レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

6276~6300件/9394件 を表示

  •  以前、紹介した『シグルイ』の冒頭にはこのような言葉があります。「封建社会の完成形は 少数のサディストと多数のマゾヒストによって構成されるのだ」。『医龍』を読んでいて、この言葉を思い出しました。民主主義な現代日本を舞台にしていながら、『医龍』に描かれる医局はまさに封建社会そのものなのです。
     『医龍』で描かれるのは医局の政治。医局の中は完全なる上下関係で、大多数の人間は上から押さえつけられ、自身の弱さにあえぐことになります。この作品内において、絶対的な強者が二名います。一人は胸部心臓外科を支配する医局長の野口。そしてもう一人、圧倒的な腕をもつが故に、組織に属さずにいられる天才外科医・朝田。
     そして、最も大事なキャラクターが、医局内で最も地位の低い、研修医の伊集院です。物語は、医局で大過なく過ごすことしか考えていなかった伊集院が、天才・朝田との出会いによってどのように成長していくのかがポイントになっていきます。平凡な伊集院が、どんな道を選びのか…それが医局の変革になっていくのです。
     伊集院が朝田というスターを見ながら自分自身の道を探していく過程はとでも面白いのですが、私は彼らの周りにいる弱者に興味が移ってしまいます。
     とくに木原と霧島の二人が好きです。伊集院のかつての指導医・木原は、上に媚び、下に強くあたる人間です。医局から追い出されるのを恐れ、よるべき大樹を常にさがしています。そこに野口の推す教授候補として現れたのが霧島。霧島はかつて、朝田に罪をなすりつけ当時いた大学から追い出したことがあります。朝田の天才的な技術に羨望と同時にコンプレックスを感じているのです。
     木原は当初、野口の推薦ということで霧島に取り行っていましたが、だんだんと霧島に共感していくのです。14~15巻のエピソードにそれが描かれています。手術中、霧島のミスをかばい、自身が医局から追い出されるかもしれない時、木原は全てを野口に言おうかと思います。けれど木原はそれをしませんでした。あの弱い木原がなぜそうしなかったのか…ここは屈指の名シーンです。その言葉に、霧島は朝田へのコンプレックスから解放され、自分だけの道を見つけることとなります。
     ただ、霧島と木原の関係が、これで終わらないのもこの漫画の面白いところ。紆余曲折を越えた最終エピソードでも一番の輝きを放っていたのが、この木原と霧島。平凡で、ずるくて、弱いけれども、それでも前にむかおうとする普通の人々が美しく思える漫画なのです。
     
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年11月21日
  • アニメ化していないにも関わらずハイクオリティなアニメーションCMが流れるほどの話題作、『宝石の国』の著者、市川春子が描く、短編物語4作品がまとめられた一冊です。2006年夏の「アフタヌーン四季賞」にて四季大賞を受賞した作品、「虫と歌」をはじめ、先生の作品はすべて、独特の世界観と空気を纏っていて、どの作品にも小さな違和感と謎かけが含まれている気がします。何度読んでもフシギで、解けないその世界観は物語を読み始めた所から一気に引き込まれます。個人的には「日下兄妹」がオススメです。肩を壊し、野球ができなくなってしまった高校生が見つけたのは箪笥の金具。かと思いきやそれはある日を境にどんどん成長し、人のような形になります。その不思議な生物との暮らしに、少年の想いにすごく胸が熱くなりました。全体的に静かな作品が多いのですがその雰囲気を楽しんでいただけると幸いです
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年11月21日
  •  映画「テルマエ・ロマエ」の大ヒット、原作漫画のベストセラー化で生活が一変したヤマザキマリさんがイタリア人の夫ベッピーノ、大学進学を控えた息子デルスとの生活を綴ったエッセイ集『SWEET HOME CHICAGO(スイートホームシカゴ)』。ポルトガルの首都リスボンからアメリカのシカゴ大学で学位を目指して学ぶ夫の元への引っ越し、住宅探しの第1巻、お風呂漫画が映画化されて東奔西走のヤマザキマリさん、シカゴに残された夫と息子の日々の第2巻、そしてテルマエ・ロマエ・ブームによる生活一変、夫の故郷イタリアへの帰郷の第3巻がありますが、今回は第3巻を中心に紹介します。どの巻もウィットに富んだ文章だけでなく、ヤマザキマリの1ページ漫画風イラストや写真が随所に織り込まれていて楽しめます。そもそもイタリア人とどうして結婚することになったのか。