レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

6551~6575件/10167件 を表示

  •  安倍首相は4月29日、米議会の上下両院合同会議で日本の首相として初めて演説します。同じ敗戦国のドイツ首脳は5回、イタリアは6回、演説をしています。
     第2次世界大戦終戦から70年の節目の年。日本は隣国である韓国、中国と歴史認識をめぐって対立し、その関係はかつてないレベルにまで冷え込んでいます。その一方で、米国との関係は、集団的自衛権の容認に踏み切り、防衛連携を一段と強化していく方針を明らかにしています。そうした中で、米の議員たちを前に安倍首相は何を語るのか。「平和」を、そして「戦争」をどう語るのでしょうか――。

    「安倍晋三」という政治家を理解するうえで、注目すべき本があります。松田賢弥著『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』(講談社刊)です。2015年2月に出版され、3月に電子版がリリースされました。著者の松田賢弥は、「週刊現代」「週刊文春」「文藝春秋」などを舞台に執筆活動を行っているジャーナリスト。小沢一郎への妻・和子からの「離縁状」のスクープで第19回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞大賞を受賞した実力派ライターです。安倍首相はことあるごとに岸信介が祖父であることを口にしていますが、もう一人の祖父、安倍寛(元衆議院議員)について語ることは珍しいといえるかもしれません。著者の松田賢弥はその安倍寛の存在に着目して、こう書いています。

    〈寛は戦時中、東條英機総理らの戦争遂行政策に反対していた。四二年の翼賛選挙では無所属・非推薦で立候補し当選しているが、その際には、寛の選挙活動を執拗に妨害する警察によって高校生の晋太郎(引用者注:安倍首相の父、元外務大臣)も尋問を受けている。
     戦局が悪化し、晋太郎は特攻隊に志願した。出撃の前、郷里に帰った晋太郎に寛は夜を徹してこう語った。
    「この戦争は負けるかも知れない。敗戦後の日本が大変だ。無駄な死に方はするな」
     これから死地に赴こうとしている若い晋太郎にとって、この言葉はショックだった。が、続けてさらに衝撃的なことを寛は口にした。
    「(晋太郎の母・静子との)夫婦仲はよかった。だが、家同士の問題で離縁し、そのお前の母はすでに亡くなっている。黙っていたことを許して欲しい」〉

     安倍寛は終戦後すぐの1946年に亡くなります。著者によれば、安倍晋太郎は父の言葉を「生涯忘れることがないだろう」と周囲に語っていたそうです。戦争を生き残って天涯孤独の身となった晋太郎は、一人で人生を切り開き、這い上がっていくしかありませんでした。東大法学部を卒業、毎日新聞社の入社。記者時代に岸信介の長女・洋子と結婚。1956年、岸が石橋湛山内閣の外務大臣として入閣した時に毎日新聞社を退社して、外務大臣秘書となります。1958年の総選挙に自民党公認で出馬、政治の道に一歩踏み出します。そして農林大臣、通産大臣、外務大臣、自民党幹事長などを歴任するものの、総理大臣の椅子に座ることなく、1991年5月、67歳で死去。

     再び、本書から引用します。
    〈……時が流れて現在、総理の座に上り詰めた彼の息子・晋三は、祖父・岸信介の政治信条でもあった「憲法改正」を掲げ、明らかに岸を政治家としての目標に据えている。晋太郎、そしてもう一人の祖父である寛の労苦を顧みる言葉は、晋三からはほとんど聞かれない。彼が岸家の血を誇り、安倍家を軽んじているように見えるのはいったい、なぜなのだろうか。
     晋三にとって、自分が生まれる前に亡くなった寛に親しみが湧かないということは分かる。だが、それ以上に、岸信介を支えることが自らの使命であるかのように生きてきた母・洋子が、岸の足跡を晋三に語り伝えてきたことも大きいだろう。
     晋三からすれば、洋子と結婚し、岸家の力を背景に政治家として出世しておきながら、岸と一線を画して「俺は安倍家の跡取りだ」と言い張る父・晋太郎の矛盾した姿は、受け入れがたいものではなかったか。それゆえに晋太郎は家庭にあっても寂しく、孤独だったのかもしれない。
     晋太郎は八七年の自民党総裁選における「中曽根裁定」で、竹下登に総裁の座を奪われ、総理になるチャンスを逃した。
     その頃のことだ。会合や宴会を終えても晋太郎は遅くまで渋谷区富ケ谷(現在の総理私邸)に帰ろうとしなかった。晋太郎の元側近は、「まるで洋子さんたちが寝静まるのを待っているかのようだった」と語った。〉

