レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

10576~10600件/11893件 を表示

  • もうすぐ、ロンドン五輪が開幕。開催期間中は、いろんな競技の記事が百花繚乱のように並ぶことでしょう。『いつかどこかで。』は、屈指のスポーツライターである金子達仁のエッセイ集。著者の名前は主にワールドカップをはじめとしたサッカーの論評等で目にしていましたので、サッカーが専門かと思っていましたが、そのフィールドの広さに驚きました。なにしろ、サッカーを観たくてサッカー専門誌がある出版社に就職した著者ですが、「あまりにもサッカー・クレイジーすぎる」という理由で配属されたのはテニスの専門誌。そして、インターハイの取材をすることになって出会ったのが伊達公子。その伊達についての記事を本人が目にして著者に伝えた一言が、「人間について書くことの喜びを知った」のだそうです。サッカーではなくテニスのアスリートの言葉がなかったら「私はまったく違う人生を送っていたかもしれない」というのはちょっと意外な話です。本書には、プロ野球や日韓野球、大相撲、競馬…多彩なフィールドに渡って「本音」と思しき言葉を目にするページが少なくありません。ある大監督に対しての批判の記事を書いたときなどは、「雑誌が発売されると、私はすべてをほっぽりだして逃げ出したくなった」等、切っ先鋭い記事とは裏腹の著者のおどおどした気持ちが表れています。そして、高校野球がなぜ人の心を惹きつけるのかを書いた稿を目にした瞬間には、ドキリとさせられました。エッセイだからと、読み手が勝手にリラックスしてはいられないあたりが著者の著者たるゆえんなのかもしれません。(2012/7/24)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年07月24日
  • おおきく振りかぶって
    高校生の頃は誰もが三橋廉(みはしれん:このマンガの主人公)だったに違いない。そういう僕もそうだった。自信がなくて、人との距離感がつかめなくてうまくコミュニケーションがとれない。僕と廉が違うのは、廉は野球が大好きでたまらないということ。廉はどんな目にあったとしても野球から離れることが出来ない投手だということ。だからこのマンガは僕には少し苦い。好きなものを好きと言って、それにかけることが青春なら、このマンガほど青春を描いているマンガを見たことがないからだ。それも野球という王道中の王道のジャンルで!
    投稿日:2012年07月20日
  • 先日、テレビを見ていたら芸人の方が大絶賛していて思い出した作品です。連載時は漠然と「トラック野郎が宇宙飛行士をめざす」という認識しかなかったので、注目はしていなかったのですが、あらためて読んでみて、非常に後悔。いやいや言うだけのことはある、名作ですよ。この著者の描く主人公は喜怒哀楽が激しくて破天荒なタイプが多いのですが、本作品の主人公は控えめなタイプ。その辺りの感情表現を抑えているぶん、「宇宙飛行士になる」という結果を得るための、本人や他の候補生たちのそれぞれのアプローチの仕方や心情が強調され、丹念に描かれています。そこには友情や愛情もあれば打算や策略もある。特殊な状況に置かれた時の個々の判断が一様ではなく、性格付けもはっきり。本来は「火星で消息を絶った宇宙飛行士と謎の物体」と「救助のために編成される飛行士候補生の成長」の物語なのですが、実は打ち切り作品なため前者は未解決。しかし後者がそれを補って余りあるほど。ミステリーとしては未完ですが良くできた人間ドラマになっています。(2012/7/20)
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年07月20日
  • 真・異種格闘大戦
    本来は別冊漫画ゴラクで連載中の作品を推したいところだが、なんかいかにも宣伝みたいなので、かっこ悪いから他社作品を。ギャグ漫画界の重鎮・相原コージ氏の『真・異種格闘大戦』。 ヒトvsカバ、アナコンダvsヒクイドリ、イリエワニvsシマウマ、クズリvsトラなどなど、地上の動物の中で、一番強いのはなんぞやッ!? という漫画。重箱の隅を突つくような細かな生態などをストーリーに折り込みつつ、心地良いグロ描写、迫力の展開で魅せきる人智を超えた傑作と思う。漫画を読んで、クズリというかわいい小さなイタチみたいな動物など、絶対に野山で遭遇したくない動物ナンバー1となった。そんな野生の恐怖を心に刻むためにも、『真・異種格闘大戦』は読むべき漫画だと思う。また相原コージ作品の特徴とも言えるキメ細やかなデータやネームは、細か過ぎるために、常に一生懸命に読むことを強要されているような錯覚にも陥る。ちなみに相原コージ氏は、別冊漫画ゴラクで『Z』というゾンビ漫画を連載していただいているが、だから相原コージ氏の過去作品を推している訳でない。この『真・異種格闘大戦』に感激して、別冊漫画ゴラク執筆を依頼し、『Z』が始まったと追記しておく。
    投稿日:2012年07月20日
  • まんがグリム童話 クレオパトラ 氷の微笑
    大財閥の後継者に選ばれた主人公・圭子。類稀なる美貌と聡明な知能を有する彼女を人々は“クレオパトラ”と呼ぶようになった。しかし、グループ内には彼女を快く思っていない者たちがいて……と、簡単なあらすじを記したが、はっきり言って主人公・圭子のスケールの大きさは私の紹介文では伝わらない! セックスを「たかが粘膜の擦り合い」とクールに吐き捨てる彼女の壮大な戦いは、ぜひご自身の目で確かめていただきたい! 「調教」「監禁」「暗殺」「洗脳」「乱交」、これらの言葉に反応したあなた、一読の価値ありですよ!
