レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

6176~6200件/10166件 を表示

  • 人口減に伴って衰退する寺院経営の現状を徹底ルポ
    仏教が伝来して以来、日本人にとって寺院は神社とともに身近な宗教施設であり続けてきた。しかし今、全国の寺院が存続の危機にあるという。人口減によって地方が廃れ、檀家が減少することで寺院の経営が行き詰まり、「空き寺」が増えていく。都市部では、一般市民と寺の、ほぼ唯一のつながりであった葬儀についても無宗教で行い、墓もいらないという人が徐々に多くなっている。本書では、そんな寺院をめぐる現状を、僧侶の資格ももつビジネス誌の記者がリポートしている。各地方都市特有の問題を抱える寺院や、時代の変化に対応した僧侶たちの新たな挑戦などを現地取材。また、歴史的見地から仏教や寺院が崩壊していった要因を探っている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年08月07日
  • 地球規模で進行する、歴史の大きなうねり
    我々が普段「現代」と呼んでいる時代はいつからか。「1990年代の冷戦終結後」と答える人も多いのではないだろうか。また、戦前・戦後というように戦争、すなわち国家間の争いを時代の区分とする見方も一般的だ。ところが、世界の歴史家たちは、そのような「国家」や国家間の関係を中心とした歴史の見方をしなくなっているという。本書は、そうした歴史家による現代世界へのまなざしの変化を紹介するとともに、グローバリゼーションが進む現代社会がどこへ向かうかを論じている。キーポイントとなるのは、国という単位を超えた「人のつながり」である。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年08月07日
  • 目次も無ければ作者による解説もない
    この会社の電子書籍は本編以外に付けないポリシーなのでしょうか?
    この作品の単行本には作者による解説=ネタばらしがあり、作中の謎解きをしてます。
    連載中に送られてきたファンレターでは、たった一人しか正解が無かった、しかし、読み返してみると確かに伏線もしっかり張られている謎です。
    この会社の電子書籍版しか読んだことのない人には、理解するのはとても困難でしょう。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年08月06日
  • 目次すら無い
    こちらの会社の版では、目次がありません。
    Amazon Kindleで先行販売されていた別会社の版ですと、電子書籍版描き下ろしページもありますが、こちらの会社のには掲載されていないようです。

    可能ならば、他の会社の版をお勧めします。

    内容は面白いんですけどね。
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年08月06日
  • 目次も無ければ作者あとがきも無い
    ラポート社から出版されていた「あろひろし短編集」の中の一冊。なぜにこれと「封印」が先行なのかよく判らん。出版順でもないし。
    目次も無ければ、確か書籍にはあった著者のコメントページも無いし、初掲載の情報も無い。電子書籍としては、どうなんでしょうね?
    「ハンターキャッツ」はAmazon Kindleで別会社の電書が出てますが、そちらは電書版描き下ろしもあるのに、こちらの会社は目次無し。
    他の会社の版があるのならば、そちらを確認されることをお勧めします。
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年08月06日
  • 匿名希望
    涙が止まらない!しかし惜しい
    単行本には青城戦後の青城メンバーの描きおろし番外編が入っていて、本誌で本編は読んでいましたが更に泣けました。時間不足か描きおろしが鉛筆書きですが、内容は文句なしの120点!
    ただ1つだけ本当に残念だったのは、ツイッターのハイキュー公式アカウントが古舘先生直筆の発売記念イラストを上げておられたのですが、そこで「初の表裏つながってるカバーです!」と宣伝されていたのに、電子版にはカバー裏表紙だけが収録されていません。カバー折り返し部分や背表紙、カバー下は表裏とも収録されているのに…。どうしてなんでしょうか。そこだけが本当に残念でなりません。今からでも挿し込んで修正版配布して欲しいです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年08月06日
  • 匿名希望
    もったいない
    とても綺麗な被写体なのに表情が固い。準備不足を感じる。また、ページの半分が白紙なことにフラストレーションを感じる。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年08月06日
  • 作家買いです。
    何をしても上手くやってのける、セレブな大学生と人当たりの良い、誠実な教師のカップルです。この作家さんはエロがエロエロで好きです。今回はあまりにもよくある設定で、なんだかもう結果バレバレです。攻めの学生は、自分の思いどうりにならない先生を何とかしたい一心で、攻めまくりますが、最初から攻めに関心がありながらも先生は、否定し続けます。結局のところ落ちてしまいますが。まぁ愛があるので個人的にはニヤニヤしながら読ませていただきました。
    それにこの方の書かれる男性は、男らしくてカッコイイです。女の子の様な受けは好きではないので、その点は良かったです。
    • 参考になった 6
    投稿日:2015年08月04日
  • 仏頂面の水野くんなかなかの魅力です
    ノンケ同士のほのぼの恋愛です。この作家さんは初めて読まさせていただきましたが、心の微妙な移り変わりの表現が、とてもお上手です。ヤモメ上司×仏頂面部下、とても面白かったです。特に部下の水野くん、最初はあまり好みではありませんでしたが、徐々に素直になっていくのが、中々可愛いです。スイーツ大好きな仏頂面が、課長の手作りスイーツ恋していきます。エロは少なめですが萌ます。
    ほんのりとた印象で楽しませていただきました。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年08月04日
  • 匿名希望
    傑作短篇集
    いろんなジャンルのお話を集めた短篇集。BL作品が多めなんだけどそうでない作品もあったり。設定もアンドロイドやピアニストや腐れ縁リーマンや歳の差奥さんなど様々ですが、どの話をとってもお話のふくらませ方が素敵です。「大奥」や「きのう何食べた?」などは作品単体で好きでしたが、この短篇集も凄く気に入ったので、これはもうよしながふみ作品に外れなしってことですね。
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年08月04日
  • 全部、始まったばかりの恋。
    それぞれ本編とおまけから成る短編がいくつか入った作品で数年前に紙媒体で読みました。
    表題作は本編が受の先輩目線、おまけが攻の後輩目線ですが、同じシーンでも見ている世界が全然違って、意外な感じにきゅんとしました。
    保育士さんものやその他の作品もキャラが濃いですが、絵も綺麗だし何と無く登場人物の背景も伺えるので楽しめました。
    レビューのタイトル通りほとんど全作品『始まったばかりの恋』という感じなので、どれも続編を読みたくなりました。

