レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

10651~10675件/11039件 を表示

  • 「和漢三才図会」は江戸中期に編纂された日本初の百科事典として名高い。大坂の医師寺島良安が中国・明の「三才図会」にならって、30余年をかけて編纂したもので、全編に配置された挿絵が魅力の一つとなっている。原典は「天」「人」「地」の3テーマに大別され、105部に及ぶ大著ですが、平凡社刊「東洋文庫」におさめられた「和漢三才図会」は全18巻にまとめられています。今回紹介するのは、その第6巻、畜類、獣類など生き物について詳述された一冊。例えば44ページ、獣類の冒頭項目は「麒麟」で、その姿を描いたイラストが配置され、「瑞獣(めでたいけだもの)で、麕(くじか)の身体に牛の尾、馬の蹄をもっている。身体は五彩で腹の下は黄色である。高さは一丈二尺、…王者の政治が仁にかなえば必ず姿をあらわす…」「毛のある動物の数は三百六十あり、麒麟はその長である。牝を麒といい、牡を麟という…」と事典らしい簡潔な文章で具体的に記述されています。次の項目が「獅子」でそこにも「百獣の長…西域に生息する…毛のある動物の長である…」という記述がありますから、おおらかなものです。その時代の人々が万物にどんな知識をもち、どう考えていたのかを知るには、百科事典をひもとくのが最も確かで近道だといわれますが、本書を始め、「和漢三才図会」全18巻はその意味で中国文化と江戸文化を知るための知の宝庫といっていいと思います。 (2010/05/21)
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年05月21日
  • 表紙からして怖いです。特に2巻の、目を閉じて口あんぐりの構図。作者が好んで使うこの表情ってなんでこんなに怖いんでしょうか。この作品で描かれている恐怖の形態は、犬神憑きであったり亡霊であったりとさまざま。そして根本には恨みつらみや嫉妬といった明確な悪意があります。あの口あんぐり開け顔は、それに対する恐怖を表すのに最適なのかもしれません。しかし昭和の恐怖漫画はホラーとカタカナで書くより、漢字で怪奇と書いたほうがぴったりきますね。無差別殺戮系より、身近な悪意がねちっこく襲ってくるほうが、やっぱり日本の夏の定番という気がします。私は2巻の「サンタクロースがやってくる」が好きで、題と違って、こちらもものすごく和風テイスト。怪談にもあるネタですがこの手のは直接的でホント怖いです。しかしなにより怖いのはこの作者が「まことちゃん」と同じことなんだよなあ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年05月21日
  • 我が家には猫が三匹おります。で、彼女たち(すべてメス)を見ていると、こいつら何考えてるんだろう、と思うときがあります。しゃべれたら何を言うかな、などと。ということでこの作品。愛猫家としても知られる作者の作品には、けっこう猫が出てきますね。最も知られている猫キャラはニャロメでしょう。ただしニャロメは脇役。堂々主役を張っているのが、作者が愛してやまなかった愛猫が活躍するこの作品です。オチのコマに本物の菊千代の写真を使ったりして猫バカまるだし?なのがいいんだなあ。お金持ちの猫という設定だけど、ニャロメほど嫌味もなく、ずるくてとぼけたキャラなのも猫らしくて好感。そういえば本物の菊千代も死んだまねが得意でしたしね。作者も菊千代がこんな風にしゃべれて遊べたらいいのに、なんて思いながら描いていたのに違いありません。きっと天国でも仲良くやっていることでしょう。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年05月21日
  • 中学生の頃、カッコいい女友達がいました。スポーツ万能、成績優秀で生徒会長な女の子でした。学芸会でミュージカルの主役をやっていた、憧れの1つ年上の先輩(♀)もいました。ファンレターを渡した記憶があります。女性なら一つや二つそんな思い出もあろうともいうもの(笑) こちらの作品は、「ガールズラブ」というジャンルにくくられていますが、少女時代を思い出すような、少し切なく、でもあたたかい気持ちにさせてくれる短編集です。ファンタジックでかわいらしい雰囲気と、思春期の少し残酷でもある少女たち、そのバランスが絶妙で、ガールズラブ作品を読んだ事が無い人にもオススメです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月21日
