レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

6201~6225件/11243件 を表示

  • 好きです!ただし謎は……
    謎は全て解明されていません。
    続編が出れば買いたい作品でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月21日
  • ネタバレあり
    好きなんですが……
    内容も充実しており、シリーズ化もありえるほど設定も濃く作ってあるのですが、最後が納得いきませんでした……。
    粗筋としては、お金に困っている貧乏貴族の主人公が成り上がりの英国紳士に嫁ぐためにイタリアから英国へ行く船で事件が起こります。
    その事件の中で主人公にとって気になる男性が登場。その人に惹かれるも、結婚する身の上、すでに家族に資金補助をしてもらっていることもあり、叶わないものと思っている。
    そして紆余曲折あり、二人は思いを通じ合うのですが、やはり主人公は家族のことも考え、別れを選びます。
    ここまではいいのです。それで話は深さは増すというものです。
    しかし、ラスト!
    希望ある終わり方といえばそうなのでしょうが、如何せん、ぶつ切り過ぎるのです!!
    どうしてそこで終わった!? 大人の都合? それともシリーズ狙っての布石というやつですか!!?
    と、叫ばずにはいられませんでした。
    惜しい。ものすごく惜しい。
    それと共に何故だ、何故、そこで終わったと、内容の感想ではない、感想に心が占められて非常にセツナイ出来となっております。
    ……編集部、何故そこで止めさせた……。
    ということで、星3つです。
    ……惜しいなぁ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月21日
  • 匿名希望
    せつない!
    どんどんレオンとエスターの関係に目が離せなくなってます!いままでの巻の中で一番甘めになってて大満足ですが・・・・すごく気になるところで終わってて続きが気になります。お願いなので紙と同時に電子版も販売して欲しいです(:_;)
    • 参考になった 8
    投稿日:2016年03月21日
  • 匿名希望
    不屈ということ
     自分が絶望し、すべてを諦めたその時に殺されたいと願うヒロインと、彼女の痛みと輝きに引き付けられ、その願いを叶えようとする幽霊の物語。
     ファウストとメフィストフェレスのようでもあります。
    シェイクスピアが似合う19世紀後半のロンドンを始めとする舞台にも引き付けられますが、これはある偉大な女性の闘争の記録であり、ある男性の魂の救済の物語でもあるかもしれません。
     いかなる苦境や困難にあっても屈することなく光に向かって進む崇高な精神は、折れてしまった心や闇に沈んでいこうとする魂さえも暖かく照らし出す。

    余談ですが、諸星大二郎先生が好きな父(60代後半)が、寄稿本や最近のテレビ出演で藤田先生を知ったとかで、私に何か藤田漫画を読ませろと言ってきまして。
    考えた末、先日、誕生日に上下巻セットでこの作品をあげときました。一晩で読破してしまい、大変面白かったと申しておりました。
    次は、うしとらにハマらせようと目論見中です。



    • 参考になった 7
    投稿日:2016年03月21日
  • モテるが真面目な主人公
    1巻は、かなり強引な導入部と強引な展開です。
    一応それなりの理由付けはあるのですが、納得はし難いところです。

    また、主人公の人物像が所々ブレます。
    読んでいて、「こんな性格だったけ?」と思うことも。

    そういったマイナス面を加味しても、このラノベは面白いです。

    主人公の榑井幸人(くれいゆきと)が、異世界で軍師ユキト・クレイとして活躍する物語です。

    軍師ものなのですが、戦術、戦略、交渉とこなします。
    そのチートっぷりも、演義の孔明に近いです。

    他の軍師ものを読んでいないので分かりませんが、
    順を追って、思考を記述しているのが良かったです。
    能力はアレですが、考え方は現実的だと思います。

    巻が進むとピンチの場面も結構あり、5巻まで一気に読んでしまいました。

    また挿絵が綺麗で、女の子が可愛いですね。

    「小説家になろう」発の小説で、WEBにも載っているようですが、
    書籍版とはまた違う書き方のようです。

    自分は書籍版を読んでしまい、イメージを替えたくないので、WEB版は読みません。

    新刊が楽しみな作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月21日
  • あたたかさはどこに
    ほんわかした恋愛の話なのかな、と。
    そう思い購入しました。それはもう甘かったです。
    いえ、甘い恋愛という意味ではなく、僕の予想が。

