レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

6226~6250件/11243件 を表示

  • ピケティの師、アトキンソン。格差をあきらめない15の方法
    格差や不平等は、先進国、新興国問わず、大きな経済問題、社会問題として世界各国で認識され、対策が必要とされている。本書ではそんな現状を踏まえ、各国で不平等(inequality)を縮小するための具体的プランを提言している。不平等とは何を意味するか、これまでの歴史から学べることは何か、経済学との関わり等を分析した上で、英国をモデルにした15の提案と五つの「検討すべきアイディア」を示し、さらにそれらに対して想定される反論に応える。著者は、半世紀にわたり不平等の問題を研究し続ける経済学の重鎮の一人。大ベストセラー『21世紀の資本』で時の人となった、本書にも序文を寄せているトマ・ピケティ氏の師匠格にあたる存在だという。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年03月18日
  • 羽生結弦を頂点に導いた男の、綿密な戦略と熱い戦い
    2014年ソチ五輪金メダル、同年世界選手権優勝の羽生結弦選手、同世界選手権銅メダルのハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)、そして2010年バンクーバー五輪金メダル、ソチ五輪銀メダルのキム・ヨナ選手と、フィギュアスケート界のきらめく大スターたちを育てた名コーチとして知られるブライアン・オーサー氏。自らも現役時代にはカナダ代表として活躍したスター選手だったが、キム・ヨナ選手との出会いからコーチに専念するようになり、専門コーチ集団である「チーム・ブライアン」を結成する。本書は、オーサー氏へのインタビューならびに羽生選手との対談をもとに構成されたもので、同氏の卓越した指導方法や哲学、選手や競技への思いなどが語り尽されている。監修の樋口豊氏は、自らもフィギュアスケート男子シングルの選手として活躍し、現在は明治神宮外苑アイススケート場ヘッドコーチを務めている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年03月18日
  • ネタバレあり
    表紙は絵柄が別物です。
    連載当時は楽しく読んでいたのですが。今見ると設定がありきたりですね。打ち切り作品ですが、最終回は間の話を回想で済ませて強引に完結させています。表紙の絵柄は今時の可愛い感じですが、個人的には本編当時のムッチリした絵柄のほうが好みです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月17日
  • 強面のヤクザが料理と食事をする漫画です。
    強面のヤクザが拳銃や大麻等の危ない言葉をたとえにしながら料理と食事をする漫画です。料理は普通に美味しそうなものでそのギャップが馬鹿馬鹿しくも面白いです。
    • 参考になった 8
    投稿日:2016年03月17日
  • 匿名希望
    スポコン好きなら好きじゃない?
    AKB48は詳しくないのですが読んでみました。
    アイマスとかナナシスとかキラキラ〜とした感じよりもマガジン〜って感じの熱い展開が好きなら好きだと思います。
    自分は好きでした。マガジン読んでる気分になる
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月17日
  • 匿名希望
    孔明さまが面白すぎる
    一番有名な赤壁の戦いあたりを舞台にしているので、ちょっと三国志をかじったことがあれば説明枠のところを頑張って読むと物語りは理解できます。
    (でもこれが本当の歴史だとは思っちゃダメです。三国志ってホモだったんだ!と思ってしまうくらいよくできてる)

    書き込みが多くてちょっと読みにくいですが、こんなに勢いのあるアホモ久しぶりですw
    2話まで読みましたけど、もう孔明様がおかしくておかしくて!涙流しながら読みました。
    たまにはこういうBLも良いです、本当。 もっと評価されほしい。
    三国志が好きでアホエロが好きな人には本当にオススメです!
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年03月17日
  • 匿名希望
    続きが気になりすぎる!
    ズッシリ重い系BLが好きなので、あらすじと表紙で気になって2話まで読んでみました。
    痛いのが苦手な人はキツいかもだけど、出てくるキャラがサブキャラまで魅力的でここから先どうなるのか、すごくドキドキしています。

