レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

7276~7300件/9382件 を表示

  • にこたま
    ワンテーマ・マガジンFRaUでは、2008年以降、少女マンガ・男性マンガといったジャンルの枠を越え、大人女性にフィットするマンガを「女子マンガ」と呼ぶことにして、その普及に務めてきました。2013年の7月号で「女子マンガ大賞」を新設したのですが、その栄えある第1回大賞に輝いたのが、この作品です。9年もつき合っている彼から、ある日突然、浮気相手との間に子供ができたと告げられ……産む、産まない、産めない、結婚する、しないetc.とてもヘビーなテーマを扱いながら、なぜか爽やかな読後感を持たせてしまうところに、渡部ペコさんのスゴさを感じます。全5巻で完結している、FRaUお墨付きのこの作品、男性も女性も、ぜひ読んでください!
    投稿日:2014年01月17日
  • のだめカンタービレ
    「Kiss」でこの作品の連載がスタートした当時、私はKiss副編集長として、デスクをしていました。デスクという仕事は、言葉や絵など表現に誤りや問題はないかなど、どちらかといえばネガティブチェックをします。ですから、作品を楽しむ視点や余裕はありません。しかし、ある回、ゲラをめくると、ウソ偽りなく、「音」が鳴り響きました。オーケストラが演奏しているシーンでした。もちろん私はクラッシックは門外漢で、曲名を聞いてもメロディは浮かびません。でも確かに、音は脳内にありました。聞こえないはずのものが聞こえる、しかも仕事として読んでいる者を圧倒させる力を持つ作品。もちろん、この作品がその後、不朽の名作となったことはご承知の通りです。テレビでもヒットしましたが、やはり、「マンガ」ならではの味わい深さを感じてほしいと思います。
    投稿日:2014年01月17日
  • ノラガミ
    あなたの前に「私は神です」という男があらわれたら、どうします? しかもジャージの若いやつ。でもその男、夜ト(やと)は、電話一本でどこにでも駆けつけてくれ、あなたの悩みを解決するデりバリーゴッドなんです! 彼岸と此岸の間に横たわる怪異の輩を、まとめてぶった切る! 1月からアニメ化も決定しているこの作品、まずは読まなくてもいい、ただ「見て」欲しい。表紙だけでも見ていただければ、美麗を極めたそのアートワークに魅せられるはず。見れば、必ず読みたくなり、読めば必ずトリコになる、そんな作品。自信を持っておススメします!
    投稿日:2014年01月17日
  • 聲の形
    主人公は、聴覚障害を持つ少女・硝子と、硝子をいじめたことで、やがて自らもいじめの標的となってしまう少年・将也。心に傷を負う二人の、出会いと別れ、再会と再生の物語です。痛々しいほどリアルな心理描写に、きっと心が揺さぶられるはずです。事実、様々な意見がネットを飛び交い、編集部の電話が鳴り、お手紙が届き続けています。多くの読者が、作品に感情移入している証拠だと思っています。この作品を読むと、もしかしたら、ズーンと悲しい気持ちになるかもしれません。心がモヤモヤするかもしれません。やり場のない怒りが込み上げてくるかもしれません。ただし、きっと最後には、誰かに優しくしたくてたまらなくなるはずです。身近な大切な人達を、ぎゅっと抱きしめたくなるはずです。絶対に読むべき傑作です。
    投稿日:2014年01月17日
  • ももプロZ
    「ももいろクローバーZ」の公式コミックだからといって「ももクロZ」ではない。「ももプロZ」である。ももクロのメンバーらしきキャラがプロレス界でNo.1を目指す物語である。いや、ギャグ漫画である。もちろん、試合はほとんどしない。控室でうだうだしているばかりである。しかしながら作者・小城徹也氏と編集担当者の偏執的こだわりによりすべてのももクロファンが納得する出来である。もちろんファンでなくても楽しめる出来で、学校推薦図書に選ばれるのではないかと密かに思っている。
    投稿日:2014年01月17日
  • 亜人
    エリート高校生がある日突然事故死! と思ったら直後にまさかの蘇生! それは主人公・永井圭が国内3例目となる不死身の新生物・亜人に認定され、1億円の懸賞金目当てに世界中から追われることが決定した瞬間だった……この物語はそんなお話です。永井圭はその後、家族からも同級生からも自動的に絶縁されますが、たったひとり味方がいます。幼友達のカイです。ケイは全てを失ったかわりに、本当の友達をただひとり得ました。これって最悪の状況? それともちょっと羨ましいですか? 奇想天外だけど他人事じゃない、「亜人」はそんな物語です!
    投稿日:2014年01月17日
  • ALL OUT!!
    高校生男子2名(1人は素人!?)がラグビー部で頑張る、という王道スポーツ漫画です。まずラグビー漫画ってのが珍しくないですか? 担当曰く「歴史上存在した全てのラグビー漫画を既に超えた」そうです。つってもラグビー漫画自体そんなに存在してないし(笑)。ラグビーに何の興味もない私が読んでも相当ハマったので、スポーツ漫画が好きな方なら誰でものめりこめると思います。あと、ガタイのいい男が好きな女性にもお勧め!
