レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

8551~8575件/11387件 を表示

  • 琴浦さん
    人の心が読めてしまう少女、琴浦春香。特殊な能力で辛い経験を繰り返したため、心を閉ざし周囲から距離を置くようになっていた。ひょんなことから入部したESP研究会やクラスメイトの真鍋との出会いによって、彼女は徐々に心を開いていく…。カワイイだけじゃない、涙と笑いとエロス妄想満載のラブコメです。評価の高かったアニメと合わせてお勧めします。(>ワ<≡>ワ<)コシコシコシ
    投稿日:2014年08月29日
  • ケンガンアシュラ
    家庭は崩壊、仕事はできない56歳のダメリーマン、山下一夫(ヤマシタカズオ)が突然、会社の会長に呼び出された!!謎の闘技者・十鬼蛇王馬(トキタオウマ)の世話係に任命されたカズオは、企業同士が巨額の利益を賭けて雇った闘技者を闘わせる裏格闘仕合「拳願仕合」の世界に足を踏み入れる。日本最大WEBコミックサイト“裏サンデー”で圧倒的な人気!!読めば誰だって血が滾る、そんな超熱格闘漫画がこの作品です! 是非一気読みしてください!!
    投稿日:2014年08月29日
  • 機動戦士ガンダム サンダーボルト
    「MOONLIGHTMILE」でリアルな宇宙開発を舞台にロマンを描く実力漫画家・太田垣康男さんが、自らのルーツである『機動戦士ガンダム』に挑戦した意欲作です!!驚愕のメカ描写、太田垣流リアリズムを背景に激突する、蒼き主人公たちの躍動!!紙の単行本では増刷を何度も重ねている大人気作品です!太田垣さんご自身がガンダム第一世代でいらっしゃるためか、ガンオタをうならせる描写も満載!!まだ読んでいない方は、是非この機会に太田垣版「一年戦争」をお楽しみください!!
    投稿日:2014年08月29日
  • 風雲児たち 幕末編
    連載開始から13年目で150話突破、前シリーズから数えると30年になるというまさしく〈大河〉ドラマ。ご存じのように、主人公(!)坂本竜馬を描くために、なんと関ヶ原の戦いにまでさかのぼったという作品ですが、さらに注目は保科正之、最上徳内、高野長英、林子平、高山彦九郎などなど、それまであまり知られてこなかった人物を取り上げたり、さらに田沼意次のこれまでのイメージを覆したりと、みなもと史観が炸裂。さて、これから先の進行は?乞うご期待。
    投稿日:2014年08月29日
  • プレイボール
    「巨人の星」に代表される野球コミックといえば、まず根性でしょう、魔球でしょう、奇跡でしょう。そんな作品は数多くあったけれど、この作品にはそういう要素がまるでありません。某誌の編集方針〈正義・友情・努力・勝利〉とはこの作品のために掲げたのでは、お見事としか言いようがありません。ちばあきお氏の作品に共通して流れる人間に対する優しさとか思いやりには、何度読み返しても感動させられます。ほっと一息したい時にオススメ。
    投稿日:2014年08月29日
  • 戦国自衛隊
    屈指の名作劇画の生みの親・森秀樹氏が、満を持して挑んだ新連載が、この「戦国自衛隊」です。半村良原作のSF小説の金字塔を、森秀樹氏が大胆解釈によって描いた今作。徹底描写された最新式の自衛隊装備を用いての合戦シーン、そして誰も予想出来ない大胆な展開には、度肝を抜かれっぱなしです。見た事もない新しい信長像も必見。圧倒的な画力・コマ割と構図で、かつてない「戦国自衛隊」をご堪能あれ。  
     
    投稿日:2014年08月29日
  • 海街diary
    『カリフォルニア物語』や『バナナ・フィッシュ』などのイメージが強い吉田秋生氏でしたが、こんなにも叙情的な人間模様の漫画も描けるのかぁという衝撃は凄かった。古都・鎌倉で織りなす、様々な世代の人間模様は、緻密に計算されていながら、どことなく「あっけらかん」としています。それが古都・鎌倉ならではの独特のメランコリーと相まって、読後には切なくて心地よい余韻が残りました。
    投稿日:2014年08月29日
  • そば屋幻庵
    好きな趣味が仕事にできれば……と夢見る人も多いはず。この作品の主人公・牧野玄太郎は、「そば打ちを極める」という夢を叶えるため、けっこうな高給取りの旗本なのに仕事をやめてさっさと隠居してしまった、なかなかに迷惑な人物です。念願叶って始めたそばの担ぎ屋台に客が持ち込む問題を解決したり、家人にばれないように右往左往したり……。そんなエピソードにほっこり癒されます。ストレスをためた方におすすめ!
