レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

501~525件/11661件 を表示

  • 匿名希望
    かわいい
    とても素敵なお話です。
    少女漫画でここまで色々詳しく描かれているなって珍しいと思うんですが
    いやらしさとかなく、でもちゃんとドキドキします。次のお話早く配信してほしいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月11日
  • 倉田さんの薬屋コミカライズ!
    壬氏様へむける主人公猫々の蔑んだ目が素敵。
    薬屋のひとりごとはコミカライズ2種類あるけど、倉田さんのコミカライズの方が原作寄りな気がしてわたしは好き。
    特に猫々の表情がよい。
    丁寧に書かれているので、原作未読の方も是非。
    なお作画を担当している倉田さんは、別作品(天穹は遥か)でも中華系を題材にしているので安心して読めます。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年09月10日
  • バビ
    飯田さんの本は常々読んでいて、こちらも知り合いに勧められて読みました。一見、宗教のようだと思われるかもしれないが彼自身は信仰している宗教も、所属もないとのこと。このお話が仮にファンタジーであっても、自分の生き方や人生の過ごし方に影響を与えられるのではないかなと思う一冊です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月10日
  • 匿名希望
    本気で家計が変わる気がする!
    お金のことが苦手な私には、
    あまり難しい本ではムリなので
    取り掛かりやすそうなかわいい表紙に引かれて購入しました。
    開いてびっくり。
    お金に関する事がギッシリ書いてありました。
    全てが目からウロコな内容ばかりです。
    これ一冊読むのに何日もかかりそう(まだ最後まで読めてません…)ですが、
    読み終えた時には、人に教えられるくらいになっていそうです。
    家計簿すらつけない私が、こんなに夢中で取り組めるなんて
    自分でも驚きました。
    最後まで頑張って読んで、家計を1000万円変えたいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月10日
  • ネタバレあり
    1巻と2巻で雰囲気がガラッと変わります
    某白い家の和製ホラー映画のように、成すすべ無く呪い殺されていく様が、絵柄と合わせて徒とも不気味です。1巻だけ読むとこのまま主要人物が殺されて終わりかなと思いましたが、2巻になると人間側の反撃が始まってとても痛快で押切先生らしい作品でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月10日
  • ネタバレあり
    乙ゲーの輪廻
    何度も輪廻してハピエンを目指すストーリー。
    主人公が幼少期の時から話が始まり、ちやほや逆ハー気味に育っていく様(でもスルー)を読み進めると愛着を持ってしまいました。誰に恋心を持つのか、オチがどうなるのか、最後まで気になって最後はホッコリ。でもまだまだ読み足りなく思うほど。甘々ではなく、主人公やサブキャラ等を応援したくなるようなストーリーでした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月09日
  • ネタバレあり
    年上攻めがいい感じなのかもしれません。
     この作家さん好きで何作か読んでいるのですが、この作品が一番好きです。
     この作家さんが書かれる作品の登場人物はみんなものすごく繊細でやさしいです。ですがやさし過ぎて恋愛の熱量が少ない内容が多いように感じていました(キュンとするところはたくさんあります)。この作品は、年上攻が相手のことが大好きだというところから話が展開していくのですが、そこから攻と受のそれぞれの相手への愛情が膨らんでいくところが熱量多く描かれていたと思います。
     また、人の運命の赤い糸が見えるという「赤い糸の執行猶予」と同じ設定も、前作より効果的に使われていたと思います(「赤い糸の執行猶予」もいい作品です。キュン度高め、エロ度低めです)。
     すごくいい作品なのですが、少し展開が読めるところがありましたので星4とさせて頂きます。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年09月09日
  • 匿名希望
    小説を読もうから誕生した漫画版
    小説を読もうの愛用者です。
    この原作者が好きなので当然買いましたが
    絵柄とかイメージと合ってるので、
    おススメですよー!