    オススメの作家さんです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年08月03日
  • 恋愛・友情どっちもじわっときます。
    いろんな意味で素直すぎる主人公が思いがけず恋に落ちてく話です。
    一緒にいる時間が長いだけ、その人を好きになるきっかけが増えるんだなぁという当たり前のことを実感しました。
    ふんわりした作品ですが、いい意味で泣けるところもあり、ストーリー重視の方も楽しめると思います。
    後日談でもう少しエロがあればもっと良かった…!

    初めてこの作家さんの作品読みましたが、今後の作家買いリストに入れようと思います。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年08月03日
  • 匿名希望
    懐かしや
    私の青春。だいじょうぶ。まーかせて!光画部に入りたい!
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年08月03日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    少しお花畑思考?
    絵もストーリーも好きですが、楓花がちょっと馬鹿すぎて榎本が哀れに見える。
    池に落とされる→ローション責め→シャワーかけられ放置
    こんなことされたら、電話のことチャラにされただけで助けてくれたなんて考えになれないと思う。解毒剤のためとはいえお人好しすぎ。
    他にも色々酷いことされてもちょっと優しくされただけで良い人かもとか、普段最悪な人間がたまに良いことすると良い人に見えるってやつなんだろうけど、やってることがクズすぎる。
    これは榎本苦労するよ。
    あと、もっとさくさく進んでほしいです。
    • 参考になった 6
    投稿日:2015年08月03日
  • 匿名希望
    絵が…
    1stシーズンの作者と比べて雑すぎる…続き物として読むのはつらい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年08月03日
  • 匿名希望
    いい意味で和製セブン
    セブンじゃんって言ってしまうと身もフタも無いけど、あの手のシリアルキラーものの映画の雰囲気をうまいこと日本の刑事モノに落としこんでいる。
    刑事ドラマとB級サスペンス映画好きにはオススメできる内容。
    やってることがえげつないわりに全般的にキャラの表情が固いのと、全三巻で一気読みには丁度良い長さだがそれ故にキャラクターの掘り下げが浅くて若干物足りなさを感じたので星4つ。
    収録されている短編のような無表情系主人公はとても画風にあってると思ったので、ああいう話をもっと読んでみたい。
    • 参考になった 6
    投稿日:2015年08月01日
  • やっと販売されました‼
    やっと販売されました。まってました‼
    ほんとにこの漫画はストーリー性があっておもしろいです。
    こんな薬もしあったら最悪だけどかっこいい榎本さんみたいな人がいれば( 〃▽〃)なぁと思います。

    これからこの二人がどうなるのかすごく楽しみです。
    薬を作った今岡とスイミングスクールの榎本がこれから彼女とどうなるのか…???
    楽しみです。早く次巻でないかなー‼
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年08月01日
  • 匿名希望
    完結していない
    「完結」となっていますが、2nd seasonの1巻で完結します。2nd seasonも買わせる為でしようか?なんだかスッキリせず騙された感があります。その為、星4つです。内容は、文句なく星5つです。アダルトですが決して嫌らしくありません。主人公とその脇を固める登場人物との掛け合いが絶妙で、テンポも良く、思わず笑ってしまう所も。女性にはオススメです。

