レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

8476~8500件/10834件 を表示

  • 匿名希望
    謎をどこまでたためるか
    謎をどこまでたためるかが必見です!
    願わくばしっかりした終わり方にしてほしいところ…
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年05月26日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    微妙でした
    ストーリーは、1冊ほぼメインカップルのお話でした。童貞、恋愛も満足にした経験のない受が、突然イケメンの男にモテてしまう。受は、最初の攻の告白を断りますが、その後のアプローチでは、特に相手が男という事に強い葛藤は全くしていません。結構あっさり、女性との恋愛同様に対応します。一途な攻の態度に、受も惹かれ始めて結ばれます。エロ描写は、結構あっさり系です。濃厚エロが好みの方はちょっと物足りないかもしれません。初めて購入する作者さんでしたが、今後他の作品を購入するかは未定ですね。購入しないかも知れません。作者買いを起こしてしまう様な、そこまでの感動はありませんでした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月26日
  • ショック続きものです
    腰乃さん大好きです。相変わらずのセリフの多さですが、笹原くんの、弟くんのお話です。本当にふつうの男の子達の、悶々とした気持ちがよくわかります。笹原くんと鮫島くんも相変わらずの仲の良さです。オナニーさえするのが怖い弟くんでも最後には、新庄くんを思い出しながら…とにかく楽しいお話しでした。はやく続きが読みたいです
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年05月25日
  • 匿名希望
    ただひたすらエロいだけです
    個人的にSでもMでも鬼畜でも変態でも構いませんが、そこに欠片の愛が無いものは好きではありません。特に、子供の前でするのはよもや犯罪です。絵はエログロですがきれいです。ストーリー重視の方にはお薦めできませんがエロ重視の方には良いと思います
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年05月25日
  • 匿名希望
    いいですね。
    TVアニメがすでに追い付いてきたのが残念ですが、期待が持てます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月25日
  • 匿名希望
    面白い!
    ちょっと偏ったところがあるが最後まで飽きさせずに読ませてくれる
    ジャンプの内幕暴露もいいね
    一部ジャンプの編集への不満も出てるじゃあないかな?
    個人的には長引かせてドラゴンボールを名作から駄作に貶めたと思ってるから~
    漫画への個人の想いも重ねて読むとおもろいかも?
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年05月25日
  • 匿名希望
    ちょっと上手く行き過ぎ?
    奈緒子ほど鮮烈ではないけど面白い
    ただ当初の目標から大幅進展でちょっと上手くいき過ぎが・・・なんなんだかな
    でも駆け引きとか高校野球への批判も含め面白い
    • 参考になった 5
    投稿日:2014年05月25日
  • 匿名希望
    徐々に
    つまらなくなって来てる気がする
    弁当からも遠ざかっているような?
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年05月25日
  • 匿名希望
    続刊次第かぁ
    1巻は掛け値なしに面白い!
    2巻少し間延びしちゃったかな?
    続刊期待ってことで!!!
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年05月25日
  • 匿名希望
    くだらなさ過ぎ
    夫の秘密なんてミステリアスな説明に興味を持って購入しましたが、「そう来るか?」的な内容でガッカリしました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月25日
  • 匿名希望
    絵は可愛いのに。。。
    話の流れにまとまりがないように思いました。全4巻とあったので購入し、4巻目を読み終えた所で終わり方に疑問を持ちました。「え?これで終わり?続くんじゃないの?」と。検索すると4巻の紹介に「感動の最終巻」とあったのでやっぱり先はないようですが、正直な感想としては不完全燃焼な終わり方でしたね。元々原作は小説だったのかな?
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月24日
  • 匿名希望
    面白い~
    個人的に作画の雰囲気が好きでは無くとっつき難い感じでしたがストーリーに魅せられ嵌りました
    一度読めばクセになります
    ただ心配は長いんだろうなぁ
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年05月24日
  • 匿名希望
    最高
    ストーリーが大きく動くので話としてもメリハリがあって楽しい!!
    あと、愛のあるエロさがあってよかったです♪
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月23日
  • 匿名希望
    むっちゃいい!!
    ストーリー面白いし、読んでニヤニヤできるし(*´ω`*)オススメ~
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年05月23日
  • 匿名希望
    設定はいい
    設定はいい!!
