レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

9601~9625件/11226件 を表示

  • 文豪の食彩
    漱石、子規、一葉に芥川、太宰、そして荷風…、こう並べると正に伝説の文豪、って感じですけど、彼らの作中に出てきた食べ物、或いは彼らが実際に通った店ってまだ食べたり行ったりすることが出来るんですね。
    その辺りが綿密な取材と精緻な画で再現されていてガイド本としても秀逸、無論その生涯も豊富なエピソードで彩られ、大変高評価を頂いております。それから本庄先生の弊誌連載中作品「ハルの肴」も近日単行本化されますのでこちらもお楽しみに。
    投稿日:2013年07月26日
  • 不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~
    漢方による体質改善に人工授精……10年間に及ぶ不妊治療の末、最後に選んだのは「ふたりで生きていくこと」――。手塚治虫の最後の愛弟子・堀田あきお氏と妻・かよ氏の、不妊治療奮闘記!! 泣けるだけでなくコミカルで笑える部分もあり、重いテーマながらもテンポよく一気に読める1冊です。結婚をしている人はもちろん、していない人も、とにかくひとりでも多くの人に読んで欲しい! 「夫婦の絆」を感じてください!!
    投稿日:2013年07月26日
  • 中卒労働者から始める高校生活
    先生の著作『ドットインベーダー』が大好きだったので、連載をお願いしました! 初顔合わせの打ち合わせ時に、流れで「佐々木さんの人生を教えて下さい!」とお聞きしたところ(笑)、快くお話して下さいまして! 『中卒労働者(ワーカー)から始める高校生活』は、先生が実際に通われた「通信制高校」での経験が元となったお話です。工場で働く片桐真実(18)は、自分を中卒だと笑い捨てた周囲を見返すべく“通信制高校”へ。入学式当日に、見目麗しきお嬢様・莉央と劇的な出会いを果たし、自身の恋心に気付いていく……。剥き出しの青春ラブコメ、どうぞお楽しみください! 胸に、突き刺さります! 妹の真彩も可愛いですよ(笑)!
    投稿日:2013年07月26日
  • 天使に恋慕
    過激度、ドキドキ度MAXのティーンズラブマンガ誌『無敵恋愛S*girl』では、毎号読み切り作品が満載! その中でもイチオシはイケメン執事と美女メイドのドタバタコメディーラブを描いた『天使に恋慕』。二人が働くお屋敷には、なぜかイケメンの従業員たちがワンサカ。楽しく過ごすのもつかの間、何やら不穏な空気が漂い始め……。本誌ではいよいよクライマックスに突入。コミックスも2巻まで発売中の、大人気作品をぜひご覧ください。
    投稿日:2013年07月26日
  • 禁断Loversマニア Vol.007 飼育願望
    デジタル漫画誌『濡れ蜜S*girl』がリニューアルし、より過激でドキドキ感満載の『禁断Loversマニア』として登場! 
    注目作品はコミックも大ヒット中の『禁断兄妹~兄が私を女にした~』。実の兄と体の関係をもってしまった咲良は、来るはずのない兄との将来を夢見ていた……しかし、現実は残酷で……。禁断のラブストーリー他、より過激に生まれ変わった計6作を毎月連載中。他では味わえない刺激と興奮をぜひ本誌で体感してください。
    投稿日:2013年07月26日
  • まほろ駅前多田便利軒
    直木賞受賞、映画化、続編がTV化と大人気の三浦しをんさんの原作を、山田ユギさんが漫画に! バツイチ男二人が営む便利屋を訪れるお客は、どこか奇妙で訳ありばかり…。山田さんの描く無精ひげの多田は一見だるそうに見えて熱くかっこいい、行天は天然に見えてどこか美しく危険。そして、ぐんぐんと読み進んだ後は、ほっと心が温まるような優しさが残るのです。
    2巻に収録されている由良くんのエピソードが特に好き。小学生の単純な送り迎えの仕事のはずが、事態は思わぬ方向に。クライマックスの多田の言葉にグッときます。あと、とりあえず『フランダースの犬』のアニメを観なおしました。なぜかは読んでのお楽しみです。
    投稿日:2013年07月26日
  • 東京闇虫
    「闇金ウシジマくん」や「クロサギ」といった大ヒット作品のお陰で確固たる1
    ジャンルとして確立された裏社会モノ。「東京闇虫」も同様に、借金を背負った若者が深い闇の中に引きずり込まれて、もがきあがく作品です。
    285万の借金の督促をシカトし続けた挙句、攫われ、大阪から東京へと連れてこられた23歳の主人公=加藤。その加藤に仕事を紹介しながら、どんどん深い闇の中へと誘う、謎の男=浅村。果たして二人の人生の結末は…!?
