レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

4051~4075件/9996件 を表示

  • 意外とマヂだったのね?(^_^;)
    女学生クラスに男が独りふたり。
    最近この手合いならば話の展開はハーレム三昧でエロ萌えスケベの飛び道具が飛び交う・・・・
    ぢゃ、ないんだな。
    ネガティブスパイラルな妄想癖の主人公を女の子のクラスに飛び込ませたら、と言う主題を正面から描いてます。
    マァその妄想部分がチョットスケベだったりしてますがソレが無ければ少年(齢)誌並みの直球勝負。女の子のほうが熱血してたりします。
    タダ、この会社の作品でソレはナシだったようで、エピソードを重ねないうちに収束なのは残念。
    特にナニも取り柄がなくて落ち込んでる男子諸兄、一読あれ。後半には思い当たるフシもあるはず。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    元気が出る漫画
    秋吉家の長女、万葉は男勝りでしっかり者。エネルギーがあって、目の前のことにすごく一生懸命で、元気をもらえます。オネエ言葉を使う杉本ですが、中身はしっかり大人の男で、万葉を大事に思っているのが伝わります。おすすめです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    かっこ悪くジタバタしてるんです。でも心があったまって、泣けます。名作です。先輩方が本当にいい味を出しています。個人的に、最初は絵が苦手かなと思ったけど、読むと引き込まれて、もうこの絵しか有り得ない、と最後には思うのです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    元気が出る漫画
    内容は明るいとは言い難いのですが、主人公達がいろんなことを知って経験して、乗り越えていく姿に心を打たれます。辛いことを抱え、傷はあっても、未来に向かっていくことができるのだと知りました。自分も頑張ろうという気持ちになります。
    • 参考になった 11
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    基本はギャグ漫画でプッと笑えます。ボケとツッコミのテンポがいいので本当に楽しんで読めます。
    おバカな回もあれば、シリアスな回が複数回に渡ってあり、そこがまた好きです。
    特に10巻は泣けます。とりあえず10巻まで読んでみてください。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    大好きな作品です。子供の頃にアニメと少年ジャンプ、両方みてました。やっぱり今読んでも飽きることのない面白さです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    元気が出る漫画
    主人公がいい。素直で純粋でかわいい。自転車競技を通して強くなっていく坂道くんと仲間達、他校のライバルたちとのレースも見ものです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    元気が出る漫画
    エドとアルの兄弟の絆や勇気。他の登場人物も魅力的なです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    臓器売買とグロ系・・・
    三巻までよみました。正直、グロいです。そして病んでる人、多過ぎ! でも現実にもこういった問題はあるんだろうな・・・とは思う。他のコメントでもありましたが、これは18禁でしょうね。でもストーリーとしては物珍しくて(主人公が「腕のいい」女子高校生で、捕獲していい「鯨」と捕獲してはいけない「鯨」というアイデアもわかりやすいし)つい三巻まで読んじゃいましたが、手元にはおきたくないなぁ。そもそも感動するわけではないしね…。完全にフィクションとして読むのがいいでしょう。
    • 参考になった 25
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    王道のスポーツ経験のある男こそ熱くなれるスポ根漫画です。
    この漫画の魅力の一つに「登場人物全員にスポットを当てる」というところにあると思います。
    レギュラーメンバーだけではなくサブのメンバー、そして敵チームの心情までも長い時間をかけて細かく描写されているのがリアルで人間性溢れる漫画で熱くさせてくれます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    普通の男子高校生が学校の帰り道、近くの河原で座りながらただ会話をしているだけど飽きないし面白い。
    ボケとツッコミに溢れた笑える放課後トークが馬鹿らしく思わず笑ってしまいます。
    今までになかったようなシュールなタイプのマンガなので気になっている方は1度読んでみても損は無いと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    適者生存、個性豊かなキャラのバトルゲーム
