レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

4026~4050件/9758件 を表示

  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    体操競技の漫画は数が少なく、その中でもこの作品は原作者が体操金メダリストということで、話にもリアリティがありとても好きな作品。
    最初は逆上がりもできない主人公だが、体操が好きという気持ちは誰にも負けない頑張り屋。
    体操部の先輩たちはひと癖ある奴らばかりだけどやっぱり体操が好きという気持ちにウソはない。
    フラッと現れた元体操選手のコーチが掲げる「楽しい体操」を実践し、苦しくとも楽しそうに競技を続ける主人公たちを見ていると、とても元気が出てくる。
    とても熱くなれるスポーツ漫画である。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月20日
  • 元気が出る漫画
    人を想い続けると言う気持ちが素敵だな~(ちょっと変態入ってるけど・・・かなりかな)と。2巻で、ヨリさんが「なりたい自分になろうキャンペーン中なの」と言い、変化を求めるところが印象深いです。年を重ねると、いろんなことを諦めるようになって、なかなか冒険しなくなってきている自分に、「綺麗になろうよ・自分を愛そうよ」と背中を押してもらった作品です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    タイトルの通り、女の子が農業する日常系漫画。
    癒し要素もあるが、基本わんぱくな姉妹たちなので、読んでいるとこちらも元気を貰えます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 元気が出る漫画
    アニメからハマりました。ありがちかもしれないけど、目標に向かって努力したり立ち向かっていく姿を見ていると、やっぱり元気が出ます。めげない気力、何度も立ち向かっていく勇気、そして自分だけでなく仲間の力を最大限に生かすためにどうすればいいかを一人一人が考え動いていく姿は、見ていてとても励まされます。魅力的なキャラが多くて、お気に入りの一人が見つかること間違いなしです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    下ネタギャグ4コマ漫画。何も考えずにボーッと読んでクスッと笑う。
    4コマなので気軽に適当なページから読み始め、中断できるのが良い。
    何もしたくないときにめくってちょっと読むだけでなんとなく元気になります。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気の出る漫画
    ダメダメのつなが奮起して
    頑張る姿に自分も少し頑張ってみよう
    って思えます。
    きょうこちゃんがかわいく優しいので自分の青春にも
    こんなヒロインがいたらよかった。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    もぐささんのおいしそうに
    いっぱい食べる姿に
    お腹がすいてきます。
    お腹いっぱいになったら元気になるますね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    ギャグ漫画だけど深い
    とにかく笑えて元気になります。
    空知先生のあとがきが秀逸です
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • ネタバレあり
    元気が出る漫画
    私はおじさんですが、たまたま1巻の立ち読みをして全巻読んでみました。
    典型的な少女漫画なのでしょうが、チャラチャラしたところはありません。よくある、素敵な主人公がいて、思いがけず恋に陥っていまうといった、シンデレラストーリーではありません。
    ちょっと恋には奥手な(男の子にあまり興味がなく、漫画の主人公に憧れているような)漫画好きの少女が主人公で、ちょっといじめっこで無神経な大阪から天候してきた男の子の物語です。いろいろ紆余曲折があって、つきあうことになるのですが、その中の男の子の方に不幸があって、そこのストーリーが泣かせるところです。
    つらい別れもあるのですが、最後はハッピーエンドで読後の爽快感があります。ちょっと気持ちが沈んだ時に読むと、癒やされます。少女漫画もいいものだと思いました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 元気が出る漫画
    和子ちゃんの誠への一途な愛が空回りする様子に、声を出して笑ってストレスを発散!!誠が、農業を楽しんでいる様子に、私も農業やってみたいな~なんて思いました。毎日を自然と共に共存していくという、当り前でなかなか出来なくなってきた生活が羨ましかったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    タイトル通り、二ノ宮さんは本当にダメママというか旦那のポンさんがスーパーイクメン過ぎて何でも出来ちゃうので余計にダメママ振りが強調されていて読み物としては単純に面白いです。例え多少なりとも話を盛ってたり漫画のために誇張されていたとしても、自分のダメっぷりをネタとして世間に公表する漫画家さんってスゴイなと素直に関心しました。あと、こんな旦那さんが欲しい…ギギギっとなりそうですが二ノ宮さんはそこら辺のお父さんより十分稼いでますので、いろんな事に恵まれているのは当たり前なのかもしれません。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    とにかく面白い。
    様々なキャラクター達の繊細な心理描写にも目を奪われるが、それとは対照的に、スカッとする程のダイナミックな戦闘シーンは、少年漫画らしくて、読んでいて飽きない。
    根っから嫌いになりそうなキャラが少なく、何歳になっても元気を貰える漫画だと思う。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    とにかく主人公の背が高いのがコンプレックスの女の子リサと背が小さいのがコンプレックスの男の子大谷の掛け合いがハイテンションで元気が出ます!