    それぞれに何か事情がありそうで、1話のあるシーンを見たときはちょっと鳥肌がたちました。真理と草鹿はどんな風に近づいていくのでしょう。

    今は重い感じだけど、表紙からは切ない中にも幸せそうな雰囲気も感じられるので今後の展開に期待しながら続きを待っています。
    単行本になったら絶対ほしいです!
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年03月17日
  • 匿名希望
    百合男子は女子と付き合う夢を見るか?
    本書は『百合男子』の続編です。
    あとがきに曰く、この『俺嫁』は読者さんからの「百合女子に恋をしてしまった」との人生相談メールが執筆のキッカケだったとのこと。
    リアル百合+男子としての恋+百合好き、このせめぎ合いという、他に類を見ない(見ようもない?)テーマを追求するようです……が、連載誌『コミック百合姫』2016年5月号(3月18日発売)によれば、あまりに本書が売れなかったため、打ち切りの危機とのこと。で、2016年3月18日から31日まで、『百合男子』全巻をebook japanを含む電子書店で無料公開するようです。そしてぜひ、続きである本書『俺嫁』を購入して欲しいとのことでした。私は百合姫を定期購読しているので早売りで読み、事態に驚いた次第です。
    自分としては、本作はなかなか面白いテーマを扱っているので、続きが気になっております。続編刊行を祈ります。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年03月16日
  • ネタバレあり
    これ、本当に完結?
    面白いですよ。汚らしい暴力のない、スカっとした正義があります。ただ、本当に完結でしょうか。どうしても途中に感じてしまいます。消化不良感があります。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月16日
  • 匿名希望
    心が元気に
    幸せだから笑うのではなく笑うから幸せに、、という言葉をおもいだしました。
    人生は短い、くよくよしてる場合ではない、暗い考えかたはやめて明るく考えていこう。しあわせは自分の心しだい、一切は心から、、と考えるようになりました。ニャンゴさんありがとう、猫ちゃんたちが可愛いです。シリーズ期待しています。

    • 参考になった 4
    投稿日:2016年03月16日
  • 匿名希望
    壮大なファンタジー
    日渡先生は泣かせるのが本当にうまいと思います。これを読んでは何度泣いたことか…
    前世の話が絡んだファンタジー漫画ですが、男性も楽しめると思います。
    子供のころからずっと私の一番好きな漫画です。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年03月16日
  • ジャンプ大人気作品の一つ
    話もキャラクターも個性的で、フジリュー独特のセンスです。
    原作知らなくてももちろん面白い。次々と魅力的な仲間が増えていくのがいい。
    個人的にはジャンプで一番好き!
    なお恋愛要素はないです。けど太公望という主人公にどっぷりハマりました。
    終わってほしくない、もっと続きが読みたい、だけど綺麗に最後終わったかと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月16日
  • 匿名希望
    どこの会社でも使えるアイデアがある
    ヤフーという大きなIT企業の変革の軌跡を記した内容。
    大変読みやすくすっと入ってくる。
    小さな会社でも大きな会社でも当てはまる要素があり、
    明日、今日から使える事例を知ることができるので、中間管理職にはおすすめ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月16日
  • 至って長閑で至って熱い
    書棚整理で書籍版を始末したm(_ _)m契機に。
    昭和のイイ物語です。

    帰国?男児である主人公に個性豊かな教え子、田舎の枠に収まらない物語となかなか作者の視点の良さが凝縮された作品でした。

    根本が過去談なうえ更に昔話が多いストーリーなので、平成世代が着いて来れないかも知れないけれど、主人公と一緒に(ほどほどにですが)熱くなれる今時には無い作品だと思います。
    む?今時から見ると少し「青い」かな?

