レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

526~550件/9996件 を表示

  • 大変魅力的な作品
    宇宙海賊であるハーロックが、地球外生命体マゾーンと闘う作品です。
    独特で引き込まれる世界観とキャラクター、これだけでも十分な武器ですが、見せ方も上手い。
    文句なしで面白いです。オススメです。
    面白いのに、それを言葉にできない自分の語彙が歯がゆい…!
    唯一懸念を上げるとしたら、敵が女性のみの種族なので、そういうのを気にする方はお気を付け下さい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月09日
  • 鏡貴也(原作)さんらしい作品
    人間と吸血鬼との間の争いの物語なんですが、戦闘シーンかなり多く、迫力も画力もあるので、それを見てるだけでも十分に楽しめる作品です。
    主人公は人との絆を大変大事にする熱血系な感じ。
    どこまでも真っすぐで、どうしても越えられない壁にぶつかっても猪突猛進。
    思慮が浅いともいえるので、人によっては合わないかも。
    味方が本当に味方か、敵が本当に敵か、それぞれの組織が一枚岩ではないので、物語は結構複雑です。
    複雑な人間関係・世界観・パワーバランス、そういうのが好物の人は楽しんで読めると思います。
    少々難しいので、『マンガを読むのに難しいことは考えたくない!』という方はご注意を。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月09日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    何が描きたかったのか分からない
    BLとオカルト、どちらかでも楽しめればいいと思ったんですが、どちらもつまらなかったです。サンプルにほぼ全ての要素が入っていると言っていいぐらい、そこから何も広がらないし解決もしません。何か怖いものがいて、小牧(主人公)が怯え、水野がやってくる、本当にそれだけです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月09日
  • 匿名希望
    待ちにまった塩川桐子の新刊!
    待った甲斐があった、、、と思わせれくれた一冊。読んだあとにほっこり、暖かくなる。にしても次の新刊はいつになるのやら~。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月09日
  • 能ブームは何故来ない?
    一人の若者が能楽師として様々な経験や恋や出会いと別れを通して成長して行く様を描いた傑作です。
    柔道ブーム、将棋ブーム、落語ブーム、競技かるたブーム、歌舞伎ブーム、等々…大変結構。
    お能もブームにならないかな~…
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月09日
  • 解せない。
    「カエルの楽園」がなくてこちらだけ販売されているのはやや不満です。
    百田氏に関しては、思想的に偏っていると色眼鏡で見てしまいがちですが、「海賊と呼ばれた男」は文句なしに傑作ですし、憲法9条改正反対の護憲派ほど、「カエルの楽園」は予断を捨てて一読はしてみること、自分の思想主張を客観的に見てみることも必要かなと思います。
    憲法改正には、衆参両院の総議員(※出席議員ではない)の3分の2以上の賛成による発議と、その後の国民投票における過半数以上の賛成が要件な訳ですが、国民投票まで辿り着く可能性は強まってきたなあと思っています。
    個人的には、少なくとも自衛隊法改正によって生命、身体、財産的危機にある在外邦人に対して自衛隊は旧法では「輸送」しかできなかった訳ですが警護救護含めて「安全確保措置」ができるようになったのは私は良かったと思っています。
    思想的には右寄りではないつもりですが、セルフディフェンシブフォースという概念の説明を国軍を持つ国の方にするのはなかなか難しくて理解を得にくかった経験はあります。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月09日
  • 現状認識
    政権選択選挙も近いので日本の現状を信頼性のある統計予測、データに基づいて認識しておくことはとても大切だと思います。
    政局や、国難としては北の某国についての話題が中心となるのは致し方ないことですが、この「静かな有事」、少子化と超高齢社会への日本の進行は考えている以上にスピードが早く深刻な影響があるということです。
    あまりビジョンもなく刹那的に生きてきて、おそらく3人も子どもは持てないであろう人間なので偉そうなことは言えませんが、実現可能性は別として、単なる問題提起に終わらず、対策の提案に多くの紙幅を割いているのも評価できます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月09日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    無自覚な受けが可愛い
    転校を機に脱オタしようと頑張ってるけど
    端々で素が出ちゃってる受けが可愛い。
    そんなまっすぐで素直過ぎる無自覚受けに翻弄される攻めもいじらしい!
    委員長も(友達も)良い人!
