レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

6901~6925件/11016件 を表示

  • 甘々と稲妻
    妻を亡くしたアラサー教師(優メガネ!)と愛娘(カワイイ!)、そして教え子の女子高生(天使!)が笑顔でゴハンを食べます。そんな三人の成長記録です。登場するキャラクターの表情は繊細であたたか。パラパラ眺めているだけでも嬉しくなります。基本の味付けは「しあわせ」に向かう善良さと誠実さ。時に激甘な人間関係を楽しみ、ほんの少々の「ふしあわせ」が隠し味。老若男女あらゆる方にオススメできる逸品です。さらに毎回登場する料理は、体に優しく本当に美味しいものばかりを厳選。満腹感はんぱなしなのです!
    投稿日:2015年08月28日
  • 長閑の庭
    主人公の大学院生・シュバルツさん(23)がかわいくてしょうがない。地味で不器用だけど、そこがいい。そして彼女に好かれる榊教授(64)がやはりかわいくてしょうがない。いろいろ悟ってそうで、でも抜けているところがいい。立場や年の差というわかりやすいハードルがまたいいのです。理屈と感情の境界を何度も往復する心模様は、若いころよりも大人になった今こそリアルに感じます。<「恋の定義」を模索する>というテーマを、魅力的なキャラクターたちと一緒に追究したくなる、そんな魅惑の一冊でした。恋かぁ。
    投稿日:2015年08月28日
  • 堀居姉妹の五月
    恋とはままならぬもの。堀居さんちの四姉妹だって、育った環境は同じでも、いろんな恋の悩みを抱えています。既婚だけど長期里帰り中の長女、真面目すぎる性格が災いして、お見合い13連敗中の次女、オネエ言葉の優しい彼氏と同棲中の三女。元アイドルで現在無職の四女……。それぞれの恋の行方は!? 「マンガ・エロティクス・エフ」から移籍してきた話題作にご注目ください!
    投稿日:2015年08月28日
  • レイニーソング
    ハツキス連載『私の無知なわたしの未知』がブレイク中の百乃モトさんの連作集です。少女~若い女性の4つの恋の瞬間がていねいに描かれています。いわゆる“百合もの”といわれるジャンルでいずれも女性同士の恋なのですが、恋する相手が誰でもそのきらめきは共通です。百乃さんの独特の空気感も心地いい。『無知未知』と合わせてご一読ください!
    投稿日:2015年08月28日
  • いないボクは蛍町にいる
    ITANからデビューしたタナカミホさんの初連載作。テーマはパラレルワールドもので、死んだ友達を巡ってストーリーが進むのだが、まず驚かされるのはその「絵」だ。それも光や空気感、時の移ろいと言った本来「絵」になりにくいものを巧みに表現している。それがタナカさんの描く素朴なキャラクターや世界観と相まって独特の瑞々しさを醸し出している。爽快感と微かな苦み。ある種のジュブナイルノベルにも通じる最高の読み味をぜひ!
    投稿日:2015年08月28日
  • グラゼニ
    たぶん漫画のテーマとして最も多く取り上げられてきたジャンルは野球だろう。
    そのためネタは出尽くした感があったけれど、これを読んだ時の感想は「この手があったか!」。野球に関するゼニカネの話をこれでもかとリアルに描いてある。金額も私たちの日常とはかけ離れている。でも、主人公を始め登場人物はそれぞれが野球にストイックで彼らの悩みは身につまされるものばかりだ。金が絡むからこそ見えてくるドラマを描いて「王道」のスポコン漫画。やっぱり野球は奥が深い。
    投稿日:2015年08月28日
  • あとかたの街
    昭和19~20年の名古屋。壮絶な2年間を、12歳の主人公・あいちゃんがいかに生きたか。想像するだけで涙が出てくるが、たまに挿入されるご飯のシーンこそが、あいちゃんを支えていたのだと思うと、子供の基本はいつの時代も変わらないとわかる。特に冒頭から出てくる玉子焼きは本当においしそう(築地グルメ漫画を描く作者の本領発揮!)。食糧難の時代ゆえ、登場人物たちの目の輝きが違うから、そう見えるのかも。こうした細部も含めて丁寧に描かれる“戦時の日常漫画”、戦後70年以降も読み継がれてほしい。特に名古屋空襲を知らない方には、全力でオススメ!