    投稿日:2012年07月20日
  • 妖しのセレス
    「ふしぎ遊戯」を担当していた時の、渡瀬先生の打ち合わせメモが、最近引き出しから出てきました。アイディアが「詰まった」というより「溢れ出す」という言葉がピッタリの、ものすごい勢い! この愛と勇気のファンタジー・「ふしぎ遊戯」が最終回を迎え、そして次に立ち上げる新連載! 力が入りましたねえ。こうして始まったのが「妖しのセレス」!セレスは、天女の羽衣伝説をモチーフにした、壮大なおとぎ話です。渡瀬悠宇の才能を、目の当たりにしてください!
    投稿日:2012年07月20日
  • 湯けむりスナイパー
    「銃を捨て、秘境の温泉宿で余生を送らんと決意した元・殺し屋がいた――」。血に汚れた人生をリセットすべく、元・殺し屋の男は秘境の温泉宿・椿屋で従業員“源さん”として働くことに。そこには、いろんな人がやってきて、いろんなことが起きる。様々な出来事や優しくて人間味あふれる従業員たちとふれ合うことを通して、男は少しずつ自身の過去を浄化していくのだった…。読めば読むほどハマっていく「湯けむり」ワールドは漫画家をはじめ多くのクリエイターにファンが多い。マンガ好きを自称する人は、一度は読むべき作品です。ウイッス!
    投稿日:2012年07月20日
  • 夜回り先生
    20年近く前に『俺節』で土田氏を担当しましたが、当時、まだお互い未熟で、不完全燃焼な思いがありました。ベストセラー『夜回り先生』を漫画化したいと思ったときに、その雪辱戦とばかりに、彼に白羽の矢を立てましたが、当初、確信が持てない部分もありました(水谷先生も当初、漫画化には反対でした。「子どもたちとの大切な記録を単なる娯楽で汚されたくない」と)。しかし、彼の描いた最初のエピソード「ブランコ」を見て、その不安は払しょく。先生も絶賛してくれました。それから約8年、彼がこの4月に急逝したときも、最新エピソードの執筆中でした。本作の至るところに、土田世紀の「魂」がこもってます。ぜひその目で。
    投稿日:2012年07月20日
  • ヘンタイ彼氏図鑑
    著者のしおた先生は、はじめから変態な彼氏を描こう!と思っていたわけではなく、ラブストーリーを追求した結果、気がつけば変態な男性ばかりになってました!? 大人のオモチャ、家では裸族、指フェチ、勤勉なテクニシャン、ラブ調教…などなどヘンタイちっくなイケメンとの熱愛が満載です! もちろん甘くて切ない胸キュンも詰め込んでますので、買って絶対損させない1冊です!
    投稿日:2012年07月20日
  • ムダヅモ無き改革
    時の首相・小泉純一郎氏を主人公のモデルにした超破天荒な麻雀マンガ。他の登場人物も国内外を問わず実在の政治家をモデルにしており、個々のエピソードはかなり突っ込んだ過激な内容で、おそらく大手出版社では掲載許可が下りないレベルだと思われます。おかげさまでインターネットを中心に話題となりニュースにも取り上げられました。発売開始当初は大和田秀樹先生とはクレームが来たら即刻連載取り止めましょうと話し合っていましたが、今ではクレームが来たらネタになりますねーなどと企むほど逞しくなりました。奇跡的にも現在まで抗議や苦情の類は1件も来ておりません。皆様の寛大なお心遣いに感謝する次第であります。m(_ _)m
    投稿日:2012年07月20日
  • プリンスと愛の香り ?エレシウス公国物語?