    スピンオフであとがきのカプも是非描いて欲しい…!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月09日
  • 匿名希望
    映画みたいだった
    イメージとしては、ひと気のない砂浜で波の音を聴く...ような静かにゆっくりと想いを巡らすような感じのストーリー。
    まるで映画みたいで読み終わった後の余韻も心地よかった。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年10月08日
  • ネタバレあり
    能面女子高生の日常漫画
    家のしきたりで能面をつけっぱなしにしている女子高生の日常漫画。
    彼女を取り巻く彼女も含めて残念な人間ばかりが集う
    勘違い食い違いギャップに笑えるギャグ漫画です。
    絵がとにかく丁寧で見やすいです。
    ギャグ漫画は絵が雑なのが多いのですが、
    この漫画はそういう意味でもギャップがあって笑えてしまいます。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年10月08日
  • 匿名希望
    別作者の外伝をシリーズものとして販売するのはいただけない
    この評価★1は「エクストラ あの愚か者にも脚光を!」だけの評価です。本編は非常に面白く読みやすいので文句なく★5です。
    違う作者が書いた外伝ものは、別作品として販売すべきではないでしょうか。こんな売り方をされては、よほど注意深い人でないと同じ作者の作品だと思って買ってしまいます。というか、こんな詐欺まがいと言われても仕方ない売り方は見た事がありません。
    本作が面白ければここまでの不満もなかったですが、残念ながら本編とは比較にならないほどつまらなくて読みづらいです。
    • 参考になった 8
    投稿日:2017年10月08日
  • お金の使い方が予想外で面白い
     40億と言うとてつもないお金を手に入れた主人公が異世界に移住してどうするんだ? と思ったのですが、移住というか現世と行ったり来たりの生活をするお話でした。
     しかし、40億の使い方が酷いw
     殆どが肥料なんじゃね? と言わんばかりに持ち込んでいます。
     それに、フロアマネージャーさんがぱねぇっす、知識豊富すぎだああああああ!w
     流石はフロアマネージャー出来る男は違うね、もういっそ異世界にスカウトしたらどうかとおもったわけですよ。
     一気に7巻まで楽しく読めましたし、いよいよ戦争が始まって物語はクライマックスに突入のよう。
     とりあえず、現時点で戦争に勝てる見込みはなさそうなんだが、導決着が付くのか楽しみです。
     
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月07日
  • 元素使い
    ヴァンパイアものでありさえすればとりあえず食いつく習性を持っている私ですが、ヴァンパイアものでありつつ能力バトルというのがまた面白いですね。
    金属元素使い!ていうのがまた斬新ですね。何でしょうか、その場にあるもので戦闘を凌いでしまうMASTERキートン的な格好良さというか。コートや上着のポケットからいろいろ出てくるんじゃなくて、バトルフィールドにある自然物公物から何とかしちゃうという。元素的には何が最強なのかしら。相手ヴァンパイアだしなあ。
    私めは化け学の記憶は、元素記号表の暗記語呂合わせ的なものしかなく他はほぼ抜け落ちております…(例:アルカリ金属「エッチでリッチなかーちゃんがルビーをせしめてフランスに行った H Li Na K Rb Cs Fr 」)。それでも安心して読めます。伝承伝説としてのヴァンパイアや眷属の世界観と現代、化学、バトルのブレンド感が丁度良いです。
    連載雑誌本誌で連載途中から知った作品なので、これからじっくり集めようかなと。EDENもかなり好みだけどこれも好きです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月07日
  • 匿名希望
    消化不良
    何も考えずに読んでたら、よく見るとこれで終了。
    あまりに中途半端でびっくり。
    むしろこれからだろ、と思うので、人にはあまりおすすめできない。
    出版社変えるかして再開してほしい
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年10月07日
  • 匿名希望
    好きです。
    話のテンポが良くて、短いですが、お互いが惹かれて行く様子がうまく描かれています。この作家さんのヒロインは幼児みたいであまり好きではないのですが、今回のヒロインは少ーし大人っぽかったのと、設定の砂漠物が好きなので見てみようと思いました。男性が綺麗で表現がとても綺麗!!何度か読み返しています。最後はもう少しイチャイチャシーンを入れて欲しかったです。少し消化不良です。その後が見たい!!是非続編をお願いしたいです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年10月07日
  • 匿名希望
    よかった
    この作品に出会えてよかったと思えるくらいでした。
    デフォルメがいちいち可愛いぃ
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年10月07日
  • Fate知らない人にも分かりやすい導入部分
    綺麗にゲーム版ヘブンスフィールをなぞっているので、聖杯戦争のルールを丁寧に教えてくれます。
    Fateを知らない人にも分かりやすいと思います。
    ただ、知ってる人にしてみたら今更感があり、物語の動きが遅く感じてしまうと思います。(現状、3巻ですが、この時点で、聖杯戦争がようやく始まろうというところ。)
    そして、知らない人にも分かりやすいとは言いましたが、ヘブンスフィールはFate知らない人に気軽にオススメできる物語ではありません…。
    大変陰鬱で、エゴイスティックのぶつかり合い、醜い戦いとなります。
    そういうのが好物な方は是非。
