レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

5426~5450件/9996件 を表示

  •  圧倒される思いで、一気に読み終えました。
     2015年ノーベル文学賞受賞のスベトラーナ・アレクシェービッチの『チェルノブイリの祈り 未来の物語』(岩波現代文庫)は、いま、私たちが読むことのできるドキュメンタリー文学の最高峰に位置する一冊です。
     著者のアレクシェービッチは、1948年ウクライナ生まれ、国立ベラルーシ大学卒業のジャーナリスト。第一作は第2次世界大戦に従軍した女性を取材した『戦争は女の顔をしていない』(群像社)。第二作『ボタン穴から見た戦争』(群像社)は、第2次世界大戦のドイツ軍占領侵攻当時、子どもだった人びとの等身大の体験談を聞き取った労作です。このほか、帰還兵やその家族の証言を積み重ね、ソ連のアフガニスタン侵攻の隠された真相を明るみに出した『アフガン帰還兵の証言』(日本経済新聞社)が邦訳されています。電子書籍版がまだないなかで、本書『チェルノブイリの祈り』が、アレクシェービッチの著作電子版第1号として、ストックホルムで行われるノーベル賞授賞式(12月10日)を間近に控えた12月4日にリリースされました。

     1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所(旧ソ連。現在のウクライナ)でメルトダウン(炉心溶融)、爆発の原子力事故が発生。国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7に分類され、世界最大の原子力事故となりました。
     事故発生から11年――1997年に本書『チェルノブイリの祈り』が発表されました。被災地を歩き、原子力事故を直接体験した人びとへのインタビューを重ね、チェルノブイリ後を生きる人びとを見つめ続けたジャーナリストが10年あまりの時を経て紡ぎ出した言葉の束は、「チェルノブイリで何があったのか、そしてその後人びとはどんな事態に遭遇することになるのか」を見事に浮き彫りにしました。これは、私たちの未来の物語です。

     チェルノブイリ原子力発電所で爆発が起きた、その時――真っ先に出動した消防士、故ワシーリイ・イグナチェンコの妻リュドミーラ・イグナチェンコのモノローグ(独白)から、このドキュメンタリーは始まります。

     著者は、消防士の妻の証言に〈孤独な人間の声〉という見出しをつけました。

    〈なにをお話しすればいいのかわかりません。死について、それとも愛について? それとも、これは同じことなんでしょうか。なんについてでしょう?
     私たちは結婚したばかりでした。買い物に行くときも手をつないで歩きました。「愛しているわ」って私は彼にいう。でも、どんなに愛しているかまだわかっていませんでした。考えてみたこともなかった。私たちは夫が勤務している消防署の寮に住んでいました。二階に。寮にはほかに若い家族が三家族いて台所は共用でした。一階には車が止まっていた。赤い消防車。これが夫の仕事です。(中略)
     夜中に外がざわついていた。窓からのぞいてみたんです。夫は私に気づいた。「換気窓を閉めておやすみ。発電所が火事なんだ。すぐにもどるよ」
     私は爆発そのものは見ませんでした。炎を見ただけ。なにもかも光っているようでした。空一面が。高く燃えあがる炎。すす。ひどい熱気。夫はいつまでたっても帰ってこない。すすはアスファルトが燃えたためです。発電所の屋根はアスファルトでおおわれていましたから。タールのなかを歩いているようだったと、あとで話してくれた。炎をたたき消し、燃えている黒鉛を足でけりおとした・・・・・・。夫たちは防水服をきないで行きました。シャツ一枚のまま出動したのです。警告はなかった。ふつうの火事だと呼び出されました。〉

