レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

4126~4150件/11001件 を表示

  • 匿名希望
    オー・マイ・ゴット!
    神父見習いの佐宗聖見は、ある夜、脱走兵を探しに来た憲兵隊分隊長の小磯東に無理やり犯されてしまいます。見習い神父と憲兵がエッチするというとてつもなく奇妙な設定のストーリーです。罪を犯したと悩む佐宗の苦悩と、法に準じる冷徹クールな小磯の悪漢ぶりが面白く描かれていました。弱者をいじめる権力者になった気分が味わえます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    イケメンカフェで癒されて
    さまざまなタイプの7人のイケメンに会えるカフェ・ジュリアンは、そこへで行くと幸せになれるという噂があるそうです。噂に魅かれて訪ねてみれば、イケメンスタッフがお出迎え。こんなホストクラブのようなカフェが本当にあれば、行ってみたいものです。あっさりな内容で、ちょっとイケメン人数が多いような気もしますが、それぞれの恋愛バトルが興味深いと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    エッチな危険を回避せよ!
    国税局に栄転した森川晶くん。そこで正式に上司になった氷室とまたしても淫らな関係が続くのかと思いましたが、この作品ではもっとエロい美容整形外科の院長が登場します。かわいい男子はどこまでいっても危険がつきまとうものなのねぇ~。それでも健気に職務に全うしようとする森川くんに、つぎつぎとまきおこるエッチな罠に事件の匂い。仕事上もエッチ上も、身の危険も顧みずにがんばる姿に声援を送ります!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    嫉妬からより深い愛へ
    『愛されすぎて』の続編です。今回は恋人となってうまくいっているはずの証券マン・晶綺と資産家・黒崎にの間にミゾができます。仕事ができる男は魅力的だから、黒崎の仕事を踏まえた交友関係も気になるところでしょう。晶綺は黒崎を深く愛するあまり、周りが見えなくなってしまったのでしょうか。嫉妬をからめて二人の関係をより深いものにするあたり、作者はやはりうまいと思いました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    軟禁状態でもうメロメロ
    両親を失ってイギリスの従兄弟の館へ行くことになった主人公ですが、その館には、とんでもなくエッチな企みが待っていたというストーリー。今でいうなら、軟禁状態でおもちゃにされる? 何をされるのかとドキドキハラハラする主人公のかわいさぶりが印象的な作品でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    貫け!ナイトの真心
    国王に忠誠を誓った騎士・水原戒は、国王を逃がすために自分が囚われの身となり、敵国の王ライオネル一世から淫らな責め苦を受けます。騎士の忠誠心を全うさせたい水原戒と、それをなぶりものにしたいライオネル一世の心の対決シーンが面白く読めました。ライオネル一世には、水原戒がどうして国王に忠誠を誓うのか、分からないのです。淫らな責め苦をしているうちに、それが嫉妬も変わって来るのが、切ないですね。時代背景も大好きな中世もの。騎士道ファンの私は☆5!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    罠にはまったウサギくん
    子会社への出向を命じられた有賀邦久は、双子の兄弟、森川倫生・陽二に出会います。双子ですが性格は対照的な二人。そんな二人に信頼をよせる有賀邦久ですが、そこにエロい双子の罠。罠にはまった子ウサギはどうなってしまうの~。ハラハラさせる内容で子ウサギ的な主人公を最後まで応援したくなりました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    ヤクザ風なヒーローがかっこいい
    ヤクザ風の男に突然唇を奪われた病院の教授秘書巧実。それからしばらくして、巧実の窮地にさっそうと現れて救ってくれたのはあのヤクザ男だった! なんてかっこいい登場の仕方なのだろう。SOSを発信するとさっと現れて助けてくれる、そんなヒーローを望む人にいいなあと思わせる作品だった。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    不器用な二人
    おとなしく優しい仮面をかぶった主人公雪也は女生徒の人気者。その仮面をはぎ取ってしまう、幼なじみの将臣がまたかっこいい。この2人の幼少期に何があったのでしょう。気になる彼らの過去を辿りつつ、不器用な奴らだなと思いながら、いつの間にか物語はラストへ。気が付けば、え、もうおしまい、だった。(笑)
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    こんな三角関係ってあり?
    実父とその秘書と主人公の秘密の営み。さすがに親子の間ではないけれど、父の情事をみせつけられる主人公に同情しました。男性としては魅力的かもしれませんが、父親としては普通の父ではありませんね。でも主人公が憎からず思っている父の秘書は、父に対して逆らわず、同じようなことを主人公にしてきます。こんな嫉妬も愛情もからみあう、なんとも不思議で危うい三人の淫靡な生活が余すところなく描かれていました。危険な関係やエロいオヤジがお好みの人にはいいと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    真実の愛はどこに?