結婚10周年の記念日10月31日を迎えたヤマザキマリさん、その熱烈な求愛ぶりをこんな風に明かしています。〈旦那が子持ちのシングルマザーだった私に結婚を申し込んだ10年前、彼の年齢は21歳。まだ大学生でした。今思うと、なんと無謀な決意をこの青年はしたのでしょうか。結婚の決意を彼の両親に告げたとき、もともと私のことをよく知っていた義母も義父もそれぞれ全く違うリアクションをしたのが印象的でした。まず義父は大声で笑い出し、義母はその隣で両手で顔を覆って「わあっ」と大泣きを始めたのです。旦那はそんな自分の母に「嬉しいからって、そんなにむせび泣かないでよ」と言葉を掛けていましたが、私には正直単なるショックの嗚咽にしか見えませんでした。自分の溺愛する息子が、14歳も年上の、しかも子持ちの女と結婚を決意したのですからまあ、驚かない親はいないでしょうね。私の息子も今18歳ですが、3年後に14歳年上の子持ち女と結婚を決意したと告げられたら、自分のことなどすっかり忘却して私も義母のように「わあっ」と両手で顔を覆ってしゃがみこんでしまうもしれません。〉ヤマザキマリの人気漫画『モーレツ!イタリア家族』そのままのイタリア家族に生まれ育った、家族優先主義の21歳は、子持ちの年上女にとにかく一途、まっしぐらでした。〈しかし、あのときの旦那は私と一緒になることに何ひとつ不安や揺らぐものを抱いていませんでした。「この広い世界、古代ローマやルネッサンスの話をここまで楽しくできるのは君しかいないんだ!」といった内容の分厚いお手紙が、初めて会ったときから毎日のように私に送られてくるようになり、中には「あなたです」なんていうキャプションまで付いたギリシャの女神像の写真まで同封されてくることもありました。私ははっきり言って息子の父親(実質この人とは一度も結婚はしていませんが)と苦渋に満ち満ちた怒濤の10年間を過ごしてきたお陰で、はっきり言ってもう一生男子とは付き合わないと心に決めていたのですが、この日々猛烈で強烈なお手紙大作戦がそれはもう刺激的で、こんな人と一緒に暮らしたら結構毎日面白いんじゃないかという変な期待や予感を感じるようになったのです。その後に旦那は恋煩(こいわずら)いで入院し(ウソみたいですが)、無菌室から掛かってきた国際電話のプロポーズを二つ返事で受け入れました。そうしないとこの人はこのまま死んでしまうんじゃないかと思ったからです。(中略)こんな旦那と一緒になったお陰で「テルマエ・ロマエ」という漫画も生み出す顛末になった私の運命ですが、このまま、またあっという間に次の10年も過ぎていくのかもしれません…。〉彼の留学先だったエジプトのカイロで結婚式を行い、その後家族でシリアに引っ越して、次にポルトガルで暮らし、そしてシカゴへ。その間、『テルマエ・ロマエ』の大ヒットがあって、ヤマザキマリさんは日本とシカゴを行ったり来たりの生活……あわただしく、ぼんやりが許されなかった10年間だったと述懐するヤマザキマリさんですが、過去4年間、実家の両親に家族全員が一緒にいる状態を見せていません。これは家族を大事にするイタリア人の旦那にとっては大きなルール違反だということで、今年はなんとしてでもイタリアに帰る時間を作るようにと前年から厳命されたヤマザキマリさん。〈なので私もそのつもりで仕事を進め、大切な猫のベレンを夫の親友であるシカゴ大学の教授カップル(ゲイ)に預け、イタリア行きの飛行機に乗り込む運びとなったのでした。〉愛猫の預け先にゲイの教授カップルが登場してくるところなど、現代アメリカ社会の文化状況をさりげなく切り取っていくヤマザキマリさんの感性がこのエッセイの魅力のひとつになっています。さて、シカゴから15時間のフライトの後、ヴェネチア空港に降り立ったヤマザキマリさん一家を舅(しゅうと)と姑(しゅうとめ)が出迎えるシーン――。〈姑はつい2ヵ月前、私が「テルマエ・ロマエ」の映画上映に伴って日本に長期滞在していた期間、はるばるシカゴまでやってきて1ヵ月近く滞在していたはずなのですが、夫のベッピを見るなり「やっと会えたわねっ!」と2ヵ月ぶりの息子との再会に涙ぐんでいます。私も彼女とは昨年、イタリアで行われた漫画の祭典で会っていたので珍しい気がしませんが、空港での再会というのは必要以上にドラマチックな感情にするようです。(中略)そんな彼らに出迎えられた久々のイタリアですが、さっそく私は自分が世界中の人々が羨望するところの美しく深みのあるイタリアではなく、漫画「モーレツ!イタリア家族」に描いた極めて異質のイタリアへやってきたという自覚を、彼らが乗ってきた車を見て痛感することになりました。30年前のシトロエン社の白い2CV。内装の合皮のシートは破れ、中から薄汚れて変色したスポンジがべろんべろんにはみ出しています。