    学校のイベントのために、手芸部はせっせと作った作品を販売しました。
    一生懸命作って、でも下手で、バザーでもなかなか売れない、そんな品をけなす人。
    けれどあたたかく見守るひともいて、ひとはりずつ気持ちを込めて縫うのは素敵ですね。
    だから手芸が好きな人たちなのかな、なんて思ったり。
    手芸部の生徒たち、顧問の先生、手芸用品店の夫婦。
    ふんわりとしたものに囲まれるふんわりとした人。
    それなのに。
    彼らの間に流れる空気。その空気が。まるで真冬のよう。
    いったいこれからどうなるんだろう・・・。
    連載誌も連載誌だし、悲恋もありうると思うとなんだか気になってしまって、2巻までしか出ていないのに何度か読み返してしまいました。

    この作品のキーワード・・・がネタバレになりそうなので無難なのだけ。
    手芸 憧れと恋と愛 先生と生徒と、先生だった人と生徒だった人 きょうだい
    です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月21日
  • 匿名希望
    一巻遅れ!
    最新刊発売日に一巻遅れて発売ですか?
    単行本は16巻ですよ?
    単行本によっては紙と同じ日に出るものもあれば、途中からなかなか電子書籍がでないものもあり、これなら『有料で配信』しているメリットが薄くなってしまいます。
    このテラフォーマーズは、ジャンプコミックスの電子書籍アプリでも同じ15巻までなので、みんな一緒ですか?
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月21日
  • ネタバレあり
    最後が消化不良
    張られた伏線が全て解消していませんが話は一応完結しています。最後は少し早足過ぎて理解しにくいところがありました。ワンエピソードごとの話はおもしろいので読んで損はないかと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月20日
  • ネタバレあり
    最後が残念
    数世代に渡る凝ったストーリーはとてもおもしろいが、最後まで引き伸ばした鳴海と白銀の和解があっさりし過ぎ、全ての黒幕が少し喋っていきなり改心してしまうところが釈然としない終わり方に感じました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月20日
  • 本編の後で続けて読んで欲しい。
    ひょうの修行時代の話が面白かったです。直接、本編の一話に続くような話もあるので本編の後で続けて読んで欲しい。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年03月20日
  • ネタバレあり
    王道的な少年漫画
    長編だけに最後オールキャストの戦いは感動しました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月20日
  • ネタバレあり
    いまいちです。
    主人公の出生の秘密等は語られるが、最後の敵とは顔合わせしておしまい。世界規模の敵なのですが、街中で戦って終わりといった感じで、盛り上がりませんでした。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年03月20日
  • 匿名希望
    ジャンルはノブレス・オブリージュもの?
     本書を手に取った理由は簡単である。
    「悪役令嬢」ってなにさ? それに尽きる。
     その時点で著者の罠にはまったと言って間違いではあるまい。
     その疑問については、読む内にすぐ判明したのだが、
    中世の貴族社会を思わせるエスプリの効いた二重会話の妙に惹かれ、
    作品の根底にあるノブレス・オブリージュの精神も心地よく、
    気がつけば嵌まってしまっている。そんな作品だと思います。
     タイトルに欺かれ、内容に欺かれる。良い意味で得した気分になりました。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年03月20日
  • 面白いです。
    前半は1話完結のギャグ漫画が後半はシリアスな展開に。ギャグ、シリアスともに少しアクがありますが面白いです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月20日
  • 匿名希望
    日常系で面白かった!
    ページ数が短いのでネタバレなく語るのは難しいのですが・・・

    主人公が彼女より背の低い、小動物のような女性と偶然を機会に仲良くなっていきますが、描写の熱量が高いせいかとても楽しく読んでいけました。
    最初の方でなんとなく、この小動物のような年上の女性の正体が分かるのですが、自分の中で察する事が出来てなお、最後まであっという間に読み終わりました。

