レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

8776~8800件/11526件 を表示

  • 琴浦さん
    人の心が読めてしまう少女、琴浦春香。特殊な能力で辛い経験を繰り返したため、心を閉ざし周囲から距離を置くようになっていた。ひょんなことから入部したESP研究会やクラスメイトの真鍋との出会いによって、彼女は徐々に心を開いていく…。カワイイだけじゃない、涙と笑いとエロス妄想満載のラブコメです。評価の高かったアニメと合わせてお勧めします。(>ワ<≡>ワ<)コシコシコシ
    投稿日:2014年08月29日
  • 解体屋ゲン ベストセレクション~ゲンさん大奮闘編~
    主人公は弱小解体業者、朝倉工務店の朝倉巌(いわお)、通称ゲンさん。依頼人から請け負った仕事は無理難題でも持ち前の底力と決して諦めない不屈の精神力で何でも解決!ゲンさんの弱者だろうが強者だろうが、どんな人に対しても偏見を持たないその公明正大な人柄に一人の男として憧れちゃいます。物語の最後には必ずミッションを成し遂げる決して読者の期待を裏切らないエンディングにスカッと爽快感いっぱいです!
    投稿日:2014年08月29日
  • 信長のシェフ
    平成の料理人がタイムスリップし、信長のシェフになったら…。子供の頃、「信長の野望」シリーズにハマった方(私を含め)には特におすすめです!名だたる戦国武将たちの生きざまに現代の料理が加わったこの作品は一口で二度美味しい! また、単なるグルメ漫画ではなく、当時の政治的な背景や文化、食材などの知識を絡めつつ、独自の仮説に基づいて紡がれたストーリーは、歴史に詳しくない方でもハマる内容。読めば戦国時代に心がタイムスリップ!
    投稿日:2014年08月29日
  • ボールルームへようこそ
    ボールルームとは舞踏場のこと。つまりこの作品は競技ダンスを題材にした漫画なのです。競技ダンス?と思いますよね。でもこの漫画、熱すぎる!そこら辺の漫画じゃ太刀打ち出来ない熱さがある。そしてドラマがある!まさに目から鱗のテーマです。それに竹内先生の描く女の子とか超可愛いんですよ。個人的にはこれ重要!まだまだこんな作品に出会えるから漫画編集者はやめられない。ほんとウチの雑誌に載せたいと心から思う作品です。
    投稿日:2014年08月29日
  • 悪の教典
    作中で主人公の蓮実聖司は「肉食の羊」と形容されます。どんな超常現象よりも、隣人が異常というのは現代日本において最大のホラーだと思います。まして聖職であるべき教師が知能の高い大量殺人鬼。まさしくその主人公のトンデモ具合とスリリングな展開において、弊誌では『亜人』と双璧をなす人気作品です。連載ではちょうど蓮実がクラスまるごと消し去りにかかっています。誰が生き残り、どのような結末を迎えるのか? ぜひご一読ください。
    投稿日:2014年08月29日
  • 何事にも超ド直球な体育会系女子、晴菜の暴走が止まらない!2011年に実写映画化までされた、「青空エール」「先生!」でお馴染の河原先生が贈るハイテンションラブコメディです。中学校まではソフトボール一筋で恋とは無縁の生活を送っていた晴菜ですが、高校入学を機に恋愛をしようと決意します。よくあるマンガだと男子高校生がこういう発想で恋愛したがってたりしますよね。男子か!と思わずツッコミを、入れたくなる主人公ですが、読み進めていると本当に男前な少女です。雪のなか薄着だったり、男子が開けられなかったビンの蓋を軽々開けてみたり…。性格も思っていることがすぐ顔にでてしまうぐらい素直な子で、すごく応援したくなる女の子です。女子校生の楽しい恋愛模様を中心に描かれている作品なので、まだ恋をしたことがない人はもちろん、男女の関係にちょっと疲れた人にも読んでもらいたい作品です
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年08月29日
  • 監獄学園
    マンガを読むうえで、ギャグ&エロ&情熱と、僕が欲求するすべての要素が詰まってる大作だと思っています。登場人物たちが、真剣に全力でくだらない目標に向かっている姿は、爆笑を通り越して感動すら覚えます。自分もこういう優れた作品をたくさん世に出して、たくさんの人に喜んでもらい、たくさんの人に怒られたいと思っています。
    投稿日:2014年08月29日
  • ログ・ホライズン ~西風の旅団~
    『西風の旅団』は、橙乃ままれ氏による人気ノベル『ログ・ホライズン』原作の新エピソードです。主人公は、原作に登場するキャラクターの中でも戦闘に長け、少し天然だけど、とびきりやさしい心の持ち主で、女の子にモテる(!)ソウジロウ。オンラインゲームの世界に閉じ込められてしまったギルド“西風の旅団”のギルドマスターとして、彼を慕う美少女メンバーたちを守るため、大活躍します。こゆき氏の描くキャラクターたちは、みんな表情豊かで超魅力的! 『ログホラ』ファンのみなさん、必読ですよ!!