     4時、5時、6時になっても消防士の夫は妻のもとへ帰ってきません。そして、7時――。

    〈七時に夫が病院にいると教えられました。私は病院へ走りましたが、病院のまわりはすでに警官に囲まれていてだれも通してくれない。救急車だけが入っていく。警官がどなっていた。「車は計器がふりきれるほど汚染されてるから近寄らないでくれ」。私だけではありません。その夜、自分の夫が発電所にいた妻たち全員がかけつけていました。私はこの病院で働いている顔見知りの女医を大急ぎでさがしました。車からおりた彼女を見つけ、白衣にしがみつきました「なかに入れて!」「だめよ! 容体が悪いわ。彼ら全員が悪いの」。私は彼女をつかんだまま「ひと目でいいの」「しかたないわね、一五分か二〇分よ。さあ、急いで」
     夫に会いました。全身がむくみ、腫れあがっていた。目はほとんどなかった。「牛乳が必要よ。たくさんね。全員が三リットルずつ飲めるくらいたくさんいるわ」と彼女。「でも、夫は牛乳を飲まないのよ」「いまは飲むわ」。この病院のほとんどの医者、看護婦、特に看護員はこのあと病気になり亡くなります。でも、このときはだれもそんなことは知りませんでした。〉

     深夜、道路に何百台ものバスが並び、町が疎開の準備を始めるなかで、チェルノブイリの消防士たちは特別機でモスクワの病院に連れていかれました。
     シュキンスカヤ通りの第六病院特別放射線科。

    〈彼は変わりはじめました。私は毎日ちがう夫に会ったのです。やけどが表面にでてきました。くちのなか、舌、ほほ。最初に小さな潰瘍ができ、それから大きくなった。粘膜が層になってはがれ落ちる。白い薄い膜になって。顔の色、からだの色は、青色、赤色、灰色がかった褐色。でもこれはみんな私のもの、私の大好きな人。とてもことばではいえません。書けません。(中略)
     会話の断片が記憶に残っています。だれかが忠告してくれた。「忘れないでください。あなたの前にいるのはご主人でも愛する人でもありません。高濃度に汚染された放射性物体なんですよ。あなた、自殺志願者じゃないんでしょ! 冷静におなりなさい!」。私は気がふれたように「彼を愛しているの、愛しているの」とくりかえすばかり。彼が眠っている、私はささやく「愛しているわ」。病院の中庭を歩きながら「愛しているわ」。便器を運びながら「愛しているわ」。以前のふたりのくらしを思い出していました。消防署の寮での生活。夜、私の手を握らないと彼は眠りませんでした。それが彼のくせ。眠っているとき、私の手を握っているんです。一晩じゅう。
     病院で彼の手を握るのは私。はなしませんでした。〉

     仕事仲間2人の埋葬に一緒に行って欲しいと彼らの妻から頼まれたリュドミーラが墓地に行っていた間に、消防士の夫が亡くなりました。病院での最後の2日間――壮絶な死でした。

    〈全員集まりました。夫の両親、私の両親。モスクワで黒いスカーフを買ってきました。私たちの応対をしたのは非常事態委員会で、だれに対しても同じことをいうのでした。「ご主人」、あるいは「ご子息」の「遺体はおわたしできない。遺体は放射能が強いので特殊な方法でモスクワの墓地に埋葬されます。亜鉛の棺に納め、ハンダ付けをし、上にコンクリート板がのせられます。ついては、この書類にご署名願いたい」。憤慨して棺を故郷に持ち帰るといいだす人がいても、説きふせられてしまうんです。あなたのご主人は英雄であり、もう家族のものではない。国家的な人物で、国家のものなんですと。
     霊柩車に乗りました。親戚一同と軍人。(以下略)〉

     「遺体は渡せない」夫を失った妻の証言に社会主義体制下における国家と個人の問題が露呈しています。
     未だかつて経験したことのない放射能汚染にどう対処していけばいいのか。300人を超す人びとへのインタビューは、その実相を、人びとの悲しみを描き出しました。
     召集されてミンスク郊外に駐留した化学技師(修士)。ウオッカが放射線に効くと信じて、6日間ウオッカを多めに飲み続けた。手に持たされたのはシャベルだけだった。
     事故処理作業者のアレクサンドル・クドゥリャーギンは、作業実態を風刺するアネクドート(小話)を語りました。
    〈アメリカ製のロボットが屋上に送りこまれました。五分間仕事をしたら、ストップ。日本製のロボットも五分間仕事をして、ストップ。ロシア製のロボットは二時間仕事をしています。無線機で指令がとびます。「兵士イワノフ、二時間後に下におりて一服してよろしい」。はっはっは!〉