    この二人のその後も読んでみたいなぁ。と思い、惜しい気持ちも残しながら読了出来たので、個人的にはとても好きな作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月20日
  • 匿名希望
    落ちのない話
    仲のいい4人の男女の毎年恒例パーティの中に異分子が入りこむ事によって起きる軋轢や衝突等を楽しみにしていたのですが、結局大した事も起きずに終わってしまいます。
    肩透かしをくらって、なんだこれは。という感想しか出なかったので、読む事はお勧めできません。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月20日
  • 匿名希望
    本格派刑事モノBL!
    刑事モノBLということで、気になって購入しました。
    BL要素は薄めかもしれませんが、ストーリーや設定がしっかりとしていて、刑事モノとしての読み応えはすごいです。
    先輩刑事の麒島さん×囮捜査員の由基くんとしても楽しめますが、バディ萌えする方にも是非オススメしたい作品です。
    一つ一つの事件と共に、2人の内面も明らかになっていく過程がドキドキしました。
    受けの由基くんがしっかりと相棒として頑張ろうとする姿も可愛いです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月20日
  • 匿名希望
    話が飛び過ぎて読みづらい
    何の前触れもなく夢の中の話に飛んだり、過去の話に飛んだりするので、時系列が非常に捉えにくくて読みづらい小説でした。

    簡単にいうと、特撮などの勧善懲悪のヒーローものの悪役に自分を投影している男の子がとある女の子と出会い、彼女のヒーローになれる。
    という話ですが、人物の掘り下げが非常に稚拙な為に感情移入が出来ないまま、読みづらい小説をただ読んだ。
    というだけに終わってしまいました。残念です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月19日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    途中から3流小説を読んでる気持ちになる
    途中までは普通に読めていたのですが、ラストの方に向かって一気に読む気が失せ空々しい気持ちになりました。

    自分は母親の人形のようだったと形容して、自暴自棄になった長女亜衣が長男、次男(主人公)の元にやってくる所から話は始まります。
    幼いころに3兄弟が雪で遭難した昔話をした時は、自分だけ死ねば可哀想だと思ってもらえたのに。と幼いころから何らかの想いがあった事が伺えました。
    これからそれが解き明かされていくのだろうと、わくわくしながら待っていたのですが・・・

    後半、次男と長女が花火大会に行く為に駅に向かい、自殺しようとしているカップルを見つけます。
    そして電車が猛スピードで駅のホームに入ってきた時に、そのカップルを助けようと次男が走り出します。
    全速力で走っても間に合わないと言っている彼を追い越して(すごい脚力ですね)、長女はホームから飛び降りて電車にはねられます。
    この時点で、誰もが人身事故の光景(人が跡形もなく吹き飛ばされる)を想像したはずですが、何故か彼女は重体になりつつも五体満足で助かります。
    ミンチにはなってません。

    そして、長女が運び込まれた病院の待合室で長男が次男に「実はお前たちは血が繋がってない」という空気の読めない発言をします。
    そんな発言をする前に妹は心配じゃないのか?
    目の前で姉が電車に跳ねられて衰弱しきっている弟に、そんな話をする時か?

    そして最後に長女はお前を愛しているから、ただの家族ではいられない。という発言をします。
    だったら何で次男がいる所に長女を連れて来たのか。
    花火大会も何故二人だけで行かせたのか。
    全く意味が分かりません。

    講評で「途中で話が子供っぽくなり、腰砕けになる」と書いてありますが、全くその通りでした。
    携帯小説が好きな方にはちょうどいいかもしれませんが、普通の小説を読まれる方は受け付けられないと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月19日
  • まさに王道!主人公がかっこいい
    体が小さく、相撲のプロの規定も満たしていない主人公が、横綱を目指して進んでいく物語です。
    私は一巻丸ごと無料立ち読みをして、主人公のかっこ良さに惹かれて購入しました。
    話しの進み方も本当に王道そのもので、ライバル出現、負けを体験、強くなる方法を得るといった、ザ・王道要素がてんこ盛りなので、王道好きな人にはおすすめしたい作品です。

