レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

9301~9325件/11029件 を表示

  • 謎のあの店
    奇妙と不思議のコミック誌Nemuki+(隔月刊)の連載作品の中では異色のコミックエッセイ。浅草観音温泉、立石仲見世、柳原商店街、草津温泉といった有名所から知る人ぞ知るあのキャバレー、あの立ち呑みバー、あのハンバーガー屋、あの青汁屋等々までマンガ家松本英子さんが体当たり取材。「アナタにもきっとある謎のあの店行くなら今です!」(単行本第1巻の著者あとがきより)、今行かないとその店なくなっちゃうかもしれないよ!
    投稿日:2013年07月26日
  • テルマエ・ロマエ
    あれは、2007年のある日のこと。担当していた三宅乱丈さんから紹介され、とある女性漫画家さんの作品のネーム(=絵コンテ)を拝見しました。かなり「変わった」発想から作られたコメディーで、個人的には大好きだったのですが、「まあ、好事家には受けるかもしれないかな…」という感じのネタ。「でも読切だし、良いだろう」と、月刊コミックビーム掲載を決定したのです。漫画家さんはヤマザキマリさん、作品タイトルは『テルマエ・ロマエ』。まさかこんな超クラスのビッグヒットになるなんて。いやあ、人生って、面白いなあ。生涯忘れることのできないタイトルとなった今作も、いよいよ完結。映画の第2弾も絶賛制作中(2014年GW公開予定)でーす。
    投稿日:2013年07月26日
  • 屍活師
    “法医学”――この言葉を聞いて生きている自分に関わりがある、と思う人は少ないはず。しかし、この『屍活師』は変わり者の准教授・桐山ユキと医学生・犬飼一が紡ぎだす、生きる者の糧となる物語なのです! 作者の杜野亜希先生は薬学部を卒業した医療畑出身の漫画家さん。そんな杜野先生が描く“法医学”が面白くないわけがない!! 情死・転落死・医療ミス…あらゆる死因に隠れた、死者の最期の声を残された人間へ届ける。それが法医学の役目でもあるはず。きっと読後にはユキの決め台詞を呟きたくなるでしょう…『屍は活ける師なり』と。
    投稿日:2013年07月26日
  • Dreams
    高校野球界に現れた孤高のヒーロー・久里武志。苛烈な気性により、所属するすべてのチームでつまはじきにされた異端児が、信頼できる監督とチームメイトに出会い、輝きを放ちはじめる! 「Dreams」のはじめの1巻、とりあえず、これだけでも必ず読んでくださいm(__)m。主人公・久里の圧倒的なヒロイズム。そして少年漫画らしいまっすぐな熱気、その二つに加えて最先端の野球理論が見事に融合した稀有な作品です。僕は今まで10冊は買って、新人作家に漫画のお手本の一つとして渡しました。心がふるえて、野球が見たくなる、したくなる。つまり傑作です。
    投稿日:2013年07月26日
  • 結婚しない彼女
    「こんな好条件の男に求婚されるなんて、そんな都合のいい現実ないわ!!」…と思いながらもハッピーエンドに浸るのは、少女マンガの一つの楽しみ方。顔良し性格良し、仕事もできるけど、ちょっと片付け魔な彼がプロポーズし続けているのは、大雑把で片づけられない彼女。ところがどうも歯切れが悪く…!? 価値観、タイミングのズレはリアルでもありそうな恋の悩み。ハラハラ、ドキドキ、ハッピーになれる作品です! 『結婚できない彼女』な私ですが、マンガの中でくらい幸せになりたい!! だって、マンガだもの。大河ドラマで注目の、新島八重の半生を描いた作品も収録されたオイシイ一冊です!!
    投稿日:2013年07月26日
  • シークは危険な恋人
    本作品の見どころは、なんといってもシークの格好よさ!闇のような黒髪に琥珀色の瞳といった端正な顔立ち。無意識にセクシーな流し目を送ってくるかと思えば、子どものように笑い、わがままにヒロインを奪う―。こんな理想のシークに、ハートを打ち抜かれる確率は100%です。本作品を読んでいただいたら、ロマンスファンの皆さまに向けて新しく発売された、ハーモニィRomanceDX「シーク特集号」もぜひよろしくお願いします!