    投稿日:2014年08月29日
  • ONE OUTS
    賭野球「ワンナウト」で無敗の投手・渡久地東亜が、弱小プロ野球チーム・リカオンズに入団し、巧みな心理戦によってチームを勝利に導いていくお話です。主人公・渡久地はいわゆるヒーローではなくて、憎たらしさ満載の男なところも普通の野球漫画にはない面白さだと思います。周囲の人物が渡久地の作戦に「えええーっ!」と驚く顔がなんだかとても好きです(笑)。野球シーズンまっさかりの今、ぜひオススメしたい一冊です。
    投稿日:2014年08月29日
  • ひまわり!! それからのだいすき!!
    漫画雑誌にはその雑誌特有の『色』を決めている作品がある。弊誌の場合その作品の一つが「ひまわり!! それからのだいすき!!」だ。この作品は軽度の知的障害を持つ柚子が子育てに奮闘する「だいすき!!」の続編。大学生になった柚子の娘・ひまわりは、仕事や恋愛、結婚など将来を真剣に考える年頃。しかし、すべての問題に母の存在が関わってくる……。その重いテーマに主人公・ひまわりと作者は手を携えながら答えを見つけてゆく。何が正解かはわからない。でも進まなきゃいけない。その、一歩一歩の小さな足取りがとても清々しい。自信を持ってお勧めできる作品だ。
    投稿日:2014年08月29日
  • 100回お見合いしたヲタ女子の婚活記
    オタク女子が20代後半で婚活を始めたら、結婚相談所で変な相手に出会いまくり!!「なにこの男!?」「え、なにこのデート、苦行!?」という苦労の連続!! 30代独身の私から見れば他人事じゃないはず(というか今の私よりだいぶお若い年頃のお話ですね)なのに、かわいい絵に癒されて、ハッピーエンドに勇気をもらえます。内容は過酷なのに読後感はすごく幸せなこの1冊、ぜひぜひ読んで見てくださいね!
