レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

2051~2075件/9520件 を表示

  • 胸がジーンとなります
    自分の若い頃を思い出し、「あ〜、あの時もっと頑張ってたら今とは少し違っていたのかな、、、」なんてことをふと思ってしまう作品です。主人公の大の情熱と周りの人達の温かさに胸がジーンとなります。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年11月22日
  • テンポが良くいっきに読めます
    絵がスッキリしているのと、ちょいちょい面白要素があるのでテンポが良く読み進められます。男性女性問わずオススメ。個人的には白石が好きです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年11月22日
  • ネタバレあり
    何度も読み直している良作
    いつかはわからないけれど中世ヨーロッパと思われる世界を舞台にしたこの作品。
    かつて同じ学び舎で学んだ王子(攻)との再会。
    再会ものなので、口調は慇懃無礼で時々本当に無礼になる受が愛しいです。(笑)
    精神的に追い詰められるような残虐なシーンはほとんどなく、
    どちらかというと優しい流れですべては進みます。
    お互いを大事に思っているこの2人。
    ほんとーーに癒されました。何回も読んでます。
    短編でもいいのでこの二人の続きが知りたいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月22日
  • 匿名希望
    可愛かったですけど
    お腹まわりが気になりました。もう少しカメラワークがあっても良かったと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月21日
  • ネタバレあり
    最後の最後で
    もったいない終わり方だと思います。
    ひとつひとつ物語を積み上げていったのに、最後エンディングで
    「いろいろあったけど幸せになりましためでたしめでたし」な終わり方。
    その「いろいろ」部分をダイジェストでも良いからもうちょい描いて下さいよ。
    突然すぎて、え?どういう事?って読者置いてけぼりですよ。
    台無しすぎて、もうちょっと★減らしたいくらいですけど、それまでの流れは良かったのでおまけで。
    あとサブカプの必要性はあったかな、という気も。細かく設定もしていたようですが(あとがき)、イマイチよく分からなかったです。
    お話そのものは、現代版桃源郷じゃないでしょうか。
    桃=プリン、川=電車、桃源郷=恋の町、です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年11月21日
  • 匿名希望
    やっとだ~
    ずっと雑誌で読んでいて大好きな作品です。
    ほのぼの、ほっこりできますよ(^-^)
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年11月21日
  • アホエロエロ?ですかね
    可愛いお話でした。あれだけ攻めが至れり尽くせりなのに、どうしてただのセフレとかお互い思っちゃっているのか不思議でしたね。男同士今ひとつ踏み切れない所なんでしょうね。「女のほうがいいはずだ」っとか、考えて。そして存在する違和感が笑えました。絵もあっさり見やすかったです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年11月20日
  • 匿名希望
    ちょっとキビシイ
    ページ数の都合か分かりませんが。
    普通、時間経過の場面転換(数時間後、あるいは数日後など)って
    1行開けるとか、あるいはそれを匂わせる一文なり一語なり入れると思うんです。
    しかしそれが無くべたっと続けた文章になっているので、
    一瞬文章に付いていけなくなるんです。それが何度も何度も起こる。
    (作者の都合でなく、リーダーの仕様だったりしたらお気の毒だけれども)
    それと、中盤から終盤に向けての流れが何というか、特にやっつけに感じる。
    そもそも短編とはいえ、この文章あまり力入れてないな、というのは序盤から感じていたけれど、それがひどくなっていくように思う。ちょっと読むのが苦痛な程だった。お薦めしない。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月20日
  • ネタバレあり
    4巻だけここでは感想としてあげています。
    死刑執行人という特殊な仕事をなりわいにしている人から見たフランス革命期の混乱期の話が展開されていきます。
    史実を基本的に忠実に追いかけてそこに現れてこない部分を作者なりのエッセンスを加えていてそれはそれでとても興味深いものです。
    当時のツイッターや当時のラインがまあ行ってみたら口コミであり、噂話であり、手紙なのですが、今の読者にわかりやすくするためにツイッターのようにして画面上に展開したのは評価が分かれるところだと思います。史実を忠実に追いかけて作品づくりしているためになおの事引っかかる人は引っかかるだろうと感じました。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年11月20日
  • どうなる、どうする!!