    続編(未読)もあったようですが、昨今のヒロイックストーリーより「かもしか」と共にもう一回新作を期待したいジャンルです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月16日
  • 匿名希望
    萌えた~!!
    かきおろしの、○○○に話しかけてるところめっちゃかわいかったwww
    さすがおげれつさんって感じの神作品でした!!
    ふみちゃんもかわいかった。幸せになってね。。。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年03月16日
  • ネタバレあり
    非常に残念
    なろう系のファンタジーシリーズは結構な数読んでいて、酷評を受けているシリーズも案外楽しんでいる口なのだが…こいつは…。
    もしかしたら、2巻以降面白くなるのかもしれない。だとすればこの巻を「我慢」するのも一つの手ではある…であれば、1000円はいささか出費に過ぎるといえる。
    非常に残念であるが個人的にはここから先の購入には二の足を踏まざるを得ない。

    魔力量は多いが能力を生かし切れていない、ありがちな主人公を描いているのに「チート」の名を冠し、魔法世界にありがちな医療が置き去られている状況を天然痘のエピソードで表現しているのだが、見事にストリーが破綻している(責任者が二人とも同時に治験をして失敗したらそこでオワリ、なんのための「実験体」?)。
    …と言う訳で、次巻以降に期待したいのだが、前述の通り価格がネックとなっている。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月15日
  • ネタバレあり
    面白い!
    面白いです!

    美しい絵画のような絵で、人間の深層心理を描いた作品。
    耽美なイメージの強かった古屋さんですが、この作品はシリアスでありながら、暗さはほとんどありません。
    最後に希望が残る感じ!
    続きも読みたいです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年03月14日
  • 彼は影の立役者である。
    ひとは、社会人でなくとも、さまざまな事情でお金を稼いでいます。
    ただ仕事だから。やりたいことをやりたいから。
    本を買いたいから。遊ぶお金が欲しいから。
    でも、自分に向いている仕事を見つけたり、出会ったりすることが
    そう簡単ではないことはみなさんご存知でしょう。
    この漫画に出てくる口入屋(仕事を斡旋する人)がいたら
    どれだけの人が幸せになれるだろう・・・。
    思わずそんなことを考えてしまいます。

    口入屋の兇次は「仕事を探している人」に、仕事を紹介するだけの影のような存在。
    話の肝はあくまでも紹介された人なので、
    主人公はむしろ兇次に仕事を紹介された人のようにも感じます。
    自分の適正を的確に見抜いた兇次から紹介された仕事で生き生きと働き出す彼ら。
    良かった。彼は報われた。いい仕事を紹介されてよかったな!お幸せに!
    で、終わってしまう漫画だったらこうも惚れなかったでしょう。

    先にも書きましたが、人には働く理由があります。
    それは、本当にさまざまです。
    この人は、そうまでして何故働きたいのだろう――
    そう考えながら読むと、ハッと気づくような場面もありました。
    その証拠に、1巻に収録されている第一集では思わず涙ぐんでしまうところが。

    まだ1巻しか発売されていませんので、今後の展開がどうなるかはわかりませんが、
    いつかでいいです。
    いつか、主人公たちにもスポットが当てられることを願います。

    この話のキーワードは・・・まだ1巻しか読んでないのでちょっと難しいなあ。
    仕事とは 就職 人生 人情 
    かなあ。
    いつかこの続編が発売されて、レビューに修正機能がつくことがあれば書き直したいです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月14日
  • 匿名希望
    分かります!!
    腐女子的な萌えポイントが流石はBL出身の方。バッチリです!
    男子の腹斜金のチラ見えの描写も素敵です!
    何より、腐女子にリアル乙女ゲーな展開が面白いです〜。
    ヒロインのコレクションの守備範囲が広いのも吹きました。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年03月14日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    あまり面白くなかったです
    表紙とあらすじを見て購入しました。

    読んでみて……つらっと読めてしまい、またあまり面白くありませんでした。
    色々ツッコミ所が多すぎ、またただひたすら最初から最後までキャッキャうふふガツガツうおーてな感じでした。