    「エレウシス公国物語プリンスと愛の香り」は、私がハーモニィロマンスの編集長になり、真崎先生と初めて仕事をした際に担当した非常に思い入れの強い作品です。
     香りという、漫画で表現することが非常に難しい題材をいかに、絵で表現するのかということで、先生とかなり話したのを思い出します。お陰さまで、エレウシス公国物語はシリーズ物となり、ヒーローとヒロインのみでなく、周りの人々にも焦点が当たり、ロマンスの世界が広がっていく貴重な体験をしました。読者の皆様にもこの作品のみならず、他のエレウシスシリーズも含めてお勧めしたい作品です。
    投稿日:2012年07月20日
  • 禁断Lovers
    大人の女性が楽しめるように「イケメンキャラクター」「過激なストーリー展開」「ファンタジー」を切り口にスタートしました。デジタルコミック界でダントツ人気の佐藤沙緒理先生のスペシャルカラーコミック、黒岬光先生の「被告人を調教3年に処する」など、毎月新作6作品を投入。毎号、目が離せないハラハラドキドキのストーリー展開で、読みごたえたっぷりです。
    投稿日:2012年07月20日
  • センゴク
    編集部の資料棚はこの作品のためにあるんじゃ?(笑)というぐらいの膨大な資料や古文書、さらに現地取材に基づいた、この作品ならではの考証も読みどころの本格戦国漫画です。秀吉配下の武将・仙石権兵衛を主人公にシリーズは2004年にスタート。現在第3部である『センゴク一統記』が雑誌連載中で、ついに本能寺の変が勃発。日本の変わり目が描かれます。歴史ファンもうなる考証で、毎回情報量満載ですが、この作品の最大の魅力といえば、その先に浮かび上がってくる、己が目指す理想のために尽力する武将たちの強い思いと行動力。実は王道の人間ドラマが最強の読みごたえを保証する作品です。
    投稿日:2012年07月20日
  • 濡れ蜜S*girl
    月刊マンガ雑誌・無敵恋愛Sガールの大人コミック版がデジタル配信で登場!! 雑誌よりさらにカゲキになった計6作品で、毎月読者の心を刺激します。中でも目を引くのは、雑誌での人気も高い、伊勢崎ゆず先生の「イケメン寮で花婿探し」。ある大学寮の寮母をしながら花婿を探すという命を与えられた主人公が、媚薬を使い複数の学生と関係を持ち、真実の愛を探すという恋愛要素もたっぷり含んだ気になるストーリー。ちょっとドキドキしたい夜にぴったりの、大人系少女コミックです。
    投稿日:2012年07月20日
  • わたしに××しなさい!
    「きわどい」を「高潔」に描ける希有な才能が爆発する!! 小学生向けのなかよしに連載しながら、小学生だけに読ませるのはもったいない! と編集長自らが思えるマンガです。講談社漫画賞選考委員各位をうならせたギリギリの恋愛指令に読者もドキドキ間違いなし! 高慢な命令に似合わぬ主人公の純愛反応のズレっぷりにも、魂がわしづかみにされます! まさにジャンル不問の新才能!! ラノベ好き・アニメ好きなら、絶対好きな漫画力と、主人公たちの心臓のバクバクぶりに赤面気分を取り戻せる恋愛力は、まさに最強です!
    投稿日:2012年07月20日
  • ミューズの学園で逢おう
    私立美園学園は進学校というだけでなく多くの芸能人が通うことで知られている。廊下をはさんだ向こうはインテリアにも贅を尽くした「芸能科」で、普通科の生徒は入ることを許されない…。素敵な芸能人と恋をしたらどんなかしら?という乙女の夢を叶えてくれる「ミューズの学園で逢おう」では、個性豊かなカップルがたくさん登場して、マガジンビーボーイ連載時もとっても人気でした♪ 立野真琴先生の持ち味である、エンターテインメント性が存分に生かされた作品です!
    投稿日:2012年07月20日
  • 未来日記
    「未来日記」は、私が新人編集者の時代から10年近く担当していた著者の作品です。その著者については、新人漫画賞受賞に始まり、連載をかけた新人バトル優勝、初連載となる「花子と寓話のテラー」の連載、そして本作「未来日記」のアニメ化&実写ドラマ化と、一人の漫画家としてステップアップしていく様を間近で見てきました。それだけに、この「未来日記」の各メディアでの展開は、携わってきた一人として嬉しかったです。ぜひ1巻をご覧になってください。息をもつかせぬサスペンス展開ですので、きっと続きが読みたくなるはずです。
    投稿日:2012年07月20日
  • 王様ゲーム
    ある日突然、「王様」を名乗る人物から送られてきたメール。その命令に従わなければ死が待っている。平穏な日常生活では想像もしえなかった「死」という現実に突如として向き合わされる高校生達の苦悩や葛藤、友情、そしてなによりも「死にたくない」という当然の感情が、これでもかとぶつかり合っています。極限まで追い詰められた時が一番人間の本心が出ますね! ぜひ一気読みをオススメします!!