しかもボディはそれがまるで模様でもあるかのように、全体がトリのウンチで満遍なく覆われているではないですか。どこからどうみてもそれは田舎の空き地に置き去りにされた廃車以外の何物でもなく、現役で使われている動く自動車にはまるで見えないのです。〉さしもの夫も「何だよ、これっ!! なぜいつも乗っているBMWで迎えにきてくれなかったのさ!?」と表情を固まらせたとありますから、衝撃的なクルマだったことはまちがいありません。メンテナンスさえしっかりしていれば、この歴史に残る名車は十分素晴らしいアンティークにだってなり得るはず――とヤマザキマリさんはため息交じり風に書いているのですが、ともあれこのシトロエンの名車をめぐる舅と姑の対応、これがまたメチャクチャというか、ああイタリア家族というか面白い!引用します。〈「仕方無いんだよ・・・駐車場の天井にツバメの大家族が巣を沢山作ってしまって、それを取るわけにいかないから・・・」と小さな声でささやく舅。それに対して、「わたしはツバメの巣なんか箒で取ってしまえと言ったのに!」と声を荒げる姑。実家に到着する前から、既にこれから我々を待っているであろう壮絶なイタリア家族との滞在が垣間見える、そんな一場面です。〉実家――緑あふれる美しいヴェネト州の景色の中を、ボコボコの2CVで走り抜け、1時間後に到着したなつかしのアントニオ作・巨大「ビックリハウス」。〈アントニオの言っていた通り、エントランス横の駐車場の天井には無数のツバメが飛び交い、彼らが頑張って作った巣が梁のあちらこちらにくっついています。あまりにその様子が馴染んでいて、最初からツバメがそこで家族を育むであろうことを想定していたのじゃないかと思える程、何の不自然さも感じません。生き生きとしたツバメ達を見ていると、人間と動物の共存という(たとえそれが食用目的であっても)、このイタリア家族の暗黙のポリシーが彼らにもしっかりと伝わっているのだと気がしました。〉本当に忙しい人間の一人になってしまったと自覚したヤマザキマリさん。日本とイタリアの狭間で人知れず苦闘しているようです。〈漫画家がいつも白い原稿用紙を前に締め切りにおびえている。数日徹夜なんてのも当たり前。これはもう、どんな日本人でも知っている、漫画家という人間の生(い)き様(ざま)なわけです。ところが、この忙しい漫画家という仕事は、キリスト教に根ざした人道的モラルが浸透しているイタリアの国民にとって、恐らく世の中で最も理解できない職種の一つかもしれません。かもしれません、ではなく、実際そうなのです。天地を創造された神は家族愛を提唱し、そしてどんなに仕事が忙しくても7日目を休息日としましたが、それを尊重できない生き方というのはあってはいけないのです。欧米で度々日本人が働き過ぎだと話題にされるのは、多分その見解の違いによるものだと思われます。この人達の前でキリストの教えにはない時間の使い方をすると、それは一種のスキャンダルになってしまうわけです。〉ヤマザキマリさんは家族でイタリアに移ることにしました。もっとも大学に進学する息子デルスはアメリカに残りますから、夫と二人でイタリアでの生活を始めるということです。安息日無縁の忙しすぎる漫画家と100%カソリックのイタリア家族の“明日”。楽しみにしています。(2014/11/21)
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年11月21日
  • ネタバレあり
    大好きな作品
    姫式で登場した友里・成のお話。
    言葉の足りなさと素直になれないのと、敦之と瀬戸口の介入とで、すれ違いがいっぱいで、ヤキモキしながら悶えながら読みました。
    最後はすっきりした終わりになっていて、ホッと一安心しました。
    大好きな作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年11月20日
  • ラーメンが食べたくなりました。
    あの大家のキャラクターをもじったタイトルに前々から気になって購入しました。ラーメンが大好きな女子高生が実在のラーメン屋さんで食べる今時の実食レポ漫画なのだけど本当に美味しそうに食べること。まだまだ主人公の活躍見たいので続巻楽しみにしてますよ。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年11月20日
  • 絵柄よりも内容が過激だと思います
    絵の下手な美大生とヌードモデルをする女子中学生というだけでかなりのドタバタが期待出来るのですけど期待以上のものでした。続巻が楽しみです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年11月20日
  • ウルトラマンはお好きですか?