    内容は…転生した剣と猫耳少女が冒険する話です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月09日
  • ネタバレあり
    星ひとつ
    原作がどんなものなのか、知らないけど
    あまりにも淡々とし過ぎていて面白くなかったな。
    感情がこもっていないし、伝わってこないし、
    共感もできない。
    とても残念。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月08日
  • ネタバレあり
    恋の聖戦ではないです
    カードゲームが強ければ社会的にも地位がある少年漫画のような世界設定、借金を借金で返そうとする駄目な主人公の父親が受け付けない。
    対戦相手を立たせて起伏はあるようにしていますが、主人公がカードゲームが嫌いなのとプレイスタイルを合わせて、どの勝負も同じような感じ。
    話も大会で優勝しておしまい、あっけないです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月08日
  • ネタバレあり
    普通のラブコメ
    原作に絡むようなフラグを立てる場面はありますが、あまり関係ないです。
    キャラクターの暗い部分を排除した話で、普通のラブコメとして読むなら面白いと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月08日
  • ネタバレあり
    ゆうやみ特攻隊とよく似た舞台設定、ストーリーの流れだ
    執筆はこちらが先ですが、孤立した区画に閉じ込められた人々が迫害され、それに対し数人が抵抗するゆうやみ特攻隊とよく似た舞台設定、ストーリーの流れだと思いました。
    打ち切りなのか反逆を開始した時点で急展開で話を終わらせてしまっているが残念でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月08日
  • 純愛とダークさが見事にミックス!
    賛否両論ありそうだけど、私は好きでしたね、ひた向きで苦しくて空回りして…な大恋愛。中高校生の昼ドラみたいな感じ。笑
    正統派ヒーローもダークヒーローもいい味出してます!でもヒロインが一番成長してるかな。ラストは呆気なく終わったけど。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月08日
  • 匿名希望
    レトロムードとファンタジーの融合!
    「イッて旅して愛されて」のスピンオフ作品という事で、まとめて読みたかったので購入。
    前作で気になっていたキャラクター「渉琉」が主役!しかもお相手は綺麗系ツンな帝大同級生✨
    美しく説得力のある絵とエロ、そしてドラマチックな展開!堪能しました!大満足です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年09月08日
  • 匿名希望
    役には立つけど綺麗事のオンパレード
    10年前に読んだ時は面白かった筈なんですが、いざ
    読み返してみるとかなり薄っぺらい話が殆どですね。涙を誘うものもありますが。宗教じみた綺麗事とジェンダーハラスメントのオンパレードで、胸糞悪かったりもやもやする台詞が多いです。無理矢理感も否めない。ただし、お化粧の実用書として役に立つのは確かです。漫画のストーリーはギャグくらいに受け止めて、メイクの実用書として活用すると良いと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月07日
  • ネタバレあり
    フェロモン症再び
    エロエロ濃厚。萌きゅん有り。しずる感じゅるじゅるで前作よりパワーアップ。とにかくきゅんでラブ。作者の頭の中でラブラブだったCPがとうとう読める喜び。
    前作読み切りで戌井(攻)襲われてしまった辰見(受)だったが、愛される事、受け身でセックルする事の快感と喜びに目覚めたはじめる。戌井の強引なアタックと一途な気持ちに絆され、次第に受け入れてしまうようになる。きゅんがとまらない。
    薬を飲まない辰見とフェロモンたっぷりのラブシーンは、ただのエロではなく愛ある行為に見える。大学生になって同棲をはじめる二人。もちろんやりまくり。愛され過ぎて怖くなった辰見が女を家に呼び、そこへ戌井が帰ってくる。喧嘩になった二人はすれ違い、辰見は更に不安になる。
    戌井にフェロモンが効かなくなった?部屋を出て行こうとする戌井を引き止めようとする辰見。観念し想いを告げる。泣きながらすがる辰見が可愛くて萌え萌え。最後は戌井までフェロモン症を発症し、お互いの匂いに包まれてしずる感抜群のセックル。
    10年後、まだ二人で一緒にいる姿を垣間見て幸せな気持ちになって終了。ガッチリ雄々しいBLで読む人を選ぶ可能性はあるが、ぜひ読んでもらいたい愛のある秀逸な作品。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年09月07日
  • 匿名希望
    納得のいく結末でした。
    顔を取り替えられるという荒唐無稽な設定の上に成り立っている物語ですが、人間関係の描き方はとても写実的です。結末の部分も感動が押し寄せるというよりは、ストンと腑に落ちる締めくくりでした。哀しい終わり方にもかかわらず、読後感は不思議と悪くありません。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年09月07日
  • まずは謝りたい。
    この作者さん、新宿スワンの一発屋だと思ってました。
    新宿スワンの後のセキセイインコが失礼ながらイマイチに感じたからです。
    でも全然一発屋なんかじゃありませんでした。
    むしろ新宿スワンより東京リベンジャーズのが面白い!
