レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1626~1650件/9756件 を表示

  •  第156回芥川賞受賞作です。読みやすい青春小説です。主人公は、著者本人を思わせる19歳の青年、スミト。高校卒業後、アルバイト生活を送っていたところ、間違って自宅のポストに投函された新聞に、彼の知らない人が主宰する住み込みの演劇塾の生徒を募集する記事を発見します。俳優志望というほどでもなかったが、生まれ育った土地から遠く、授業料がかからないことに魅力を感じ、応募したところ、なんと合格。スミトは船に乗ってその演劇塾に辿り着き、俳優志望や脚本家志望の若者たちと、自給自足の生活を送りながら、【先生】から演劇について学んでいきます。その演劇塾での二年間が描かれています。

     私は、若者たちの共同生活なのだから、きっとドロドロとした愛憎劇が繰り広げられるだろう、【先生】との軋轢もあるだろう、自給自足の生活はものすごく過酷だろう、それらはどんな風に描写されるのだろう、と期待して読み進めていきました。しかし、その期待は、やや肩透かしを食らわされた形になりました。確かに描写されているのですが、あまりにサラリとしている気がしたのです。スミトの同期生が、一般社会を「シャバ」と表現したシーンがあり、そこはこの演劇塾の雰囲気が伝わってきて、面白いと思いました。しかし、ラストの煙に巻くような言葉……。

     私には、青春小説とは切実さが伝わるように描かれているもの、という先入観がありました。どうやら、それが間違っていたようです。例えば、10代、20代の頃、もう人生終わりだーと思ったような経験も、それから10年、20年たって振り返ってみると、なんてことはない、実際いま生きているし、というようなことは、多々あるものです。この小説は、描かれている当時の主人公の視点ではなく、それから何年もたった後の主人公の、主観的な記憶が描かれた小説です。遠い記憶だから、サラっとしていて、曖昧で、時に時系列が乱れることもあります。

     この小説には、前回の芥川賞受賞作『コンビニ人間』(村田沙耶香)のような、刺激的なキャラクターは登場しませんが、読めば読むほど、記憶のあいまいさ、人間の意志や主体性というものへの懐疑、といったテーマが、ジワジワと伝わってきます。過去とは、疑いようのない事実ではなく、現在の主観で構成される幻のようなものなのだ、と思いました。

     なお、同時収録の「率直に言って覚えていないのだ、あの晩、実際に自殺をしたのかどうか」は、「しんせかい」の前日譚ですが、半日の出来事が凝縮して描かれています。その手法の違いも面白い。小説というものの幅広さを味わうことができました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月03日
  • 驚異の的中率を持つ「超予測者」の秘密を明かす
    天気予報を考えればわかるように、未来に対する人間の「予測」は、しばしば外れるものだ。「平均的な専門家の予測の的中率は、チンパンジーが投げるダーツとだいたい同じくらい」という研究結果もある。その結論を導き出したのが本書の著者の一人、フィリップ・E・テトロック氏だ。そう言い切ったテトロック氏だが、米政府機関IARPA(情報先端研究開発局)とともに行った人間の予測力に関する実験では、驚異的な予測の的中率を叩き出す複数の「超予測者」と出会う。本書では、専門家でも特別に訓練を受けたわけでもない超予測者たちが、なぜ優秀な結果を残せるのか、彼らの予測の方法を観察、分析することで探っている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2017年02月03日
  • ノーベル賞経済学者が警告する英EU離脱で世界に迫る危機
    2016年の英国国民投票でのEU離脱派の勝利、ユーロ圏でのナショナリズムの広がり、各国の財政危機や格差・不平等、あふれる難民・移民問題など、統合をめざしてきたヨーロッパに逆風が吹き荒れている。世界経済にも大いに影響を及ぼすこうしたヨーロッパの不安定さをもたらした元凶は、共通通貨“ユーロ”であると、本書の著者、ノーベル経済学賞受賞者のスティグリッツ氏は指摘する。ヨーロッパの政治統合が不完全なまま、ユーロによる経済統合が先行したことによる歪みが生じているというのだ。本書では、経済学の観点からユーロという制度のどこに欠陥があったのかを明らかにするとともに、これからできる改革にはどのようなものがあるかなど、ユーロ崩壊を防ぐ具体的な策を探っている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2017年02月03日
  • 匿名希望
    期待通り!
    さすが「ペンデュラム―獣人オメガバース―」のスピンオフ!!