    この夏、桐山漣さん主演で実写映画も公開決定。7月には加藤とはまた別の主人公となって生まれ変わった続編「東京闇虫―2nd scenario―パンドラ」の単行本1巻も発売されます。是非この機会に、1stシーズンである、この「東京闇虫」、ご一読ください。
    投稿日:2013年07月26日
  • 吉原 華の乱
    地獄の遊郭・吉原に堕ちた娼妓たちの生存バトルを描く大人気作!
    キーワードは「調教」「羞恥」「ご奉仕」「絶対服従」。娼妓たちが生き延びるために、あらゆる技を繰り広げます。
    現在『まんがグリム童話』(毎月29日発売)、『ほんとうに怖い童話』(毎月17日発売)で、新シリーズ『吉原 悪の華』を連載中。さらにパワーアップした吉原娼妓たちの生き残りバトルも見逃せません!
    投稿日:2013年07月26日
  • まんがグリム童話 金瓶梅
    過激すぎて発禁となった中国の淫書「金瓶梅」を、名手・竹崎真実がさらに過激に官能的に描いた大人気作です。
    薬種店を営む名家・西門家のご主人様には6人の妻がおり、女たちはご主人様の寵愛を得ようと日夜、駆け引きと体を使ったバトルを繰り広げています。また、中国伝統の「性の秘技」「媚薬」など、妖しく魅惑的な要素もふんだんに散りばめられており、一度読んだら必ず虜になる、中毒性のある作品です!
    投稿日:2013年07月26日
  • シェイファー・ハウンド
    昨今、少女達が戦車や戦闘機に乗る作品が増えていますが、どうも甘ったるいなあ、もっとガチでアツいバトルを見たい! という方にお薦めなのが、この「シェイファー・ハウンド」! 舞台は第2次世界大戦中のヨーロッパ、イカれた猟犬と恐れられる戦車部隊「シェイファー・ハウンド」は、実は女のみで編成された部隊で、そこにただ一人男の小隊長が着任した。苛烈な戦場の中、少女達の命懸けの戦いの行方は!?
    投稿日:2013年07月26日
  • ラストゲーム
    顔・頭・運動・家柄と超完璧な小学生・柳尚人の前に現れた、転校生の九条美琴。勉強・運動で九条に惨敗した柳は雪辱を誓い、同じ中学・高校に。そんな中、「惚れた方が負け」という言葉を耳にし、柳が決意した事は…!? 九条に勝負を挑むがことごとく敵わない柳。その上、ライバル心が恋心になっても超クール&マイペースな九条に全く気付かれず、振り回されてばかり。しかし、九条にも少しずつ変化が…!? 恋に不器用な二人のかみ合わないやり取りが微笑ましく、恋って可愛い! 恋ってもどかしい! 恋って眩しい! そんな気持ちを思い出させる、キュンキュンする作品です!
    投稿日:2013年07月26日
  • 乙蜜マンゴスチン
    キュンとするような恋愛もいいけれど、その先にある深い官能の世界も覗いてみたい……。そんなちょっと他人に言うには恥ずかしい願望をかなえてしまうのが、5月に誕生した電子書籍TLアンソロジー「乙蜜マンゴスチン」。先生にいけないことをされたり、イケメン部下にドSに迫られたり、複数の男性に同時に愛されたり……女性が密かに持っているエロスとラブ両方の欲望を満たして&癒されて、明日のオフィシャルタイムに出撃できる!! そんな気持ちにさせてくれるアンソロジーです!!