     安倍首相は、岸、佐藤栄作という元首相兄弟と血のつながりを持ち、一方で、硬骨の政治家・安倍寛の血をも受け継ぐ政治家一族に生まれ、育ちました。日本が二分された60年安保当時、渋谷区南平台にあった首相・岸信介の私邸で、祖父や母・洋子とともに「アンポ、ハンタイ!」の声を聞き、窓から「岸打倒!」「A級戦犯容疑者」と叫ぶデモ隊の姿を目撃した幼き安倍晋三の胸中に反発が芽生えたとしても不思議ではありません。この体験こそが、政治家・安倍晋三の原点となった――著者はこう分析しています。

     安倍晋三がその幻影を追う祖父・岸信介。
     「岸の女婿」といわれ続けた父・安倍晋太郎。
     安倍晋太郎の異父弟、唯一晋三を批判できた叔父・西村正雄。
     奔放な「家庭内野党」として、母・洋子との確執を隠さない妻・安倍昭恵。
     ゴッドマザーといわれ、一族の精神的中心として君臨してきた母・安倍洋子。

     血脈を軸に安倍首相を取り囲む名門ファミリーの面々。なかでも「晋三は昭和史を知らなすぎる。歴史から学んでいない。政治家の言葉は重いものだということをもっと知るべきだ」と繰り返し語っていた叔父の西村正雄、そして酒について聞かれて「それはもう、出先でもところかまわず泥酔しております(笑)」と冗談めかしてはいるものの自分の言葉で言ってのける「総理の妻」安倍昭恵。岸の血族とは一線を画すこの二人はとくに興味深い。本書第3章、第4章、第5章をじっくりお読みいただきたい。
     とまれ安倍首相を最も近くにいて見つめるファミリー、それぞれの眼には何が映っているのか――松田賢弥は知られざるファミリーの心の内にある本音に迫り、それを通して初めて見えてくる「安倍晋三」という政治家の姿を描き出していきます。日本のこれからを左右する権力の座にあって、祖父・岸信介の悲願であった「憲法改正」を視野に入れた安倍首相を知るための格好の教科書です。オバマ大統領との会談、米議会での演説――安倍首相が世界注視の中で外交日程に臨む折り、一度目を通しておいて損はありません。(2015/4/24)
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年04月24日
  • 御手洗先生が彼氏にフラれ、婚活を始めることを決意するところから物語ははじまります。婚活サイトを実際に使用する上での異性にモテるプロフィールの作り方や、大量に来るメールへの対処法と好みの男性と出会うための苦悩が赤裸々に面白く描かれているので、どの回を見ても笑ってしまいます。1話が短いのでテンポよく読めますし、全然飽きません!御手洗先生のその時の心情や、他の方々のプロフィールへのツッコミなどが自分の気持ちを代弁してくれているようで「それ思った!」と同調するようなシーンも盛りだくさんです。自分は婚活サイトを利用したことはないのですが、本当に自分と合った方と出会えるならこういう方法もありなのかな?と思えるような作品です
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年04月24日
  • 匿名希望
    素人の旅行写真の羅列
    あまりのひどさに少々驚いた。写真はドアップ、ピンぼけ、何ら目的もなくただそこいら辺を撮った写真が延々と続く。残念ながら評価に値しない。
    • 参考になった 5
    投稿日:2015年04月23日
  • 匿名希望
    2回目が更におもしろい
    作者の方があとがきで「映画のような一冊」とおっしゃっていたのがまさにしっくりときます。
    萌えやエロが前面に出ているのではなく、ストーリーや描写で読ませる本です。
    ぐっと心を揺さぶられるような描写もあり、また読み進めるうちにキャラ達の相関が見えてくるようなストーリー展開なので、2週目におっと気付ける部分があるのも楽しめました。
    一つ残念なのがキャラの書き分けが少し甘いかな?
    私だけかもしれませんが最初に読んだときに少し混乱してしまいました。
    ただ、理解したくてわざわざ相関図やキャラ設定を手書きするほどハマったのも確かです(笑)
    表紙のイメージそのままの雰囲気と内容なので、表紙に惹かれたなら買う価値ありだと思います。
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年04月23日
  • 僧侶TLは新しいです!
    僧侶と大学生の主人公美桜の恋愛物語です。
    同窓会で僧侶になっていたことを知った美桜はやけ酒をしてしまい僧侶が家まで送ってくれることに・・・。そこから物語はスタートします。
    僧侶TLって今までになかったのではないかなと思います。
    ストーリーも面白いです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年04月23日
  • 絵がきれいです
    この作者さんの絵はすごくきれいでスト―リに奥が深くて面白いです。
    なんといっても主人公たちがカッコよすぎます(笑)
    すこしグロかったりもしますがこの物語には必須な部分だとおもいます!
    主人公が立ち向かっていく死刑囚たちがどうなっていくのか。
    必見です
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年04月23日
  • 匿名希望
    こんな少女漫画は今までになかった!
    確かこの漫画は1996年ぐらいに「りぼん」で連載されていた漫画です。1996年だと親の離婚や学級崩壊やいじめっていうのは珍しいものだったのかなと思います。(当時はまだ私も子どもでよくわかりませんが・・・)この時代にそんな親の離婚や学校崩壊の話を書くなんて・・!驚きました。今大人になって読んでみると今子供たちが直面している問題だということがよくわかります。そんな中紗南ちゃんは前向きに子供ながらにいきていこうとする強さがよくわかります。中学生編になるとキャラクターたちの心の変化や気持ちの変化などがよくわかります。懐かしいという気持ちで読んでみるとハマってしまいました。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年04月23日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    途中まではすごく面白いです。
    特に美人でもない、どこにでもいるような子持ち主婦のピュアな恋愛ものです。今までにあまりなかった設定ですし、ストーリー展開もよく、途中まではすごく面白く読みました。しかしラストがかなり残念な感じです((+_+))
    • 参考になった 14
    投稿日:2015年04月23日
  • コメディ感が好きです‼
    アニメで見て漫画を読み始めたんですが漫画も面白いです。声に出して笑ってしまうくらい好きです。
    野崎くんのキャラクターが最高ですね
    野崎くんの、周りのキャラクターも個性的てみんな魅力があります‼
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年04月23日
  • 双子ものは新鮮!
    最初はあれ?これどっち?ってなります。
    最終巻まで双子のどちらと両思いになるのかわからないですけど面白かったなぁって思います。
    題名の意味も最終巻でなるほどってなりました。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年04月22日
  • 面白い!
    はまってしまいました。
    お義兄さんがかっこいです!
    これからお互いが好きになっていくのかなぁー?って感じです
    オフィスラブが好きな人にはオススメします
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年04月22日
  • 続編きたー‼
    ママレードボーイを小さい頃に見てて最終巻で両親Sのお腹のなかにいた子たちが生まれてきてその後月日が流れて中学生からスタートします!!久しぶりに美希や遊などママレードボーイ時代のキャラクターたちもちょくちょく出てくるので面白いです‼ ほんとにlittleの主役たちもかわいいです‼ 朔は立夏のことを思ってる姿だったり……ほんとに懐かしい気持ちで見ることができます。オススメします‼
    • 参考になった 8
    投稿日:2015年04月22日
  • 心温まる子育てパパと女子高生の料理
    シングルファザーと娘の子育て物語、と書くと少しシリアスな場面を想像しがちですが
    このマンガはそんなシリアスな場面はほんの少ししか無く、
    どちらかと言えばほのぼのとしたシーンが多めです。

