レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

5826~5850件/11511件 を表示

  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    4巻でもう終わってしまうのは悲しいですがスーパーウルトラ高校生坂本君らしい終わり方でしたね、アニメ化も始まったのに無駄に引き伸ばさないで世界観を壊さないのは素晴らしい。もちろん内容もタイトルどうりくだらないけど元気がちゃんと出ますので安心してください
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    少女漫画で一番好きな作品です。
    現実世界から遠く離れた作品だから、疲れた時、落ち込んでいる時、やる気が出ない時にピッタリですよ。
    ブッ飛んでいるけれど素敵なキャラたちの、超愉快な言動に癒やされるし、文句なしに楽しめます!
    主要キャラは6名(男3名・女3名)。色んなタイプがいるので、必ず?自分の理想像や好みのタイプを見つけられると思います。
    私は絵が苦手で手を出しずらかったのですが、絵の好みなんて些細なことに思えるくらい愉快・痛快な作品です。
    未読の方、性別問わずに楽しめますよ~。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    元気が出る漫画
    田舎の高校でひゅんなことから野球部監督を引き受けることになった女性教師。スポーツ万能ないかにもな選手ではなく、田舎の純朴な生徒たちがそれぞれ隠れた才能があり、予選を順調に勝ち進んで甲子園へ!スポコンストーリーではないけれど、教師や生徒たちが真面目に頑張ってる姿が見てて励まされます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    スケットダンス大好きです!!!
    昔お友達に勧められて読んでみたらハマってしまいました。
    とにかく気楽に読めて、読んでいるだけで元気が出ますね。
    キャラも魅力的でストーリーも面白いです。
    子供だけじゃなく大人も楽しめる漫画だと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    元気が出る漫画
    純真無垢なハイパーお嬢様たちが通うミッション系スクールの中で、ネコをかぶってお嬢様のフリをする三人は、違う臭いを感じ取ったお嬢様たちからアイドル視される。そして三人はお互いの本性に気付き仲良くなっていく。源氏物語の実直レポートにはお腹かかえて笑いました!事件の解決の仕方も豪快で良いです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    元気が出る漫画
    スポーツもののなかでは展開が早く読みやすい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    最初はタイトルが気になって、アニメを見たんですが、すごくいいストーリーでハマってしまいました。それぞれのストーリーにそれぞれの違った感動があります。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    元気が出る漫画
    主人公と相棒の秋人が漫画家になるべく奮闘する姿から元気をもらった。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    銀魂の中でも特に大好きな巻です!!
    とにかく笑えます。
    銀魂はやっぱり万事屋と真選組でわちゃわちゃ騒いでるのが一番楽しいですね。
    銀さんと土方さんの中身が入れ替わるだけで万事屋メンバーと真選組隊士たちがこんなにも変わるとは…(笑)
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    登場人物達が様々な困難に阻まれながらも一生懸命に火星から生還しようとする姿から元気を貰いました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • ネタバレあり
    この世界観、すごく引き込まれます!
    話の展開もテンポよく最終話まで一気に読めて、終わり方が上手し、最終話の後の番外編でその後が垣間見れたり、最終話の補足といったような感じでしっかりまとまっていて満足度100%です。
    何といっても匡の実沙緒に対する愛が半端ないです(笑)お互い強烈に愛し合っているものの、やっぱり最初から最後まで匡の愛が凄まじかったです。
    本編の合間にある番外編も面白く、私は相模とあやめの話が好きです。
    5つ星でお薦めです!