    少年漫画、しかもサバイバルRPGバトル系なんて本来まったく興味が無いんですけど(基本、少女漫画派ですので)絵柄が奇麗だし主人公カナメにストレートに好感がもてて、一気に読破。いやー、これは面白かった!一応7巻で一部完結、と言ってもいい感じ。女子キャラも可愛いし、「残酷で品があって自分の力をよく使いこなしている」シュカに至っては、バンバン人殺しをしているのにどうしても憎めないというか…。って、彼女本当に16歳?生い立ちが書かれていないので想像するしかないけれど、かなりのお嬢様っぽいからこのゲームに参加して身に付いた能力により「純粋な殺戮者」の才能が開花したのかしら、なんて。。そう、本筋はサバイバルゲームだから人が死んでいきますよ。少年漫画だからグロテスクな場面もあります。(それでも多分他のよりは軽いだろうけど)そういったものは見ていて気持ちのいいものではないけれど、だからこそ「生き残るために人を殺せない、けれど生き延びてみせる!」と言う当初のカナメに好感をもてます。普通に良識のある人間としての感覚ですからね。それしてもまぁ、皆それぞれ頭が良すぎるわ。悪役も含めて個性豊かなキャラたち。13歳設定のレインに至っては特殊能力抜きにしてもIQがずば抜けていそう・・・。カナメだって普通の高校生にしてはあり得ないほど度胸があって賢い。彼も作中であがきながら驚くほど成長していきます。もともとヘタレじゃなかったけど、「こんな馬鹿げたゲームから抜けたい」と願いながらも他者を気にかけ助けながら、Dゲームに順応していく適応能力の高さはずば抜けていて、彼こそがダーウィンの言う「適者生存」にぴったり!さくさく物語も進むので読んでいて痛快です。でも一体全体、このゲームは誰が何を理由に作ったのかな?今後の謎解きも楽しみ。それに「携帯」がゲームの必須アイテム、ってところがまた現代的なノリで着眼点がいいわ。全先進国、移動中にスマフォ画面を見ていない人間はいないものね。笑 これ、全巻そろったら書籍で欲しいかも。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    何事も最初から自分の好きなようにやれるなら、誰も努力しない。
    努力してこそ「仕事していて最高に気持ちいい瞬間」に出会えるんだと思う
    この働きマンという漫画は、前向きになれるパワーをくれる漫画だと思いました。
    是非読んでみてください!!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    設定もなにもかもつっこみどころ満載だけど、妙に納得してしまう力強さがあります。主人公の前向きなド根性と随所に散りばめられたギャグと恋愛模様が楽しめます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    とにかく動物達が可愛いし、癒されます。そして個性的な登場人物が多く、意外に笑えます(笑)難しいことは考えずに、素直に笑いながら読める漫画です。そしてたまに『へぇ~』と思うこともあり。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    ”元気が出る漫画”
    「南国少年・パプワくん」の続編ですが、
    読んでいなくても楽しめます。
    全編荒唐無稽なギャグのオンパレードで、
    登場人物はほぼすべて男、それもマッチョな
    イケメンばかりです。
    馬鹿馬鹿しいギャグの連続で笑わせながらも
    「テメエの生き方を誰かと比べて、ダメなヤツだと
    泣くんじゃねぇ!」
    「お前は全部ひっくるめてお前なんだぞ」など
    ジ~ンと来るセリフで、パプワとコタロー、シンタローや
    リキッドとサービスなど島の住人たちの友情が描かれています。
    私は特にパプワとコタローにこき使われる家政婦のリキッドと
    以前同じ境遇だったシンタローの嫁姑関係が好きです。
    いっぱい笑えて感動できる、ちょっと変わったテイストの
    ファンタジーギャグ漫画なので、おススメです!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    物騒な名前な割に一風変わった学校生活と友情や競争社会の現実などが描かれていて深いです。学生らしい笑いと青春が溢れていて、元気が出る漫画かも。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • ”元気が出る漫画”
    腕は抜群だが、美女に目の無いスイーパー・冴羽リョウと
    元警官で相棒の牧村。
    二人は依頼により、街に巣食う悪党を退治していたが、
    海外の巨大麻薬シンジケートの手に掛かり、牧村は
    命を落とす。
    組織の手が伸びる前に彼の妹・香を逃がそうとするリョウだが、
    彼女は組織と戦う為、リョウの新しい相棒になる事を願い出る。
    女癖の悪いプロスイーパーと、男勝りの新米アシスタントの
    デコボココンビが大活躍する、ガンアクションコメディです。
    1~2巻はまだシリアスな展開で、あまり面白くありませんが、
    3巻以降は海坊主などのキャラが増え、「モッコリ」
    「100tハンマー」などお馴染のギャグが炸裂します。
    北条司さんは絵が抜群に上手く、依頼人は毎回美女ばかりなので、
    男性読者は元気が出ること請け合いです。
    また当時、リョウはハンサムで格好良く、おまけにユーモアがある
    主人公として女性ファンが多く、物語後半は香との不器用な
    恋愛展開もあるので、女性も楽しめる内容だと思います。
    いつも元気なリョウと香が元気をくれるマンガなので、
    昔読んだ方も、初めて読む方にも、おススメです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    とにかく面白いです!妄想がぶっとんでいてツボります。
    落ち込んだ時でも、この漫画を読めば思わず吹き出してしまう、まさに元気が出る漫画だと思います。
    そしてまさかの、主人公が表紙にいません。そんな所も含めて大好きです!