     事故処理作業に投入された部隊はぜんぶで210部隊、およそ34万人。放射線値が高いところでは電子回路が故障するため、いちばん頼りになる〈ロボット〉は兵士だったという。軍服の色から、〈緑のロボット〉と呼ばれた。崩壊した原子炉の屋根を通りすぎた兵士は3600人――ロケット技師で、共和国連盟「チェルノブイリに盾を」副理事長のセルゲイ・ワシーリエビッチ・ソボリョフの証言です。

     チェルノブイリ後の世界。そして3.11フクシマ後の世界。本書を読み進めていくとき、浮かびあがってくるのは、その重なり合う状況です。
     日本語翻訳者の松本妙子さんは、「訳者あとがき」で著書が住むベラルーシで本書の出版計画が突然取り消されたことを指摘したうえで、〝独裁者〟ルカシェンコ大統領の次のような発言を紹介しています。
    「ベラルーシにはチェルノブイリの問題は存在しない。放射能にさらされた土地は正常で、ジャガイモを植えつけることができる」
     東京オリンピックのプレゼンテーションの際、「The situation is under control」と世界に向かって胸を張った〝一強〟安倍晋三首相の「フクシマ論」が通底していることに気づかされました。
     3.11から4年――私たち日本人が、いま読むべきノーベル文学賞受賞作家によるドキュメンタリー文学の最高傑作です。(2015/12/11)
    • 参考になった 5
    投稿日:2015年12月11日
  • 文系が意識しづらい領域を、四人の理系の知性と語り合う
    文部科学大臣から国立大学への、人文社会科学系、すなわち「文系」の学部・大学院について改組転換を検討すべしという内容の通知がなされたことが話題を呼んでいる。また、近年の大学では文理融合を標榜する学際的分野を扱う学部学科も増えてきている。そんな中、そもそも文系と理系の違いはどこにあるか、本来は文系の領域である社会の問題を理系の視点で見たらどうなるか、といった疑問に答えるのが本書である。解剖学者でありながら社会評論も行う著者と、理系の研究者、あるいは文系理系にまたがる活躍をする人たちとの対談で構成。工学博士号をもつ作家の森博嗣氏とは理系と文系の考え方の違いについて、脳科学者の藤井直敬氏とスマートニュース社会長で東京大学特任研究員の鈴木健氏とは、それぞれ「理系から見た社会」について、毎日新聞記者の須田桃子氏とはSTAP細胞騒動を主なテーマに語り合っている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年12月11日
  • 『里山資本主義』の取材班がさらなる可能性を拓いた!!
    汚染や乱獲によって、日本人の「食」を支えてきた海洋資源が衰退、枯渇の危機にある。漁業・水産業が打撃を受けるだけでなく、環境・景観、地域コミュニティへの影響も少なくない。そうした状況を救うものとして、本書は「里海」の可能性を提示する。里海とは、人の手を適切に加えることで豊かになった海、またその活動を指し、海外でも「SATOUMI」として注目を集めつつある。本書では、代表的な里海として瀬戸内海の日生を挙げる。そこでは、汚染による赤潮の発生で生えなくなっていたアマモという海中の海藻を、漁師たちが育てて元通りにした。生態系が復活したことで、漁獲量が増し、豊かな海が蘇ったのだ。NHKスペシャル「里海 SATOUMI 瀬戸内海」およびNHK中四国シリーズ番組「海と生きる」の取材をもとにリポート。里海を活用した新しい社会モデル、経済モデルの可能性を探っている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年12月11日
  • 匿名希望
    素敵な恋の話
    オマケの大村と雷遊のやり取りが可愛いです。
    BLになるのかな?Hなシーンは無いけど、二人のやり取りで心が満たされる感じがします。
    pixivでは読めない話も載ってるので、買って損は無いと思います!
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年12月10日
  • ネタバレあり
    作者買いです
    上司・植木は、惚れていい男です。
    木葉のモトカレは、最悪だし結婚する元の同級生が理解できません。
    そこがうーんです。
    母親もえー自分勝手すぎでしょです