    投稿日:2014年08月29日
  • がんばろうね、ハニー
    絶対恋愛Sweetで大活躍中の若菜先生の2冊目のコミックス「きみとの約束」は、無口妄想系エロイケメン・ヒデハルくんとおさななじみ美穂ちゃんとのお隣系ロマンスでした。初々しいふたりのその後が、この「がんばろうね、ハニー」なんです。高校生だったふたりが大学生になって…? 1冊目から読んで下さってる方も、今回の作品で若菜先生を知ったという方も、是非シリーズ最初から読んでほしい!人気作です。
    投稿日:2014年08月29日
  • ジェミニの悪戯~婚約者の兄に抱かれた私~
    定番の「寝取られ」ものに「双子」という設定をプラスするだけでここまで切なく、甘い物語になるとは…(驚)。「彼の寝てる横で…」という、少し強引になりがちなシチュエーションでも、それぞれのキャラ心理や性格が無理なく盛り込まれている点が素晴らしいです。ミステリーを得意とするヨシダ先生の紡いだ物語に、多希先生の美しい絵柄と構成力が加わり100%ではなく120%の仕上がりになった時、編集者として至福の瞬間でした。伏線が今後どのように解消され、ハラハラさせてくれるのか一読者として楽しみにしています。
    投稿日:2014年08月29日
  • 宇宙怪人みずきちゃん
    クセモノぞろいの「Championタップ!」連載作品の中でも、ひときわ際立つクセモノ作品。かわいい絵柄だから許される(?)倫理観ゼロの残酷描写と、底の見えない独特の世界観は、校了時に何度も鳥肌が立ちました。才能を「怖い」と感じたことは初めてかもしれません。美術系大学に通いながら、毎月へんてこりんな漫画を描きつづける、たばよう先生。マンガ好きなら、この奇妙な若き才能を見逃すことはできないはずです。
    投稿日:2014年08月29日
  • さきくさの咲く頃
    著作「女の穴」「恋につきもの」の映画化、7月より4カ月連続単行本刊行とまさに旬の女性作家、ふみふみこ先生初の長編作品。ご自身の郷里を舞台に、3人の高校3年生の1年間がみずみずしく描かれています。片田舎の閉鎖的な雰囲気、キャラクターの揺れる心情が、背景と白地のコマから湧き上がってきます。テイストはかなり違いますが、ふみ先生が「Championタップ!」で連載されている「さくらの園」もぜひお試しください。
    投稿日:2014年08月29日
  • ヤコとポコ
    少女漫画家のヤコと、てきとうモードに設定したネコ型ロボットアシスタントのポコの、ほどよく丁寧(=てきとう)に過ごす日々。そのなんでもない毎日にひとたび触れると、何故か懐かしく、せつなく、静かに涙がこぼれます。ヤコとポコは、幸せになれるかもしれないという「ゆっこペン」を集めていますが、この作品を読む上でのキーワードは想像するということ。誰かを思いやる優しさというものも、きっとここから生まれます。適当に生きることが難しく、覚悟を必要とする今こそ、多くの人に読んでほしい作品。
    投稿日:2014年08月29日
  • 聖痕のクェイサー