    投稿日:2013年07月26日
  • ねこねこハニー
    大人しくてちょっぴりドジっ子の亜以は、高校の入学式の日に不良に絡まれてしまう。それを助けてくれたのは同級生の黒川くんだった。お礼を言わなくっちゃ、と思いつつ勇気が出ない亜以。だってだって、亜以には「凹むと猫になってしまう特異体質」という重大な秘密があるから…! 猫になった姿が可愛くて(特に後ろ頭)読んでいるとなでなでしたくなっちゃいます。ぬっこぬこに癒やされる1冊です♪
    投稿日:2013年07月26日
  • ファインダーの標的【電子限定扉カラー】
    120万部突破の大人気シリーズ!! やまねあやの先生描く攻・麻見隆一はBL界のチートキャラ(日本屈指の青年実業家。でもその正体は裏社会の実力者。しかも美貌の持ち主! そしてなんと年収は11ケタ!!)。そんな彼が執着する相手はただ一人。自分の悪事をあばこうとするフリーカメラマン・秋仁です。今まで自分の思うがままどんな相手をも組み伏せてきた麻見。そんな麻見の手を秋仁がすり抜けた瞬間、秋仁は麻見にとって特別な獲物に! そんな二人の関係をご覧あれ! 電子版限定のカラーページもお楽しみ下さいね。
    投稿日:2013年07月26日
  • 化学室へどうぞ
    「せんせい」って言葉の響きは、どうしてこんなに特別なんでしょう? 10年前の作品とは思えないほど瑞々しい本作を読み返しては、いつも感慨にふけっています。埃っぽい乾いた空気やカビくさい匂い、本庄先生の端整な絵は、容易に閉ざされた楽園のような、あの空間に私達を誘い…! 大人と子供の狭間で矛盾を抱えつつ、恋愛に邁進する浩祐は「青春そのもの」のようにピュアな存在で、メガネ+白衣では隠せない色気たっぷりの先生に、どんどん「開発」されてしまう―。恋愛真っ只中の女の子も、過ぎ去った過去を懐かしむ女の古も、等しく知る感情が溢れて迸って、心も体も揺さぶられます★
    投稿日:2013年07月26日
  • ラジカル・ブラッド・モンスター
    キュートでユニークな男の子同士のラブラブを描き続けている三島先生。たくさんの作品をBL界に残してくださっていますが、「ラジカル・ブラッド・モンスター」のシリーズを境に、「物語力」「キャラクターの恋愛力」がさらにパワーアップ。読み終わって「あー面白かった」だけではない、キャラクターや
    物語のワンシーンへの執着が駆り立てられる良作に仕上がっています!! BL的鉄板の「吸血鬼もの」ながら、三島先生にしか描けない吸血鬼の愛しいほどの性格の悪さ(笑)、ドラマチックな展開は、三島作品が未読のBLファンにも楽しんでいただけること間違いなし★
    投稿日:2013年07月26日
  • 青空エール
    「俺物語」(作画・アルコ)、「高校デビュー」(不定期掲載ですが継続中)の河原和音先生が描く、ド青春部活マンガの決定版。昨今、部活動をめぐってイジメや体罰などが社会問題として取り上げられますが、ここにはそんな陰湿さは一切なし! もちろん多感な高校生たちが抱えるいろんな問題も描かれてはいます。でも、主人公たちの部活に対するひたむきさと、少しじれったい恋の展開に、部活ってそんなに悪いもんでもないって思わせてくれる作品です。この作品を読んで、遠い昔テニス部でテキトーにやっていた自分を後悔しました…。部活に励んでいる中高生と、その親御さんたちにオススメします!
    投稿日:2013年07月26日
  • Kiss
    せっかくの機会なので、ここは若手のタイトルを紹介します。小森みっこさんの初MC「Kiss」は、種村先生がTwitterで「マーガレットにすごい逸材がいるなー。10年に1人の逸材だね。」とつぶやいたほど。僕も投稿作を初めて読んだ時の興奮は忘れられません。デビュー作を含めて5本の読切が掲載されていますが、とっくに新人離れした画力&面白さです。本誌では「乙女Holic」を連載中ですので、こちらも是非ッ!