    • 参考になった 3
    投稿日:2015年08月01日
  •  僕と同世代でゲームに夢中だった人間は、少しだけアイヌ語を知っているものです。「アムベヤトロ」とか「アンヌムツベ」とか、意味は全くわからなくてもなんとなく言えてしまうのは、格闘ゲーム『サムライスピリッツ』の美少女・ナコルルのおかげなのです。このままでは一生、ナコルルに支配されるはずだった僕のアイヌ知識を更新してくれたのが『ゴールデンカムイ』です。
     『ゴールデンカムイ』の舞台は日露戦争直後の北海道。主人公である杉元は、一攫千金を狙って砂金掘りをしています。戦争中、鬼神のような戦いぶりから「不死身の杉元」と呼ばれた杉元が、なぜそのようなことをしているかというと、戦死した親友の妻の病気を直すため、どうしても大金が必要になったのです。
     そんな杉元に、酔っ払った男が北の大地のどこかに隠された「金塊」の話をします。そして、大金の隠し場所を示した暗号が、網走監獄から脱走した死刑囚の身体に刺青として掘られていることも…。酔が覚めた男は「しゃべりすぎた」と杉元を殺そうとします。そこで杉元はこの話が与太話ではなく真実であると確信し、謎を追うことになります。
     杉元の相棒となるのがアイヌの少女アシリパ。彼女の父は「金塊」のために殺されていて、その仇を探しています。アシリパのアイヌ猟師としての知恵と知識と、杉元の不屈の精神で、彼らは北の大地を巡っていくのです
     それにしても『ゴールデンカムイ』の良い所は次から次に話が展開していくところですね。3巻の時点で杉元が戦った相手は熊→熊→囚人→屯田兵→集団屯田兵→熊→ベテラン猟師…大自然の脅威から新撰組まで次々と二人に襲いかかり、それを知恵と勇気で乗り越えていくのです。
     『ゴールデンカムイ』にはサスペンスとド派手なアクション、異文化の知識と、面白い要素がたくさん詰まっています。中でも料理漫画としての要素を見逃してはいけません。戦い、追い、逃げる二人はとにかくよく食べます。鹿や熊はもちろん、兎やカワウソまで、捌き方から料理法まで詳しく書かれていて、なんだかとても美味しそうなのです。
     脳みそから目玉までおいしく頂くアイヌの料理に戸惑う杉元や、味噌がうんこにしか見えないと拒否するアシリパさんの異文化交流ぶりも楽しく、料理が『ゴールデンカムイ』という作品の壮大さにもつながっているのです。
     厳しい自然との戦いや、骨太のサスペンス、それていて生活感があるという『ゴールデンカムイ』不思議なエンターテイメント巨編なのです。
    • 参考になった 13
    投稿日:2015年07月31日
  • 吸血鬼の父親と狼人間の母親を持つ女の子、江藤蘭世。真壁くんに恋をしてから、「かみついた相手に変身する」能力が芽生えてしまいます。恋のライバルにイジワルされたり、魔界の王子にほれ薬を飲まされたり、次々と起こる事件を恋する力で乗り越えていく、ファンタジー要素満載なラブコメです。そしてやはり『ときめきトゥナイト』を語る上で外せないのが、真壁くん。真壁くんはとにかくかっこいい! ちょっとぶっきらぼうというか、キザな感じなんですがそこがまた素敵で……。時々見せる優しい姿には、思わずときめいてしまいました☆
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年07月31日
  •  私たちの周りには「モノ」が溢れています。そして、その日々お世話になっている「モノ」の名前が実はよく分かっていないことがフツーになってしまっているようなのです。それほど新しい「モノ」が毎日々々、生み出されてきているということなのかもしれません。
     漫画家にしてコラムニスト、仏像(『見仏記』を見よ)とグラビアアイドル(SPA!「グラビアン魂」を見よ)に誰よりも情熱を捧げている異能の人、みうらじゅんさんに「この名称なんですかね?」と問いかけたところから、企画が生まれ、ついには全部で106の疑問・質問が並ぶ一冊の本が出来上がりました。『アレの名前大百科』(PHP研究所)。監修を引き受けたみうらじゅんさんが前書きにこう書いています。

    〈釈尊はずっと昔から目にみえるものに囚われるなとおっしゃった。そして、万物は流転し続け、〝空〟であると悟られた。それは、有るようにみえているだけであって、そのものには実体がないと。
     でも、気にはなるアレの名前。知って何になるわけではないが、〝そう呼んでるのね〟と、納得したくなる。それがボンノウというもの。子どものころ、女子のスカートをめくって〝何色のパンツ〟なのか確認したくて堪らなかったあの感じに似ている。
     知ることが教養だというのは間違いである。要するに、人間には知らないことを覗き見したい本能&ボンノウがあるってこと。〉

