レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

6926~6950件/9367件 を表示

  • 匿名希望
    少年漫画らしい少年漫画
    傘を振り回してアバンストラッシュをマネしていた思い出、ありませんか?
    懐かしくも新しい、普遍的にして熱い冒険譚を求めていませんか?
    ダイの世界へ、ようこそ!
    ドラクエ……と銘打ってはいますが、ゲームを知らなくても楽しめる、別世界のストーリーです。
    一応、呪文、アイテム、モンスター、職業などの世界設定は、ドラクエ3(ファミコン版)がベース。しかし作品オリジナル要素も多く、本家のゲームに影響した必殺技もありました。
    しっかりと描き込まれているのにクリアで見やすい絵柄と構図、ドラマ性の高い展開、熱いセリフの数々、味方だけではなく魅力的な敵キャラクター群は、まさに少年漫画のお手本といって良いでしょう。
    実は連載時は、もっと短く終わる予定でしたが、読者人気ゆえに連載延長。しかし、ジャンプにありがちな無理な引き伸ばしではなく、きちんと構成し直されましたのでダレませんでした。当時のムックに拠れば、原作の方がゴールをきちんと決めて書くタイプだったそうです。
    この物語が、さらに若い世代へ読み継がれることを期待します。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年07月02日
  • 匿名希望
    ハイテンション☆ラーメンギャグ!
    庶民の間でラーメンが禁止され闇取り引きされている社会に
    人々にラーメンの美味しさを広めるべく
    活躍する天才ラーメン少年の
    ハチャメチャ ラーメン☆アクション!
    巻末のラーメン工場レポも面白かった!
    おいしいラーメンが食べたくなる漫画です。

    • 参考になった 0
    投稿日:2014年07月02日
  • 匿名希望
    ボリューム満点!幻想絵巻!
    紙の本も持ってますが電子書籍も両方揃えたい本のひとつ!

    この漫画でギルガメッシュ叙事詩の神話をしりました。

    幻想的で読んだ後もしばらくはその世界の余韻がのこるほど魅力的なお話です。

    2巻で完結ですがもっと読みたいと思わせる内容です。

    半神半人の孤独な若い王 ギルガメッシュの唯一の親友のエンキドゥとの
    互いを想う友情に涙が止まりませんでした。

    名作中の名作なのですが余り知られていないのが残念。
    内容も濃く損したと感じさせないボリュ-ムなので
    是非読んで欲しいです!
    いちおしですよ!
    (^^)b ☆ 
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年07月02日
  • 匿名希望
    高すぎます。
    このページ数でこの金額、高すぎます。某所の倍とか何故でしょう?理由がしりたい。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年07月01日
  • ブラジルW杯、日本は残念な結果に終わってしまいましたね……。アジアでは強豪国でも、世界とはまだこれほど差があるのかと思われた方も多いのではないでしょうか。しかし具体的に日本の選手・サッカーと世界のそれは何が違うのか。技術? 体格? メンタル? 本作はそれを知るためのきっかけになる得る作品です。長友選手のトレーニングで話題の「体幹」に始まり、姿勢や走り方、筋肉の使い方、はては「脳」の使い方まで、サッカー上達のための意外な事実がこれでもかと詰め込まれています。本作を読んだ後、世界の一流選手のプレイを見ると「なるほど」と思うところがあるかも…? サッカーをしている息子さんがいるお父さん! ぜひこれを読ませるべきですよ! ちなみに僕はブラジルW杯、優勝はオランダと予想しています(2014/6/27時点)。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年07月01日
  • 匿名希望
    意外
    立ち読み部分だけでも面白そうだと伝わる感じ。
    こういう設定だと、発送だけで絵がからっきしだったりするけど、そっちもそれなりに纏めているし、
    一言完走を述べるなら「意外な面白さ」だった。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月29日
  • 全体的にいまいち
    性欲を力として、世界を脅かす悪者と戦う、そんな使い降るされたストーリーの本作品ですが、私個人の意見としては大損な作品でした。

    画力 ☆ はっきりいって下手過ぎます。そしてエロもくない。表紙は悪くないが、線が汚いです。

    ストーリー ☆ ドキドキもなくハラハラもなく、意外性もなく、たいしてエロくもない性欲を使い果たした主人公が、エロを感じる方法をもっと考えて欲しい。いい加減過ぎる。ハッキリ言って駄作