    投稿日:2013年07月26日
  • ナイショのラブまりあ~じゅ
    この世に胸きゅんな恋愛漫画は数あれど、ここまでお馬鹿でHな女子高生ヒロインがいたでしょうか。女子高生の早川唯と化学教師の古賀裕志(メガネON/OFFで人格チェンジ)はナイショの新婚夫婦。唯は愛ゆえにとんでもない奇行の数々を……。恐怖の!?ラブレター攻撃に、愛妻弁当はご飯にチョコ&ケチャップ代わりに納豆?? 意味がワカラナイ!でも、そんな彼女にやや引きながらもエロ甘に応える大人な裕志。読んでいくといつしか唯の、変化球だけれども全力の愛にホロリときちゃうハズ。笑ってときめいて元気になれる一冊です!!
    投稿日:2013年07月26日
  • 叱りじょうずな彼
    胸キュンとカゲキHの両方が楽しめる作品です!
    叱られるとキュンしちゃう体質の主人公は、厳しくてクールなイケメン上司に片想い中。叱られたくて、わざとミスを繰り返してたら…!? 会社で言葉責め、羞恥プレイ、デスクで異物挿入…などなど、オフィスでSMをしてしまいます。 こんなアブノーマルなのに、「好き」とは、なかなか言えない純情な2人。初めて気持ちを伝え合う場面は、本当にドキドキしました。また絵柄も可愛らしく、雑誌掲載時も大人気だった作品ですので、読んで絶対、損はさせません!
    投稿日:2013年07月26日
  • 関根くんの恋
    仕事ができて、男にも女にもモテるイケメンエリートのくせに、「鈍感・受け身・器用貧乏」の三重苦がたたって、ピントのずれた人生を送ってきた関根くん。三十路にしてようやく遅咲きの恋を自覚して、前に進み始めた関根くんの恋は、キュン死に寸前。私はネームを読むたび、「かっこいい!かわいそう!」と叫びながら、ときめきで転げまわっています。もどかしい恋模様にジレジレモンモンするもよし、関根くんの成長を親目線で応援するもよし、彼の不憫で悩み多き様子をちょっぴりS目線で味わうもよし、さまざまに楽しんでいただければ嬉しいです!! 
    投稿日:2013年07月26日
  • おいしい彼を落とすには?
    中学の同窓会で結が再会したのは、憧れていた生徒会長……ではなく、その双子の兄・真一だった!?一度きりの再会で終わるハズが二人の距離は急速に近付いていって…。本誌で大人気の源先生が描く、身近に感じる事が出来る恋愛マンガ。切なくて暖かくてときめいて…。読み応えたっぷりの秀逸作品を4本収録。エピソードは女の子なら誰もが共感できるし、かっこいい男の人にはキュンキュンしちゃうし、読むだけでハッピー気分になれちゃう!リアルな恋より楽しいかも?恋愛の楽しさも不安も全て感じられる作品となっています。
    投稿日:2013年07月26日
  • drap milk
    drapレーベル初の電子アンソロジー「drap milk」は毎月配信中! 萌えとエロスを追求した、ちょっぴりH度強めな作品が盛りだくさんです。また、1話分をまるごとフルカラーでお楽しみ頂ける作品も毎号収録! モノクロでは味わえないシズル感をぜひ堪能してみて下さい!! そんな「drap milk」からオススメする1作品は、vol.9で配信中の赤星ジェイクが贈る「飼い猫とご主人様~実演!トリプルフルコース~」!! 良質な精子を持つ男子に与えられる称号『フグリスト』を得る為、日々、己のムスコを鍛え自慰行為に耽る童貞大学生の性事情を描いた異色のBL作品です!
    投稿日:2013年07月26日
  • 歌うたいの黒うさぎ
    大きな大きなお屋敷に広大な庭。私たちの想像を軽く超えるほどの大邸宅にメイドとして働く森永と、その家に住む1人息子・叶夢との日々は起伏に富み…ヒミツに満ちたお屋敷や庭、たくさんのメイド達など、ダイナミックに現実離れした設定が読む人間に夢を見させてくれる。そして、叶夢が…かわいい!まるでおとぎ話のような心地よさの中に、母のいない叶夢の切なさが垣間見える。お屋敷の住人達、メイド達のキャラも楽しく、石井ワールド全開です!
    投稿日:2013年07月26日
  • キン肉マン
    「週刊少年ジャンプ」で80年代に日本中の子供たちを熱狂させた伝説の人気コミック『キン肉マン』。実は今、週刊プレイボーイのニュースサイト『週プレNEWS』 で大復活、友情パワー全開でバトル中なんです!しかーも、読者は往年のファンから10代までとグーンと幅も広がって、物語ももちろん深く~パワーアップ。キン肉マン、ロビンマスク、バッファローマンなど、おなじみの超人をはじめ新たな超人も登場、現在、「正・悪超人連合軍vs.完璧・無量大数軍」の大抗争中です。作者のゆでたまご先生が改めて世に問う「友情」の素晴らしさ、是非体感ください!