    一話読む度に次はどうなるんだろう?どうするんだろう?
    と考えてしまいますが作者のアイディアに脱帽です。
    掛け値無しに面白い漫画。
    読まないと損する漫画です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月19日
  • コメディのような始まりから
    さて、こんにちは。
    いわゆるビアン作品なのですがそれ抜きで楽しめる漫画です。
    主人公の境遇はコメディにもなり得るものですが、
    この境遇でこの漫画の面白さが確約されたと言っても良いでしょう。
    派手な性描写も無いので作者の意図をじっくり楽しめます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月19日
  • 匿名希望
    8巻・9巻待ってます。
    紙の8巻・9巻が出て4月以上たつわけで、そろそろ電子版もお願いしたいところ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月19日
  • 匿名希望
    2巻はまだか
    2巻を待っているけど、一向に出る気配なし。紙での入手も困難になってきた。
    1巻面白かったからぜひ出してほしい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月19日
  • 何これ面白いじゃん、てなります
    ワンパンマンの前になぜかこっちに気を惹かれました。
    不条理系ギャグ漫画と思って読み始めたら少年少女超能力バトル漫画でした(身も蓋もない言い方)。
    自分はもともとSFとか超能力とか厨二心をくすぐるもの大好きでってのはありましたが、案の定ハマってしまい一気読み中です。
    主人公は序盤は自分の超能力を周りに利用されてばかりで、地味で根暗で草食系で全然いわゆる漫画の主人公ぽくないです。人並みに好きな女の子とかモテたいとかで悩む中学生、でも優しく家族、友人思いで筋を通すとこは通す主人公像が新鮮です。キャラクターたちのモノローグのどこかドライだったり妙に哲学的な感じや、絵柄が逆に癖になります。超能力を利用して、世界征服を企む組織と闘うという、超ベタな展開ですが、退屈しないくらい、ストーリー構築はとてもしっかりしています。第一印象に囚われず一読をお勧めしたい。面白いから!
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年11月19日
  • ネタバレあり
    洗脳が解ける人、解けない人
    ひねりを持たせるためかもしれないが、最終的に洗脳から逃れられた登場人物とそうじゃない人物の差というか、「何が」それぞれを分けたのかに触れて欲しい気がした。特に終盤、ある行動を「しなかった」登場人物については唐突な変容に見えた。一般化できるものではないにしても。
    一番の洗脳装置は教育と家庭という気がしないでもない。
    それが「良識」として作用するうちはともかく…
    思わぬ伏兵が2人いたが片方には全く気付かなかったので唸らされた。
    また、純粋な信念が尖鋭化したときほど恐ろしいものはない、というのには全く異論がない。カルト、洗脳する側の悪だけではなくその被害者側、裁く側の悪も掘り下げているのは二律背反ではなくリアリティを感じる。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月19日
  • スクリーントーンの上にベタ塗り
    カラー化してありますが、スクリーントーンの上にベタ塗りしてるだけなので暗い雰囲気になってます。絵柄や話の内容は良くも悪くも昭和のエロ漫画です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月19日
  • 外道坊の7巻です。
    テコ入れのためかマーダーライセンスの牙と板垣総理が出てきます。板垣総理が出てくると変にギャグっぽくなるので嫌ですね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月19日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    外道坊&マーダーライセンスに続きます
    ワンパターンな仕置人の話ですがこの作品は面白かったです。他の平松先生の作品の様に話が進むにつれて敵が強大になることも無かったのも良かったです。
    某民明書房をパクった暗黒日文社は失笑させらました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月19日
  • やっと電子化!祝♪
    そこまで知名度は高くないと思うけど、実に面白いマンガがたくさん連載されてる大好きなマンガ雑誌です。
    『信長のシェフ』などの長編でじっくり内容を読ませる作品や、
    『ごほうびごはん』『かま弁』といった美味しい描写満載の食マンガ、
    不定期連載なのかな?『デリバリー』『彼女の肌が忘れない』などの裏社会を描いたちょっとHなマンガ等々、
    続きが気になる作品が多く毎週読んでました。
    でも、やっと電子化されたのでこれでじっくりどこでも読めてうれしいですね~
    これから毎週注目したいと思います。
    ※『解体屋ゲン』が電子で読めるのは嬉しい・・・
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年11月18日
  • ダブルヒロイン作品
    Q.ダブルヒロインって、ヒロインは誰と誰ですか?