    けど、何か色々もったいない(。´Д⊂)
    おんなじ言い回しが何回もでるので、
    読んでるこっちはもういいよってなるので、
    ☆3つ
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年05月23日
  •  4月16日、韓国南西部の珍島(チンド)付近で発生した旅客船セウォル号の沈没事故を境に朴槿恵(パククネ)大統領の支持率が急落しているという。修学旅行の高校生ら200人以上の死者を出す最悪の事故の原因究明は今後の捜査を待たなければなりませんが、沈没しつつある船に乗客を残したまま、船長以下の乗員が脱出していたこと(責任を問われて逮捕されています)や、そもそも定められた以上の荷物を積み込む過積載などの安全運行の軽視などが次々に暴露されて、遺族はいうまでもなく、韓国国民の多くが国の有り様に対して大きな失望を感じ、政権に対する批判を強めていくであろうことは想像に難くありません。朴槿恵大統領自身、初期対応の不備を遺族や国民に謝罪するなど収拾に努めていますが、政府批判の声は高まる一方のようです。ここで注目すべきは、韓国が議院内閣制の日本とは違って、国民による直接選挙によって選ばれる大統領制であるという点です。朴槿恵は2012年の大統領選挙で勝利して2013年2月大統領に就任しました。任期は2018年2月まであり、事故の責任を厳しく追及されている現在はまだ任期の半ばにもきていません。にもかかわらず、朴大統領の去就に注目が集まるのには理由があります。第18代大統領である朴槿恵の父は3人目の大統領の朴正煕(パク・チョンヒ)です。朴正煕は在任中に側近中の側近、韓国の情報機関KCIA(韓国中央情報部)部長に銃殺されました。こうした非業の死をとげたのは朴正煕だけではありません。韓国の大統領のほとんどすべてが、退任後、在職中の「罪」を問われ、暗殺、自殺、亡命、隠遁、逮捕、死刑宣告といった形で、政治家としての「死」を迎えているのです。この歴史的な事実に着目して、その背景と韓国社会の先行きを検証したのが、今週紹介する『大統領を殺す国 韓国』です。著者の辺真一(ぴょん・じんいる)さんは、1947年東京都生まれ。明治学院大学卒業後、新聞記者を経てフリーのジャーナリストとして活動。1982年、朝鮮半島問題専門誌『コリア・レポート』を創刊。紙媒体のみならず、テレビやラジオなど幅広いメディアで評論活動を展開するコリア・ウオッチャーです。本書の冒頭に「歴代韓国大統領一覧」と題した表があります。一人目(第1代~第3代)の李承晩(イ・スンマン)から十一人目(第18代)の朴槿恵まで歴代大統領を顔写真付きで一覧にしたものですが、在任期間の下の「状況欄」が面白い。以下に就任順に抜き書きしてみます。[1]李承晩(イ・スンマン)学生革命で失脚→亡命 [2]尹〓善(ユン・ボソン。〓は日本語の漢字にない文字)軍事クーデターにて辞任 [3]朴正煕(パク・チョンヒ)在任中に暗殺される [4]崔圭夏(チェ・ギュハ)クーデターにて辞任 [5]全斗煥(チョン・ドゥファン)退任後に死刑判決(無期懲役に減刑、その後に特赦) [6]盧泰愚(ノ・テウ)退任後に懲役17年(後に特赦) [7]金泳三(キム・ヨンサム)自宅軟禁状態(本人談)次男逮捕 [8]金大中(キム・デジュン)一族の不正で三人の息子が逮捕 [9]盧武鉉(ノ・ムヒョン)退任後に自殺 [10]李明博(イ・ミョンバク)実兄が逮捕、本人も不動産購入における不正資金疑惑 [11]朴槿恵(パク・クネ)? どうでしょうか。最高権力者たちがその任を退いたあとは必ずと言っていいほど、断罪されていっているのです。辺さんはこう指摘しています。〈二〇〇三年から二〇〇八年まで大統領を務めた盧武鉉(ノ・ムヒョン)は退任後、崖から身を投げて亡くなった。一度は国家権力のトップに立った人間が、その権力を手放した後に自ら死を選んだのである。盧武鉉は「馬鹿の盧」のキャッチフレーズで売った、庶民的な大統領だった。なぜ、彼のような人間が死ななければならなかったのか。また、「死」とは生命のみを意味しない。政治的、社会的「死」もある。実は、韓国の大統領のほとんどすべてが、退任後、在職中の「罪」を問われ、亡命、隠遁、逮捕、死刑宣告といった「罰」を受けている。これほど光と影のコントラストがくっきりとわかれる権力者ばかりが続く国はそうはないだろう〉辺さんはそうした視点から、建国の父、李承晩に始まり、朴正煕を経て、全斗煥、盧泰愚、金泳三、金大中、盧武鉉、李明博といった韓国の大統領たちはどんな罪を問われ、どうその罪をつぐなったのかを調べ上げ、建国から66年の韓国――歴代大統領と韓国国民たちの間で何があったのかを検証していきます。ここでは、全斗煥と盧泰愚の時代を見ていきます。