    ※星を4にしたのは、私に相撲知識がなく、技の凄さが少しわかりにくいところがあります。これは私だけかもしれないので、違ったらすみません
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年03月19日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    途中か〜
    2巻出た!と飛びついたのに、面白いところで次巻へ続く......
    掲載誌を買ってしまいそう......
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年03月19日
  • 匿名希望
    崎谷作品の中で、私的最高傑作です!
    タイトルに書いた通り、私的には、崎谷作品の最高傑作なんですが、世間的に認知度が低いような気がしましたので、レビューさせて頂きます。BL小説は多々読んでますが、読み返すに至らないものが多い中で、この作品は何度も読んでしまいます。シリーズ通して、飽きることがありません。 崎谷さんお得意のHシーンに加え、物語の軸がしっかりして、主人公がいろんな面で成長していく様子が感じられます。説明が下手で嫌になりますが‥おすすめです。興味のある方は是非。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月18日
  • 匿名希望
    百合男子が描く百合男子
    女子と女子との微妙な関係性や感情を描く、百合というジャンル。
    少女漫画の中で育ってきた印象がありますが、だからこそか、このジャンルを愛好する男性も。そんなひとりである花寺啓介の物語。
    男性なのに百合が好きであり、百合の世界の中では男性は要らない。リアルと空想世界のせめぎ合い、彼はどこへ向かうのか。リアル百合と百合作品とを愛する熱い(ある意味勘違いな)青年の物語。彼の姿は百合男子である作者さんの投影でもあるようです。なので、説得力がありました。
    そんなこんなで全5巻で完結……しませんでした。続編『俺の嫁なんていねえ!』が満を持して連載開始。しかし、『俺嫁』コミックス1巻目があまりにも売れず、連載打ち切りの危機とのこと。2016年3月18日から月末まで、ebookjapanを含む電子書店で『百合男子』全巻を無料公開し、もしもそれで連載を再開できるだけの支持が得られる(つまり『俺嫁』1巻が売れる)ようなら状況は変わるようです(連載誌『コミック百合姫』2016年5月号(3月18日発売)より)。
    ともあれ、未読の方にはこの機会に御一読をお勧めします。人とは違う趣味を持つもの特有の哀しみ、そして勘違いや身勝手やイタさを含む熱さ。見逃すのはもったいないですよ。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年03月18日
  • ネタバレあり
    ドタバタラブコメギャグ
    家電を自称する試作品アンドロイドがある日、間違えて独身学生の家に配送されます。
    アンドロイドは独身学生の身の周りの家事を一生懸命やるのですが、中途半端なアンドロイドであるが故の色んなトラブルを巻き起こし、家電としての役目を果たせずに毎回余計なことばかりしては独身学生を振りまわしてしまいます。それでも一生懸命独身学生に認めてもらおうとけなげに働く姿は余計なことばかりして飼い主の足を引っ張る馬鹿犬そのもの。
    その一途さひたむきさがアンドロイドの魅力で独身学生をはじめ、関わり合うみんなをなごませ、廃棄処分を免れているのかもしれません(笑)
    クスッと笑える大笑いもできるオチが毎度読後をすっきりさせてくれます。

    大体1話完結で物語は進行しています。

    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月18日
  •  ごくごく簡単な〝日常会話〟だというのですが、以下の2行の英語――日本語に訳せますか。
     A: Could you hit me up tomorrow?
     B: Word.
     実用的な英語に関する本を数多く出しているデイビッド・セイン氏の最新刊『日本人が知らない いまどきの英語』(PHP研究所、2016年3月11日紙版と同時配信)のまえがきで紹介されている〝いまどきの英語〟の一例です。
     使われている単語で知らないものはありませんが、それでもその短い文が意味するところはわからないのです。降参です。著者による以下の説明を読んで、「えー、hitがそんな意味で使われているのか」と、英語に限らず変化を続ける言葉というものの面白さに改めて感じ入ってしまいました。

