レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

976~1000件/11926件 を表示

  • 腹黒ゲイビ男優×ピュアなノンケ大学生
    (エロエロ、ほのぼの、ほだされ、片想い)
    絵が綺麗で面白いので安心して読めます。
    AV業界なのでエロ多め。玩具/人前プレイ有り。
    主人公が男同士とかキモいと友達と話してる所を攻めに聞かれてしまい、主人公を懲らしめようとした攻めに嵌められゲイビデビューしちゃう!というお話。
    自分を嵌めた相手とも知らず、攻めに優しくされだんだんと好きになってしまう主人公。攻めもそんな主人公のピュアさに罪悪感を抱きはじめる…
    このお話すごく萌えました…!!
    あらすじだけ見るとシリアスそうですが、主人公が流されやすいので悲壮感もなくほのぼのしてます。テンポも良いので飽きずに読めます。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年08月03日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    1巻と2巻以降のクオリティが違いすぎる
    1巻を読んで面白かったので5巻セットを購入。
    1巻は194ページのボリュームで満足。
    2巻以降は108ページと半分程。
    2巻の途中から背景も単調になりあまり話が進まないように思う。
    1巻は美人が淡々と復讐を遂行していく様子が面白かっただけに残念です。
    • 参考になった 14
    投稿日:2018年08月03日
  • 結末がアニメと違います
    命がけの戦いが、終わっても結局誰も死人が出ない、という様な漫画に物足りない
    人にオススメの漫画です。
    作中グロい様な表現も出てくるので、そちらが好きな方もいいと思います。
    正直ストーリーは、あまり期待しないほうが、いいかもしれませんが
    戦闘シーンなどは、なかなか面白かったです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月03日
  • 綾瀬はるか主演で2018年夏にドラマ化された「ぎぼむす」こと『義母と娘のブルース』。父親の再婚で「義母」になった、超やり手のキャリアウーマン・亜希と、小学生の娘・みゆきの笑えて泣ける4コママンガです。4コマというとただただ平和な日常が続く…そんなイメージを抱きがちですが、「ぎぼむす」は違います! みゆきとの初対面のときに名刺(ふりがなつき)を渡したり、ビジネス経験を活かしてPTAの会議で敵対勢力のボスを倒したり。ひとつひとつのエピソードには4コマらしくオチがついていて笑いどころも盛りだくさんなのですが、通して読むと亜希とみゆきの関係の変化や2人の成長を感じられて、時には涙も…。4コマだからと敬遠していましたが、読んでよかった1冊です。
    • 参考になった 16
    投稿日:2018年08月03日
  • 今一番きてる!いちゃ甘愛されTL☆
    地味めのOL千代子(通称チョコちゃん)が主人公なこちらの作品。TLで地味めの女の子…って言っても実際中身を読んでみるとかわいかったりなぜかモテてたりすることが多いですが、チョコちゃんはそんなこともなく本当に地味です(笑) でもチョコちゃんは地味なことを変に気にしてなくて、すれてないし性格もいい! 小さい頃からそんなチョコちゃんの人柄(とおみそ汁)に心を掴まれていたむつみくん。天使のように浮世離れしたイケメンで女性にも困らないのに、チョコちゃんのこととなると色々と抑えがきかず暴走しちゃって…!? むつみくんにいっぱい愛されてトロトロに気持ちよくなっちゃうチョコちゃんが最高にかわいい、キュンキュン間違いなしの1冊です。
    • 参考になった 21
    投稿日:2018年08月03日
  • ヴァラエティ豊かで楽しい一冊
    たしかにジェンダー入り乱れての短編集ですが、どの物語も楽しく読めます。
    クールな絵柄の中村明日美子作品以外を読みたい方にオススメします。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月02日
  • ネタバレあり
    切なくて幸せな話
    エロ濃厚。しずる感濃いめ。絵柄超絶綺麗。パース、コマ割り文句ないです。読みやすく物語に入っていきやすい。高校生の頃から大学までずっと思い合っている2人の結びつきが、切なくてあたたかい気持ちになります。
    高校生で出会い気持ちがすれ違って別れを経験し、大学まで追いかけてきた攻の想いにまずやられます。友達じゃいられない。また嫉妬からぶつかったりもするし、世間の目も気になりはじめます。
    親へのカミングアウトは勢いで、大学でも噂になります。が、友達が凄くいい奴ばかりで守ってくれるところまで描かれています。ストーリーも凄く良くて、尚且つエロ濃いめ、一粒で二度おいしい。自転車が重要なアイテムで2人の時間経過に重要な意味をもたらします。
    ギャグのテンポも凄く自然。1巻でお互いの気持ちを確認しあい、2巻で周囲に悩み暗くなりますが、3巻でいっきに色々動きます。お互いの気持ちに真っ直ぐで、受の性格の良さに好感が持てる良作でした。長い話しだし、自分で書いててベタ褒めが気持ち悪くなるほどおススメ。
    • 参考になった 6
    投稿日:2018年08月02日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    エッチなシーン満載の感動人間ドラマ
    華やかな絵柄のエッチなシーン満載で、人間ドラマが感動的でとても面白かったです。ご都合主義的なところも多々ありましたが、こうだったらいいな、という読み手の希望を汲んだ演出なので素直に感動させられてしまいました。
    史実通りに事は進んでいくのに、予測不可能な展開が巧みで、思わず一気に買ってしまいました。ルイ16世がお父さんとして立派すぎて、切ない。一般人だったら本当に幸せな家庭だったろうにーー。
    最後にジョルジュのキャラが変わっててそれは少し不満だったので、星1つ減点ですが、限りなく5でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月02日
  • 匿名希望