    投稿日:2014年01月17日
  • Dreams
    高校野球界に現れた孤高のヒーロー・久里武志。苛烈な気性により、所属するすべてのチームでつまはじきにされた異端児が、信頼できる監督とチームメイトに出会い、輝きを放ちはじめる! 「Dreams」のはじめの1巻、とりあえず、これだけでも必ず読んでくださいm(__)m。主人公・久里の圧倒的なヒロイズム。そして少年漫画らしいまっすぐな熱気、その二つに加えて最先端の野球理論が見事に融合した稀有な作品です。僕は今まで10冊は買って、新人作家に漫画のお手本の一つとして渡しました。心がふるえて、野球が見たくなる、したくなる。つまり傑作です。
    投稿日:2014年01月17日
  • COPPELION
    原発事故で完全封鎖された旧首都を舞台に、3人の女子高生が生存者救出のため絶望的な情況に立ち向かう「禁未来SFアクション」です。
    遺伝子操作によって生み出された放射線耐性を持つ子どもたち、通称『COPPELION(コッペリオン)』。フランス人形劇「コッペリア」に由来するコッペリオンは、その名の通り〝人形〟扱いされ、汚染地域での任務のため旧首都に派遣されます。そんな悲しい存在にも関わらず、人命救助のため全力を尽くす姿に、とにかく胸を打たずにはいられません。特に、どんな時も前向きな笑みを忘れない主人公・荊(いばら)には、いつもいつも元気もらってます!
    5年前、2008年に連載を開始してすぐに大反響、2010年にはTVアニメの製作が決定、そしてついに昨年10月、TV放送されました。様々な悲劇を経験した今だからこそ、『COPPELION』を一人でも多くの日本人に読んで欲しいと、心より願っています。
    投稿日:2014年01月17日
  • 屍活師
    “法医学”――この言葉を聞いて生きている自分に関わりがある、と思う人は少ないはず。しかし、この『屍活師』は変わり者の准教授・桐山ユキと医学生・犬飼一が紡ぎだす、生きる者の糧となる物語なのです! 作者の杜野亜希先生は薬学部を卒業した医療畑出身の漫画家さん。そんな杜野先生が描く“法医学”が面白くないわけがない!! 情死・転落死・医療ミス…あらゆる死因に隠れた、死者の最期の声を残された人間へ届ける。それが法医学の役目でもあるはず。きっと読後にはユキの決め台詞を呟きたくなるでしょう…『屍は活ける師なり』と。
    投稿日:2014年01月17日
  • 幼い絵、臭いセリフ、でも感動します!
    子供っぽい絵が苦手でした。
    最初はセリフも臭い。
    でもいつの間にか引き込まれます。
    そしてある時からリアルに命について感じることができるようになります。
    名作中の名作中!読んで損なし!
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年01月16日
  • 速さこそが全て
    速い=強さという、恐ろしいほどスマートな世界で、
    1秒削るために数億をつぎ込む本気の大人達。
    毎巻読み終わった後、熱く煮えたぎる自分の中の何かに出会えます。
    読んで損はない!モータースポーツに興味がない人ほど読んで欲しいです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年01月16日
  • 神風はテロか?
    私も戦時中の特攻隊員はある種の洗脳があったのではないか?
    と思ってました。そして神風はバカだ、くだらないと。
    でも、この本を読んでから、
    自国の敗北が決まり、敵国がまさに自国に攻め入りそうな間際、
    自分は本当に何もせずにいられるだろうか?と思うようになりました。
    自分が生かされていたことに気づき、感謝し、後世を思い、それならば!
    と考えることもあるのではないでしょうか。
    私も主人公と同じように、戦争の時代について少しだけリアルに感じることができるよになったひとりです。
    • 参考になった 13
    投稿日:2014年01月16日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    これから
    1巻は序章な感じですがラブコメでこれからドンドン楽しくなって来るので購入しました。2巻が待ち遠しいです!
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年01月15日
  • 女心がよく描けています。
    30代、40代の男性ならば誰もがお世話になった小室友理様。AVの撮影や恋愛でのsexやその時の心情がよく描けていて抜けます!
    男としては、もう少しsexに至る経緯や細い描写が欲しいところでしょうか。
    小室友理嬢のファンだった人は間違いなく買いじゃないでしょうか。小室友理嬢の頭の良さが伝わって来る作品となっています。