    〈一つひとつの単語や文法自体は簡単なものですよね。でも、日本語に訳そうとすると、意外と難しいと思いませんか?「A:明日電話してくれる?」「B:わかった」という意味ですが、hit ... up「~に電話する」、Word「了解」という新しい表現を知らないと、きちんと理解することができないのです。〉

    「hit」を『ランダムハウス英和大辞典』(小学館)で調べてみると、vt(他動詞)だけでhitとくれば多くの人が思い浮かべる「打つ、たたく、殴る」に始まって、「ぶつかる、衝突する、当たる」「(弾丸・矢が)命中[的中]する」「(ヒット・ホームランなどを)打つ」など22もの語釈が並んでいます。「厳しく批判[非難,攻撃]する,たたく」や、アメリカのスラングでは「(トランプの札・飲み物・料理などを)出す」という意味で使われることも載っていますが、「電話をかける」という意味でも使われることは出ていません。
    「word」については、長い語釈や成句の説明の最後の方に「了解」にやや近い使い方――〈Word! ((米話)) ((同意・賞賛を表して)) そのとおり,いいぞ,やったね〉がありました。まったく知りませんでした。
     ともあれ、著者によれば上掲のやりとりはドラマなどでよく出てくる日常会話で、ビジネス英語を十二分に使いこなしている人であっても「hit」や「word」といった簡単な言葉の思いもよらない〝いまどきの使われ方〟を知らないと、映画やドラマの理解はもちろん、ネイティブとの日常的な会話も肝心なところで理解できないということになるというわけです。

    〈みなさんがかつて教科書で習ったような英語と、実際にネイティブが使うスラングを含む日常会話とでは、かなりの違いがあります。
     そのため、「ビジネス英語はほぼ完ぺきなのでは?」と私が感心するような生徒さんでも、「英語のドラマや映画は、いつ観てもチンプンカンプン。私の英語力はまだまだだな~って思うんです」などともらすことがあるのです。
     もちろん、その人の英語力がまだまだ、なんてことはありません。実際のネイティブの会話で使われている文法は、中学英語のレベルでほぼカバーできますから、英語字幕を表示してそのドラマを改めて観てみれば、「こんな簡単な英語?」と驚くはずです。

     それなのに、「いつ観てもチンプンカンプン」となってしまうのは、ドラマや映画のセリフには、最近になって使われるようになった新しい表現や、ネイティブの中でも一部の世代の人たちしか知らないような言葉(例:若者言葉)が頻繁に登場するからです。〉

     10年に及んだアメリカ生活を切り上げて、一昨年日本に帰って来た年若い知人がいます。1歳になる直前にアメリカにわたった彼の娘さんは現地の公立小学校5年生の途中で日本の小学校に編入。この4月からは帰国生入試に合格した私立中学に進むことになっていますが、彼女に“Could you hit me up tomorrow?”をわかるか聞いたところ、「うん、明日電話してね、でしょ。ニュージャージー時代に知ったよ」と答が返ってきました。“Word”も、「了解」の意味とまったく問題なしでした。セイン氏がいうように、アメリカの生活の中で普通に使われている普通の表現で、なにも特別な言い回しではないことは確かなようですが、日本の教科書や辞書には載っていないこともまた事実です。
     そこでセイン氏の『いまどきの英語』の出番です。カリフォルニア出身で、来日して20年。英語教師経験も豊富で、日本人の英語力を知悉しているセイン氏だから書けた、新しいタイプの英語学習書です。この本のありがたいところは、時代を映す〝いまどきの言い方〟が紹介されているだけではなく、同じ意味の〝普通の言い方〟も併記されているところです。理解が助けられるとともに、実際に使おうとした場合に、〝いまどきの言い方〟と〝普通の言い方〟を状況に応じて使い分けることもできるように工夫されている点に“いいね!”です。
     日常英語とビジネス英語あわせて全部で66の言い方、フレーズから、ここではとくに目についた例を二つだけ紹介しましょう。

    【open the kimono 情報をシェアする】(Chapter 2 「いまどきのビジネス英語」より)
     [いまどきの言い方]
     Let’s open the kimono and share our ingredients.
     原料をすべて明かしましょう。
     {普通の言い方}
     Let's reveal all information about our ingredients.