    期待通りのエロさでファンにとっては満足です。
    早く続きが読みたい×100ですぅ~!
    • 参考になった 15
    投稿日:2017年02月02日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    佐藤くんほんとチョロい(笑)
    笑いとエロをテンポ良くまとめた平和で楽しい話。
    絵上手いので笑いながらサクサク読めます。
    佐藤くんの妄想の境目がだんだんわからなくなってきて何度か驚かされました。佐藤くんのチョロさ、タフネスを楽しんでください。
    明るく楽しいので、元気になれるBLサプリです♪
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月02日
  • 匿名希望
    ニャンて可愛いんだろ
    普段は苦手な絵柄なんだけど とにかく受けが可愛い!
    セリフが仕草がチビキャラでもニャンコぶりがハンパない!
    コレぞ子猫ちゃんと思った クールカッコいいルームメイトがオオカミ設定なのも好み
    なので再読フォルダに保存しましたヨ
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月02日
  • 匿名希望
    最高
    最高です。
    攻の冷たい目つきがとても良いです。
    この2人のその後が気になるのでぜひ続きを!
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月02日
  • ネタバレあり
    サンプル読んで続きが気になり
    初読みの作家さんでしたが、とても良かったです。2カプともとても初々しく、一人ひとり心理描写もキチンと描かれていました。表題カプは、攻めの一目惚れから始まりますが、この子の妄想がかなりエロくて楽しかったです。強面のヤンキー後輩に懐かれ悪い気がしない受けも徐々に攻めに惹かれていきます。そしてなんとも筋肉が美しくて萌ました。とても純粋で可愛いストーリーでした。Hシーンは多くありませんが、思いがけなく良い作品に出会えました。
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年02月01日
  • 匿名希望
    おとん最高
    食事ってほんと大切なんだなってしみじみ思う。
    登場する人たちみんなの生活を少し覗き見させてもらって、共感したり幸せな気持ちになったりさせてくれる物語です。
    おとんが主人公に自分の答えを教えてくれるところで号泣しました。
    ドラマチックに波風が立って主人公たちがバタバタ動く、というのはないけれど、心を動かされるシーンがさらりと、でも丁寧に書いてあって素敵でした。
    BLのLはLOVEだけど、このお話はLIFEな感じです。
    この作家さんの作品はどれも空気感が好きですが、このお話が一番泣けるかなあ。誰もが持ってる傷を優しく見つめてる作品。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月01日
  • ネタバレあり
    ゾンビと言うよりはモンスター
    死人を蘇らせて復讐する稼業の話だと思ったのですが、そういった話はほとんどなく、ゾンビを召喚して戦うアクション漫画でした。
    作中ではゾンビと呼ばれる存在も一般的な動く死体ではなく、特殊な能力を持った怪人で、呼べば現れます。序盤は、その戦いも少年漫画のような内容でした。
    5巻までは主人公もかわいらしい絵柄ですが、画質が荒く、6巻からは絵柄が切れた様な表情になり、画質が良くなっています。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月01日
  • 仕事する女性の大人な恋愛v
    ドラマはイマイチですが、原作は面白い!
    嫉妬や勘違いから生まれるスレ違い、みたいな学生恋愛マンガによくある浅いパターンがほとんど無い。大人なやりとりが読みやすいし、主人公への好感度アップ。
    主人公も彼も仕事でバリバリ活躍しててそっちも見応えあり。
    絵や表紙は内容に比べたらイマイチとゆーか。フツーなんですが。読んだらハマりました!オススメです。
    • 参考になった 9
    投稿日:2017年01月31日
  • グルメマンガというよりは・・・
    稀代の食いしん坊女子高生・もぐささんが、その食べっぷりを他者に知られたくないがために編み出した「ステルス食い」の数々を披露する、異色のグルメマンガです。・・・いや、グルメマンガというよりはむしろギャグ・ラブコメの部類に入るかと思います。ちょっとバカバカしくて笑えますし、気持ちよく読める作品です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月31日
  • 切ない物語です
    作者のデビュー作ですが、叙述トリックの構成が実に緻密で、けっこう長い物語なのに読了後どうしても気になり二度読みしてしまいました。
    ラストはとても切ないです。最後の言葉が胸を打ちました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月31日
  • 匿名希望
    ブランコちゃんの優しい心と優しい絵に心動かされます。
    タイの漫画家ウィスット・ポンニミット、通称タムくんのコミックIKKIで連載されていた作品です。
    1話完結の短編集なのですが、どの話も本当に優しいですね。今回初めて通して読んでみました。何気ない数ページの中にとても深いテーマが込められていて、読み応えは十分あります。
    タッチの柔らかさ、どことなく感じる表情の切なさ、どれも彼の持ち味が十分発揮され、かつ日本のマンガ誌連載ということで日本式編集が入っているため、彼の他の作品に比べると若干のストーリー性も含まれています。
    ほんの数ページで不覚にもほろりとさせられる、そういうマンガは数少ないです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月31日
  • カワイイギャグエロマンガです
    こちらで電子化されるのを待っており、即買いしました。
    面白かった~!春田先生好きだ!