    投稿日:2012年07月20日
  • まんがグリム童話 廓源氏
    主人公の源氏は遊郭の仕込み師。遊女に性技を教え、問題のある女に仕置きを行う男。『源氏物語』の葵、六条、夕顔といった登場人物が、この作品では遊女として登場し、主人公との官能愛憎が主題です。原稿依頼時、「とにかくエロい作品を!」とお願いしたので官能はもちろん折り紙付きなのですが、作家の情熱とこだわりから、ストーリーテーリングや時代考証も秀逸な作品に。仕込まれる女たちの苦悶の表情、快楽に目覚めた新入り女郎、そして娼技が恐怖する地獄の仕置き――。読み手をドキドキさせてくれるおすすめ作品です。
    投稿日:2012年07月20日
  • 都道府県擬人化マンガ ジャポニズム47
    県民性…それは、生まれ育った場所で決まってしまう、変えがたいモノ☆ そんな47都道府県の県民性がマンガで擬人化されて、わいわい仲良くしたり、時にはケンカしたり、大騒ぎ~! 青色イリコ先生のギャグセンスもぴりりと効いて、とにかく楽しい1冊です。自分の出身県のキャラのなまりや、近隣県との関係にうなずけたり、今まで行ったことのない県の名物や特徴を知れたりもしますよ。友達や同僚にも見せて、盛り上がっちゃいましょう♪
    投稿日:2012年07月20日
  • イムリ
    ある日、電話でお話ししたことがあった程度のお付き合いだった三宅乱丈さんから突然連絡があり、「絵コンテを見て欲しい」と頼まれ大量120ページのFAXを送られたことが、この作品との出逢いでした。一読その面白さに圧倒されたぼくは、すぐに連載開始を決意しました。作者の熱意と、壮大なスケールに緻密な世界設定が見事に調和したこのファンタジー巨篇は、雑誌ダ・ヴィンチ「絶対はずさない!プラチナ本」選出、文化庁メディア芸術祭入賞と、極めて高い評価を得ています。読み応えのある物語を読みたいアナタ、ここにそれがありますよ!
    投稿日:2012年07月20日
  • 百パーセントの男
    当初コメディ作品としてお願いしたこともあり、打ち合わせ中、『ドSヒーローの婚約者も実はドSとわかって円満破局でどうでしょう?』、『SMエッチ現場に踏み込むシーンは見開きモザイクで!』と大いに盛り上がった作品です。最終的には内容を濃ゆくすることを優先させ、コメディ要素は抑えて上記シーンはすべてカットしてしまいましたが、その甲斐あって思わず生唾飲み込む出来栄えとなりました。新しい自分を発見したい方、ぜひご一読くださいませ♪  (※全年齢対象作品です!)
    投稿日:2012年07月20日
  • 女神の誤算 【愛は秘めやかに I】
    高井みお先生は、まだハーレクインコミック4作目の新しい作家さんです。ですが第1作からゆるぎない王道の香りがして、次代のホープとして輝いてもらえる確信がありました。主人公シーリアとリュークの出逢いは、父親の愛人だと誤解されるという最悪なもの。でも瞳と瞳があうだけで、ふれあう指先と指先から想いが止められず…。実はこのロマンス、1度読んだだけですと気がつかないんですが、ほんの数日間の出来事です。燃えあがる情熱にうかされるようなジェットコースター・ロマンスをぜひお楽しみください。
    投稿日:2012年07月20日
  • 光の大社員
    著者のOYSTERさんは吉崎観音先生の「ケロロ軍曹」のスタッフとしても有名ですが、わたしがゲームアンソロジーの編集を手伝っていたころから、かれこれ10年ほどのおつきあいになります。彼の才能に惚れ込んで04年に始めてもらったのが「男爵校長」で、11年まで続く長期シリーズになりました。もうひとつの代表作が05年から続く「光の大社員」で、サラリーマン4コマのような顔をしながら、実はギャグコミックの未知の領域を開拓するような、すごい作品だと思ってます。このおかしさは読んでいただかないと伝わらないので(説明しづらいのがいつももどかしい!)、ぜひご一読ください。
    投稿日:2012年07月20日
  • Piece(ピース)
    「砂時計」で一世を風靡した芦原さんの最新作は緊張感あふれるラブ・サスペンス。若くして亡くなった同級生の過去をたどっていくうちに主人公が見つけてしまう、かつての恋人の闇。ほんの些細なきっかけで今まで見えていた世界が全然違う姿で立ち現われてくる驚きと、1ページも読みとばせない緻密な構成が本当に見事です。連載も後半に向かい、一つ一つの欠片(ピース)がはまっていくのが快感でもあり、恐怖でもあり……。こんな恋愛まんが、見たことない!!
    投稿日:2012年07月20日