  • 2009年にドラマ化もされた話題作の原作コミックです。11歳の少年が7歳の少年を殺してしまった――。その加害者と被害者の家族を描く衝撃作です。ドラマ版は加害者家族の視点から描かれていましたが、原作は、被害者家族と被害者家族、両方の視点から描いています。非常に重いテーマですが、素晴らしい構成で読者を引き込み、二人の母親に感情移入してしまいます。親は最初から親なのではない、一人の人間が悩み苦しみながら、子供を育てていくんだ、という事がリアルに感じられました。レディースコミック調の絵柄で敬遠されている方がいるようでしたら、それはあまりにももったいない、号泣必至の名作です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月21日
  • この作品は小さい頃にも読んだことがあるのですが、今読み直しても怖いです。心霊的な怖さではなくて、人間の心理的な部分で怖いです。全4巻で9つの物語が描かれているのですが、優しかった人が悪魔のような性格に変化していったり、美しい人が醜い姿になってしまったりと、1ページ1ページ読み進めるのにドキドキハラハラします。ちなみにタイトルにもなっている、美少女「おろち」は、この作品の主人公なのですが、どちらかというと物語のナビゲーション的な役回りで、ちょっと謎な雰囲気が魅力的です。そして楳図かずおの描く少女は、本当に美しいなと再認識するのでした。
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年05月21日
  • ついでにこちらも。こちらのテーマは姑と嫁。病弱な姑は床に伏せっていて、世話をしてくれる嫁に「すまないね」と優しい言葉をかけます。しかし実際のところ嫁は看病に疲れ果てており、事あるごとに姑を亡きものにしようと実力行使に!(包丁を突き立てようとするetc.)。しかし姑も黙ってやられるわけがなく、迫る包丁を華麗なジャンプでヒラリとかわし、嫁を音も無く投げ飛ばす! この投げるときの姑のシルエットが実に美しい。病弱じゃねぇのかよ! ってツッコミは野暮ってもんでしょう。毎回このようなガチンコの闘いが5pずつ描かれます。嫁姑の戦い怖い! こんな内容ですが「日本漫画家協会賞」を受賞してます。確かにセリフが少ないのに、その分空気感や雰囲気で面白さを演出しているのは凄いですしテーマも深いっちゃ深いですからね…。過去ドラマ化された際は、縦横無尽な嫁と姑の動きをワイヤーアクションを使用して忠実に再現したそう。それも見たい! いろいろ続編もありますので(近々「KATANA」でも書き下ろし連載開始予定!)気に行ったら全部どうぞ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月18日
  • 感動は人に伝えたくなるもの。イーブックジャパンでは、ただいま漫画のレビューを絶賛募集中です。優秀賞3名の方には、話題のiPadをお贈りします。大好きな作品の感想や書評等、奮ってご応募ください! 締切間近!! で、私が投稿するなら、きっとこの作品を選ぶはず。「生命」についての価値観を大きく揺さぶる、思想的な内容を含んでいます。多くの人が一度は読めと絶賛する最高のSFエンタテインメント。一見普通の人間な「獣」たちが、人類襲撃を開始! その静けさが怖ろしい。あなたの隣にいるその人も、実はパラサイトかも…!? (2010.05.18)
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年05月18日
  • 『沈黙の艦隊』『ジパング』などで知られる作者が「野球」を描くとどうなるのか!? 答えは「やっぱりおもしろい」でした! 試合中の選手の緻密な心理描写や、プロ野球界の裏側でおこなわれる政治的なかけひきなど、作者らしさが全開。人間ドラマとしても非常におもしろいです。しかし、難アリだったのが、主人公の成長を示す指標を「球速」にしてしまったところです! 終盤では、主人公の球速が超人すぎて、ストーリーの魅力を支えていたリアリティと乖離していきます。これさえなければ…! 最高何キロまで到達したのかは、ぜひ本編でお楽しみください。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月18日