    投稿日:2013年07月26日
  • ひとつ屋根の下の
    大人になったら一緒に暮らそう――幼き日の約束を果たすべく、久太は共学になったばかりの元女子高に入学する。
    ただ真っ直ぐに、自分の気持ちに正直に、まわりなんか関係ない…。こう書き連ねてみるとワガママに見える行動も、「初恋を成就させるため」って条件が付くだけで、あら不思議。格好いい行動に変わっちゃうんです。
    「コミックハイ!」で連載中の本作品は、格好悪いとこもあるけれど、大人になると忘れてしまう「ひた向きさ」に再会できる、素敵な作品です。
    投稿日:2013年07月26日
  • 鎌倉ものがたり
    西岸良平先生と言えば「三丁目の夕日」が有名ですが、それと並ぶ名作が、今年30周年を迎えた「鎌倉ものがたり」です。古都・鎌倉を舞台に、推理小説家の一色正和が怪事件に挑むのですが、ミステリー、ファンタジー、SF、ユーモアなど、さまざまな要素が詰まった作品です。最初はユニークな世界観に戸惑うかもしれませんが、きっとクセになるはずです。わたしは数年前、担当編集者になりましたが、西岸先生と直接やりとりして原稿をいただくという重責を、楽しみながらこなしております。いまなお豊かに広がり続ける作品世界をぜひお楽しみ下さい。
    投稿日:2013年07月26日
  • 昭和の中坊
    1970年代末~1980年代初頭にかけての中学生男子の青春模様を描いた作品です。作者の末田さん、吉本さん、そして担当の僕も登場人物に感情移入しまくり、実在する友達のように思えてきて、友達のウワサ話をするようにゲラゲラ笑いながら作品を作っていました。去年テレビで今田耕司さんにこの作品を大々的に取り上げていただいたものの、単行本は入手困難で、初めてこの作品を知り興味を持っていただいた方には申し訳ない思いをしましたが、こうして電子書籍でいつでも読めるので、とても嬉しいです。
    投稿日:2013年07月26日
  • 銀のニーナ
    東京で職を失い田舎へ戻ることになった志摩崎修太郎。不本意な気持ちで開けた実家の扉の向こうには、美しい銀の髪と碧い瞳を持つ少女・ニーナが待っていた。姉の娘・ニーナはフィンランドで生まれ育ったが、日本の文化が大好きで、身のまわりのモノに興味津々。沈み気味だった修太郎の気持ちも徐々に明るくなっていきます。笑っているニーナ、食べているニーナ、怒っているニーナ、ワクワクしているニーナ。どうして女の子ってこんなに可愛いんだろう! そう思って欲しい一冊です。何度もロケハンした舞台・北軽井沢の情景描写も見所です。
    投稿日:2013年07月26日
  • 虎蛇とブー子
    いい歳してくると、じつは身も心も傷だらけだったりします。同級生の虎蛇(トラジャ)とブー子もそんな大人。仕事や結婚に失敗し、うまく動けない中、ふたりは地元に帰り、再会。徐々にそれぞれの居場所を見つけていきます。この作品は星崎さんの地元である千葉県船橋がモデルになっています。随所に出てくる背景に地元の方はお気づきかも。描き下された名所も楽しい!つづきはJOUR(毎月2日発売)にてシリーズ連載中です。
    投稿日:2013年07月26日
  • ブラッドラッド
    ヤングエースは、まだ創刊から3年という歴史の浅い雑誌です。ですので、アニメ作品のコミック化をすることはあっても、ヤングエースから生まれた作品がアニメ化されることはありませんでした。この「ブラッドラッド」がその第1号になります。世間的に「角川漫画のアニメ化」というと、「萌え」&「可愛い女の子」のイメージが強いと思いますが、この作品が放つのはそれとは正反対の「スタイリッシュ」&「クールなのに熱い男たち」。歴史の浅い雑誌から生まれた、ある意味“角川らしからぬ”本作、ぜひお楽しみください。
    投稿日:2013年07月26日
  • 魔法少女リリカルなのはViVid
    ヒロインは、なのはとフェイトのふたりの“ママ”を持つ高町ヴィヴィオ、ザンクト・ヒルデ魔法学院初等科4年生の10歳。父親はおらず、血のつながらない二人の“ママ”と友人に囲まれながら友情を育み、健やかに素直に成長していく様子。「もっともっと強くなりたい」と次元世界最強を目指す格闘技にかける想いの双方は、世の父親、父親志望の独身諸兄必見! 娘が欲しくなること間違いなしです。
    投稿日:2013年07月26日