    ビジネスや水商売をテーマにした青年誌ではなく、大人の読めるファンタジーを! 吉野先生に相談をしたところ、日本版『ダ・ヴィンチ・コード』こそが、我々の作るべき目標ではないかという結論にたどり着いたのです。こうして連日連夜打ち合わせで1つのアイディアが結実しました。「おっぱいを吸ってパワーアップする漫画!」吉野&佐藤先生にとっても初のオリジナル連載。全力で色々なアイディアを注ぎ込みました。おかげさまでTVアニメ化もされ、まもなく19巻になる長期連載になりました。でも元ネタが『ダ・ヴィンチ・コード』ということだけは何故か誰も気づいてくれません。
    投稿日:2014年08月29日
  • イヤハヤ南友
    永井豪先生というと『デビルマン』『マジンガーZ』などはもう漫画ファンの基礎教養みたいなものですが、私にとってベスト永井豪作品というと週刊少年マガジン連載の『イヤハヤ南友』になります。読んでいただけばお分かりになると思いますが、ある意味SM漫画の最高峰の1本と呼んで差し支えないのではないかと。後半の父兄参観試合での美少女ヒロインたちが「八つ裂きテスト」「耐下痢テスト」などハレンチきわまりない勝負する姿は、子供時代の私に素晴らしいトラウマを与えて下さいました。その節はありがとうございました。その巨匠・永井先生の新連載『グレンダイザー ギガ』がチャンピオンRED次号11月号(9月19日発売)からスタートです。こちらもよろしくお願いいたします。
    投稿日:2014年08月29日
  • 青春しょんぼりクラブ
    「プリンセス」と言えばファンタジーや歴史物を想像する方が多いかもしれません。しかし小誌が目指すのは「少女まんがの新世界」。個性的ないわゆるラブコメも揃っています。期待の作家・アサダさんの「青春しょんぼりクラブ」は好きになった相手が必ず自分の目の前で恋人を作ってしまうという女子高生・にまの物語。可愛い絵柄だけではなく気の効いたセリフ回しにも注目です。にま以外にもうまく恋愛できない男子女子が多数。あなたに似たキャラが見つかるかもしれません。
    投稿日:2014年08月29日
  • セトウツミ
    漫画家さんと「展開」について話しあうことがよくあります。「場面を変えて話の流れを速くしよう」とか「過去のシーンで余韻を作りましょう」など。読者に興味を持ってもらうために物語に緩急をつけるのです。しかし優れたギャグ漫画は同じことを繰り返してもさらにおもしろくなるから不思議です。「セトウツミ」も基本的に2人の高校生が日々の雑感をしゃべっているだけ。舞台も常に公園。セリフを聞き間違ったまま進行するネタなどが秀逸です。後ろを歩く男性2人組がボソッとおもしろいことを言っていた…ような読後感。
    投稿日:2014年08月29日
  • 京都ゆうても端のほう
    「京都ゆうても端のほう」…なんてセンスあふれるタイトル! そしてタイトルに負けない魅力いっぱいの物語で「GOLD」読者のハートを射止めたのが、二星天さんのこの作品です。京都府庁の観光課に勤める主人公の青年は、ひょんなことから京都の妖怪がらみの事件をまとめた「紫道標帖」編纂の仕事に就くことになり…そんなオープニングから二星ワールドにグッと引き込まれ、主人公と一緒に京都の観光地を駆け巡る!! 修学旅行や観光で、一度は行ったおなじみの場所。歴史と美食と妖怪と…日本人は、どうしたって京都の魅力に逆らえません。そうだ、「京都ゆうても」買おう!