    投稿日:2015年08月28日
  • 町田くんの世界
    面白い漫画というのは、何かひとつ常識を覆す要素が入っているもの。この作品にも、従来のメガネ男子のイメージを覆すような主人公のキャラがあり、大変に面白く読みました。成績は悪く不器用。でも、明らかに魅力があって、それが何なのか、うまく言語化できないまま、話は進んでいくという、不思議な作品です。この「わかったようでわからない」ところが、主人公の町田君の魅力で、おそらく各話で出てくる同級生たちも同じ感覚なのではないかと。だからか、読者である自分も、いち同級生のような感覚で物語に参加している気分に。私も、町田君をもっと知りたいなあ! ※電子書籍版は10月23日発売予定です
    投稿日:2015年08月28日
  • 死者の書
    今年、文化庁メディア芸術祭でマンガ部門大賞を受賞した近藤ようこさんが、受賞後第1作として選んだのは、人生を懸けて追い続けてきたこの作品です。近藤さんは、十代で原作の小説に出会い、折口の勉強をするため國學院大學に進まれたかたです。これまで漫画家として豊かなキャリアを歩まれて、遂に満を持して、この作品の漫画化に挑むことになりました。近藤さんが、『死者の書』をお描きになる舞台にビームを選んでくださったことは、本当に光栄だと思っています。
    投稿日:2015年08月28日
  • セキセイインコ
    ヒット作『新宿スワン』から絵柄も物語もグリっと変えての新境地。連載開始時から、とても難しいことにチャレンジしているなあ…と思い、楽しみに読んできました。テーマも構成もすごく考えられていますが、自分は、特に絵が良いと思いますね。現在のヤング誌の、ピンピンにエッジな「到達点」。
    投稿日:2015年08月28日
  • アサギロ~浅葱狼~
    鬼才ヒラマツ・ミノルは、ふと思った。
    “新撰組とは、現代で言えば総合格闘技家の集まりのような存在ではなかったかと・・・・・・でも、全然違う気もする。それを確かめるべく描いてみよう”
    一度読み始めたら止まらない!魅力的なキャラクターが続々登場!新撰組ストーリーの新たな決定版ここに登場!!
    投稿日:2015年08月28日
  • だがしかし
    キャベツ太郎、うまい棒、都こんぶ…自分の少年時代を思い出すと、そこには常に駄菓子を食べていた記憶が…当時は、130キロある現在とはほど遠いスリムボディーだったんですけどね…と自分語りを始めたくなるくらい思い出の駄菓子が盛りだくさんの本作。少年少女から40~50代の方まで、「だがし」にハマる読者が続出中です。
    1巻、2巻とも重版が止まらず、短期間で累計35万部を突破するなど漫画界最注目のだがしコメディー。
    今後間違いなく、より大きくなる作品だと確信していますので、青田買いができるのは今のうちですよ!
    投稿日:2015年08月28日
  • バウンサー
    主人公の獅子戸丈一郎は、正直すぎる性格が災いして、派遣仕事をクビになること実に26回!という強者級のダメ男。そんな彼が、夜の繁華街を守る民間警備会社「東京フィスト」と出会い、ホンモノの用心棒=“バウンサー”たちに揉まれ…いや叩き潰されながら、這い上がっていく様が熱く描かれる。作者は「OUT」を描き今や乗りに乗るみずたまこと先生。ストーリーも100%オリジナルだ。読めば獅子戸を激烈に応援したくなること間違いなし!! アウトロー系新HEROがここに爆誕!!! ぜひ!!!!
