レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

4126~4150件/11663件 を表示

  • ネタバレあり
    銀のお父さん
    話の内容は銀の子供の頃とソックリであまり新鮮味は無かったですが、楽しめました。
    流れ星銀の序章です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月05日
  • ネタバレあり
    実に少年漫画らしい良く出来た作品です
    後半は少し御都合主義な展開がありますが、実に少年漫画らしい良く出来た作品です。
    絵やコマ割りが良いからかとても読みやすく、間を置かずにイッキに読んでしまいました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月05日
  • 買い。
    『恋する暴君』を未読でも、絵が好みなら買った方が良いと思う作品。『好き』『好き』『大好き』この作品を読んでいると、この感情が渦を巻いて押し寄せてくる。ゾクゾクさせる。
    • 参考になった 10
    投稿日:2016年12月04日
  • エロい変態。
    絵は、可愛いんです。すごく可愛い絵で凄くエロいんです。この作家さんは。しかも、この作品は変態みたいにエロエロにエロい。急速で成分補給したい時はお奨め。そうでないときは可愛い絵にウッカリしたと思って(笑)
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月04日
  • 流石。ハズレない。
    表題作と前後編が1本、入ってます。どちらもハズレない。作者の本領発揮の域。特に前後編の方。あ、そう来たかって思ったらグッと来た。言わない、見せないだけで傍に居続けたんだねって。そういう忍ぶ愛の描写が随所にあって、堪らん(涙)流石。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年12月04日
  • 間違いなく日本トップレベルの画力
    プラネテスの時から絵の上手い作者さんでしたが、この漫画の途中から覚醒したのかってくらいに絵がクソ上手くなってます。
    もちろん漫画自体も凄い面白いです。
    ネタバレしたくないので細かく言いませんが、展開の妙が素晴らしく予想も出来ない話の流れに、ただただ引きずり込まれてしまいます。
    読もうかどうか迷ってる人がいるなら、迷わず読めと言える作品です。
    • 参考になった 9
    投稿日:2016年12月04日
  • んな事ある訳ないだろ。だがそれがいい(笑)
    サッカー未経験者がサッカー名門高校に入って努力していくって話。
    正直言うとあり得ないだろって展開の連続。
    でも漫画ですから!
    こんだけ夢のある話でちょうどいいのです!
    あり得ない!でも爽快!
    あり得ない!でも痛快!
    文句なく面白く感動出来る漫画です。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年12月04日
  • コアな幕末好きでも楽しめる漫画
    幕末漫画は擦られ過ぎてるせいで、ぶっ飛び漫画が多くてコアな幕末好きはイライラしてる事でしょう。
    でもこの漫画はそんな人達でも楽しく読めると思います。
    キャラデザや設定はギリギリかもしれませんが(笑)
    絵が上手くてストーリーテンポもいいので爽快な漫画です。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月03日
  • SF(ほんわか)な漫画
    がっつりSFな設定なのにそう感じさせない日常感が気持ちいい漫画。
    魅力あるキャラがたくさん出てきてストーリーのテンポもダラダラせずに読んでて楽しく爽快です。
    そしてなかなかにエグい出来事が起きたはずなのに、ほんわかとストーリーが進むという珍しい作品。コレはこの作者さんならではの世界観だと思います。
    好きな人はドハマりしてしまう事請け負いで自分はその1人です(笑)
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月03日
  • 匿名希望
    大好きです。
    タクミくんシリーズの続刊です。
    ギイとタクミがアラサーになった頃の話です。
    前作が大好きだったのでこの続刊が出た際には1人で狂喜乱舞してました。
    前作の最終巻『ステーション』の続き(と言うかその後)が見れるなんてとても嬉しいです。
    前作のタクミくんシリーズを見た方は是非見て下さい。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月03日
  • いちいち心を打つセリフが秀逸な漫画
    単純な汗臭いスポーツ漫画ではありません。
    まっすぐな主人公だけでなく、脇役、敵役にもキチンとスポットライトを当てた群像劇型青春漫画です。