    A.猛男と大和です。
    女の子の大和が大変素直で正統派ヒロインなのはもちろんなのですが、猛男が可愛い!
    漢らしく、それでいながらピュアで、正義感を持ち合わせながらも、甘いものが好きで、と益荒男と乙女が合体したような存在で、物語を大変面白く染め上げてくれます。
    この物語は深く語る必要はないでしょう。きっと貴方を楽しませてくれると思います。
    男性には特にオススメです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年11月18日
  • ※注意 ここから書く事は全て褒め言葉です
    えー、褒め言葉です。大事なことなので2回言いました。では。
    主人公は妹が大好きなんですが、シスコンじゃなくてマジで女の子として好きなんですね。
    エスカレーターでパンツ覗いてみたり、ぶっちゃけ、かなり引きます。
    個人的には近親恋愛については別段気にしないんですが、独りよがりで妄想にふけったりって、勝手に勃〇したりするので、ついていけないことがしばしば。
    じゃあ、面白くないのかといわれると、面白いです。
    主人公含め主人公の同僚がキャラがめっちゃ濃く、混ぜたらいけない化学反応起こしてるので、笑えるところではとんでもなく笑えます。
    女の子目当てで買うより、男どもの汚い下ネタ目当てで買うと良いと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月18日
  • サービスカットの99%は天野さんでできています
    タイトル通りスキだらけなのは天野さんだけで、しかも幼馴染の男の子の前だけ。
    だからといって、誘惑してるわけでもなく、昔なじみであるがためにガードが緩いのです。
    でも、幼馴染に対して何の感情もないのかといわれると……フフ。
    幼馴染は他の子が好きみたいだけど、だからといって天野さんに興味がないかといわれると、これまた…。
    お楽しみください。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年11月18日
  • この世界観はすごいですよ…!
    町田くんは他人を目いっぱい愛することが出来る子なんですよ。
    損得とかはまったく考えないで、人のしてほしいこと、かけて欲しい言葉を最適解で出して行動に移す。
    それゆえ、相手も町田くんを好きになってくれるし、町田くんもみんなのことが好き。
    愛のいっぱいに詰まったマンガです。この雰囲気と世界観は他のマンガにはそうそう無いものだと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年11月18日
  • オンラインゲームあるある
    女性かと思ったら男性だった。男性かと思ったら女性だった。
    オンラインゲームで良くある話ですよね。
    この物語はそのあるあるを落とし込んで、男女で同棲する物語となっております。
    同棲するといっても恋愛感情はないので、基本的には一緒にゲームの話したりして、ゲームを楽しむ、という内容ですね。
    まあ、若い男女が一緒に住むので最初は何の感情もなくても……ですが。
    ゲームが実在する「ドラクエ10」を題材にしているので、オンラインゲームをやったことの無い方でも、比較的読みやすいです。
    オンラインゲームに興味のある方、既にやったことある方、どちらも楽しめる内容になっています。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月18日
  • 金と権力にまみれた街
    それを叩き潰すには………それ以上の、金と権力、そして暴力だ!!
    ルドルフ・ターキーは逆らうものには容赦はせず、気に入らないヤツにも容赦はせず、唯我独尊で傲岸不遜、どちらかといえば悪寄りの存在です。
    この世界観では生半可は正義では誰も救えない。
    だから悪を上回る悪で叩き潰す!
    ただ、敵も味方も脳みそが詰まってないわけではなく、ちゃんとした信念・野望を持っております。
    そういう物語が好きな方は是非。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月18日