    続きものではないようですが、その後が読みたいったらありゃしない。
    佐藤くん(総受け)が明るくえっちに2人に翻弄されていきます。エロかわ。何だかんだで従順。
    タイトルどおりの内容ですが、読み進めると…おっそうくるのねという結末に。
    テンポが良く読みやすいです。おふざけの中にちょこちょこシリアスな面を入れ込んでくるところにドキドキさせられました。
    エロいというよりか面白いって方が読後の印象強いです。
    表題作以外にもう1作ありました。
    バリタチくんが、狙ってるお相手とどうこうなりたい襲っちゃうという話。こちらも楽しく読めました。
    気軽に読んでニヤニヤしたい方にオススメです。しかし、その後は気になると思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月31日
  • 匿名希望
    楽しく読めました^o^
    こういう系統の漫画はあまり読まないですが勧められて購入しました。面白くて楽しく読めました。次巻も楽しみにしてます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月31日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    リアル版「ぐりとぐら」 著者が食いしん坊なのも良い
    ebookjapanだけで500冊以上の本を購入して読んできましたが、(たぶん)初めてレビューを書いてみようと思いました。
    節約本、断捨離本、ミニマリストの本など、今までも近いカテゴリーの本を読んできました。
    正直、私は割と節約が好き(楽しい)なのですが、節約を目的にした節約の本(食材を使い回すとか、シンクの水を節約するための方法とか)は、参考にはなるけどやりたくない。
    断捨離やミニマリストは、無駄なものを買わないのには共感できるけど、今持っている物を減らしたいというのとはちょっと違う。今持っているものは大切に使いたい気がして、やっぱり断捨離できないのです。
    けれども、この本は、とても共感できました。著者が食いしん坊なのもいいのかもしれません。「ぐりとぐら」リアル版といった感じ。
    例えば、以下の箇所。
    「僕がまず求めているのは、日々の生活を人生もろとも楽しむこと。あくまでも幸せが先。節約は二の次、三の次。」:本当にその通り!
    「いかに少ない金で、心豊かな時間が過ごせるか〜中略〜そのために僕は脳ミソを使う」:私はピアノも好きなんですが、脳ミソつかったり、ピアノの練習したり、読書したりなどは最大の娯楽だと思います
    「無駄遣いは無駄働きと一緒」;頑張って働いてゴミを買うのは本当に無駄。それに、せっかく買うんなら、脳ミソ使うという娯楽に役立てた上で買いたいな
    「テレビゲームやコンビューターゲームなど、今更生ぬるくてやってられない」:リアルに生活してると、育てゲームやRPGがアホらしくてやってられない。ソロモンの鍵は好きでしたが、娘がどうやったら宿題を面白がるか考える方が面白い
    「今の世界に蔓延している「勝ち組か負け組みか」、「善(正義)か悪か」 〜中略〜 二次元的世界観とはおさらばしてしまった。したがって、こうした発想で自分の考えや行動に価値判断を下し、己の人生を縛り上げること」:こういう価値観で自分に呪いをかけると、好きなものを選べなくなりますよね
    それから、後ろの方にあるレシピが使える!