    次の読切は、初恋の彼に同窓会で再開してというパターンですが
    色々な想い違いがあり伝えることは大事だなと思いました。
    もう一話は、もう一声ほしいです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年12月10日
  • ネタバレあり
    読むべし
    副社長を好きなアッキーナ編
    毒舌ドS上司を狙う肉食整形美女のケイコ編
    ハジメテの片想い男に7年ぶりに再会するアイコ編
    と秘書恋3部作と読切一話の計四話です。
    どのお話も想いが伝わり読んでじーんときます。
    離れて気づくこともありますよね。

    絵に惹かれたなら読んで損なし
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年12月10日
  • アラサーには
    若い子向けかな。
    神風怪盗ジャンヌが好きでついつい購入したけど、アラサーにはしんどいかも。
    なんたって相手が小学生…
    • 参考になった 5
    投稿日:2015年12月09日
  • うーん
    主人公の性格とか、男との関係性とか前の作品と似てるかも。
    新しい感じはありません。
    絵は好き
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年12月09日
  • なかなか
    知らない作者さんだったので、試しに買ってみました。
    元奴隷の破天荒な主人公と長髪の王子の恋の話ですが、一筋縄ではいかない感じです。
    長髪の男は嫌いですが、この王子はかっこいいです。
    ストーリーも好き。おすすめです。
    • 参考になった 5
    投稿日:2015年12月09日
  • 面白い
    話の流れはのんびりですが、あまり気張らずに読める作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年12月09日
  • 待ってました!
    ひるなかの流星以来、この作者のファンです。
    まだ1巻ですが、今回も期待できそう!
    この作者が描く年上男子は色気があって好き!
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年12月09日
  • 匿名希望
    あの漫画が休止してしまい寂しかったけど
    この作者さんでハイスコアガールを越える漫画は出てこないだろうな、と思っていました。

    読んでみると、全くそんな事は無かったです。
    ものすごく面白くて、懐かしい気持ちになれて、なぜかついでにゲームが好きな自分に自信が持てたりもします。

    ゲームって良いよね!大人になってもゲームが大好で生きがいでも良いんだよね!だって楽しいし!という気持ちさせてくれる漫画でした。

    ハイスコアガールとは違い、こちらはエッセイ漫画?なので、作者のゲーム愛がより分かりやすく伝わってきました。
    人生で辛い事があっても、ゲームだけはいつも自分を楽しませてくれて、いつかそのゲームに恩返しが出来たら…とさえ考えるゲーム愛に感動しました。

    沢山出てくる同級生やゲーム友達も皆個性的で面白かったです。居る居る〜こういうオタク友達!という感じで。

    ハイスコアガールの続きは勿論、この作品や、どこか別の作品でも、もっともっと押切先生のゲーム漫画を読みたいです。末長く続きますように!
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年12月08日
  • 匿名希望
    胸糞悪くなるだけ
    はっきり言って読む価値はありません。
    ただ胸糞悪くなるだけの最低漫画です。
    • 参考になった 6
    投稿日:2015年12月08日
  • 匿名希望
    こんな漫画あったんだ
    絵が上手い、線が色っぽい、引き込まれる。
    現代の話だけど寄席、というある種閉じられた世界が
    とても豊かな表現で描かれてる。