    画力は高く、ストーリーも丁寧になぞっている、コミカライズとしては大変良い出来だと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年10月07日
  • ネタバレあり
    3巻まで読んだが…
    マンガ同好会の話なんですが、ちょっと俺には面白さが分からなかったですね…。
    ストーリーが書けるAと、絵が描けるB。
    Aが絵が上手くなったり、Bがストーリー書けるようになるかっていうと、そうでもなく。
    合作するかと思ったら、そうでもなく(一応、1度はある)。
    ヒロインは2人いるけど、正直居なくても回るし…。
    というか、ヒロインはマンガ作りに参加しません(女王様だから)。
    3巻だと判断には足りなかったかも。
    でも、そこまで読んで判断に困るマンガかぁ、という感じです。
    あ、4巻完結みたいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月07日
  • ギャグものにしては進んでいる巻数
    ヒロインのある秘密を知っちゃったヒーロー(黒峰くん)が秘密を守りながら生活していく作品です。
    基本、ギャグもの。22巻完結です。最終巻から手前3巻くらいは、シリアスに極振りされてますが。
    つまり19巻はギャグ。
    ギャグものでこの巻数。
    中だるみ必至な感じもしますが、意外と中だるみしないです。
    まあ、まったく中だるみが無いわけでもないのですが。
    出てくる人出てくる人みんなポンコツなんで、キャラをとっかえひっかえしながらギャグを生産していく感じになります。
    あぁ、そうだ。〇〇人とか、△△人とか、最初作品見たときには感じなかった斜め上の存在が続々と現れます。
    最初の設定の、主人公の「隠し事ができない体質」があまり生かされなかったのは残念(みんなポンコツなのでバレない)。
    でも、最後のシリアス部分の描き方は見事。
    ギャグ部分も併せて、楽しく読ませていただきました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年10月07日
  • 天に向かって吐いたつばは、自分に返ってくるんだよ…
    この野郎…!って思うくらいに不遜で、大胆な、つば九郎の4コマ漫画です。
    もう、コレね。読んだほうが早いです。
    つば九郎のこと知ってれば、普通に楽しめる内容になってます。
    知らない?知らなかったら手を出さないほうが賢明ですね…。
    この鳥、結構エグいんで(苦笑)
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月07日
  • 不朽の名作
    機械の体を手に入れるために、鉄郎はメーテルと一緒にアンドロメダを目指す。
    最初のころは、それはもうお約束のごとく、鉄郎がメーテルの言うこと聞かないで、トラブルに巻き込まれる、っていうの繰り返すんですが、中盤あたりからしっかりと自我を持ち始めて、最後のほうではメーテルを自分から助けに行こうとするくらいに成長します。
    テレビでよく、アニメのラストの部分は放送されたりしてますよね。
    でも、実際どういうことが起こっているかまでは語られていません。
    それはぜひ、ご自分の目で見てほしい。
    彼がアンドロメダに着いて、何を決意するのかを。
    読んで損することはない作品です。
    色々な星に立ち寄って、色々な世界を見せてくれるのも魅力。
    本当は★5あげたいくらいではあるんですが、序盤の鉄郎があまりに情けないので★4で…!
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年10月07日
  • セクシーアドベンチャー コ★ブ★ラ
    もう説明なくてもいいでしょう。宇宙海賊コブラの物語です。
    セクシーといってもエロいっていう方ではありません。
    いや、そういうのもあるけど。
    独特なセリフ回しが大変セクシー。アダルティとも言えるかな。
    マンガとしては、多少波があるかな。
    面白い!って思うところ、そうでもない…、というところ両方あります。
    しかし、SFな世界観と独特な解釈は大変魅力的。
    興味があるならば、読んでみて損はないかと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月07日
  • 妄想超特急
    お姉ちゃんが、「弟は私のことが好きなんだ」って勘違いしたりして、何でもかんでも妄想を暴走させる内容なのですが、コレが結構痛い。
    痛いけど面白い。でも、やっぱり痛いので、直視し続けられないかもしれません(笑)
    ブレーキ役不在ってのもあるけど、基本ブレーキが効かない暴走列車なお姉ちゃんなので、お構いなしに突っ込みます。
    お姉ちゃん視点になった場合は、基本的に同じ展開になるのですが、想像もつかないような斜め上の妄想のおかげで、意外に飽きが来ないようになっています。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月07日
  • ちょっと見てていたたまれない感じ
    めっちゃ攻撃力の高い女の子とめっちゃ防御力の高い男の子、っていう設定の物語なんですが、この設定結構ブレブレです。
    女の子が何事もないかのように4階から飛び降りたり(防御力じゃね?)します。
    ヒロインのほうが大変積極的で、男の子のほうも流されやすいので、ちょっと性的にイチャイチャしまくります。
    ちょっとじゃれつきが過剰なので、見てるとモヤっとした感じに…(ムラッではない)。
    例えるなら、街中でじゃれついてるカップルを見ているような、そんな感じ。
    そういうのを見るのが好きな人にはいいかもしれません。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月07日
  • 匿名希望
    とてもつまらかった。
    特に山場もなく、内容は薄っぺらい。絵が綺麗なだけにがっかり。このヒロイン嫌い。母親としても最低。共感がもてない。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月07日