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 見所は描画の切り返し
    ネット連載の人気で、私も他作品からの移入なのに今毎回読んでます。
    物語的には基本がSF(見掛けは学生中身は大人)ですが内容はキャラ掛け合いの学園ドラマそのものです。
    その掛け合いも緩急がありけっこう読んでいけます。
    ただこの作品はその展開や絵が綺麗である以上にデフォルメに崩したときの切り返しが良くソレで充分笑い(?)が取れてます。
    中には真面目なときにSDなのに真面目画でふざけてみたりで。
    毎話に挿入される「オチ絵」も見物の一つです。
    • 参考になった 8
    投稿日:2016年04月20日
  • 少女誌の展開に少年誌のノリ
    う~ん、5巻までの割引で読んでみたんだけれどコレなかなかだわ。
    基本的には「醜いアヒルの子TheAfter」的な話なんですが、少年誌にはない
    「中身変わらなくても腐女子で全然OK」
    と言う展開が巧く回っているところがイイ。
    少女誌にありがちな粘っこさもなく少年誌でもそこそこ通用しそうな内容です。
    ただ、主人公が腐女子と言いながらけっこう爽快で少年誌のオタクのような病み具合がないとこ、痩せただけであれだけ美人に・ってのは流石に少女漫画。
    また立ち位置的には多彩に見える彼氏勢(女性も混じってます)が押し引き具合で足並み揃えてる所がチョット惜しまれる。ここの緩急が激しいと化けそうな気も。
    括り方具合で評価も変わりそうですが、現状(~5巻までですが)これはアリです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 物語は熱くなれるが・・・・
    言わずと知れた曽田氏の名作です。愛蔵版も買いました。
    が、
    今の私には心に響かない作品になってしまいました。
    話としては熱血で一方背景もよく調べられた逸品です。
    話運びの手抜きがなくちゃんと引いた伏線も描写に抜かりないです。
    ただ・・・・・・個人的に歳取って受け容れられなくなった自分が居ます。
    特に安全と調和を求められる救急救助に於いて天才肌で活躍する主人公。
    後学と教訓を大事とするこの世界では一番厄介な存在です。
    分野は違えど安全を命題としてる仕事に従事する私にも彼の考え方はずいぶん仇に映ります。
    加えて失敗や挫折を抱えた登場人物を勝負やスポーツになぞらえて「敗者」と括っていて、それに公私ともまみれた私には逆に虚脱感が。
    この話は阪神大震災の前に連載が終わり、そのあとこの現場もとてつもない挫折を幾度か味わってます。
    そこに於いてもう「絵空事」と割り切らないと辛い面も・・・・
    いい話なんです。でも共感できなくなってしまいました。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    設定がいい
    キャラクターが非常に多いですが、一人一人にしっかりバックボーンがある点に好感が持てます。設定好きの人はハマりやすいんじゃないかと。ちなみに表紙裏のおまけ解説は、最近電子版でも全巻読めるようになりましたので、電子版の損はなくなりました。
    • 参考になった 8
    投稿日:2016年04月19日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    結末が想像できてしまった
    講評にも書いてありますが、この小説にはあるしかけがされてます。
    しかし、冒頭辺りでそのしかけに気付いてしまうので、あまり驚きもなく読み終えてしまいました。
    そして「彼」を死なせる必要はあったのか、甚だ疑問です。
    最後の回答を見せる為だけに死なせたのではないか?という感想を持ちました。
    全体的にキャラがぼんやりとしていて、全然掘り下げられてないせいで読み終わっても何の感慨も抱きませんでした。
    残念です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月19日
  • 匿名希望
    幕末の忍び
    時代考証がしっかりしているので、登場人物達が生き生きとしていて、確かにに主人公が存在したかのような臨場感があり一気に読めます。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月18日
  • ネタバレあり
    個人的に 月村作品のナンバー1かも
    月村先生フェアを勝手に敢行していて、やはりこの作品が一番好きかも知れない。
    ゲイであることに罪悪感を感じながら生きている受と
    誰からも好かれるノンケである攻が出会ってどのように
    恋に落ちてどのように一緒に過ごすようになっていくのか、
    月村作品の定石である「積極的な攻」ですが、屈託がない宮村さんの
    キャラがきらりと光っています。こんな人だったら、ノンケでも
    「この人だ!」と思ったら、性差という大きな大きな壁を
    越えていくかもしれないな、と思わせる何かがありました。
    家族に自分の性癖のことを知られ罵られた結果
    一生恋愛しないと思いつめている受。
    そんな、どこまでも後ろ向きで、
    どこまでも対人スキルが低くて(と本人は思っている)
    どこまでも天然(笑)な堀さんも、どこまでも愛すべき人。
    ちなみに…
    「おしおき」(笑)がよく分からなかった私…
    「いつも王子様が」をまず先に、それから、この作品の次に、
    「隣人は恋人のはじまり」を読むことをおススメします。
    最後に…
    月村作品に出てくる女性に好きなキャラが多いのも
    好きなポイントのひとつかも知れません。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年04月18日
  • ネタバレあり
    期待しすぎちゃいました
    最近 月村奎先生フェアを個人的に敢行。
    基本的に、ゲイであることを苦悩する受けに、もともとはノンケでも
    積極的な攻め、という構図が多く、ある意味それが必要なときに読むと、
    非常に心地よいです。
    この本は奥付を見ないで買ったのですが、読んでいるときに
    多少の違和感があり、読んだあとで見たら少し前の作品(2001年発行)なのですね。
    だからか、余計に理性的な高校生でした~
    こんなに理性的だったりするかな?