    料理が苦手だったお父さんが娘に美味しいものを食べさせたいと思い、
    教え子の女子高生の家である小料理屋のキッチンを使いながら
    色々と料理を練習していく姿は見ていて感動すら覚えます。

    さらに、そんな見た目麗しいものではないけれど市場が詰まりに詰まった
    美味しそうな料理を全力で食べる娘のつむぎがとにかく可愛い。
    グラタンや餃子、ドーナツやカレーなどなど本当に美味しそうに頬張るんですよね。
    そんな姿をお父さんや女子高生の小鳥が優しく見守る。。。

    いやー、いいマンガですよ。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年04月21日
  • 匿名希望
    おもしろい~
    リズムが良くあっという間に読み終わりました。時代を感じさせないですね~
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年04月21日
  • ネタバレあり
    一途でかっこいい幼馴染みに口説かれたら、もう!
    表紙と挿絵のクオリティの差にちょっとがっかりなので、星4。
    けど商店街再生のストーリーもしっかりしてるし、一方甘々なセリフもしっかおりあり。エロも程よく。
    攻めのながーーーい片思いが報われて、キュンキュンします。
    ジャケ買いだったけど、予想以上によかったぁ〜♪
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年04月21日
  • 続きが気になる
    お互いを異性として意識してない2人が徐々に。。。となるのかしら〜🎶
    続き、買っちゃうなぁ〜
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年04月20日
  • 内容は学園モノの王道
    部活を作る→部員が集まらない→名前だけ貸すよ→生徒会長が「認めないわ!」→
    何らかの発表会的なイベントで大失敗→落ち込みつつ心が折れる→
    雨に濡れながら友情を再確認→なんやかんやで部員集まる→次のイベントで大成功。。。