    • 参考になった 3
    投稿日:2015年12月07日
  • 少しお高いです
    中身だけなら★5つ、少し高くて-★1、書籍の解説にタイトル、内容をもう少し記載して欲しかったです。一応読み切りではありますが、本編を知らないとわからない内容が多くて、-★1です。内容は濃厚でとても満足です。
    • 参考になった 38
    投稿日:2015年12月07日
  • 少年漫画やラノベ好きの女性におすすめ。
    ラノベの作家さんが原作なので、基本ファンタジー系のラノベっぽい感じです。
    所謂ちょっと特別な力を持った主人公が、周囲の女の子に洩れなく惚れられちゃうところとか、厨二的な設定とか、かなり男性向けラノベ的です。
    ただ、最近流行りの俺強い賢いみたいな主人公でなく、どちらかというと熱血系発展途上の主人公で、個人的にはかなり好きです。また、ヒロインキャラより全体的に男性キャラの方が魅力的で存在感もあるので、キャラクターは全体的に少年漫画寄りかな。なので、女性にも全然楽しめます。というか、是非女性にお勧めしたいです。
    アニメ、小説と他にもメディア展開していますが、話としては基本アニメと同じなので、アニメが気に入った方は漫画も面白いと思います。ただ、アニメが漫画に追い付きつつあるので、アニメ放送中はそんなに先の話までは読めないかな? 連載が月刊誌なのでそのうちアニメに追い越されそうな感じです。
    小説は漫画の過去の話で主人公も違うので、小説を読んでなくても漫画は楽しめます。
    ただ、小説の主人公が漫画の主人公の上官で、師匠とか保護者とかそういう立場なのですが、所謂俺強い賢い何でも知ってるヒロインにモテモテ…的な人なので、漫画主人公サイドに感情移入してると若干鼻につくかもしれません。
    あと、設定がかなり作り込んである様なのですが、漫画では巻末の資料という形でしか説明されていないことも多いので、設定を詳しく気にし出すと読むのがしんどいかもしれません。 逆に雰囲気で読む分には十分面白いです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年12月07日
  • 匿名希望
    お勧め!
    自分の経験を元に、ミニマリストになって自分にどのような変化があったかを語るだけではなく、具体的なヒントも満載です。決して押しつけがましくなく、優しい語り口調なので、すっと入ってくる感じ。何回も読み返しながら、私も断捨離を始めました。

    自分の人生も部屋もごちゃごちゃし過ぎているなと考えている人にはお勧めです!
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年12月07日
  • 匿名希望
    テーマから離れすぎたキャラ立て
    取り敢えず立ち読み3巻分の感想(^^ゞ。

    お題目のストーリーも展開はされるが、主人公を始めそのキャラの立ち方が新鮮。
    特に侵略と言いながら気まぐれに主人公を翻弄する、しかし大事にしたいという想いからその本来の目的さえも疑わしくなる挙動をとるヒロインには一杯食わされる。