    レオが好きだった奴が惚れた作品、といえば、なんとなく想像がつくかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
    どこと無く重い雰囲気と、王道ヒーローのように見えて実は、な展開。
    このレビューを書いている時点ではまだ5巻しか出ていないのですが、それでも先が読めないです。
    ウルトラマンという礎のおかげでしょうか。
    ゆっくり読むことをおすすめしたいです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年11月19日
  • 僕、Gが嫌いなんです・・・・
    知り合いの話題にあがっていたので読んでみました。
    紙の書籍だったら絶対にページをめくりたくないところもあります、ええ。

    キャラクターがいちいち濃い人ばかりで、ストーリーの進みはそう速くはないです。
    どちらかといえば、一気読みをおすすめしたい作品です。
    昆虫以外にも様々な生き物が登場し、自然界ってすごいなぁと感じたりもします。
    是非一度は読んでみてほしい漫画です。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年11月19日
  • 初期より生々しくなりました
    生々しいというよりは生臭い、でしょうか。
    本当はこういうすっきりしない終わり方ばかりだよね、裁判沙汰なんて。
    と思うような話もあります。
    特に最初のほうの巻は、一審(といっていいのか、前作)とは少し違った、すっきりしないいざこざありきです。
    もちろん、その後はちょっぴりほんわかする話も織り交ぜられています。
    僕は10巻に収録された人情話が好きです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年11月19日
  • ネタバレあり
    大人のピュアラブ
    二人が惹かれて行く姿が丁寧に描かれていて読みやすく、まるっと一冊このお話なので読みごたえがあります。
    じわじわ距離が縮まり、くっついた後にHシーンがあるので、よりエロく感じる…。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年11月19日
  • 匿名希望
    島派
    いいですね。
    課長時代からのファンです。
    とうとう、学生時代もはじまりましたか。
    昔を思い出しながら読んでます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年11月18日
  • 取り敢えず面白おかしいです
    他サイトさんでは酷評だったんですが私はかなりすきでした。
    攻めがアホすぎてギャグな子なんですがそれに付き合ってツッコミを入れるオヤジ受け・・・ツボでした。ギャグっぽいんですが話もちゃんと成り立っていて安いかんじもないし度々エロもあるので満足感はあると思います。
    ただシリアスな雰囲気が好きな方とオヤジ受け苦手な方は不向きかも(結構リアルに40手前のおやじです)
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年11月18日
  • 破滅的な生活の末に意識を失い、心肺停止になった著者。病院のベッドで目をさまし、「脳が壊れて」いるために何もわからない状況から話は始まります。自分が何者からわからない、言葉を喋れない、世界を正しく認識できない……その焦燥や絶望は生々しく、経験したものにしかわからないであろう記述が続き、読んでいる最中は「この状態から作品を描けるまでになる」ことがにわかには信じられません。しかし本当にふとしたことから状況は好転し出し、徐々に著者は快復へと向かいます。Pixvで公開された作品の書籍化ですが、担当医師からのコメント等も追記されていますので、pixv既読済みのかたもぜひ。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年11月18日
  • ネタバレあり
    ピュアなお話
    兄×弟のお話。
    兄弟だからこそ、どうにもなれない。
    でも好き…の間で悩み苦しむピュアなお話でした。
    弟の心の葛藤がメインで描かれていましたが、所々に見える『兄であろうとする稔』のセーブが効かなくなる姿がぐっときます

    最後はお互い素直になり、爽やかな終わりです。
    絵がとても美しくて引き込まれました。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年11月17日
  • ネタバレあり
    いい作品
    ゲイである事に悩む少年たち、周りの大人たちの
    反応もリアルなお話を見ているようでした。
    どの道に進むのが幸せか正解がないだけに、とても考えさせられました。
    桃源郷に行けずに帰る2人の別れの際のエールには胸が締め付けられました。

    胸を張っておすすめできる作品です。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年11月17日
  • ネタバレあり
    心あたたまる作品
    大学の先輩×後輩と、大学の同級生の2つのお話が入っています。
    ストーリーがしっかりしていて、どちらも読みごたえがありました。
    誠実な愛に心あたたまりました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年11月16日
  • ネタバレあり
    面白い!!