    というある意味安心できるストーリー展開がいいですね。

    私的にはストーリーよりもキャラクターの可愛さに癒やされています。
    なんの特徴も特技も無いことに悩む主人公?のなるの仕草や頑張りは可愛くて癒されるし、
    生徒会長のマチのなんとなく素直になれないけど隠れて努力するいじらしさがとにかくイイ!
    ストーリー、キャラクター共に癒し系マンガ、オススメです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年04月20日
  • くっつきそうでくっつかないもどかしさがたまらない
    軽い恋愛小説のようなよくあるボーイミーツガールのような、、、
    と買う前は思ってました。しかし、確かにそういう要素は所々に見られますが中身はもっと重厚でした。
    なんていうのかな、男女のすれ違いや葛藤、はたまた友情や人間関係の難しさが織り込まれたお話です。
    でも重すぎることもなく、皆さんも経験がありそうな思春期特有の葛藤なんかを
    様々な角度で描かれているようなイメージというところでしょうか。

    そんな重いお話かと思いきや、それ以外の場面では笑えるところもたくさんあります。
    特に遠子先輩と心葉の絡みは読んでいて痛快でした。
    くっつきそうでくっつかないもどかしい関係だけれど、
    お互い心の奥では信頼し合っている二人の関係がイライラしつつも
    ホッコリと見てられるんですね。こういうの、なんかイイな。

    一番の見所は後半部にある遠子先輩が心葉を慰めつつ問いかける言葉。
    この一連の場面を読み終えたあとなんだかすごく心暖まる気持ちになりました。
    舞台のシーンのクライマックスといい見所満載ですね。琴吹さんは次回に期待してます。
    なんだか最終的にはくっつかない関係に思えて仕方がないですが・・・
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年04月20日
  • ネタバレあり
    感動します!
    お金が無い患者からはお金を取らない処か、生活の世話をする。
    医術を考えさせられる内容です。

    この本を買うか迷られている方や、内容が物足りないと感じた人は下記の記事を一読してから考えると考えが変わると思います。

    外部サイトです。
    >六本木に国籍のないドクターがいた。- ほぼ日刊イトイ新聞 http://1101.jp/1FSXyNR
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年04月20日
  • 最高!
    こんな笑って泣けるマンガ、めったにない!
    漢ってこういうことよ!惚れるぜ、猛男。。
    最初の勢い保ってくれますように!!
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年04月20日
  • 匿名希望
    内容以前に
    読む方向がわからなくて、数ページで断念。
    紙もこんな?
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年04月20日
  • 匿名希望
    意外に直球な獣人格闘バトル!
    動物と人間の半獣ヒーロー(エロい女の子!)もの。
    ケモナーヒロインの可愛さ、エロさに☆4つ!
    テラフォーマーズもおもしろいけど、サービスカット多めのこちらのほうが男性諸氏にはおすすめできますよ(笑)
    展開の急さで☆1減らしました。
    • 参考になった 7
    投稿日:2015年04月20日
  • 匿名希望
    凄い感動
    凄く感動できるお話です。
    この本の中にある明日君に愛を囁くが続編して欲しいです。
    すごく泣けるお話なので、さらなるハッピーエンドが見たいです
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年04月19日
  • ストーリーもエロも満足できます。
    この作家さんのエロはすごく変態臭いです!笑
    でもストーリーもしっかりしていて読み応えがあるし、繊細とまではいかなくても心情の変化をきっちりと描いていると思います。
    なのでとにかくエロが読みたい!でもただのエロシーンだけじゃ物足りない!という方には本当にオススメです。
    わりとエロい作品を求めると内容のないものが多いかと思いますが、これに関してはその心配もないと思います。
    表題作の受けは20代ですがヒゲというのもあっておっさん感も強く、攻めがクールだけど可愛げもある年下男子なので、年下攻めが好きな方は是非!
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年04月19日
  • TL初心者にこそ読んで欲しい濃厚な描写
    結構短めですが、キャラは立ってるしストーリーもトントン拍子に進んでいくので
    非常に読みやすいTLライトノベルだと思います。

    Hな描写はそこそこ激しく、陛下の巧みなテクニックがジュスティーヌを徐々に従順な雌へと変えていく
    濃厚なやりとりはTLでいいのか?と心配してしまうくらいです。

    表紙や挿絵のイラストも綺麗で可愛いいので、TLにあまり縁がない方にもオススメしたい作品です。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年04月19日