軍事クーデターによって大統領の座を射止めた全斗煥は、ともにクーデターに動いた陸士同期の盧泰愚に政権を譲ったあとでどんな処遇を得たのか――。〈大統領となった盧泰愚は、まず前政権の清算から行った。全斗煥の不正蓄財を追及したのである。全斗煥も捜査を甘んじて受け入れ、資産の一部を国庫へ返納すると同時に、山寺で隠遁生活を送ることになった。私は盧泰愚の全斗煥に対する仕打ちを本気だとは思っていなかった。二人はもともと「同期の桜」である。暗黙の了解、阿吽の呼吸で全斗煥に責任を取らせるというパフォーマンスをしているにすぎないと醒めた見方をしていた。いずれ禊ぎを済ませたとして復活を遂げるのではないかと思っていたのだ。しかし、その予想は裏切られた。盧泰愚は本気で全斗煥を切ろうとしていた。全斗煥は早くソウルに戻りたかったのに、もうしばらくそのままじっとしていろと言うばかりで、一向に戻してもらえなかった。盧泰愚は全斗煥の後継者と目されていたが、二人の大統領には大きな違いがある。全斗煥は間接選挙のみだったが、盧泰愚は直接選挙に勝って玉座に座った。このことが盧泰愚を強気にさせたと私は見ている。終生ナンバー2だと思われていた盧泰愚だが、トップに立ったことで本来の自分を出すことができた。そして、自分をもっと光輝かせるためには、影が必要だ。その影の役こそ前大統領の全斗煥だった〉陸軍士官学校同期で粛軍クーデターを先導した二人でしたが、盧泰愚は最高権力者となったとき、自分を後継指名して院政をしこうという前大統領の思惑を知りぬいたうえで容赦なく切り捨てます。盟友を山寺に追いやった権力闘争の凄まじさ。その盧泰愚も、退任後に不正蓄財と光州事件の責任を問われて、金泳三政権下で懲役17年と追徴金2628億ウォン(約277億円)の支払いを義務づけられます。それにしても、この巨額ぶりには驚きます。最後に「韓国人が求めるリーダー」についての辺さんの指摘を紹介して終わりにします。第14代大統領、金泳三は後継者の3条件として以下の三つをあげたそうです。〈一つは強力なリーダーシップ。二つ目に誠実で嘘をつかないこと。三つ目が道徳的にきれいなこと。この三つのうち、歴代の大統領は、誰一人、二、三は守れなかった。しかし、一の強力なリーダーシップについては、李承晩から朴槿惠に至るまで全員に必須の条件だった。(中略)しかし、絶対的な権力を一人の人間に与えたことの反動もある。スキャンダルが起きたときに、大統領をその座から引きずりおろすというエネルギーはすさまじいものになる。大統領に対する国民の支持率の乱高下はその象徴だ〉2002年W杯日韓共催から12年――嫌韓論が声高に語られ、ヘイトスピーチがネット上にあふれる状況です。近くて遠い国、韓国。隣国で何が始まり、何が変わろうとしているのか。お互いを知ろうとする冷静な思考が問われています。その手がかりとなる好著です。(2014/5/23)
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年05月23日
  • ディスカバー・ジャパン!ディスカバー・ニンジャ! ページの隅々からあふれだす「スリケン」「カチグミ・サラリマン」「スモトリ」といった謎の日本語に心を鷲づかみにされる『ニンジャスレイヤー』。ケバいアメリカ産のお菓子のような装丁で、本屋で異彩を放っていたこの『ニンジャスレイヤー』、コミック版も予想以上にぶっ飛んでいて、私もう夢中でございますl
     『ニューロマンサー』がチバなら『ニンジャスレイヤー』の舞台は近未来のネオサイタマ(ちなみにネオサイタマは東京湾に浮かぶ“人工島”です)。犯罪組織「ソウカイ・シンジケート」が跋扈する「マッポー」の世にあって、超人的な身体能力を持ち「カラテ」と「ジツ」を操る超人的な「ニンジャ」は大企業の手先として数々の荒事をこなします。主人公は・ニンジャスレイヤーことフジキド・ケンジ。妻子をニンジャに殺され自身も重傷を負った彼は、今際の際にニンジャ・ソウルに憑依され、ニンジャを憎むニンジャとして生まれ変わります。
     この、サイバーパンク好きにはたまらない設定と、確かなアクションシーンが否応なく気持ちを盛り上げるうえに、いわゆる、外国人の間違った日本観によってつくられたステキ世界&日本語が、これまでのエンターテイメント作品ではなかった、謎の娯楽性を発揮します。
     物語冒頭、ソウカイヤニンジャのアーソンと、彼を襲撃したニンジャスレイヤーが対峙する緊迫したシーン、ニンジャスレイヤーはいきなり「ドーモ はじめまして ニンジャスレイヤーです」とオジギします。アーソンも「ドーモ ニンジャスレイヤー=サン アーソンです」とオジギを返します。このあいさつは、ニンジャの礼儀として古事記にも書かれていることで、決しておろそかにはできないのです!!