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月23日
  • 元気が出る漫画
    元殺し屋が素性を隠し、秘境の温泉宿で従業員として働く話。
    人間のドロッとした部分をむき出しにして、旅の恥をかき捨てにやってくる客とのやり取りが、エグ味のあるドラマとして繰り広げられます。といっても、あまりシリアスにはなりすぎず、フッとゆるい空気が流れたりと、緩急の付け方が絶妙。それがかえって、心に残るエピソードに仕上げています。
    じわじわとハマり、不思議と元気が出てくるのです。
    後半は濃厚な人間ドラマが繰り広げられ、読み応えたっぷりです。
    最後まで読むと、人間はダメで素晴らしい、という思いになれます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    競技かるたに青春全部かけた、高校生達のキラキラ眩しいお話し。
    登場人物達の熱い想いや葛藤に涙しました。そして恋の行方も気になります。
    かるたってあまり馴染みのない世界だったけど、百人一首に興味が持てました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月23日
  • ネタバレあり
    絵が本当に綺麗です
    以前同人誌でとても良い作品を読ませていただいたことがある作家さんで、いつか単行本が出たらと思っていましたのでさっそく購入しました。絵はとてもお上手です(某作家さんとよく似ていますが)今回はストーリーが残念でした。少し触れられただけで感じてしまう、超敏感体質の受けと、その友達の弟くんのカブです。とても不自然に感じたのは高1の男の子が高3兄の友達をあの人と言う所でした。しかし受けのエロさには参りましたが、またしても白抜きでがっかりしました。この次を期待してみようかと思います。
    • 参考になった 10
    投稿日:2016年04月23日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    少女漫画ではめずらしく、男子高校生が主人公。
    笑えるエピソードや胸キュンシーンもあり、登場人物達の日常のちょっとした出来事が、自分の学生時代にもこんな事あったあった!と、共感できます。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月22日
  • 襲名犯
     事故死した双子の兄の身代わりとして同じ家に養子に出された南條仁。だが、兄の死はただの事故死ではなかった。兄を車で轢いたのは、故意か偶然か街を恐怖のどん底に陥れていたブージャムと呼ばれる連続殺人鬼だった。兄を轢き殺したことがきっかけでブージャムは逮捕され、その14年後、死刑に処された。
     義理の親は既に亡くなっていたが仁はその街に残り図書館で司書として勤める日々を送っていた。そんな折り、”ブージャム”を襲名した殺人鬼が現れる。襲名犯の出現に落ち着きをなくし怯える街。兄とブージャムとの因縁。自分には関わりの無い事件だと思いながらも襲名犯の連続殺人に神経をすり減らす仁。ある“形”にこだわり殺人を行う襲名犯。様々なピースが仁を事件の渦中に追い込んでいく。
     否応なく追い込まれていく運命と闘う仁。しかし、一本調子で闘う意志を固めたわけではない。ブージャムがかつて居た、そしてその襲名犯のいる街から逃げようともした。仁は自分の意志でこの街に来たわけではない。だが、間違いなく仁という人間を育んでくれた街。その街が危機に瀕している。街を救えるのは事件の渦中にいる自分のみという自覚と決意が仁を奮い立たせる。この作品の最高潮はこのシーンだろう。
     この作品を読んでいる間、惹起されるイメージが流される血液以外、モノトーンだった。こんな経験は初めてで、それは文体によるのか表現によるのかストーリーの落とす陰のせいなのかよく分からない不思議な感覚だった。けれども、様々なシーンを思い返す度に少しずつ色が付いてくる、とても興味深い作品だった。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年04月22日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    ドラマから知りました、配役と原作に少し違和感がありますが、自分の夢中になれる仕事って良いですね^^
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月22日