    サブキャラもなんか微妙に斜め上を向いててそのすれ違いが話を愉しませてくれている。

    本題の展開次第だけどそれがなくても学園モノとしては愉しめそうだ。

    さて、購入・・・・・8巻も出てるしなぁ(^_^;)モスコシミキワメサセテ。
    • 参考になった 6
    投稿日:2015年12月06日
  • 骨太の物語
    まず始めに、とても面白いと思える作品です。
    国が面倒を見きれなくなった自殺志願者たちを、まとめて無人島に送り込み放置するという設定には、正直自分は「それほど日本って国土が余ってたっけ?」とまたご都合主義のトンデモ展開の漫画かなと期待していなかったのですが、読んでいくにつれ、主人公たちが死の誘惑、死の恐怖に抗いながらも少しずつ前に進みつつ生の喜びを感じていくという展開に、素直に感動することができました。
    また、その中で展開されていくサバイバルやグループ間抗争にはご都合主義など微塵もなく、今後どうなっていくのかと読者をぐいぐい惹きつけるものがあると思います。
    そしてこの物語の最大の特徴は、「自殺を社会や他人のせいにしない」という点だと思われます。
    キャラクターたちはそれぞれ異なった理由で自殺しようとした経緯がありますが、結局のところそれを乗り越えるには自分が変わるほかない。周りは自分にあわせて変わってくれない。しかし自分が変われば周りはどんどん変わっていくという、厳しくも当たり前の現実を主人公たちに突き付けてきます。
    多少説教臭い部分もありますが、ご都合主義や甘えを許さない骨太の物語で今後の展開を楽しみにしています。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年12月06日
  • 匿名希望
    断然お得
    4つがまとまっている。それぞれ買うよりお得。立ち読みで各編を読み、買うのは合本が絶対にお得。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年12月06日
  • 匿名希望
    一気に読めた
    ITトレンドを知りたくて読んだが、あまり聞いたこともない新しい切り口が新鮮。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年12月06日
  • 匿名希望
    超分かりやすい
    オープンデータの他の本を読んだが全く分からず、藁をもつかむ思いで、この本を読んだ。確かに事例が豊富で分かりやすい。すごく丁寧に書いていて好感が持てる。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年12月06日
  • 匿名希望
    少年ジャンプらしい王道部活漫画
    少年ジャンプらしい王道部活漫画。学生時代、部活に燃えたあの青春時代の空気がここには流れています。もだえるほど未熟でまぶしいほど熱い少年達の物語です。
    作者もバレーボール経験者とのことで、技や試合内容にリアリティーがあり、漫画的な必殺技はほとんど出てこない所に好感が持てます。また、読むと無理なくバレーボールのルールや試合の見所がわかるようになるので、私はテレビでバレーボール観戦ができるようになりました。
    個人的には1回戦ですぐ負けちゃう弱小校の子達のお話で毎回ぼろ泣きです(自分が弱小校だったからか)。
    『友情・勝利・努力』の青春部活漫画が読みたい方、バレーボールのルールを勉強したい方にオススメです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年12月05日
  • 匿名希望
    久しぶりに続きが待ち遠しい!
    久しぶりの良作ファンタジー!
    植物図鑑とあるとおり、作者の想像力と駄洒落をもとにいろんな植物が出ています。
    元気な主人公イーフィが、不死の草「ドワーフプランツ」を身に取り込んだ父親を守ろうとするお話ですが、「ハラハラドキドキ」の中に「ホッコリ」もたくさんあって、これこそ「メルヘン」で「ファンタジー」で「マンガ」だ!というお話です。
    売れる作品しか連載が続かず安直な作品が増えている今、どうか最後まで書ききってほしいと思う作品です。
    • 参考になった 7
    投稿日:2015年12月05日
  • いくつになっても、トキメキたい!
    数年前から学生の間で有名な作品とは聞いていましたが、この歳になると純粋なだけの少女漫画は物足りないだろうという先入観で手にしませんでした。。が、実際に読み始めたらこのピュアさにはまりますね!一生懸命で可愛い登場人物たちの一挙一足が本当に微笑ましいし、むろん主人公の恋愛模様も大昔を思い出して胸がトキメキます。そう!トキメキ!!胸の高鳴り!初めての恋!初めての交際!笑
    初々しくて、でもドキドキハラハラして、相手のことばかり考えちゃて。恋愛は楽しいだけじゃない、って気持ちも思い出しましたよ。でも一緒にいるだけで、最高に幸せなのよねぇ。大人向け女性コミッくスの自立や仕事、アイデンティティーを重視する世界とまったく違う瑞々しいまでの少女の感性。たしかにこれは「少女漫画」の王道です!あー、もう子持ちのおばさんだけどこんな恋愛、友人として間近で見てみたい!(してみたいじゃなくて。笑)喜びはもちろん、不安や悩みすらキラキラと輝く宝石のような青春時代!いいわー。そんな経験してないのに、自分も学生に戻った気分で。20歳過ぎに大恋愛して結婚して家族ができた私ですが、やはりあの頃の恋愛時代の気持ちはただただ懐かしいばかり。。一生続くことはないから、「恋」なのでしょうけど。だからこそ恋セヨ乙女!!相手役の男の子も文句なしの好青年です。
    がんばってねー、みんな! と、どちらかというと主人公の母親の気分にもなる私も楽しく読んでいます。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年12月05日