     オフィスで言ったりしたら、セクハラになりかねない、きわどい表現にも思えますが、セイン氏はkimonoについて、こう説明しています。
    〈kimonoとはもちろん日本の「着物」のことです。そのまま直訳すると「着物を開く」ということですが、前を開くと裸があらわになることから、「秘密を明かす」「情報を開示する」という意味で使われています。自分の胸の内を他人に明かしたり、会社の情報を外部に公表する、というときに使われるフレーズです。特に日本の企業に関するニュースを伝えるときに好んで使われる表現。kimonoはもはや英語になっている日本語のひとつです。〉

     実際、インターネット上で検索してみると、金融関係のサイトで2010年12月17日の“Buzzword(専門的流行語)”として”open kimono”が取り上げられていました。多くのビジネスシーンで使用されている玄人受けするフレーズと考えていいようです。

    【my bad ごめんね】(Chapter 1 「いまどきの日常英語」より)
     [いまどきの言い方]
     My bad, I thought this pen was mine.
     ごめん、このペン私のだと思っていた。
     {普通の言い方}
     I’m sorry, I thought this pen was mine.

     自分に非があって謝る時の表現ですが、「悪い」「ごめんごめん」というような、どちらかといいうと軽いニュアンスで、ちょっとした頼まれ事をうっかり忘れてしまったというときなどに使う言い方。相手に思いっきり迷惑をかけてしまったときに使うのは、NG。
     badはいろんな使い方があり、その意味するものも変わってきているので注意が必要とセイン氏。
    〈badは本来「悪い」という意味なのですが、転じてスラングでは「最高」「イケてる」というまったく逆の意味で使われます。Your dress is so bad ! なんて言われたら、けなされていると思うかもしれませんが、じつは「あなたのドレス、イケてる」と逆にほめられているかもしれないのです。また、「ものすごく」と強調するときにも使い、I want to see you so bad. で、「あなたに会いたくてたまらない」という意味になります。〉

     マイナスイメージの言葉からプラスイメージの言葉へと逆転した例として、日本語では「やばい」がありますが、badをうまく使いこなすことが出来たら、あなたの英語もso bad !といわれるかもしれません。

     ここに紹介した〝いまどきの英語〟はほんの一部です。さらに本書には最近とくにネットやメールなどで多用される略語が多数収録されています。jkやLOLといった略語が文中に出てきて、いったい何を意味しているのか、辞書を引いても出ていないしと困った経験があるのではないでしょうか。本書が一冊あれば、そうした悩みも解消されるはずです。
     ちなみに、jkはjust kiddingの略で、意味は「冗談だよ」。女子高校生を指しているわけではありません。Jk ! Don’t be mad !(冗談だよ!怒るなって)という具合に使うそうです。
     LOLはlaughing out loud を略した言葉で、「大爆笑」がその意味。LOL, I love watching Maru videos(爆笑!マルの動画、見るの楽しいな)が使用例。

     さらに、日本のビジネス用語(「朝イチに」「直帰」「根回し」「サービス残業」ほか)や日本の流行語(「ブラック企業」「爆買い」「イクメン」「壁ドン」ほか)をどう言えばネイティブに正しく伝わるのか――わかりやすく教えてくれます(電子書籍版目次では、それら知りたい言葉・フレーズにリンク情報が埋め込まれていてクリック一つで解説本文に飛んで行きます)。

     最後に、テストです。次の二つの英文の意味、日本語で説明してください。
    (1)Let’s park that for now.
    (2)I<3 you ! xoxo
     (1)はいまどきのビジネス英語、(2)はいまどきの婚活や恋愛に関係する書き方。SNSやメールで使われます。正解は本書を参照してください。(2016/3/18)
    • 参考になった 6
    投稿日:2016年03月18日