    電子ブックは売れないので、駄作を買ってしまうと後悔しか残りません。というよい経験をさせて頂きました。絵が好みであるって人以外はオススメしません!
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月29日
  • コメディなのか、シリアスなのか・・・
    ハッハッハッハ♪♪
    なんともテキトーな奴らばっかりでww

    ちょっとリアルではあり得ないであろう
    あのテキトーっぷりが好きです♪♪

    そんな中にもシリアスな展開があって、
    楽しめました^^
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年06月27日
  • 匿名希望
    単行本未収録の話が読めます
    以前出ていた紙の単行本には収録されなかった25週分のエピソードが
    6~8巻に収録されています。
    今までそれを読めなかった山下たろーファンの方はこの電子版で読みましょう。
    未収録のエピソードにも良いのが揃っていますよ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月27日
  • 〈盆が明けた。厚岸(あつけし)の町に秋風が吹き始めていた。〉『ホテルローヤル』(集英社刊)で2013年(上期)直木賞を受賞した桜木紫乃の長編ミステリー『硝子の葦』の書き出しの一行は、舞台となる北海道の季節感、生活状況を、彼女らしい余計なものを削ぎ落とした文体で表していて、読む者をいきなり物語に引きずり込んでいきます。〈男が腰を下ろしたのは、幅の狭いカウンターに丸椅子が五席という一杯飲み屋だった。客のほとんどがつき出しの煮付けと、その日港に入った魚に銚子数本で満足して帰る。小路の入り口アーチには『すずらん銀座』と書かれていた。もともとは白かったはずの鉄板も、錆で縁取られている。幅五メートルほどの狭い通路の両側に、十軒ずつスナックの看板が並んでいた。営業しているのは通りの両端にある二軒だけだ。好漁だった時代の町には、こんな通りがいくつもあった。〉かつては漁が町を潤し、賑わいをみせていたスナック街も、いまはシャッター街と化し、まだお盆あけだというのに吹きはじめた秋風に“冬”を感じとる・・・・・・。そんな北海道道東の厚岸のスナックで、ひとりの女性が焼死します。〈『すずらん銀座』の中ほどにあるスナックから、鮮やかなオレンジ色の火柱があがっていた。炎は星を焦がさんばかりに黒い煙を押し上げている。男が走り寄ると、『バビアナ』と書かれた看板が熱と煙によってかたちを失った。消防車、と叫んだ女将が走って店に引き返した。男は自分の胸ポケットに入っている携帯電話のことも忘れ、炎の勢いと煙のすさまじさに後ずさりした。木製ドアの隙間から、黒煙が噴き出している。小路の向こう側から『みどり』の店主が走ってくる。男は先ほどまで腰を下ろしていた『たけなか』を振り返った。小路のアーチの下に人影が現れた。アーチ下の人影は左右に揺れたあと、真っ直ぐこちらに近づいてきた。人影は歩調を緩める様子がなかった。男は思わず炎に近づいてゆく者の腕を掴んだ。「中に、人がいるんだ」声を裏返し叫んでいる男を、羽交い締めにする。酔いは目の前の火によってほとんど醒めた。「中に、誰がいるんですか。あなたはこの店の関係者ですか。私は厚岸署の都築と言います」呆然とする男の腕を掴んだまま胸ポケットから警察手帳を取り出した。手帳を見せられた男は瞳に炎を映し、何度も「人がいる」と訴えた。瞬く間に両隣の二店舗が火に包まれる。消防車が到着する頃には既に、両側へ広がった炎は容赦なく小路の店舗を呑み込んでいた。「失礼ですが、あなたのお名前とお仕事、住所をお聞かせ願えますか」都築は彼を観察しながら、途切れがちに返ってくる質問の答えをメモした。『澤木昌弘 四十歳 税理士 釧路市にて会計事務所を経営』建物の中にいるという人物が誰かを訊ねた。都築はじっと澤木の唇が動くのを待った。〉火災現場から発見された性別不明の遺体は、澤木の証言から「幸田節子 三十歳」と発表されます。幸田節子は釧路でラブホテルを経営する幸田喜一郎の妻。