     もっとも、みうらじゅんさんは、もう本能とボンノウに突き動かされてこれ以上新しいものをどしどし覚える気はないと“白旗”をあげています。監修者になったみうらじゅんさん、散々な結果に終わっているのです。106問中、正解が幾つあったのかはここでは触れないでおきますが、問題001から問題036まで怒濤の連続不正解なのです。
     パート1は、あるものの写真を見て、ズバリ名前をあてる問題です。
     問題001→食パンの袋の口をとめる凱旋門みたいなアレ
     問題002→ミカンの皮についている白いアレ
     問題003→視力検査で出てくるC型のアレ
     問題004→生卵にある白いアレ
     問題005→ハロウィンのカボチャ
     問題006→傘の中心部分のアレ
     問題007→扉の片方を開かないようにとめておく金具
     問題008→カレーのルーを入れるアレ
     問題009→消しゴム付き鉛筆の消しゴムを固定するアレ
     問題010→靴下のつま先をとめる金具
     問題011→自動車のドアロックのつまみ
     問題012→蒸気機関車の前についているアレ
     問題013→公園にある回転する丸いアレ
     問題014→ラーメンのどんぶりを彩る柄

     どうですか? 14問中、わたしが正解できたのは、012の蒸気機関車の前についてるアレと013の公園の回転する丸いアレの2問だけでした。どれも、ああ、アレかとイメージが頭の中にうかぶものの、その名称はなかなか出てきません。

     パート2「街でみかけるアレの名前」は、「ガソリンスタンド」「夕方の商店街」「デパート」「カフェ」「古びた住宅街」「夕暮れの港」の風景のイラストがあって、その絵に描かれているアレ」の名称をあてるという問題です。たとえば、夕方の商店街には金魚すくい屋さんがあって、問題019は金魚すくいに使うアレなのですが、ご存知ですか? みうらじゅんさん同様、わたしもまったくわかりませんでした。
     みうらじゅんさんの初正解は、パート3「世界の国からアレの名前」の最初、〈問題037→ベトナム美人が着ているアレ〉、でした。これは、わたしにもわかりました。

     以降、パート8まで、多岐にわたる難問が連なり、正解と簡潔な説明が続きます。みうらじゅんさんの成績表もちゃんと公開されています。夏の夜、106のアレの名前あてにチャレンジしてみてください。(2015/7/31)
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年07月31日
  • 2015年夏アニメ化された新ジャンル、マフィアンファンタジー。マフィアにチンピラに売春婦に汚職警官が巣食う悪党だらけの街・エルガストルムで「便利屋」として生活するニックとウォリック。ニックは『タグ付き』と呼ばれる人種で、耳が聞こえない代わりに目がよく効き、刀を使って戦うアジア系。基本的に手話での会話なのですが、ときどき苦手な声をだして吐かれる台詞がカッコいいんです!アニメで手話が丁寧に描かれており、その手がまたセクシーです。ウォリックは金髪美青年系の本業・ジゴロ。幼い頃に出会った二人に何があったのか、悪党だらけのエルガストルムで二人を待ち受けている運命とは…!今後の展開が気になって仕方ない作品です!ノンストップアクションシーンが迫力満載で読み始めると止まらなくなります。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年07月31日
  • 好きです!
    ここ3、4日前に違う会社の電子書籍の整理をしていたら、四年前に一番最初に購入したこの作者の初期作品を久しぶりに読んでハマり、あれから発売された他の作品を、一部を除いて購入し3、4日の間に何度も読み返していました。現在連載されている他作品(未購入)よりもこの作品は気に入っていて(Androidのみでしたが)、ちらっと見える男性のピュアな部分と、どんどんエロかわいくなっていく女性がツボになっています。登録している他の作者の新刊お知らせが切っ掛けで偶然見かけて購入し拝見しました。やっぱりPC対応の方が読みやすいですね!
    すごくハマっている最中での発見だったので、運命的なものを感じました。イーブックジャパンを利用していてよかったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年07月30日
  • 求めない愛情
    絵柄のラフさと線の固さが気になって、手を出さなかった作家さん。…なんて勿体無い事をしていたのだろうかと、後悔した。青年が血の繋がらない交通遺児を引き取り育てる。たくさんの愛情をそそいで。お互いに言えない感情を隠して。何度読んでも、鼻の奥がツンと痛む。
    • 参考になった 9
    投稿日:2015年07月30日
  • 待ってました!
    対応デバイスがAndroidのみの時から読んでいました。女性も男性もステキに描かれていて、当時発売されたときから一目で好きになりました。この作者さんのファンになった切っ掛けの作品でもあります。早くPC対応にならないかなあ…と思っていたので、発売を知り即全巻購入しました!PC対応の方が読みやすくて好きです♪読むのはタブレットでですが(@^^@)今から拝見します!
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年07月30日