    こんなに物分りのいい恋人…いるかな?
    なんとなく、そこが少し物足りなかったかな。
    でもきちんとある一定の基準は超えてきている作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月18日
  • 予定調和すぎたかな?
    お話が少し単調な気がします~
    主人公の2人以外の登場人物の立ち位置が少しよく分からなかったデス。
    まぁ…波乱万丈ではないし、安心して読めるかな?
    絵は可愛くて、主人公の旭君が本当に可愛いです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月18日
  • 微妙・・・
    人騒がせなバカップルに振り回された、そんな感じ。
    そのバカップルの心のグダグダした葛藤を延々うんざりするほど聞かされたというか。
    物語を読んだというよりそんな感想しか持てなかった。
    小説じゃなくしょうもない他人の日記を読まされただけな気がする・・・。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月18日
  • 確かに異色の入れ替わり
    悪意を持った入れ替わりというものは恐ろしいです。
    狙った人間と入れ替わることができる、ということもだけど
    入れ替わるための手段がまた戦慄モノ。
    本の内容は“あらすじ”に書かれている通りで
    それ以上のことはネタバレにもなるし特筆しませんが、
    とりあえず見た目が“可愛い”と“デブス”の
    女の子同士が入れ替わったら起こるだろうってことが、やっぱり起きます。
    動機もそこから。
    ただ。完結まで一気に読んだとき、すごく物足りなく感じたし、
    「え?これでいいの?え?」みたいな、もやもやした思いだとか
    そんな風に思えるわけないじゃないかとか、消化不良になりました。
    物語は“被害者”であるあゆみ視点で語られ、
    性格がいい子なりの思ったとおりの展開になり、
    あゆみと入れ替わった然子の気持ちが作中では多くは語られず、
    ただ読み終えたその時点では評価はたぶん★3くらいでした。
    じゃあ何故今★5で評価しているのかというと。
    ふと、思ったのです。「よだか」ってなんだっけ、と。
    宮沢賢治の本を引っ張り出してきて読み直しました。
    そうしたら、この本の主人公は“可愛いほう”の女子、あゆみじゃないのでは?と。
    思ってしまったのです。
    タイトルが表しているのは、然子なのでは?と。
    改めて読み直し、あゆみが然子として過ごした時間に
    然子はあゆみの姿でどうしていたのだろうと考えたら、
    もやもやが晴れました。
    そんな深読みとは全く関係ないかもしれません。
    少女マンガっぽい終わりといえばそうです。
    駆け足に感じるかもしれません。
    そんな、僕のようにもやもやした人は視点を変えてみたり、
    宮沢賢治のよだかの星をちらっと読むだけでもしてみてください。
    ちょっと見方が変わると思います。
    この作品のキーワードは
    デブス、デブスの性格ブスは本人のせいじゃない、入れ替わり、恋愛、都市伝説
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年04月18日
  • それは反則やで
    最近夏目イサク先生に開眼、
    飴色パラドックスから入り、
    次に読んだのがこちら。
    安定の明るい話運びに
    現実世界に疲れてるとき(笑)なんか
    癒されまくりです。
    し、し、しかし、いくら身バレが
    怖いからって、あれを持ってくるとは…
    携帯握りしめてひとりで笑ってしまいました。
    端から見たら、あやしかったろうな、わたし。笑
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年04月18日
  • 匿名希望
    今読んでも古びていない!
    電子書籍化をずっと待っていたので、ひたすら喜んでいます。今からもう20年ほど前に書かれた作品なので様々な意匠は確かに古いのですが、描かれるテーマは今読んでも全然古びていません。とはいえ、20年たっても大企業の女性総合職を主人公に据えたこの話のテーマが古びて見えないことはいいことなのかどうか、痛しかゆしですが。
    主人公の原島浩美はもとより、海千山千の登場人物が非常に魅力的です。特に台東支店長、大注目です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年04月18日
  • なんて繊細で美しい身体
    初めて買う作家さんでしたが、本当に綺麗で、端正な画を書かれる方で一気読みでした。
    他の方のレビューにあるように、ノーマル、と連呼されてますね。わたしはアメリカに住んでますが、Straightと言うのが多いかと思います。それ以外はただただ世界にうっとり。エロは多め、でもキレイ。
    • 参考になった 22
    投稿日:2016年04月17日