  • ニーチェがブームになっている。明治時代に若手知識人として注目された高山樗牛(たかやま・ちょぎゅう)が初めてニーチェを紹介して論争とブームを巻き起こしたのが、日本におけるニーチェ・ブームの始まり。以来繰り返しブームが訪れていて、ここ最近では「超訳 ニーチェの言葉」が発売3か月で39万部突破の勢いだとか。ニーチェの名言的な数行のフレーズが人生訓的に受けとめられているようですが、ニーチェの言葉(思想)の本当の意味をもう少し突っ込んで知りたいという人に最適なのが、本書。「神は死んだ」というテーゼを追究、ニーチェ思想のすべてがもりこまれた「ツァラトゥストラはかく語りき」を難解な言葉を使わずに、わかりやすく、面白い物語にまとめ直した碩学による労作です。ちなみに書名のツァラトゥストラはペルシア拝火教の開祖ゾロアスターの名を借りたもので、内容とはまったく関係ないそうです。また「すべての人のための、そして、だれのためでもない本」という副題も人をくった言い方で、ニーチェの皮肉屋ぶりがよくあらわれていて面白い。訳編の秋山英夫さんによれば、「ツァラトゥストラ」の特色は、形式的に破格で、けっして行儀のいい本ではない、上品な教養主義ではどうにもかたづかない思想のダイナマイトだそうです。あかんべーをしたりとんぼ返りをしたりするニーチェの姿がみえてくれば、ニーチェ通を任じてもいいといえるでしょう。(2010/5/14)
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年05月14日
  • 米軍基地の移転をめぐる政治問題の焦点となっている徳之島。鳩山首相の政治的稚拙さは論外だろうが、受け入れ拒否でまとまる島の人々の姿勢の基底には、黒潮海道と呼ばれる海域で生きてきた人々の歴史や文化があるのではないか。227ページの本書に収められた100枚の写真を見ていて、そんな思いにとらわれた。本土から南へ400キロに位置する奄美群島――奄美大島、喜界島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島と並んでいて、与論島のすぐ南には沖縄本島の北端がみえるという。海の遙か彼方(南)にはニライカナイという神々が住む楽園があると信じて暮らす南島の人々にとって、「県外」「県内」ということ自体、政治的虚構でしかなく、そこでの生活や文化土壌とまったく相容れないことなのではないか。鹿児島在住の写真家が徳之島や他の奄美群島の島々に通って撮影を続けた。島の人々によって守りつづけられる伝承祭事、古来の黒潮文化を彷彿とさせる独特で多様な生活文化、そして島々の自然・・・・・・100枚の写真の持つ力を感じます。(2010/5/14)
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年05月14日
  • 愛よりも金、といいながらその金で美しいものを追い求め、一方では美しい行為でもいともたやすく金でねじ曲げるといった、二元論では説明できない人間のあさましさを漫画にした…、哲学的な作品といえばいいでしょうか。主人公の蒲郡風太郎は極貧の少年時代を過ごしたために、金に執着し、時に人を欺き、殺人に手を染める。目的のためには手段を選ばず成り上がり、やがて地位も名誉も欲しいものは何でも手に入れてしまう。しかし唯一手に入らなかったもの。それは人の心…などという陳腐な結論にならない。さすが問題作といわれるだけのことはあります。ただ言いたいことはすでにストーリーの端々に露見しているのですね。金への執着や人への愛情など人間の行為すべては欲望の産物なのだから、結局、本質はみんな同じ。そんなことをずーっと投げかけられているような感じで、読み終わってもちっともすっきりとしません。なので、気持ちがハッピーなときに読むことをお薦めしたいと思います。。。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年05月14日