    例えば。

    ヒーローが天上騎士(騎士の中の騎士、唯一人の。ほとんど軍のトップに近い)に対して、ヒロインは羊飼いの身分差カップルなんですが。
    出会って結婚式まで3日以内という超スピードスケジュール。
    しかも数多の貴族令嬢と見合いした経験をもち、全て相手からフラれるというヒーローですが、結構(影では)人気者。
    この令嬢達の存在(ヒーローが無表情すぎて恐がれるも憧れあり)が丸っと無視。
    しかも国あげての結婚式で、王室とも昵懇深いヒーローなのに、相手が羊飼い? でもオッケーみたいな流れ。

    ええ? もう少しドラマがあるんじゃいの? ヒロインに対する令嬢達の嫉妬ややっかみとか。

    ヒーローって貴族なの? 平民上がりなの? でもヒーローの元々の身分は関係ないし!(他の騎士達の憧れとか嫉妬などの他のキャラの感情全くなし!)

    ヒロインの、ヒーローに対する身分差の悩みとか、全くなし!

    結婚して新居を構えるのですが、騎士で王宮勤めなのに、え、郊外に構えるの!? てなびっくり。

    最後の方に少しだけドラマがあるのですが、結局これと言ったドラマではありませんでした。ある一領主の立てこもりの為に軍のトップ直々に動くの! 見たいな。

    ……どちらかというと、商業誌で販売しなかった方が良かったかも。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年03月14日
  • 匿名希望
    ファンタジーは専らキャラ側
    以前言ったようにこの会社の単行本は高いので半額セールから一巻を(^^ゞ。
    構成からファンタジーを連想されようが、話運びは実にリアル。と言うかシビア。

    化け猫の駅長と、メイドまで着くお嬢様の物語だが、話の内容そのものはほぼ必要以上にリアルであり、3-11(後述)やそれに伴う再婚が背景とけっこう話が重い。
    また舞台はこちらでは廃線したJR線(後述)だったりとけっこう現実に即した話運び。

    話においては長閑にボケボケに運んで読みやすくはなってるが、題名や画風に惑わされると面白くないかも。

    モチーフにありがちな題材(本題では敢えてボカしてますが)で内容はけっこう直線で、ファンタジーとしてみるとピンを外すこと請け合いです。

    逆に鉄分の濃い人には意外に細かくお勧めかも。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月13日
  • ネタバレあり
    ワクワク感がとまらない
    魔法を使う魔導士たちのハチャメチャだけどそれぞれに辛い過去を経験しでも仲間たちと依頼など一緒に生活をするうちに明るく楽しい生活もあれば、闇ギルドを操る魔導士と正式な魔導士たちの戦いもあります。
    そして、新たに闘い始まり、わくわくドキドキ感がとまらない。そしてナツのこと滅竜魔導士たちのなぞも明かされつつ、進展下にわくわくがとまりません。楽しみな作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月13日
  • ネタバレあり
    面白い
    シリアスな展開もありギャグな展開もあって、面白い。
    当初の予知夢とは、まぁネタバレですが皆本が薫を・・・という夢は回避され、まだ問題あるブラックファントムはまだいますけど、無事解決し、新たなる学校生活とエスパーとしての仕事など展開がますます楽しみ。
    キャラクターのパンドラたちと薫、葵、志穂の3人も高校生になり、成長していきますし、当初のエスパーとして過去に辛い出来事があって、皆本に出会い、内面も成長していくのがすごく面白いです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月13日
  • ネタバレあり
    爆笑もの
    私的には見た瞬間、爆笑した作品です。
    漫画家さんと男子学生中心とした物語なのですが、
    キャラクターが個性豊かでそして面白い作品です。
    • 参考になった 7
    投稿日:2016年03月13日
  • ネタバレあり
    不思議に面白い
    地獄が舞台ですが、不思議と面白い。
    閻魔様より側近の鬼灯(主人公)が強くて容赦ないけどどこかぬけていて面白い。そして、何気に昔話とか神さまとか日本の御伽草子とかキャラクターで出てきて、思わず、どんな話と思い調べてしまいます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月13日