    美味しいだけではなくて、献立の参考にもなりました。
    特にイタリアンの
    「カプレーゼ」
    「ピッツァマルゲリータ」
    「ベーコン&ゴルゴンゾーラの(自家製)フェットチーネ」
    パン焼き器はないのでピザは手ごね&普通のオーブンで、製麺機がないので、フェットチーネはスパゲティーニで代用しましたが、大変美味しゅうございました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月31日
  • 匿名希望
    じわじわくる
    それほど好きな感じの絵ではなかったのだが、印象が強く、なぜか定期的に読み返してる作品。そして読み返すたびじわじわ好きになっていくのが不思議。
    隣ん家のイケメン野球部とアホなコザルの幼馴染
    体格差が良い感じ。
    流行りの絵ではなく、どちらかといえばモッサリしてる感じで、その辺にいそうな子達。
    明るく読めます。本番有り。
     
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月31日
  • 衝撃のラスト
    親の離婚、母親と親しい男の人の登場、そこに再縁を望む父親が現れて…
    主人公の味方は同じように家庭環境に悩む女の子2人。
    まわりの大人に振り回され追い詰められていく子供たちの世界を描いています。
    最後までいろんな意味でドキドキします。
    こんな大人にはなりたくないなぁ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月30日
  • にまにまほのぼのそしてお腹空く
    キャンペーンでお安くなっていたので購入してみました。
    うわー買って良かった~。かわいい~。
    カフェ店長由井さん×カフェに野菜を卸してるセツくん。
    ギスギスやトラブルがなく優しい、2人の行く末をゆっくりにんまり眺めていられるお話です。
    キャラクターが全員(と言っても、あとモブカフェ店員(←すげーいいキャラしてる)と猫ぐらい)かわいい。悪者がいない。
    2人が、恋愛云々だけじゃなく、自分の仕事や家族にもきちん目を向けていて、それがうまいこと織り込まれて描かれているところが、面白みを増してると思います。
    出てくるカフェゴハンたちが美味しそう。レシピも載っていて作りたくなります。
    そんな感じなのでえろはちょろーっとですが、満足。
    まるまる表題作でした。
    疲れているときに読み返したくなりそうです。
    そういえば、攻めの由井さん、そんなヘタレって感じでも無かったですけどね!
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月29日
  • 匿名希望
    とってもいいです!
    なんかこの2人みたことあるなと思って検索してみたらやっぱり同人作家さんでした。弱◯ペダルのあの2人が好きな方は買って損はないと思います。まんまですので。続きみたいなあ。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月29日
  • 初々しい中×高生カプです
    美和先生相変わらず絵がとても丁寧でキレイです。
    ツンデレヤンキーと生真面目高校生カプ。まだ第一話なのですが今後の展開が楽しみです。ツンデレ君がとても可愛いです。しかし中学生なのでこれからどのようになるのか...
    黒髪メガネ(たぶん攻め)ドツボです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月29日
  • すごく期待してる作品(上から目線ごめんなさい)
    兄妹愛もだけど、鬼を倒した後に見せる炭治郎の優しさやら、一瞬の哀切な余韻が良い。何とも言えない。
    善逸、お前最高(笑)。
    ストーリーも色々深読み要素があって楽しい。
    買いやすい電子もあるし、なかなかジャンプ漫画卒業できない…。
    • 参考になった 11
    投稿日:2017年01月29日
  • 続きが読めて実に嬉しい
    当時の格ゲー旋風はちょっとだけ覚えています。チャイナ娘時々使ってたなあ。昇龍拳!
    私は筐体やるほどガチ勢じゃなかったし、見つからないように布団被って、親に隠れて夜中に懐中電灯で読む漫画や本の方に関心が行っていましたが。あとは首相が扮したこともある配管工さんを、ピアノのレッスンの順番待ちする間、先生の息子のお兄さんたちと遊ばさせてもらったりとか。ぼうけんのしょが突如消滅する勇者様とか…超懐かしいなこの漫画。
    ヒロイン達が秘めた想いを饒舌に語りすぎないのがまた、萌えますね。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月29日
  • 昔読んでいたら学校のお勉強の歴史、もっと好きになったのに
    最澄。空海。仏の道を貫き、探し求めるためにすべてを投げ打つ生き方。あくなき求道。
    2人の天才?巨人?偉人の出会い。
    身命を賭して荒海を渡る遣唐使。人間ドラマ。
    何だか、それだけでわくわくしてくる。
    考えたら、自分には天台宗も真言宗も身近で、幼少時から趣味の茶道で自分なりに、禅もどきなことについて考えることもままあるのだけれど…教科書的な記述、偶像的な偉人としての最澄や空海や周囲の僧たちは、脳味噌の端にひっかかってはいても、彼らをこのように人間的に考えたことはなかった。読んでいてなんだか新しい回路が繋がるようで、とても新鮮。
    阿吽の呼吸の、阿吽。狛犬さんの阿吽。タイトルは最澄と空海を阿吽と表現しているって解釈でいいのかな。
    登場人物の「キャラが立っている」状態だからか、吸引力がすごくて読み出したら止まらなくなりました。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月29日