    ベストオブBL 2018
    ツイッターでベストオブBL 2018とツイートされているのを見て、急いで購入しました。
    ....間違いなくベストオブBL 2018です。ありがとうございます!!(涙)
    • 参考になった 9
    投稿日:2018年08月01日
  • 全部楽しめました
    初期の作品集なのですが、個人的には今より温かみが感じられるこの頃の絵柄が好きです。
    適度にリラックスしたストーリーも良かったです。
    クールな内容とは逆の内容の作品を探してる方にオススメします。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月01日
  • くらもち節ですが…
    くらもち先生らしく女の子が好きな男性に対してとても弱かったり、
    他の女の子に対して嫉妬しまくったりするストーリーなのですが、
    最後は…?と感じました。
    最初のくらもち作品にはオススメしないです、とりあえず…。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月01日
  • ほのぼのショートストーリー
    ギャグは入っていませんが中村明日美子先生お得意のノリで楽しめると思います。
    クールな見た目の楽園くん(仮)の学園生活が垣間見れるのですが、
    予想通りでなんか安心しましたw
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月01日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    短編で面白い
    ファンタジー4:恋愛6くらいで、恋愛要素が強め。
    これくらいの長さで中華風ファンタジーが読めるのはすごくお手頃で、普通に面白かったです。
    ただ、私の好みの問題かもしれませんが、ネーミングセンスに違和感を覚えることが何回かありました。
    数年後、周りの恋愛伏線も回収していて、スッキリしました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月01日
  • 匿名希望
    大全集版と思いきや…
    説明文に大全集からの最新製版とありましたが、収録話数は少ない版のようです。がっかりした分星ー3
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年08月01日
  • 匿名希望
    んーー
    はじめ面白くて何巻か買ったけど、同じような事でなかなか進まなくて見るのが面倒になってしばらく見なくなりました。久々に新刊を買ってみた。まあ間抜けてもだいたいわかるだろうと思って…。しかしストーリーも何も、絵が凄い雑になっててびっくり、残念。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月01日
  • 恋愛要素だけではない面白さ
    幼馴染3人のそれぞれの立ち位置からくる三角関係も、もちろん見所ですが、
    主人公が旅をすることで、父親や国のことを知り、成長していく様もとても面白いです。
    ストーリーが進んだその先に、幼馴染3人の関係、国の未来はどうなっていくのか、
    恋愛要素だけではなく、ストーリーも見ごたえあります
    • 参考になった 6
    投稿日:2018年08月01日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    泣けるけど、後を引く幸福感
    始めの出会いから可愛くて微笑ましくて引き込まれていきました。小学生の頃、私も同じように空想しつつ白線上を歩いてましたから。笑)
    話はトントン拍子に進んでいくのですが、そのうち陰りが見え始め…いつの間にか涙がポロリ。再開までが長すぎる気がしますが、おかげで涙が止まりません。
    最後のシーンも暗くなるどころか、ウキウキと幸せな気分になりました。
    1冊に上手くまとまってしまっているのが勿体無いぐらい名残惜しい作品です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年08月01日
  • 匿名希望
    へたれ男子の成長物語part100?
    へたれ男子が幼馴染の女子にそそのかされ、促されて成長する物語のその他大勢の1つです。
    へたれぶりが過度過ぎて、こんなへたれが成長する筈がないのに英雄になるストーリー。
    この作者だけでなくファンタジーものの鉄板ストーリーが定着しています。このマンネリを打破する作品を望みます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月01日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    かなり人を選ぶ漫画です
    この漫画を他の漫画で例えるとするなら「ベルセルク」の獣鬼の話がしっくりくるでしょう。
    しかしこの漫画の主人公はベルセルクのガッツみたいに大剣を振りまわすような超人的な力がないただの普通の戦士です。
    武器は剣を使いますが血油で直ぐに使い物にならなくなるためゴブリンの武器を拾い時には槍・棍棒・斧など相手の武器を拾い淡々と殺していきます。時には松明の火を絶命するまで顔に押し当てるといったきつい殺しも・・・また場所によっては水攻め・火攻め・ガスなど建物の崩壊をものともせず実行します。
    ではなぜひとを選ぶのか、それは
    この漫画に出てくる女性キャラ(主にモブ)は大概ゴブリンに凌辱(描写有)されます。
    更に凌辱だけでは収まらず時には凌辱・出産後弓の的当てにされたり顔が変形するまで痛めつけられたり死ねば燃やされその周りをゴブが踊るといった凄惨な描写がかなり多いです。
    なので女性キャラが不幸になるような描写に嫌悪感を抱く人は絶対に見るべきではないでしょう。
    ただそのような描写があってこそゴブリンが死ぬ描写はとてもスカッとします。
    頭をつぶされ隠れていてもガソリンのようなもので焼き殺されたりたとえ子供でも見つければ棍棒でぐちゃぐちゃにしてしまう徹底ぶり。
    凌辱エロ同人でげんなりして敵が殺されるのを見たい人にはうってつけかも?