この時、喜一郎は交通事故で意識が戻らない状態で、節子は担当税理士の澤木とともに厚岸の実家に来ていたのだ。釧路に帰ろうと、澤木が運転して車を出したところで、忘れ物をとりにいくと言って、節子が車を降りて実家に戻り、そこで爆発火災が起きた。〈現場検証により、火元は『バビアナ』の奥にある住宅の居間部分と特定された。遺体の状況から、自らガソリンをかぶって火を点けたと思われた。発見されたとき既に遺体は黒い骨となっており、爆風や崩れ落ちた建物のせいですべてを拾いきることができなかった。確認のためにやってきた澤木昌弘は、かき集められたものを見てもまだ何が起こったのか分からない様子だった。都築が彼女との関係を訊ねると、澤木は顔を上げ睨むような眼差しで言った。「彼女が置かれていた状況を理解していましたから、これから先は僕が支えるつもりでした」(中略)「こうした選択をほのめかすような言動に、お気づきじゃなかったですか」「突然、ご主人の会社を従業員に譲渡したいと言い出して、そのあとに厚岸へドライブに誘われたんです」厚岸に誘われた理由に心当たりはないかと訊ねた。「ここが自分の生まれた家だと言って古いアルバムを見せてくれました」澤木昌弘のひとことは、幸田節子の覚悟を推し量る大きな要因となった。それ以上の質問を都築はしなかった。「あなたは、自分の命があることを感謝しなくちゃ」何気なく呟かれた刑事の言葉は、心の内を透かし見せることとなった。都築は幸田節子がこの男を巻き添えにするつもりで厚岸にやってきたという推測が大きく外れていない確信を得て、『バビアナ』の火災に関する事情聴取を終えた。〉『バビアナ』のママである節子の母は、かつて喜一郎の愛人だった。節子は二十歳の時に喜一郎の紹介で澤田の面接を受けて、会計事務所の事務員として働き始めた。そして5年後、25歳の節子は喜一郎と結婚します。母の愛人を奪った形ですが、二人が男女の仲であることに澤田が気付くのは、節子と関係をもって1年近く経ったころでした。澤木は男で、幸田喜一郎はパトロン、というのが澤木が自分に与えたひとつのいいわけだった。幸田節子の死は、警察が結論づけたような、自殺だったのか――。夫の喜一郎が交通事故を起こしたのは、厚岸の節子の実家に近い場所だった。なぜ、そんな場所で? 頭蓋骨が陥没し、手術によって一命をとりとめたものの、意識が戻る可能性はほとんどないという。夫の病室に通う節子の心の奥底には、夫は母の元に行っていたのではないか、結婚後も夫と母の関係は続いていたのではないかという疑念が生まれていきます。幸田節子の謎めいた行動がもうひとつ。節子が参加する短歌会のメンバー、佐野倫子。いつも小学2年生の娘、まゆみを連れてきます。二人は幸せそのものを演じていますが、節子はまゆみの腕に内出血痕を発見します。指先でつねったものだ。幼い頃、節子の手足にも紫から黄緑、黄色と色とりどりの内出血痕が咲いていた。そして――夫の病院の玄関を出ようとした節子は、ふと、通り過ぎた景色の中に視線を感じます。自販機の前、ひとりですわっていたまゆみと目が合った。〈まゆみはジーンズのポケットから紙切れを取り出し、精一杯手を伸ばして節子に差し出した。受け取るのを躊躇(ためら)っていると、少女が頭を下げた。『少しのあいだ、この子をあずかってください。私の携帯は使えない状態です。必ず迎えに行きますので、どうかお願いします』〉まゆみの着ているTシャツの肩口に血が滲んでいるのをみつけた節子は、襟を肩の方へ少しずらした。白いガーゼがあてがわれていて、その下からは何か角のあるもので叩かれたかのような裂けた皮膚があらわれ、腫れて熱をおびていた。「その傷、お母さんがつけたの?」との問いに、まゆみは首を振り、「では、お父さん?」と訊ねると、黙り込んだ。佐野倫子はいったい何を思ってまゆみを節子に押しつけてきたのか。倫子の家庭でいったい何が始まろうとしているのか。序章で描かれた「節子の死」は、このまゆみを押しつけられた数日後のことで、このクライム・ノベルは心うつラストシーンに向かって一気に動き始めます。お盆明けの秋風の季節に始まった、行き場のない孤独な女と男の物語は、雪が舞う冬になって終わります。〈大粒の雪が、擦れあいもつれあいながら落ちてくる。すべてを白く塗りつぶし、降りしきる。〉「すべてを白く塗りつぶし」のフレーズがこの傑作ミステリーの思いもかけぬ結末にこめた桜木紫乃のモチーフを象徴しているようです。(2014/6/27)