  • 特撮ヒーローものの原作と思い読んで見事にスカされました。「テレビと雑誌の落差が大きすぎた。テレビの視聴者は低年層、この頃雑誌は高年層化していたからである」と作者が言っているように、こちらは子供だまし要素の少ないしっかりとしたドラマ。大人の鑑賞に十分耐える内容になっています。父を殺され、化身の術の巻物を奪われたハヤテは、自らも変身忍者となり仇を討つべく復讐の旅に出る、という体裁。血車党を殲滅するため、たとえ化身忍者に子供がいても涙を流しながら斬り倒し、掟に縛られたかつての兄弟分とも闘う。孤高のヒーロー像の構築過程は心憎いもの。エピソードのモデルも凝っていて、鍋島の化け猫や葛の葉、ミノタロウスなど、怪異譚をきちんとこの世界に取り込んでいるのですから、おもしろくないわけがない。大作家に対して失礼ですが、本当に掘り出し物だと思いますよ。少しラストで拍子抜けするかもしれませんが、これもある意味、大人のラストではないでしょうか。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月14日
  • 思えば中学生くらいから、毎年新年の目標は「やせたい」だった気がします。人生の半分以上はやせたいと思っていたことになりますが、具体的に何もしていないので、やせるわけないのでした。そんな適当な私が、読んで衝撃を受けたのがこちらの作品です。主人公・ノコは太っていることが強烈なコンプレックスになっています。「1kgでもやせている女が上等」「太っている私は彼氏に浮気されても我慢しなければ」などと思い込み、どんどん自分を追い込んでいきます。ダイエットが成功して幸せになりました、という単純な物語ではなく、人間の劣等感や弱さを非常にリアルに描いているので、読むと辛い人もいるかもしれませんが、読んだ後に必ず何かを考えさせる深い作品だと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年05月14日
  • 昨年ドラマ化もされた話題作です。主人公・正宗は別れた恋人・陽子の事が何年も忘れられずにいましたが、ある日陽子の訃報と共に、残された彼女の娘・コハルが現れます。大切な人を失った親子が、お互いの傷を癒しあうように、一緒に暮らしはじめます。2人の距離が少しずつ近付き、家族になっていく過程が、ゆっくりと温かく描かれています。気持ちの弱っている人は号泣必須です! また、絵が素晴らしいです。私は元々漫画を読む時に、あまり絵柄の選り好みは無い方ですが、この作品の特にカラーページの絵の美しさには思わずうっとり。ずっとこの人の絵を見ていたい、全部フルカラーで読みたい、と思ったほどでした。無料立ち読みページにもカラーページが含まれているので、是非ご覧になってください。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月14日
  • 「最強の格闘技とは何か?」という問いは、男子にとって最大級の興味事項。猪木vsアリに端を発し、今でもこの種の議論はよくなされます。しかしそれは所詮人間同士の話。この作品では人間を含めた「全生物最強」を決めるためのトーナメントが描かれます。名乗りを上げているのは人間をはじめ、ライオン、カバ、ゴリラ等々猛獣が多いのですが、シマウマやクズリ(イタチみたいなもんです)といった、いわゆる「捕食される側」もエントリー。それぞれが特長を生かした闘いを見せてくれます。全体的にはまぁくだらないんですが、何故か血が沸くのは僕が男子だからでしょうか。女子には到底理解されないであろうこの感じ、感じてもらえれば幸いです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月11日
  • この作品のウリは一も二も無くタイトルでしょう。刑事といえばいろいろ枕詞がつくもんですが(ジーパンetc.)いくら何でもゴキブリはねぇだろうよ! 上司から「おい!ゴキブリ!」って呼ばれるんですか? 後輩が入ってきてもきっと「ゴキブリさん」呼ばわりでしょうね。『キテレツ大百科』におけるみよちゃんの「ブタゴリラくん」並みに失礼です。悪気が無いのがタチ悪い。自分が刑事だったとしてこんなあだ名つけられたらもう翌日から出勤できないですよ。とまぁこう書きましたが実際には主人公が「ゴキブリ刑事」と呼ばれることはないですすみません。でもこのタイトルには思わずイチャモンつけたくなるパワーがあるんですよ。内容はとてもハードな劇画でギャグ要素なんて一切無いです。あ…ほとんど内容紹介になってないや…。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月11日