    人見知りで二次元オタクな真希ちゃんの、真面目で不器用で一生懸命な姿が愛しすぎます。
    ガツガツ攻めるのに実際事におよぶと不馴れって…!
    二人の距離が徐々に縮まっていく感じにドキドキです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年11月16日
  • 絵もお話も綺麗。
    九重シャムさんのコミックが好きで購入しました。
    原作至上主義ではないですが、いつもは小説からのコミカライズはあまり好きではなく躊躇していたのですが気付かず…。
    でも期待を超える満足感です!
    六青みつみさんの小説は読んだことがなかったのですがこれを読み終わってから、同人サイトで番外編を購入しようかと思うくらい好きな作品になりました。
    まっすぐで素直なリィトに真面目で鈍感で愛情深いグリファスが堕ちていく過程が、ファンタジーの王道を通りながらですが、すごくきゅんとできました。
    ただ受けが身体的に傷つくのが苦手な方は気をつけた方がいいかもです。
    後日談もとても良くて大好きな作品になりました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年11月16日
  • 匿名希望
    おもしろく読ませていただきました。
    現在と過去の切り替わりもよく、情景が目に浮かびました。
    どんどん作品に引き込まれて、一気に読んでしまいました。

    • 参考になった 2
    投稿日:2014年11月16日
  • ネタバレあり
    エロエロ
    とにかくエロたっぷり!で、笑ってしまいました
    先輩×後輩、同級生の2カップルのお話ですが、同級生の方は受が女の子過ぎて(可愛すぎて)BLとして見れませんでした。
    絵が綺麗で愛のあるエロなので、とにかくエロ見たい!人にはおすすめです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年11月15日
  • ネタバレあり
    絵が綺麗
    田舎上京男子×都会美人ゲイ、二人の気持ちが丁寧に描かれていて良かったです。
    エロシーン少なめですが、大地の声だけでイってしまう菊池さんがエロいです(*^^*)
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年11月15日
  • 大好きな先生です
    大好きな先生で、迷わず購入。
    1話1話しっかり話が作り込まれていて、どのお話も読んでいて心にじんときます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年11月14日
  • ネタバレあり
    笑って泣いた
    お腹を抱えて笑えて、泣ける漫画でした。
    主人公の性格も、可愛いだけじゃなくヒロイン失格の要素があるのがよかった。
    • 参考になった 8
    投稿日:2014年11月14日
  • ネタバレあり
    いい意味で裏切られました
    なんだかんだいって京ちゃんとくっつくんだろうと思って読み進めていましたが、結局違う結末に…。
    見ていて辛くなる時が多くありましたが、いい意味で裏切られた感じです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年11月14日
  • ネタバレあり
    王道ストーリー
    三角関係の王道といった感じでした。
    それぞれの悩む姿がうまくかけていると思いましたが、最後はなんだかあっさりしていたので、別れの部分をもっとしっかり描いてほしかった。
    個人的には、違う選択で幸せになる結末を見てみたかったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年11月14日