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年06月27日
  • ついにリリースされました!お待たせいたしました。新潮社の作品が大量にリリースされたわけですが、こちらは今注目されている作品の一つです!28歳の東京で彼と同棲していた主人公の『ダメな朝食』シーンから始まります。もうこの時点で「ああーうまくいかないよね、この感じは…」と思ってしまいました。私もずっと朝食は会社に来てコンビニのサンドウィッチ等を食べる…と言う習慣だったのですが最近脱却!朝食の大切さをかみしめております。本当にいい気分!知らなかった幸福感!いつもより30分早く起きて自分でちょっと用意して食べる朝食のうまさ。。こちらの作品は外においしい朝食を食べに行くことからスタートするのですが、今はやりのハワイ系とかパンケーキとかbillsのスクランブルエッグとか。まあなんであんなに並ぶんだ!と嫌気を指している方もいらっしゃると思いますが流行だけではない、そして流行る理由が時代にあるのだと思います。主人公の仕事や恋愛の悩み等、見どころや共感できる部分もあるかと思います。そしてそして何と言ってもおいしいものをいい気分で食べたときの気持ちの表現が…とってもいい感じです!3巻には名古屋駅の有名きしめん立ち食い「住よし」とかも出てくるようです☆
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年06月27日
  • 富士山への弾丸登山が問題になっています。これから夏季シーズンのピークに向けて、山岳事故は起きてほしくないですね。『しずかの山』(漫画:松本剛 原作:愛英史)は、ヒマラヤ登山への拠点として有名なナムチェ・バザールの登山ガイド・高遠静が主人公のサスペンスタッチの山岳コミックです。物語はヒマラヤの名峰を舞台に三部構成になっているのですが、特に惹かれたのが2番めの話「真実の山◆アンナプルナ」です。過去のアンナプルナ初登頂の真偽を検証するための若きアルピニストの話なのですが、名クライマーだった高遠静の知られざる過去を織り交ぜた展開とあまりにも過酷な登山に目が離せなくなります。神々しいばかりの壮大な自然を舞台に、極限状態に置かれたアルピニストたちのヒューマンドラマに手に汗握らせ、読了後にはカタルシスが押し寄せます。蛇足ですが、実験的な手法で描かれた猛吹雪や雪崩の圧倒的なシーンは、山への畏れを十二分に感じさせるばかりです。(2014/6/27)
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月27日
  • 匿名希望
    画力はすごいです
    この画力はすごい。
    難点をあえて言えば、誰が誰だがわかりづらい、戦闘シーンの描写がわかりにくい。
    でもまぁ許せる。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月25日
  • 匿名希望
    意外(?)に本格派
    絵はきれいとはいえないので、最初「大丈夫か?」と思いましたが、大当たりでした。
    すべてのコマがちゃんと繋がってるし、謎解きもなるほどと思わせる本格派です。
    結末も「これでいいのか?」とつっこみたくなりますが、こういうのもあり、ですね。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年06月25日
  • 応援したくなる登場人物に胸キュン
    この先生の作品大好きです。セリフもストーリーも素敵です。等身大のシンデレラストーリーです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年06月25日
  • 匿名希望
    大好き
    受けが元気っ子でウブウブなのが大好き。