  • グルメ漫画は数あれど、これは日本全国の実在するラーメン屋を紹介するという素晴らしき情報漫画です。主人公の轟麺太郎は、ただ全国ラーメン行脚がしたいがためにトラック運転手の道を選んだというのだから泣かせます。登場するラーメンは、どれも、実にうまそう~。ひょっとしたら、みなさんの近所にある隠れた名店が紹介されてるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月11日
  • 今度の休日、いよいよ日曜大工に手をだそうかと思っています。設計図を描いたり、材木を物色したりと、すごく楽しみです。完成した折には、もしかしたらサイトのどこかに画像が上がっているかもしれません。そんな私事はどうでもよいのですが、この『大作と工作』は大工の世界を描いた非常に珍しい漫画です。個人的にたいへん興味あるテーマなのですが、犬小屋対決がなぜか2回おこなわれているなど、突っ込みどころの多い展開が残念です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月11日
  • 明治時代に活躍した作家、ジャーナリストの黒岩涙香(くろいわるいこう)をご存知でしょうか。1892年(明治25年)にタブロイド判の日刊新聞『萬朝報(よろずちょうほう)』を創刊。内村鑑三や幸徳秋水、堺利彦らが参画、権力を持つもののスキャンダルを徹底的に追及して部数30万部を達成します。当時「蝮(まむし)の周六」と呼ばれた黒岩涙香自身の手による人気連載が本書「畜妾の実例」です。有名人のスキャンダルをもっぱら扱うメディアを「赤新聞」と呼ぶのは「萬朝報」が一時桃色の紙を使用していたところから始まったといわれますが、この「畜妾の実例」、タイトルだけが凄いという昨今のメディアとは大違いです。中身がタイトルをけっして裏切ってはいません。計501名の実在の男たちが妾をどこに囲っているのかをこと細かに、名前・住所・職業つきで明らかにしているのです。暴露の対象となっているのは有名人、権力者ばかりではありません。銀座の時計屋さんもいれば、日本橋の陶器問屋さんもいます。市井の人であれ、権力・金力の座にある人であれ、妾を持って一夫多妻とするは人倫の根本を破壊する行為として断罪するという次第。現在では考えられないメディアの姿勢ですが、それにしても501名の中には、よくここまで書けたと感心させられる権力者が目白押しです。伊藤博文、山県有朋、犬養毅、森鴎外、井上馨、原敬、黒田清輝、北里柴三郎、渋沢栄一・・・・・・政財界・学界・文化人区別無しです。永平寺執事の職にある僧侶に至っては「曹洞宗内にても有名の蕩楽(どうらく)坊主」と書かれ、警視総監までが遡上にのせられています。いくら妾を持つのは男の甲斐性といわれた時代とはいえ、嫌も応もなく活字で暴露されていくのですから、今度は自分の番かと戦々恐々だったであろうことは想像に難くありません。ゴシップ雑誌の先駆けの切れ味を確かめてみてください。(2010/5/7)
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年05月07日
  • 新聞の特派員として上海に渡った父がチフスで亡くなった。そのため幼いときに別れた母と大人になって再会し、父と暮らした家を探す、いわばルーツを辿る村松友視の自伝的小説。「上海仕込みで、東京生まれ、そして清水みなとの育ち」という男が母とともに訪ねる町が、閑静な住宅街のところどころに連れ込み旅館の看板がでている不思議な町・千駄ヶ谷と魔都・上海。そのそれぞれに、結婚前から関係が続く女が関わるという筋書き。上海へのツアーには、彼女も同行していて、母親とも「旅でたまたま知り合った女性」として会い、話をする。女の勘で母親は自分たちの関係を知ったのではないか、という女の言葉に男の気持ちは揺れ動く。
    作家の祖父の下で、自分の過去をほとんど知らされずに育った男は、母親のお腹の中で聞いた子守歌(ララバイ)を聞きに魔都・上海に来たのか。かつて祖父をとりこにし、父の肉体を蝕んだ魔都・上海の風――毒々しくも魅惑的な風が男にもそそのかしの子守歌(ララバイ)を歌って聞かせ、妖しい世界への手招きをしている・・・・・・。まとわりつく風の感触を感じながら、ジャズクラブに流れるラブソングにあわせてダンスをする男と女。残像を残すようなエンディングがいい。永井龍男が「吉行淳之介に似ているねぇ」と言ったというが、村松友視ワールドの秀作の一つとして私の好きな作品だ。(2010/5/7)
