい男の上司xゲイで辛い過去を持つ新人
    って一言でまとめたら普通に見えますが、ストーリーの良さと丁寧さはただものではありません。
    読んでいて釣られて泣きそうになったぐらいですが、安心して読んでください。
    エロもそこそこあります!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月09日
  • 匿名希望
    ロリ、グロ、微エロ、ファンタジー
    良いんじゃないでしょうか。私は好きです。ただ、後半からグロ色が濃くなってくるので好き嫌いは非常に別れるかと。
    ところで昔からこういうジャンルに対して思うんですが、ジャケ買いして気分わるくする人が出ないよう、事前にレビューや解説で警告する必要があると思うんですよね。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年09月09日
  • 思わず共感
    タイプが違う三人の女(?)がアラサー独身女の色々なことを代弁してくれていると思う。この気持ちはこういうことだったのかと思うこともあり、読んでて楽しい。たまに出てくる歌の歌詞ももろ世代で笑ってしまう。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月09日
  • ネタバレあり
    聖グロ練習試合後、全国大会開始前の話
    TVアニメ見たうえでの評価です。アニメではあまり書かれなかった練習場面が見れるのはよかったですが、練習試合相手のキャラが色んな意味で痛々しく、アニメと違い終始、重たい感じがしました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年09月08日
  • Ⅰのオリジナルキャラの中須賀エミが主役の外伝
    Iが本編の序章としたら、こちらは完全な外伝といった感じです。Iのキャラのその後の話がみれて良かったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月08日
  • 漫画で読む戦車図鑑
    戦車の制作過程や性能など原作キャラが解説してくれます。アニメを見て戦車に興味がある人なら楽しめるかと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月08日
  • 西住みほの子供のころの話
    TVアニメ見たうえでの評価です。アニメではなかった話が見れてよかったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年09月08日