    絵も新宿スワン時より万人ウケしそうな感じに上手くなってます。
    こーゆーのがやりたかったのかと思うとセキセイインコもちゃんと読みなおさないといけないと思いました。
    とにかく一発屋だと思っていた事を謝ります。
    ごめんなさい(;^ω^)
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月07日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    安心だけどドキドキ
    ドロドロ感がありそうでない。
    起承転結のドキドキ感と、主人公の脇道に逸れることのない安心感がバランスが上手く書かれています。
    良い具合にエッチな場面も取り入れられ、個人的な意見ですが、絵に癖がなくとても綺麗でごちゃごちゃしておらずとても読みやすいです。
    一巻で起承転結全て読みたい方、綺麗めだけど情熱的なエッチシーンを望む方、ドロドロ感なく安心して読める大人の恋愛物が読みたい方には、かなりオススメです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年09月07日
  • 軸足変わって増量版
    一応新展開という事ですが、内容は舞台が微妙に変わったものの前作同様のひねもす食記で、キャラもそのまま話を賑わせます。
    前に評した「長屋住まい」が無くなった訳ですが、その分人との触れ合いはより強く描かれてます。
    どっちかと言うと物語より掲載雑誌の事情が反映された感が強く、前作は一話6ページ短編だったのが8ページ基本で幅を持たせるようになり、話運びも心もちゆるっとなってます。
    テキパキとした展開が好きなら前作かな?
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月07日
  • 面白い
    サスペンスだけれども、登場人物が少なく、設定がとてもシンプルになっているため、とてもわかりやすく、読みやすい。そして、文字が少ないため、すいすーいとページが進んでしまう。
    サスペンスだと登場人物同士の関係性に混乱したり、設定が複雑でわからなくなったり、文字が多く読むのが億劫になりがちだが、この本はそんなことはない。そして、シンプルになればなるほど深みがなくなりがちだが、それぞれの登場人物にしっかりとした個性を持たせ、関係性を明確にしているので、一見単純に見えるが、しっかりと構築された、かつワクワクさせるような世界がその先にあることを自然と感じてしまう。
    そして、一見シンプルな絵に見えてしまうが、時折出る、とても上手に感情が表現されている、繊細な絵とのギャップも読んでいて飽きない理由の一つだろう。
    あと、エッチな描写も好きです。
    おすすめです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月07日
  • 可愛い幼馴染やクラスメイトがHを迫ってくれる短編が11本収録されています。
    Hのきっかけは女の子なんですけど、中盤から男子が反撃なんて時にノリノリで受け入れてくれるなんて…男の夢の1つではないでしょうか⁇ こんな女の子と出会いたい…
    女の子のコミカルなキャラクターやセリフも作品の魅力的の一つとなっています。
    こちらは四方塚ツカサ先生のデビュー作とのことですが、先生の今後に目が離せなくなる一冊だと思います!
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年09月07日
  • 歴史に詳しくなくても理解して読める!
    人物や時系列が覚えられないという理由で昔から歴史が苦手なのですが、そんな私でも理解して進められます。また女謙信説の説得力が凄くて読んでて楽しいです。三十五話で泣きました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月06日
  • おすすめできます
    アニメ化したので読んでみましたが非常に面白いです
    アニメ版より細かい描写が多くページも多いですが
    さくさく読むことができました
    おすすめの作品ですがエッチい挿絵が多いため読む際にはご注意を
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月06日
  • おすすめです!
    昔読んだのが懐かしく久しぶり読み返しましたがやはり面白いです
    しかし続きが出ない......
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月06日