    投稿日:2014年08月29日
  • 快楽ラブレッスン
    男みたいな名前のうえに地味で洋服のセンスもない、自分に自信のない女の子がサロンでイケメンに囲まれて美しく変わっていき、そしてその中のひとりと恋に落ちる……そんな女子の夢をかなえてくれる作品です!! タイプの違うかっこいいスタッフは見ているだけでも目の保養!! 容姿であれ、能力であれ、自分に自信を持つって大事なんだな、ということに気づかせてもらいました。もちろんロマンティックかつエロいHもたっぷりです。 (※こちらの作品の電子書籍版は未発売です。配信中の『乙蜜マンゴスチン』にて掲載中です。)
    投稿日:2014年08月29日
  • ヒメゴト~十九歳の制服~
    周囲から男っぽく見られている女子大生・由樹(ユキ)。彼女は誰にも言えない秘密の儀式を行っていた――燻り続ける己の欲望に苦悩する日々を送る由樹。一方、同じ大学に通う佳人(カイト)と未果子(ミカコ)の2人も他人には明かせぬ「秘密」を抱えていて――現在も「モバMAN」で大好評連載中、自社DLランキングではトップを走り続ける大ヒット作品です。制服、女装、欲望、援交…そんな「ヒメゴト」に苦悩する3人の19歳の男女が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」に触れてみてください。
    投稿日:2014年08月29日
  • これは恋のはなし
    最近自分も含め、妙に肌ざわりのよい大人が増えているように思います。言葉は丁寧で、優しい雰囲気で。でも肌ざわりの悪い人でもなんだか魅力がある人はいるように思います。この作品の主人公・真一はそんな男です。愛想はないし言葉も乱暴。ハードボイルド系の小説を書いて人気を博していたけれど、今はスランプ中。そんな真一が孤独を抱えた少女・遥と出会い、関係ないはずなのに「放っておけない」気持ちに目覚めていく。真一の不器用な優しさが素敵です。31歳と10歳。21の年の差を越える純愛ストーリー、オススメです。
    投稿日:2014年08月29日
  • キュビズム・ラブ
    「ガンパレード・マーチ」のゲームデザイナー・芝村裕吏が原作を手掛け、「今日からマ王!」のイラストレーター・松本テマリがコミックを担当。超豪華なクリエイター二人が、とんでもない内容のラブストーリーを紡ぎだしました。主人公は、交通事故で身体を失い、脳だけが入った黒い箱になった少女・ノリコ。主治医の篠田先生との間に、肉体が介在しない愛情がはぐくまれていく様は、まさに“究極のピュアラブ・ストーリー”です。ただの黒い箱のノリコちゃんが、だんだんたまらなく可愛く見えてくるところは、さすが松本テマリ先生です…!
    投稿日:2014年08月29日
  • 葉ツ恋ノ記
    美しく緻密で、少年漫画のような個性的な作画で圧倒的な世界感を作り出す吹屋フロ先生。だけどこれは“BL”なのです!外務大臣の息子とそのお目付役の、学生運動を舞台にした社会派ストーリーに、貴族と馬の禁忌的なおとぎ話。更には牛若丸と弁慶の出会いを描いた歴史物語まで…。1本の幹に様々な物語の葉が茂るように、この「葉ツ恋の記」は読む人を様々な時代に誘い、素敵なラブストーリーを見せてくれます。真新しいBLに出会いたい方、そして主従が好きな方は必見の1冊です。
    投稿日:2014年08月29日
  • 風雲児たち 幕末編
    連載開始から13年目で150話突破、前シリーズから数えると30年になるというまさしく〈大河〉ドラマ。ご存じのように、主人公(!)坂本竜馬を描くために、なんと関ヶ原の戦いにまでさかのぼったという作品ですが、さらに注目は保科正之、最上徳内、高野長英、林子平、高山彦九郎などなど、それまであまり知られてこなかった人物を取り上げたり、さらに田沼意次のこれまでのイメージを覆したりと、みなもと史観が炸裂。さて、これから先の進行は?乞うご期待。
    投稿日:2014年08月29日
  • 深夜食堂
    オリジナルで不動の人気を誇る本作にさらなる飛躍が!この秋、10月初旬よりTVドラマ第3弾が放映開始!さらにさらに2015年1月31日全国東映系で映画公開予定!!!公開情報は順次本誌誌面で!話題沸騰の深夜食堂から目を離すな!と言いたいです。
    投稿日:2014年08月29日
  • 甘やかな花の血族
    「男に争われるのは君の宿命だ」「私の体は一族の男にとって共有物!?」「私のすべてを奪った男とのキスがなぜこんなに甘いの…」などなど衝撃的な文面が並ぶこの作品。私がTLの編集長として就任してきて最初に目にした作品ですが、そのドラマチックなストーリ^展開に目が離せず、時間も忘れて一気に読み終えた記憶があります。平凡なOLが取引先の社長にプロポーズされ、そのまま拉&監禁されて抱かれてしま う。大富豪一族の男性から次々ねらわれる彼女の運命は!?1月から雑誌ayaで、シリーズ連載もはじまる本作、ぜひお楽しみください!