    投稿日:2015年08月28日
  • スペイン古城の一夜 ~伯爵と聖女~
    故ダイアナ妃も愛読した、英国の女流文学者バーバラ・カートランド。全世界で10億部の本を売ったともいわれる彼女の、英国の厳格な貴族社会を描いた作品を、純情可憐にコミカライズしたのが桜屋先生です!! 姉の恋愛を応援するために、姪の家庭教師として伯爵のもとに赴く、身分を偽った令嬢・ヴァレーダ。でも伯爵は、姉のヘルミオネではなくヴァレーダに興味を持ってしまい!? 身分差が決定的な壁となった時代だからこそ、そこに生まれる恋は、激しく燃えて、現代にも通じる力を持つのです!
    投稿日:2015年08月28日
  • フォーマルハウトの告白
    「ハーモニィRomance」の表紙イラストを長く描いてくださっている、夏よしみ先生のシークロマンスです。印象的なコマ割りなどの魅せ方もさることながら、もうとにかく背景から衣装から、絵の描きこみ量がすごい! 先生ご自身は「全然時間が足りなくて…」とのことでしたが、いやいや何を仰いますか。もうこの絵だけで、一見の価値ありですよ! 海外ロマンスに今まで触れてこられなかったアナタも、まずはこの作品から、美麗で華やかなロマンスの世界に足を踏み入れられてはいかがでしょうか。病み付きになること間違いなしです♪
    投稿日:2015年08月28日
  • 誘惑のシーク
    歴史ロマンス小説の権威コニー・メイスンの大河ロマンを、「少女革命ウテナ」「とりかえ・ばや」のさいとうちほ先生がコミカライズ! 戦いに敗れ、ハレムに囚われた王女ザラのとびぬけた美しさと小気味よい跳ね返りっぷりが超萌えなんです。誇り高く服従を拒むザラの真価を認めるのは、彼女を捕虜にした当本人であるシーク・ジャマール。お互いに激しく惹かれ合いながらも、敵同士である反発を捨てられない二人の恋の駆け引きから目が離せません! 美しく勇ましいザラと傲慢な美青年ジャマールの恋は、最後の1ページまで余すところなくときめきとスリル満載! 文句なしに楽しめます!
    投稿日:2015年08月28日
  • ローゼリア王国物語
    ヒロインが一国の女王なファンタジーは数あれど、ローゼリア一世殿下に匹敵する女王なし! その理由はまず立ち読みでお確かめ下さい。さちみりほ先生渾身のファンタジーロマンス「ローゼリア王国」シリーズは、新米女王と彼女を取り巻く心優しくて暖かい人々の織りなす愛と希望の物語。誰もが優しさに目覚めてしまう女王の魅力をご堪能あれ!
    投稿日:2015年08月28日
  • 東京スーパーシーク様!!
    超現実主義の女子高生まあやの前に「婚約者」として現れたのは、バルクーク国の王子にしてイケメン、大富豪のシーク・ファキール…と、ここまでは乙女憧れのシチュエーションのようですが、莫大な財力と権力を駆使したシークの求愛は……超・突っ込みどころの嵐ッ!! ラクダに乗って駆け巡り、万札吹雪を散らして猛烈にアプローチするシーク様の愛は、冷静に突っ込みまくるまあやに届く日が来るのか?ご注目ください!