    投稿日:2013年07月26日
  • ウイナーズサークルへようこそ
    大ヒット作品「LIAR GAME」の作者で、心理トリックの名手、甲斐谷忍が贈る競馬必勝コミックです!「なぜ自分は予想ベタなのか?」この作品には目からウロコ的な発見がいっぱい詰まってます。 肝心の物語は、多彩なキャラ達による策略の応酬はもちろん、競馬ビギナーにも楽しめる丁寧な解説や、実際のレース結果を反映させた名シーンの連続。さらにお約束のラブ展開に、ギャグありの青春群像! とにかく競馬に興味のない人でも、必ず笑顔になれるストーリーです。
    投稿日:2013年07月26日
  • イケない生徒会長SP
    エリートメガネ男子の生徒会長との恋。クールでくせ者の彼が自分にだけは熱くなってくれたら…!女子の妄想を全部かなえてくれるのが、携帯&スマホ配信コミック誌「モバフラ」で大人気シリーズのこの作品。Hなことをいっぱいしているのに、なぜか最後まではいけない生徒会長・九条君がちょっと不憫!刺激を求めるオトナ女子には、このドキッ&メロなラブコメは必読です!
    投稿日:2013年07月26日
  • よるくも
    この世はの呼び名は「世界」。金持ちの住む「街」、貧乏人の住む「畑」、そして、最底辺の民の住む「森」から成る。「森」に生まれ育った命使い捨ての子供は“よるくも”と呼ばれる必殺の殺し屋に育った。しかし、その殺し屋は、読み書き算術ができず、感情の乏しい、おとなしい男。「畑」の飯屋の娘キヨコは自分の作った飯を一途に食うよるくもに惹かれ始める…。貧富の差、身分の違い、人間の本性がむき出しにされブーストされる状況で、人が人を恨み、殺し、愛しきる様が叩きつけるように描かれます。しかし、作者は、欠落を持った愛同士のぶつかり合いの果てにあるはずの、本物の救済を信じて描き続けています。その救済をどうしても、読者のみなさんに体験して欲しいのです。
    投稿日:2013年07月26日
  • 10DANCE
    ラテンダンスとスタンダードの日本チャンピオン同士が互いの専門を教え合い、10種類のダンスで競う「10ダンス」に挑戦することになるのだが……という物語は予想通りの展開をするのだが、豊富な薀蓄と巧みな構成で飽きさせない。濡れ場のない安心BL♪ 反発しつつも信頼を高め合い、距離が近づくふたりの関係に女性読者が萌えまくっていることは想像に難くありません。「フィール・ヤング」が何よりオススメなのですが、全く違うジャンルから推薦してみました。
    投稿日:2013年07月26日
  • NANA
    矢沢作品のキモはオトコである。いつだって女子の夢がみっちりつまったオトコがそこにいる。心折れた時に「ご近所物語」のツトムが背面抱きしてくれたら、「パラダイスキス」のジョージに斜め上から冷たく蔑まれ、でも最後は徳森くんが両手を広げていてくれるのなら…と、矢沢作品には必ず夢を叶えるいいオトコが待っている。そんな中でも飛び抜けて‘いいオトコ祭り’な作品が「NANA」なのだ。何しろ主要登場メンズ8名がすべて被らぬ方向でのイケメン。キザにダメにヤサ男、コワモテプリチー濃い薄い、なんでも来い! 各方面全面網羅! これを幸せと呼ばずしてなんと呼ぶ! そしてその美しき男たちがそれぞれ、葛藤したり嫉妬したり奪い合ったりする。男同士で、である。いくらこの作品がハチとナナの友情物語だと言われても、もはや納得いきませんて。なんですか、ここは天国ですか!
    投稿日:2013年07月26日
  • この人類域のゼルフィー
    父や従兄の影響でSF好きになった自分は「銀河鉄道999」と「超人ロック」等を刊行していた少年画報社に入社。YKアワーズ編集部に長くいたのですが、意外にもスペースオペラを担当するのは本作が初めでした。なので塩野さんから「次はスペオペがやりたい」と聞いた時は非常に嬉しかったものです。本作は「ゲート」によって人類の行動範囲が広がった遠い未来が舞台。銀河を支配する非情な星間軍事連合体に、流浪の王子リーシャが猫型宇宙海賊や、喋る戦艦バッテリーユニットと共に、挑んでゆきます。どうぞよろしくお願いします。
    投稿日:2013年07月26日
  • 是?ZE?