    王道って感じがお好きな方におすすめ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月24日
  • ネタバレあり
    結局、二人とも天然?
    高史と一瀬は天然なのか?
    体の相性は抜群に良くても、心はかみ合っていない二人ww

    そのせいで、両想いなのにすれ違ってしまい、二人は悩み葛藤するのですが、
    作品が暗~い雰囲気なることは全くありません。

    ズレてる二人に微妙に振り回されている、
    一瀬の秘書・福原と、高史の幼なじみ・たっちゃん。

    たっちゃんがこれまたイケメンでさぁ~♪
    たっちゃん×福原ペアでスピンオフがあればいいなぁ~♪
    なんて思うけど、たっちゃんは既に妻子持ち( ̄_ ̄;
    チッ

    とまぁ、こんな感じで、
    明るく楽しいBL漫画なのです♪(´∀`)b
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月24日
  • みなさん、恋してますか。今このレビューを仕上げるにあたって「恋」という字を書いては消して書いては消してを繰り返すあまり、少々ゲシュタルト崩壊を起こしつつあります。恋が遠ざかっていく感じというか…なんか失恋に似ていますね。恋って一体なんなんでしょうかね。どうして人は恋に落ちるんでしょうか。片思いの失恋と、両想いの失恋は、どちらが悲しいのでしょうか。考え始めるとキリがありません。だから恋愛を題材にした作品っていっぱいあるんですね。我が国においては、古くは『源氏物語』から、そして『青春しょんぼりクラブ』まで。eBookJapanではあらゆる“恋愛本”を多数取り揃えて、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。さて本作ですが、登場人物が揃いも揃って残念な感じです。そして揃いも揃って、いいやつなんです。この手の設定に心がぐらりと揺れてしまうんです、私。そして登場人物の名前が島根県の地名になっているのも個人的には非常にぐっときますね。母方の先祖の墓が島根にあるもんで。島根県はいいところですよ。マイナーな都道府県というレッテルによってメジャーになった不思議な県です。著者さんのふるさとに対する深い愛情を感じました。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年06月24日
  • 匿名希望
    良作
    まるで映画を見ているよう。

    ミステリーサスペンスで一気に引き込み、中だるみなく、サクサクと展開する。

    ミステリー映画のように、え?それで?結局なんだったの?とならず、

    読者のペースで丁寧に謎を解き明かしつつ、登場人物たちの関係性も変化していく点が見どころ。

    良作ってこういう作品なのか、と思わせてくれたマンガ。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年06月23日
  • 匿名希望
    読み返し出来る面白さ
    ヘタレ男のコイ話が等身大で描写されていてストーリーもエンデンングも纏ってる
    何度読み返しても面白さを感じられる~若干年代は遡るから昭和生まれ向きかも?
    昨今の話に詰まったら新しく女の子登場させるハーレム漫画に飽き飽きしてる方にお勧め
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月22日
  • 匿名希望
    予想以上でした
    ただの続編だと思って購入したのですが、これは普通の推理小説のようでどんどん展開する事件に物凄くハラハラしながら引き込まれてしまいました!
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年06月21日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    攻めは右
    サンプルからちょっとコメディーっぽいのを想像していたら、結構シリアスな内容を含んでいて、その過去にとらわれていた受け(表紙左)が、天然メチャ前向きな攻め(表紙右)によってほだされて救われて、過去のトラウマを乗り越えていく…といった骨太なストーリーで、人間同士の心の触れ合いとでもいう感じで、なんだかとても良かったです。受けがすごーく言葉が悪く乱暴で正直あまり好きな受けキャラではないんですけど、攻めキャラの人の好さもあり、カップルとしては結構好き。受けの眼力は、しかし、相当エロい。(笑)
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年06月21日
  • 匿名希望
    待ってました!
    家に本を置くスペースがないので、電子書籍化を心待ちにしていました。

    アニメしか見ていないのですが、原作はアニメ以上に素晴らしいと思いました。

    続刊が待ち遠しいです。早めの電子書籍化を期待しています。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年06月21日
  • 軟弱・お手軽漫画には無い 一筋の光・・・
    狩撫氏作品の メジャータイトルはほぼ 手にしているが
    この作品の用に 別名義 しかもレアな作品となると
    入手する事も 中々 困難

    けれど WEBで漫画?と 躊躇していた自分の考えを撤回します

    狩撫節は どの漫画家 差し向かっても
    必ず 唸らせてくれる 深いテーマを持っているな・・と
    今読み終え レビューを掻きました

    多くの若者が この作品を含め
    狩撫節に 耳を傾けて欲しいものです

    漫画のWEB化(データ化)に 疑問を持っていましたが
    そんな固定概念を捨て 購読でき
    本当に良かったです!!
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月20日
  • 匿名希望
    自転車が見直されている今だからこそ
    自転車好きには絶対に見てもらいたい作品。
    特に連載当初(まだ並木通りがついていたころ)は一話読み切りにもかかわらずストーリーと自転車をしっかり組み合わせ、自転車の世界の広さを分かりやすく示してくれた。
    エコな乗り物としてはばひろく普及を初めて入るが、それとともにいろいろな問題も表層化している自転車。この作品を通して自転車というものを皆が広く深く理解することによって、そうした問題が改善していくことを願いたい。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年06月20日