    レビュータイトルにもしましたが、この漫画の凄いのは読んでるこちらの心を打つセリフの多さです。
    そのセリフを読んだ瞬間に、
    グぅぅっとコチラの胸を締め付けられるような、
    読んだ瞬間に図らずも涙ぐんでしまうような、
    美しいセリフがてんこ盛りです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月03日
  • 匿名希望
    購入前にこのレビュー見るべきです。
    この作品大好きです。
    文庫本持ってましたが、電子書籍でも読める様に購入しました。
    もう一度最初から全巻一気に読むのは苦労しましたが、ギイとタクミの掛け合いが何回見ても好きです。
    因みにこの小説は起こった出来事が順不同でそれぞれの話が入っています。
    ※例えば『そして春風にささやいて』はタクミが2年生4月から物語は始まりますが、1年生の際に起こった小ネタ(?)小説が他の続刊数冊に収録されていたりします。
    年代がキチンと整頓された『完全版』も発売されているので、自分の頭の中で年代の順序を入れ替えるのが苦手(入れ替え量が半端なく多いので)な人には『完全版』の方がお勧めです。
    私が此方のバージョンを購入した数週間後に完全版も発売されたのを知ったので少し残念。
    尚、完全版には書き下ろしも収録されている様なので、総ての巻が発売されたら私はそちらも購入する予定です(^^)
    それ位大好きです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年12月03日
  • ほっこり90スポ根10な幸せな気持ちになれる漫画
    競技ダンスというマイナーなスポーツが題材なのに
    少年ジャンプで打ち切りにもならずに続いている事実。
    コレだけでもこの漫画が面白いという証明でしょう。
    ちゃんと笑えて、ほっこり出来て、スカッと爽快な気持ちにもなれる。
    読まず嫌いな人には何も言わず一度読んでみてほしい。
    ほのぼのした漫画好きにはたまらないはず。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年12月03日
  • 完璧と言っても過言ではない作品
    この漫画は最初に作ったストーリーをブレずに書き上げたんだろうと思います。
    普通は途中でストーリー修正したりするモノなのに、ハガレンはそれが微塵も感じられません。
    読み始めたら最初から最後まで止まらなくなる事、
    間違いなしの良作。
    これからこの漫画を読む、まだ読んだ事がない人が羨ましいです(笑)
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月03日
  • 匿名希望
    面白い
    体の細胞のことがよくわかる
    面白いし、わかりやすい
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月03日
  • 活力系ほのぼの感動漫画
    漫画ならではの非現実的な事はほぼ起こりません。
    なのになんでこんなに面白く感動出来るのかわかりません。
    作者さんの実力なのでしょう。
    色んな事を真面目に考えたくなる漫画。
    なのにほのぼのと読めて笑えて感動出来る。
    稀有で貴重な漫画だと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月03日
  • 『死=復活』の世界
    全人類が事故や病気などで死ぬと数秒後に健康体として『復活』する世界。
    寿命以外の『死』が存在しないはずの世界で流行し始めた復活不全症RDSという死の病。
    ベクターと呼ばれる感染者を駆除する為に国は警察を動員して検挙を始めるが、
    それを妨害する謎の組織「逃がし屋」が活動を始めた。
    ちょっとあらすじだけでは想像できない感じですが、
    個人的ジャンルとしてはバイオレンスアクションサスペンス刑事モノ的な感じです。
    刑事サイドと逃がし屋サイドにそれぞれ主人公が配置されて物語が動いていきます。
    勘と鋭い洞察で動く刑事サイド、圧倒的な戦闘力で妨害を撥ね退ける逃がし屋サイド。
    それぞれに魅力があり、さらに世界感自体も謎めいていて中々面白いです。
    特に復活の世界感が文化レベルで定着している事も面白い。
    死の排除された世界がこういう風にモノを考えるのかとも。
    1巻のラストからは早く続きが読みたくなるような展開なのも良いですね。
    試し読みはページ数が少なくて残念なので是非手にとって見てください。
    オススメポイントは
    無口無表情地味系美人事務員がセーラー服で機関銃ぶっぱな所です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月03日
  • 読んで損なし
    三国志は好きだけどそれ以外の歴史を知らないって人、多いですよね?