    金髪碧眼なのに日本語しか話せない雷蔵がハウスキーパーでやってきた屋敷には、男同士や女同士のカップルたちと食えない家主・和記が住んでいた。カップルは言葉の力で他人を攻撃できる主人・言霊師と、彼らを守る生きた人形・紙様だった。そこで雷蔵はとてもきれいで主人をもたない紙様・紺に出会い、恋をする……。メインカップルを変え、初恋カプに、略奪愛→激ラブカプに、逆紫の上系カプに、攻×攻カプ……と様々な主従の絆と愛をドラマティックに描く名作です☆ BL女子の課題図書!
    投稿日:2013年07月26日
  • どーにゃつ
    『どーにゃつ』はコザキ先生のpixivでの落書きに端を発し、それを原型師の吉沢光正氏がガレージキット化したことで世に出てきたもので、実はマンガが原作ではありません。
    連載マンガ、フィギュアやストラップ等の商品化、webでの4コマ、そして劇場アニメに至るまで、どれも世界観を部分的にしか共有しておらず、独立した作品として展開されています。
    つまり『どーにゃつ』とは、ユーザーが好みの形態で楽しめるように準備された集合コンテンツの名称なのです。
    ちなみにマンガの舞台は近未来の荒廃した東京。多くの謎が散りばめられた世界で繰り広げられる、ゆる系SF冒険活劇は予想もできない面白さです! 是非一度触れてみてください。
    投稿日:2013年07月26日
  • アラクニド
    今、漫画界では火星のゴキブリが大反響ですが、このゴキブリもすごいですよ!昆虫の能力を持った殺し屋達のサスペンス・アクション「アラクニド」の「沖めぐみ」です!彼女の特殊能力は、空気の流れを感じることにより微妙な攻撃の気配を察知してかわすことができる「風読み(エアディテクション)」。これは実際のゴキブリの能力が元になっているそうで、尾葉と呼ばれる器官の体毛が微かな風を感知してからゴキブリが動き出すまでにかかる時間は0.044秒、人間のおよそ10倍の反応速度とか!あとゴキブリって頭部を切断されても2週間も生きていて、死んでもその死因は頭部切断ダメージではなく「餓死」なんですって!(7巻参照)。原作者村田真哉先生の昆虫知識がふんだんに盛り込まれた異色の能力バトル「アラクニド」、オススメです!!
    投稿日:2013年07月26日
  • 魔法陣グルグル2
    かつて少年少女だった方も、これから初めて読む方も、ドキドキ感とわくわく感でいっぱいにしてくれる作品、それが『魔法陣グルグル』です。

    そこには、流行り廃りに関係なく、いつも変わらぬ、ニケやククリの紡ぎ出す夢の世界が広がっています。もはや、グルグルは、冒険ファンタジーやコメディといった一ジャンルでなく、『グルグル』、そして『衛藤ヒロユキ』という唯一無二のジャンルだと、あらためて思います。

    さあ、電子版でも登場する『魔法陣グルグル2』!
    ちょっぴり大人になった、ニケとククリの冒険にわくわくし、それぞれに対するキモチにドキドキしながら、新しい・・・けれど変わっていないあの懐かしい世界に、ぜひ、どっぷり浸かって欲しいと思っています!
    投稿日:2013年07月26日
  • ディメンションW
    かつてSFとは未来への希望だった。自動車は空中に浮かぶチューブの中を走り、家庭では万能ロボットが家事や子供の遊び相手もしてくれる便利な世界。誰もが一度は想像したことだろう。いつからか、SFでは文明崩壊
    後の世界やディストピアばかりが描かれるようになってしまった感がある(それはそれで面白いのだが)。
    『ディメンションW』の舞台である近未来には相も変わらず貧困や差別や悪意が存在し、ユートピアというには程遠い。だが、コイルという発明品によりエネルギー問題が解決し、ちょっとだけ便利になった未来が描かれて
    いる。
    現実はマンガのように簡単にはいかないし、まだまだ予想もできない困難が私達を待ち受けているかもしれない。それでも、もう一度だけこのマンガで未来への夢を一緒に見てもらえたら……そう願っています。
    投稿日:2013年07月26日
  • 鋼の錬金術師
    鋼の錬金術師という作品は、キャラクター・ストーリー構成など魅力的な要素がたくさんありますが、なんといってもこの作品はラスト(物語の終わり)がとにかく素晴らしく、このラストを読んで心に残るとはこういうことだなと思いました。
    二人の兄弟が長い旅の末に最後に辿り着いた答えとは…!? 
    作者の荒川弘先生は、このラストの展開を連載が始まった時から頭に描いていたといいます。
    その素晴らしい結末を目にするために、ぜひラストまで一気読みすることをお勧めいたします。
    投稿日:2013年07月26日