    • 参考になった 0
    投稿日:2014年01月14日
  • 突然自分以外の人がいなくなった世界。主人公・ミヤコはそんな世界でも小さな発見や驚きを見つけながら楽しく過ごす。そんな折に出会ったのは、元人間で今はなぜかフラミンゴの「オンノジ」――。これだけ聞くとSFっぽいですが、内容的にはシュールめの4コマギャグ(?)マンガです。なぜ誰もいないのか、なぜオンノジはフラミンゴなのか、そんなことはどうでもいいんです。ふたりが、本来絶望しかないだろう世界でそれでも笑いあって生きている、そのことがこれ以上ないほど素晴らしく感じられ、作者の「前を向いて生きていく」というメッセージがシンプルに伝わってきます。読み終えたとき、思わず目頭がアツくなってしまいました。「大切な一冊」になりうる作品です!
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年01月14日
  • 紹介文がおかしい
    紹介文の内容はほんのわずかで、違う話がわりと長い。立ち読み版を置かないならもう少し正確に内容を伝えてほしい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年01月13日
  • 匿名希望
    紙版と一部違いがあります
    色あせてしまった当時購入したコミックが、電子版で読めてうれしいです。
    本棚の整理をしようと思って、電子版を購入しました。
     ただ紙の書籍と電子版書籍では、ページの右隅に付いていた作者さんの近況や、制作の裏話が載ったフリートークの部分がすべてなくなっているという違いがありました。
    吉住先生直筆だったので、残してほしかったと思いますね。そのため整理しようと思っていた紙版をまだ保管しています。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年01月13日
  • 匿名希望
    30年ぶりの再読
    年ばれますが、今読み返すと時代設定に悲しさを覚えます。
    少尉って陸軍なんだ、と。折角のハッピーエンドですが、日本は激動の昭和初期に突入な訳で、二人の幸せは長くは続かないのね、と。子供の頃はそんな事考えませんでしたが。今読み返すと余りに二人が清い関係でビックリしますが、懐かしく楽しく読みました。番外編や、作者のコメントも当時のコミックのままで、電子書籍でそこら辺も読み返せて嬉しかったです。
    • 参考になった 12
    投稿日:2014年01月13日
  • 「情報」の使い方が巧み
    巨人に関しての情報が極端に少なく、それが不気味さとリアリティをだしています。
    そして次々と降りかかる謎に対応しなければならないキャラクター達の困惑や戸惑いが、よく描かれています。
    これからの展開が待てません。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年01月13日
  • 匿名希望
    すべて単行本収録済み
    桑田次郎の作品が怒涛の勢いで電子化されて、あたふたと大人買いしています。
    「ミュータント伝」が700円ちょっとで読めるなんて、現実とは思えない。
    近刊と予定されていた本書も楽しみに待ちわびていたのですが…