    投稿日:2014年08月29日
  • 大人のキスの使い方
    YLCコミックで大活躍の山口ねね先生の、金平糖のようなキラキラ甘い作品集。恋愛のもろくて誇らしくてちょっとカッコ悪い部分を、独特のタッチですくい上げてくれる感じがたまりません。個性あふれる登場人物に残らず感情移入してしまって、キュンキュンしっぱなし! 作中に登場するドS編集神林さんのように、キビキビダメ出しのできる編集者を目指したいものです。
    投稿日:2014年08月29日
  • 少女ファイト
    「プラスチック解体高校」、「極東学園天国」や「G戦場ヘヴンズドア」を発表し熱烈なファンを獲得してきた日本橋ヨヲコ氏。当時からその魅力的なキャラクター描写は注目を浴びていました。ただ良くも悪くもアクが強い…。だからその作風が苦手な人もいたかもしれません。でも逆にそんな人にもお勧めなのが現在イブニングで連載中の「少女ファイト」です。この作品はバレーボールに打ち込む女の子たちが主人公!このスポーツというテーマが今までにない日本橋さんの魅力を引き出しています。やっぱ只者じゃない作者が描くとスポーツ漫画も只者じゃない作品になっちゃうから不思議。ぜひその目で確かめてみてください。絶対損はさせません!
    投稿日:2014年08月29日
  • ヤンキークエスト
    数年前に、村上先生が「近代麻雀」で描いた読切『ウラドラ』というヤンキー×麻雀漫画を一目見て『惚れた!!』となり即執筆をお願いしました(笑)。「週刊漫画ゴラク」での読切掲載の後、時には7~8時間にも及ぶ熱い打ち合わせを重ね、誕生したのがヤンクエです。――東日本最強の族“サタン”のヘッド・二鷹は、異世界のお姫様・リグレットに“サタン違い”で召喚されます。お姫様は帝国軍の猛攻で自国が滅亡の危機にあり、最後の手段として“魔王”の力を頼ったのでした――感涙必至!爆笑必死!ヤンキー爆走ファンタジー、続々重版中!村上先生の熱き想い、ぜひとも体感して下さい!ヤンクエ・インパクツを!
    投稿日:2014年08月29日
  • 海街diary
    『カリフォルニア物語』や『バナナ・フィッシュ』などのイメージが強い吉田秋生氏でしたが、こんなにも叙情的な人間模様の漫画も描けるのかぁという衝撃は凄かった。古都・鎌倉で織りなす、様々な世代の人間模様は、緻密に計算されていながら、どことなく「あっけらかん」としています。それが古都・鎌倉ならではの独特のメランコリーと相まって、読後には切なくて心地よい余韻が残りました。
    投稿日:2014年08月29日
  • 海街diary
    子供の頃、「河よりも長くゆるやかに」が大好きだった。あの主人公の少年の、暗い生い立ちの中の、まぶしい明るさ。身勝手な大人たちが作った環境を、壊すのでもなく必死にでもなく、生きることを楽しんでいるトシちゃん! 人生って、こんな感じでしょ…力を抜いて楽しもうよ、楽しめるよ。子供なりにそんなメッセージを受け取った気がした。そして大人になって、不惑も越えて…今、素直に泣きたい時に読むのが「海街diary」。人生って、いろいろあるよ。でも楽しもう、楽しめる。いつだって人生は切ないけど、それを教えてくれた吉田先生、ありがとうございます。
    投稿日:2014年08月29日
  • グラゼニ
    左投げの中継ぎ投手・凡田夏之介は、プロ8年目で年俸1800万。プロといえども、要は球団に雇われるサラリーマン。荒波にもまれながら、サバイブ&サクセスを目指す夏之介の姿は、読者の共感を呼ぶこと請け合いです。夏之介はおそらく「記録より記憶に残る」選手。長い時間をかけて「プロ野球史上、最も波乱に満ちた野球人生(引退後も含め?)を過ごした男」の半生が描かれていくことを期待しています。現在はメジャーリーグに挑戦中ですが、どうなることですか……
    投稿日:2014年08月29日