    投稿日:2015年08月28日
  • 愛の呼び声 ~身代わり花嫁の危険な結婚~
    舞台は19世紀英国。貴族の令嬢ラリーサは、両親の死後、義妹と義母に暴力を振るわれ、こき使われる日々を送っています。そんな中、義妹の結婚の約束を代わりに断りに行かされたラリーサは、相手の大富豪・ロスウィン卿に激怒され、なんとその場で身代わりに花嫁に(!)されてしまいます! だけど意外にも、ロスウィン卿に大切にされて、ラリーサは少しずつ惹かれていき…。不幸が引き寄せた感動の愛に、涙です☆
    投稿日:2015年08月28日
  • In These Words
    マーベル、DCコミックなどで人気を博した咎井淳(Jo Chen)が、原作担当のNarcissusと組んだユニット・Guilt|Pleasure。日本の漫画を愛し、憧れ続けた彼女達の作品は、逆輸入という言葉を凌駕し、日本人を驚愕させるものでした。もはや漫画は日本だけのものではない、改めてそう感じさせる一冊です。
    投稿日:2015年08月28日
  • あしたのジョーに憧れて
    主人公の田中くんは、漫画家になる夢を抱いて故郷・青森から上京、憧れのちばてつや先生の門を叩く。そこで彼を待ち受けていたのは、『あしたのジョー』『おれは鉄兵』『あした天気になあれ』など数々の名作を生み出す巨匠の下での、驚くべき漫画体験だった! 漫画大国ニッポンの熱き職人魂を伝えるとともに、一人の少年の汗と涙と成長を描く感動の青春譚。すべての漫画好きの皆様へ、自信をもってオススメします!
    投稿日:2015年08月28日
  • 日々ロック
    かつて『BECK』(ハロルド作石・著)という音楽漫画を担当しておりました。身に染みてわかったのですが、本当に音楽ってのは難しいんですよ。特にロックってやつは。「衝動」なんていう厄介なものを、絵にしなきゃなんないんですから。『日々ロック』は凄いです。読んでいるうちに、気付けば主人公の拓郎と一緒に七転八倒している。血の温度が上がって、猛烈に走り出したくなる。そんな漫画です。
    投稿日:2015年08月28日
  • 後遺症ラジオ
    初めましてネメ子と申します~♪ 編集長よりオススメを全権委任された非正規雇用者(バイト)にして、ネメシス読者ページ「反響欄」の担当で~す! さて本作は、あの“おちょなんさん”で有名な『不安の種』の中山昌亮先生が描く激怖ホラー((;゚Д゚)ガクブル。読んでると後ろ振り返れなくなるわ、ページめくれなくなるわで大惨事ヒィー!(>ω<ノ)ノ。ショートホラーのオムニバスなので、どこから読んでも怖がりやすいし読みやすい◎とか油断してると…ん?これ別々の話じゃなくて…実は繋がってる…? 想像力が豊かな人は100%ヤラレます。キツい残暑はゾ~ッとして乗り切ろう!!
    投稿日:2015年08月28日
  • りぶねす
    「手塩にかけて育てた妹は、俺のフェチズムの集合体…ゆえに可愛くないわけがない!」。そう言ってはばからない超努力家の主人公・哲郎と、天使のように可愛く、素直で兄想いの女の子・カスミが織りなす異色のラブコメ。一見キモい、でも憧れる。そんな二人の関係は連載開始から大人気!カスミにぞっこんの哲郎に、密かに想いを寄せる幼馴染みのアスカもいい味出してます。はてさて、この兄妹の禁断の恋の行く末は――。①・②巻、紙のコミックスは重版連発で絶賛発売中です!
    投稿日:2015年08月28日
  • RiN
    「ハロルド作石がスゴイ!」、と言っても何を今さらであるが、
    『RiN』がスゴイ!ということはまだまだ言い足りない。言われていなさすぎる!
    なのでここで力説しておきます。『RiN』はとてつもなくスゴイことをやってる作品なのです。
    漫画家を目指す主人公、ということでは「漫画家マンガ」の範疇にあるこの作品、主人公伏見やライバルが描く「漫画内マンガ」の緻密な構成(作品として完全に自立してます!)、ヒロイン凛の不思議な能力、丹念に張り巡らせた伏線の数々、その回収の見事さ・・・。
    そして何よりも、ヒロインと思いを通わせながら、夢に向かって真っすぐ努力する姿は、まさにあるべき少年漫画そのもの!
    これを一個の器で実現させている奇跡の作品を目の当たりにできる幸せを、ぜひあなたにも味わっていただきたい、読んでみてください!
    投稿日:2015年08月28日