     全くの別世界ではなく、日本と関係しているけれど実態とはまったく違うエキゾチック・ジャパンは、一度嵌り込むと止まらなくなります。女性主人公の一人称が「アタイ」。何かというと「ユウジョウ」を繰りかえすサラリーマンや女子高生。謎の「オリガミ部」……。
     まるで、キリシタンに伝わるキリスト教が、永年の鎖国によって独自の信仰・カクレキリシタンとなったのと同様といってしまうのは、やっぱり言いすぎなようなのでやめますが、ガラパゴス進化のような楽しみを味わえる一冊といえましょう。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年05月23日
  • 超長生きで人の言葉を話す不思議な猫、オードリーとその飼い主の頼ちゃんを取り巻く江の島のスローライフ物語。ハラハラドキドキ!といったストーリー展開はないのですが、出てくるキャラクターたちの心情などがわかりやすく描かれていて、絵もすごく丁寧なので読みやすいです。オードリーが人の言葉を理解し、話せることは誰にも内緒。飼い主の頼ちゃんも知りません。なので、うっかりオードリーが人語を話すと周りが何事かとざわつきます。それでも誰も気付かないのがこのマンガのキャラクターたちのゆったりとした性格をあらわしてるのかなぁと思ったり。読めばきっと、ほっこり優しい気持ちになれると思います。ほとんどが短いお話なのでちょっと時間があるときや、気持ちがすさんでるとき、にゃんこに癒されたいときにオススメです
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年05月23日
  • 匿名希望
    短い。。。
    安いからと買ってみたらなんと17ページしかなかった。かなり驚いた。ページ数の表記がないため、ほぼ詐欺だと思います。せめてページ数を明記して欲しいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月22日
  • 匿名希望
    段々と低下?
    初期の1~3話完結のストーリーの方が断然面白い
    第二審になってから間延びしたつまらない作品傾向が強い
    次が面白く無ければ購入中止予定
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    カラーの絵本で読みたいです。
    子供の頃の思い出がよみがえってきて、なつかしい気持ちになりました。
    子供が服を汚しても、これを読んだあとだったら怒れませんね~。子育て中に読みたかったです。
    話もたくさんあり、これで無料はお得すぎます。
    電子書籍でも面白かったですが、紙の絵本で孫(まだいませんが)に読み聞かせたい作品です。
    絵本出版希望します。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月21日
  • “しりあがり寿版「ガリバー旅行記」”と銘打たれてはいますが、ガリバーはただの語り部で、彼が漂流して辿りついた様々な“国”の話が1話完結で描かれます。出てくる国はどれも特徴的なのですが、その特徴とはそのまま現代日本の一片です。日本人の民族性や空気感、流行り廃りや時代の潮流などが架空の国を通じて描かれ、漫画ならではの“日本批評”になっています。ぜひ『あの日からのマンガ』とあわせて読んでいただきたい1冊です!
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月20日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    全体的に文章構成が甘いなと
    主人公ストックホルム症候群っぽいな~と。
    全体的に甘い(いい意味ではない)
    乙女系ラノベに求めるもんでもないけど、
    作者さんは登場人物すべてに愛着があるのだろう、出るヒトすべてが善人では矛盾点が出てしまうのに。
    他の作品でこの値段ならもうちょい楽しいのがあるってことを考えると星ふたつかな~
    エロに関しても心引かれるもんでもなかったし。
    あと、この作品のあおり文と内容ちぐはぐ。
    読んですぐかいてるので、おかしい所があるかもしれませんが私個人のレビューなのでご理解ください。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月18日
  • 匿名希望
    人の話は聞きなさい(-_-;)
    まぁ立ち読み版だけの判断ですけど、ある意味酷い本ですねぇ(^_^;)。

    「またこの家族かよ」と唯一まともな主人公に言わしめるピンぼけ揃いのアシ三姉妹(三巻現在)。
     そろいもそろってお題目(-_-;)。ソレをいちいち描写の作画陣。
     三巻でとうとう主人公も壊れ加減になってきたし。

     確かに面白くは話に触れられるけど、本題霞んでるよ(+_+)。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月17日
  • 匿名希望
    純真でピュアな笑顔に癒されて♪
    福田素子先生の漫画で、いつも元気をもらっています。
    忘れていた子供のころをふりかえれました。
    純真さ笑顔のかわいさ癒されます。
    福田先生の漫画の中にいつも爽やかさを感じ、懐かしさとともにすがすがしい読後感で癒されてしまいました。
    何度も読みかえしたくなる絵本のようです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年05月17日