    莫大な遺産を相続することになった15歳の少年をめぐるストーリー。少年の心を射止めれば、遺産も手に入る! 気持ちよりもまず強引に我が物にと、従兄弟の九条将吾が少年を抱きます。遺産というもののために本当の気持ちが読めなくなってしまうのがこわいですが、まずまずのラストで良かったと思いました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    名ばかりの教育者
    大金持ちの御曹司の教育をする執事が夜の12時になると豹変! いったい主人公に何を教えるというのだろう。驚く主人公とともに読者までも、妖しげで淫らな教育を受けることになるのだが、大筋のあらましは分かる内容です。でも真剣にお勉強する主人公君にいとしさを感じます。そして、この教育の卒業試験ってあるのでしょうか。とふと思いました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    アバンチュールは大切に
    一夜限りのアバンチュールだと思っていたのに、再び目の前にあらわれた男。しかも初対面のような態度で。
    アバンチュールはそのままがいい。もしもまた会えるなら、初対面的なよそよそしい態度はやめてほしい。主人公の気持ちを代弁したつもりだが、このままで終わらないのがこの作品。教授の愉しみを味わいましょう。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    ベタベタぶりにアッツ!
    新人教育をする立場の主人公北条戀ですが、かつて一夜をともにしたゆきずりの青年を教育することになりました。できれば会いたくなかった、この年下ひねくれ新人真鍋侠也を、主人公はどうするのだろうと、興味深く読めました。主人公2人のベタベタぶりが印象的ですが、一途な気持ちが伝わってきて、癒されました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • ついに完結!
    全25巻の長編ですが、登場人物も生き生きしてますしストーリーもしっかりしているので、最初から最後まで飽きずに読めました。
    私は最初にアニメを見始めて面白いなと思ってコミックを購入し読み始めましたが、正直最初の頃は絵柄が少し古臭い印象があり、たまに全身のバランスがおかしかったりしますが、それも徐々に改善され、登場人物たちの表情もより一層豊かになっていきます。
    個人的に人間と妖の恋物語は好きだし、ストーリーもちゃんとまとまっていてテンポよく進み、最後まで面白いので完結して嬉しくもあり悲しくもあるので、ぜひ最終話の続き出てくれないかな~と思ってます(笑)
    おススメです!
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    包まれたい
     無理やりに犯されるのではなく、そのための順序立てがしっかりしているし、またハーレム設定と、それ自体がすべて自分のものであるということで彼女を護ろうとしているシークは読み進めていくとカッコ良さがわかります。
     アラブ系は彫りの深い味わいのある顔が多いので、日本人好みというか。欧米っぽさにアジア系を足したあの顔立ちは、どうも好印象ばかりつけてしまいますね。閑話休題。
     ハーレムに押し込まれてしまったヒロインが、快楽に堕ちていくとともに、シークへの恋を、愛を、感じていくさまは綺麗な印象がありました。ゆったりと丁寧な描写だからこそ、ロマンチックさが演出されていましたし。
     強引な彼に欲のまま押し倒される……そんなロマンに憧れるなら、読んでみていいかも。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    素晴らしい
     堅実派の兄と、強引な弟。兄の知らないところで、段々とヒロインは可憐に乱れていく姿は背徳的で、またそれがひけらかされた場面というのもまた……。兄弟の関係性が露見していくうちにヒロインとの関係も少しずつ変わっていく様子は、着実に進めているなぁとも思いましたし、また単純な快楽オチにさせないようにしてくれたのもよかったところじゃないかと思います。
     険悪な双子……最初から仲良くいてほしいものでもありましたね。二人に同時に迫られたら、こっちだってドキドキが止まらなくなるのですし。でも、これはこれでロマンチックな展開があったので、違うドキドキを楽しませてもらいました。満足です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    呑み込まれてしまいそうな夢と愛に狂おしい
     淫夢を扱った作品って結構少ないので、新鮮だなぁと思いました。それを中心に回す作品なんてものは男性向けばかりかと思えば、TLにもあったんですね。なんだか嬉しいです。
     しかし、淫夢というのはすごく使い勝手がよくて、ヒロインの欲をかき立てる技法としては秀でているんじゃないかなと私は思います。その分、ヒーローと交わる時になって処女ではない、淫売のような反応を見せてしまう……その羞恥がそそられますし、それをよしとして迫るヒーローにもドキッとしてしまったり。
     ロマンチックさの中に不思議な感覚が混ざった、まさに不思議な作品。でも、読んでいるうちに没入してしまう……本当に不思議。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    掛け値なしの激愛の行方は