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年05月07日
  • 横山光輝の代表的なSF作品である「バビル2世」や「鉄人28号」と比べ、この作品は海外でも通用するようなそんなクールな印象。「風の谷のナウシカ」の宮崎駿的な、少し人類を突き放した視点で物語を描いている、といえばいいでしょうか。設定も子供向けSFではありません。主人公のマーズは過去に地球を訪れた異星人が地球を爆破するためにセットしたキー。彼がロボットに命令するか、もしくは死ぬことによって爆弾が作動し、世界は破滅することになります。ただ彼は火山活動の影響で予定より100年ほど早く目覚めてしまい、地球人が危険な存在になった場合に地球を爆破させるという使命を忘れてしまっている。目覚めたマーズは人類をどうみるのか。地球を滅ぼさない選択をしたマーズと、彼の監視者である同胞との戦いの果てに待つものは…。多分に警告的なラスト。描かれた当時は米ソ冷戦時代でそれから30年以上経ちました。まだ半世紀以上余裕はありますが、現在ならマーズはまずどんな選択をするかな、と思わずにはいられない内容です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年05月07日
  • ドラマ性重視のスポーツ漫画って、クライマックスに向けた流れの作り方が大変だよな、と思います。現実を超えないとどこかで見た話になるし、かといってひねりすぎると現実感がぶっとんで興ざめしてしまうし。少し前ならドーハの悲劇、長野五輪ジャンプ団体。最近だと木村コーチ追悼試合で出た、同級生・谷の逆転満塁弾。これらまさに筋書きのないドラマに対して、生半可な脚色では太刀打ちできないよな、と。で、この作品は何をやったかというと、徹底的に焦らしたわけです。最初はフツーのボクシング漫画進行と思っていたら、主人公とライバルの対決が直前でお流れ。そこからが波乱の展開で地下に潜ったり、戦場に赴いたりとなかなか”宿命の対決”にたどり着かない。他作でもそうですが作者はこの寸止めの手法がうまくて、まんまと乗せられてしまう。焦らされた分の数々のドラマが、決着に向かって終盤にどんどん噛み合っていくのが心地いい。ずいぶん回り道をしたけど、ラストはやはりスポーツ漫画だなとうなずける、カタルシスがたっぷりです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年05月07日
  • 女子高を描いた80年代の名作少女漫画です。何と30年近くもたってしまいましたが、現在にも通じる普遍性を持った作品です。私はリアルタイムでは読むことができず、また女子高に通った経験もありませんが、女の子同士で延々とおしゃべりしていた時代をつい昨日のことのように思い出しました。大人になって、恋愛をして、自分でお金を稼いで、好きなものを買って、年をとって楽しいこともたくさんあったけれど、限定された空間と時間を同性同士で共有する幸せも確かにあったと、今になって思います。今の若い人が読むと、ディティールに多少の違和感は感
    じるのかもしれませんが、女の本質は時代や社会が変わっても一緒、という小田島先生の言葉はやっぱり正しい!と感じました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月07日
  • 少女漫画家として活躍していた著者が青年誌で発表し、大ヒット作となったこの作品。はじめて読んだ時は、我が道を行く柳沢教授と、振り回される周囲の人々を描いたコメディ作品という読み方をしていました。今改めて読み返してみると、涙無しには読めませんw 夫婦や家族、人とのコミュニケーション、年をとること、人が死ぬこと、私たちの周りに常にある問題を、柳沢教授はいつもまっすぐに公平に見つめ、考えます。いくつになっても、興味を持って問題を考えること、学ぶことは素晴らしい、そして、人間は捨てたもんじゃない、と柳沢教授は読者に語り
    かけます。そしてこの作品の素晴らしいところは、それを声高に叫ぶのではなく、毎回短いエピソードでさらっと描いているところではないかと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年05月07日