    キングダムは秦の始皇帝の話で、大まかに言うと
    秦の始皇帝の話→有名な項羽と劉邦の話→三国志
    といった流れです。
    意識して読むのも楽しいですよ。
    三国志好きは絶対ハマります。
    でもキングダムの凄いのは歴史に興味がない人でも間違いなく面白い、一流の漫画だってトコです。
    今さら流行りに乗るみたいな感じで敬遠してる人。
    損してます。迷わず買って読んでください(笑)
    • 参考になった 15
    投稿日:2016年12月03日
  • 年の差カップル可愛かったです
    いつもクレイジーなお話が多い中、今回は攻めが少し暗い過去を、引きずりながら、健気な受けに少しずつ本気になっていく様が繊細に描かれています。私の好きな緒川先生の世界が広がります。とても可愛い受けとダメな大人の攻め。エロは少なめですが濃いかったです。楽しく読ませていただきました。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年12月02日
  • 匿名希望
    好きだなあ これ
    攻め受けともに魅力的。お互い自分の立ち位置そのままに相手へと
    気持ちが傾斜していくところがキュンとする
    友人たちの存在が二人の相反する立場を際立たせるんだけど
    そのせいか互いを意識する場面や表情がグッときたりする
    気持ちがすれ違ってしまうとき どんな言葉ならうまくいくんだろう
    やっぱり気持ちに素直が一番かな
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月02日
  • 匿名希望
    リアルな処刑シーンが恐ろしい
    ジャンヌ・ダルクの活躍の歴史は知っていても、捉えられた後どのように裁判を受けてどのように処刑されたかは知らなかった。教科書などで「処刑された」ことは知っていても、ここまでリアルに凄惨さをそのまま捉えて描かれると、恐ろしい。
    他のエピソードもいろいろ凄惨なシーンがあるので、正直閲覧注意ではあるが、実際にこのような歴史があったのだと思うと考えさせられる。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年12月02日
  • 匿名希望
    リアルで凄惨な西洋史
    魔女裁判など凄惨な歴史があったのは知っていても、それをリアルな絵でそのまま描かれると凄惨さに心が締め付けられる。史実だから仕方がないのだが、各話とも大逆転のハッピーエンドなどなく、実に辛い話ばかり。「暗黒小史」とは良く付けたタイトルだ。目を背けたくなるような話ばかりなので万人に進められる漫画ではないが、教科書などで文字で読むのとはまた違う西洋史を実感できる。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年12月02日
  • 匿名希望
    宗教戦争・フス戦争をリアルに凄惨に描いた作品
    中世ヨーロッパの宗教戦争、特にフス戦争については世界史としても全く無知だったのだが、史実に基づいて丁寧に歴史的・宗教的背景から描かれているので、勉強にもなる。
    が、戦争ともなれば凄惨な事件・戦闘も当然多々あるわけで、それをど直球でリアルに凄惨に描いているので、登場する主役の女の子たちが可愛い分余計に辛い。この絵柄で断じて萌え漫画では無いのが凄い。
    実際の史実を描いているので歴史的結論は分かっているはずだが、読んでいる自分が無知な分、この先どうこの戦争が決着し、主役の少女たちの未来がどうなっていくのか、この先の新刊が待ち遠しい。
    • 参考になった 8
    投稿日:2016年12月02日
  • 匿名希望
    神様の御使い「神使」とそれを見える女子高生巫女まことの物語
    神様と人間の交流を描いた漫画は多々あるが、「神使」に焦点を当てた作品は珍しいのではないか。作中では神使は多数登場するが、神様自体は出てこない。
    基本的に神使は人には見えないが、ごく一部の神社生まれなどの人物は神使が見えるという世界観。登場する神使がまたそれぞれ個性的で、ぐうたらだったり可愛い子供キャラだったり妙に人懐っこかったり。神社によって、神使が狐だったり狼だったり牛だったり描かれていて、案外様々な神社の由来とか社格とか勉強にもなる。
    神使自体は神秘的な物でありながら、作中では特に神様のご利益を与えるようなことはなく、ただ人々の生活を見守っているという描き方も良いなぁ。
    そして、神使たちとまっすぐに向き合って生きるまことちゃんがひたすらに可愛い。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月02日
  • 匿名希望
    男の妄想満載
    「女子高生がおくさん」。
    タイトル通りの男の妄想を具現化しただけの、ひたすら萌えとフェチとエロを追求した漫画。
    当初こそ「奥さんが高校在学中は手を出さない」と誓う高校教員の夫とのもどかしい夫婦生活が描かれるが、すぐにその設定は崩壊。
    雑誌連載時も良かったが、カラー版はよりエロの凶悪さが増している。これ一般誌扱いで良いのか?と思わなくもない場面も多々。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月02日