    投稿日:2014年08月29日
  • 海街diary
    子供の頃、「河よりも長くゆるやかに」が大好きだった。あの主人公の少年の、暗い生い立ちの中の、まぶしい明るさ。身勝手な大人たちが作った環境を、壊すのでもなく必死にでもなく、生きることを楽しんでいるトシちゃん! 人生って、こんな感じでしょ…力を抜いて楽しもうよ、楽しめるよ。子供なりにそんなメッセージを受け取った気がした。そして大人になって、不惑も越えて…今、素直に泣きたい時に読むのが「海街diary」。人生って、いろいろあるよ。でも楽しもう、楽しめる。いつだって人生は切ないけど、それを教えてくれた吉田先生、ありがとうございます。
    投稿日:2014年08月29日
  • クジラの子らは砂上に歌う
    砂に覆い尽くされた世界を漂う「泥クジラ」と呼ばれる巨船に暮らす少年少女たち。そこが世界のすべてだと思っていた彼らが外界と接触したことから起きる突然の悲劇。そして生き延びるために否応なく巻き込まれる戦いの日々。絶望と希望が入り混じる少年少女決死の砂漠戦記!すでに各紙誌の書評、ネットのレビューで紹介され非常に動きのいい作品です。本作の作画はすべて梅田阿比先生が一人で手がけられており、緻密で繊細、そして不思議な儚さを感じさせる壮大なファンタジー世界を構築しています。ぜひご一読を!
    投稿日:2014年08月29日
  • メイドインアビス
    世界に但一つ残された秘境の大穴“アビス”を探検する少女リコと機械の少年の物語。大判の判型でもまだ小さいと思わせる緻密な異世界の描写には、壮大なストーリーに見合った説得力を感じます。ファンタジー好きやRPG好きなら必読!世界観・キャラ造形の随所に底知れぬ作者の(偏?)愛を散りばめ、ボーイミーツガールやジュブナイル物のロマンをたっぷり詰め込んだその佇まいは、まるで名作RPGのような趣。近頃、本作をはじめ異世界を舞台にした骨太な作品が数多く登場しており、本格ファンタジーの復権の兆しを感じます。
    投稿日:2014年08月29日
  • ヤング ブラック・ジャック
    手塚治虫先生の名キャラクター「ブラック・ジャック」の若き時代を描くこの作品、見どころは、原作の世界観を損なわぬよう連載当時の年代設定を踏襲し、精密な時代考証を行なう田畑由秋先生の脚本と、大熊ゆうご先生が描く、躍動感にあふれ眉目秀麗な若き“ブラック・ジャック”こと間黒男の雄姿です。未完のジグソーパズルに挑むように、手塚先生が遺した作品の設定やエピソードをもとに、描かれていない空白期の物語を二人が紡ぎます。ある意味、「ブラック・ジャック」の新エピソードが今読める!といっても過言ではないでしょう。
    投稿日:2014年08月29日
  • 奮闘!びったれ
    “びったれ”とは広島弁で「小心者」という意味だそうですが、この物語の主人公である司法書士・伊武努は、元バリバリの極道という、タイトルとはある意味真逆の人物。ではなぜこの題名かというと、主人公が助ける人々が“びったれ”なのです。彼らを“びったれ”な状況に追い込み、餌食とする奴らがいる。そのような弱肉強食な社会に一石を投じる主人公の行動には、読み手にストレートに響く力強さがあります。掲載誌「プレイコミック」が休刊となりましたが、9月末より始動の「別冊ヤングチャンピオン」に受け継がれ、装い新たに連載が始まります。
    投稿日:2014年08月29日
  • 恋獄の華
    淡い恋心を抱いていた高尾から結婚を申し込まれた蓮華。けれど彼の目的は名家であった蓮華の家と繋がりを持ち、自分の会社に箔をつけることで…。元名家のお嬢様・蓮華とやり手の若手社長・高尾の恋の行方は――? 花李先生が描く、女の子の恋への憧れがいっぱいつまった作品たち。華やかでキラキラとした恋物語に胸がキュンキュンしちゃいます!
    投稿日:2014年08月29日
  • ママだってストライキ
    専業主婦の歩美。アラフォーで駆け込み結婚した友人の幸せそうな話を聞いて、現在の自分の存在意義を考える…。主婦・母・妻である自分を家族はあたり前と感じている。そこにいることがあたり前。我慢ならずストライキを起こした歩美は、家を飛び出し、かつての同僚とホテルに…。そこには家族には見せない女としての自分が…? 女って欲張り…なんて思わないでほしい! 誰だって人から求められることはうれしいけど、感謝もされずにあたり前だと思われると、いまが幸せか…わからなくなる…。いくつになっても複雑な女ゴコロ、感じてください!
    投稿日:2014年08月29日