     愛した男が瓜二つの顔で二人いたとしたら、それはもう困ってしまうのと同時に背徳的な興奮を覚えずにはいられないでしょう。双子であればなおさらで、コピーではない個人の性格を持った双子の兄弟からそれぞれ攻められてしまえば、愛に狂ってしまうに違いありません。
     芸術家を目指すヒロインが~……という物語ですが、芸術の美しさを評価する一面を物語の中にも落とし込んでいるような清らかさが窺えました。複数種ある愛の形を彩り、絶妙なところでヒロインの心情を織り交ぜる……上手いし、面白かったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 爽やかな青春
    男子高校生5人組の日常ストーリー。
    見た目も性格も一致しない幼馴染みグループとその他愉快な仲間たちの友情または恋愛をそっと眺めているような漫画です。
    ちょうど彼らと同じ年頃に読んでいたのですが、当時から母目線と姉目線いうか、成長を見守ってるような感覚ですね。
    絵柄がシンプルで、台詞も細々していないので、すぅーっと馴染めます。
    荒波立つような展開はほとんどありません。
    だけど、彼らのちょっとした心のモヤモヤや、おバカな言動行動に誰もが若かりし頃を思いだし共感できるのではないでしょうか。
    ギャグ要素も備えているので、クスクスもきます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    気持ちよく読める作品ではありません。
    教師にオモチャにされる友達を嫉妬から助けなかったり、集団でレイプされたりと、驚くくらいドロドロの内容ばかりで、読んでいて気持ちのいいものではありません。そういうのが好きな人にはいいですが、知らずに買うと、読後すごーく嫌な気持ちになります。安かったのでまとめ買いしましたが、三巻に同時収録されている話も、女をバカにしてんのかと思うほどダメな女が主人公で、最初から最後までいや〜な気分になる、後味の悪いお話でした。絵はきれいですけど。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日
  • 要改訂
    待望の軽シン電書化。文句なしの★5。
    しかし、第1巻 p137〜140のページ構成が間違って挿入されています。改訂求む。
    • 参考になった 12
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    そんな意味があったんだと驚きもある
     読み終えてから、王子が女装して、不思議なキャラクターを演じている冒頭を思い返すと、ああこれがと頷かずにはいられません。
     奇妙なヒーローですが、それが後半でめちゃくちゃかっこよくなるのですから、ギャップに胸を突かれてしまいます。マジか、ってなります。
     ヒロインもヒロインでかわいいのですが、一本気な考え方をしているせいかもどかしく感じますが、それでこそ物語のキーである「女装」が際立つのかな。上手いな。
     あと、個人的には後半で活躍してくれるお付きのメイドが好きでした。色々と秘密持ちな彼女ですが、ヒロインのアリアーヌを誰よりも想って行動してくれる様は美しい主従愛というか、友情というか、そういうものを感じさせられました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月20日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    狂おしいほどに甘い
     設定にある気の強さを窺うところが印象付けられなかったのは残念ですが、ヒロインが欲に呑まれていく姿は良い演出だったと思います。
     しかし、監獄でメイドを襲って純潔を奪うとか……ヒーローは悪役ですね。実際のところ、正義ではあるのですが、正義を貫く時点で善悪は変わらないんですよね。それが誰の目で見て、どちら側になるのかが決まるのですから。
     ジェルトリュドを恨みつつ、快楽に呑まれていくオデットですが、お決まりの流れながら、それが綺麗に収まっているのでよかったです。何か付け足そうとぐだる作品も多かったりするので、お決まりを貫いてくれているのが好印象でした。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月20日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    甘くて、ロマンチックで、愛おしい
     和平のためということで、人質のように隣国に嫁いだブランシュ。親のため、国のため、そのためだけに生きることに従順になってきた彼女からすれば、七日間与えられた自由というのは、本当に戸惑ってしまうものだと思います。
     その中で、疑似恋愛。正体がバレてしまえば極刑もののように感じますが、まあそれも物語を読み進めていけばおのずとわかってしまうもの。
     恋愛と、欲と。恋人同士がすることなんて紙一重で、ほとんど何も変わらないのかもしれない。でも、追い求めてしまうのは……何故なのか。ロマンチックな雰囲気を漂わせつつ、王女が淫らに舞い、美青年アルが彼女を導き、昇華させていく。甘々で、綺麗な物語。ごちそうさまでした。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月20日