    もしくはベルセルクのガッツみたいにキャスカが目の前凌辱されて復讐に走るような話が好きな人向きかも。
    現にこの漫画の主人公も目の前で姉を凌辱されて殺されています。
    • 参考になった 5
    投稿日:2018年07月31日
  • 味わい深い。
    短編集。どれもこれも味のあるストーリーでお薦めの1冊です。なかでも表題作の部下の五十君と上司の同崎課長の話は堪らない話。仕事はできるのに、お酒が好きで流されやすい同崎課長。流れにのって五十君を慰めるつもりが流されて繋がれて覚えなくて良いことまで覚えてしまう。仕事はできるのになー、ガードがなー、と思う隙もないくらいエロ可愛い同崎課長に釘付けになってしまうはず。で、後書き読んで、同時収録のお隣同士の話の《日サロくんの今後》に驚いて、二度見してください。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年07月31日
  • 短編集好きなら是非
    ジャンルは女性マンガとなってるけど男性にもオススメの漫画です。
    赤い実はじけたは、恋に落ちる瞬間という様な意味で使われる様ですが、
    最後の初恋では、タイトルである紅い実はじけたの意味が込められている様な感じがしました。
    読み終わった後、心地よい余韻に浸れる漫画でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年07月31日
  • ストーリーありき
    1巻から思わせぶりな展開を醸し出し、期待に応えるようにテンポ良く進むストーリー。考え込まれた設定と伏線を仕込み、読み応えのある作品。
    …なのですが、話が進むに連れ、段々と描写やコマの使い方が雑に見えるように。話もテンポ良くどころか早すぎかっ飛ばし過ぎで、当初のストーリーはどこへやら。
    中途半端なピンク描写がまた残念。そして案の定打ち切りのようなラストになってしまいました。
    元々のストーリー、設定はとても良い物だと感じるので、原作や今後のメディア展開に期待します。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年07月31日
  • 文学的4コマラブコメ♪
    タイトル通り、クズとメガネと文学少女(偽)が織り成す4コマラブコメです。
    クズ=主人公です。やる気のない彼ですが入学早々、文学少女に一目惚れします。ストーカー。
    メガネ=クズが図書委員で一緒になったメガネです。小説が大好きで二人に本を薦めます。
    文学少女(偽)=頭が良く見えるように文学少女のフリをする愛すべきおバカです。天然で痛い地雷系女子。
    クズが文学少女(偽)に想いを寄せ、距離を縮めようとするのですが、メガネとデキてると誤解されてしまいます。この3人のボケとツッコミがバカバカしくて笑えるのです。私は小説も好きなので、知っている本がネタになっているのがもうツボで・・・w
    もちろん知らない本も出て来て、それはそれで好奇心をくすぐられます。
    谷川ニコ先生の「読書ノート」という漫画の途中コーナーで作中に取り上げた小説の感想やそれに関わったエピソードも書いてくださってて、それがまた面白いです。内容のあらすじより人の感想を読むほうが読みたい気分になりますよね!笑
    帯の推薦文で乙一先生も描いていた通り「完結って嘘だろ!?」です。もっと続きが読みたいです!!
    文学少女(偽)は本当可愛い!!!!
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年07月31日
  • ネタバレあり
    なんとなく
    エロ少なめ。しずる感足りなめ。高校生。年下攻。1冊めではお互いが好み過ぎて、カッコイイやら可愛いやらでキャーッてなって終了。2冊めの当て馬先輩騒動がありつつ、最後でやっと結ばれます。
    局部ダイレクトめ。修正白棒。ヘアあり。全編を通して絵が粗く、絵柄は好みだったけど、コマ割りが独特で読みづらいので、なんとなく同人誌を見ているような気分になって★3つ。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年07月31日
  • 匿名希望
    10代の心理がよく描けていて苦しくなるとても良い作品
    主人公の志緒ちゃんは真っ直ぐで青くて、大人になった私が読んでいると、
    学生時代の青さを思い出してとても苦しくなってくる良い作品でした。
    また、大学生の栫さんという方も不器用で素直ではなくて、
    けれどその心理が文章の上手さから手に取るように分かり、
    志緒ちゃんとは違った意味で苦しくなりました。
    桂先生の過去も苦しくて、読んでいてずっと苦しかったのですが(笑)、
    ああ、学生時代はこんな青い苦しい思いがたくさんあったなぁと懐かしさもありました。
    この方の小説は「イエスかノーか半分か」から入りましたが、
    色んな恋愛模様や心理描写が書ける方で凄いなぁと思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年07月31日