    「しみ」マンガショップ刊「サングラスをはずさないで」に収録
    「感覚転移」同「感覚転移」に収録
    「骨は語った」同「キングロボ 下」に収録
    「焼死体」同「サングラスをはずさないで」に収録
    「地獄からきた少年」同「悪夢の使者」、及び既刊の「マスカー・ブルー」に収録

    どうしてこうなった。
    「単行本未収録選」のタイトルは早急に改題すべきでしょう。

    電子化されていない短編はまだまだ山のようにありますので、長編ともども、これからのラインナップに期待しています。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年01月12日
  • 匿名希望
    「若者たち」と同一内容です
    書店から消えてしまった永島作品が、安価に入手できるのは大変ありがたく思っています。
    しかし、これはない。
    映画「黄色い涙」が公開された際に、原作である「若者たち」がこのタイトルで改題再刊されました。
    確認のため購入しましたが、やはり同一内容です。
    「若者たち」を購入済みの方はご注意。それ以外の永島ファンにはおすすめ。
    作品自体は良作ですから星四つ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年01月11日
  • マンガの舞台は、ほぼ畳一畳分だけだけど
    現在テレビ東京系列でアニメが放送中ですが、主要登場人物は、主人公の関くんと横井さん二人だけ、しかも2人は会話すらしません(ボディーランゲージでの意思疎通はあります)。マンガの主な舞台は、畳一畳分、関君の席と横井さんの席だけです。

    多くの登場人物が出て来て、世界を駆け巡ったり、異世界まで登場するマンガもある中で、こんな狭い世界の話でおもしろいの?と思うかもしれませんが、毎回(1話完結です)、思わずクスリと笑ってしまいます。

    主人公の関くんは、毎回授業中に一人遊びをしだすのですが、毎回、横井さんと読者の想像を超えた遊びをします。話が進んでいくと、この遊びのパターン前にもあったよね、もう驚かないよと横井さんも読者も思うのですが、関くんの遊びは、さらにその上を行って驚かされます。

    関くんの奇想天外な一人遊び、いつも関くんに驚かされてしまう横井さんのリアクション、二人の無言の会話、無敵の関くんの意外な弱点など、思わずクスリとしてしまう、ほのぼの読めるマンガだと思います。

    1話完結で、1話10ページほどなので、毎巻の1話分が無料立読みで読めますので、暇がある時にでも読んで見て下さい。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年01月11日
  • 匿名希望
    買って後悔
    男性向けエロ風なBLが好きなので、
    あらすじ読んでワクテカしながら購入したのはいいが、買って後悔した。
    210円しかしなくても後悔
    内容自体最初から期待してないからいいけど、全然エロくないなのが致命的
    どこら辺が鬼畜プレイなのかと聞きたい
    せめて輪○んや公衆便所シーンあってから書いてほしい
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年01月11日
  • つい最近、最終回を迎えた「&」のおかざき真理さんの作品「サプリ全10巻」オススメします!作家自身が元広告代理店(某博○堂)でデザイナーの勤務経験があるため、「女子の夢」部分はキッチリ入れつつ、仕事や恋愛の葛藤などはリアルで、「ああっ共感できるっ!」と唸れます。やっぱり経験者が描く作品は違うなぁ~と思いました。主人公の広告代理店で働く藤井ミナミは、27歳にして7年間付き合っていた彼氏と別れてしまうところから物語はスタートします。そう、そこからが面白いのです!!長年の彼氏と別れてからがやっぱり人生面白いですよね!?仕事は徹夜や休日出勤が当たり前の激務。だから友達も少ない。恋愛はできるのかっ?是非読んでみてください!
    • 参考になった 5
    投稿日:2014年01月10日