    特にリサのポジティブさがすごい!
    大谷を好きになってからの頑張りは見習いたい!
    途中、大谷の大学受験があるのですが、雪が降り、おまけに寝坊し、電車も止まってる……
    諦める大谷に「この雪は今日受験する人みんなの上に降っとるんじゃー!あんただけちゃうわー!」とケリを入れ、近くに居たリサの弟の自転をもぎ取り後ろに大谷を乗せて大学まで行きます!
    それで受かります!
    全編通してポジティブで行動力があります!
    こんな子達が友達だったら楽しいだろうな〜と思う漫画です!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    小学生の頃に読んでいたけど、大人になって読み返して欲しい漫画。
    当時はよく分かっていなかった事も、今ならもっと深く読み解けると思う。
    重たいテーマが重なり合っているけれど、乗り越えた感動だけで終わらず笑顔になれるのは、キャラ達の明るく元気な性格のおかげだと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    いつも前向きなナルトに励まされます
    嫌なことがあってもNARUTOを読んで
    いつも前向きなナルトに励まされています
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    ギャグだけでなく、シリアスや感動もあり、10年以上読み続けていても飽きない漫画。
    魅力的なキャラクター達は様々な過去を持っているけど、それでもバカやったりと、普段は楽しく明るく仲良く生きていっているところに元気付けられます。
    読み返すと、今になって分かる重みもあるのがまた面白いです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    こってりとした漫画で、元気が出ます。
    流水りんこさんは、怖い漫画も、描いていますが、
    怖がりの私でも、読めます、
    面白い人ですね。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    多くの働く女性(もちろん男性も)に元気を与えているであろう「働きマン」
    当時学生の時に読んで、いまいちピンとこなかったが、現在読み返すと「あー仕事うまくいってないなー」など停滞気味でいても、読み終わるとそんな気持ちがどこかへいき、やる気まで出る。沈むたびに読み返してます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • ネタバレあり
    元気が出る漫画
    普通に考えて、あまりにも無理な夢。高校生が誰にも教わらず、ただ土手で有名ジャズプレーヤのCDを聴きながら我流でサックスフォンの毎晩毎晩練習しているだけ。そんな彼に10人ぐらいの客の前で演奏する機会が。意気揚々とソロをぶちかますも、客のオッサンから「やめろ、やめろ。お前のはただうるさいだけだ!」と言い放たれます。仕方なく演奏をやめ、すごすごと舞台から降りるのですが、公園で水を飲みながら「こんなの屁でもねぇ」と夢に向かいます。しかし荒削りながらも彼の演奏の凄さがわかる人も出てきます。
    振り返って高校生の頃、自分は何をしていたかな、と思いを馳せてしまいます。決して彼のように何かに向かって一生懸命打ち込んだものはありません。
    すみません、1巻はebookで読みましたが、その後は紙の本を買っています。紙と同時に配信されないので待ちきれないのです。コミックを買うのはここ10年ほど、無かったことです。
    グっと胸を打つシーンには思わず主人公を応援しながら涙して読んでいます。この本を読めばきっと元気が出ますよ!
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    母の代からうけつぎ、ようやく完結した純情漫画。
    美人でもグラマーでもないちっちゃな少女と勉強、スポーツ、なんでも万能なかっこいい男の子との純愛(?)漫画。
    健気な主人公に愛しさを感じ、とてもほっこりできる。
    元気をもらえる!といった方が正しいかもしれない、元気がでる漫画。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    出版当初は人気が出ず、絶版になったらしい・・・が、しばらくしてまた盛り返したという(失礼な書き方だが)おバカ漫画。少年誌のギャグ漫画のようなものでなく、がまんししてても、思わず吹き出してしまう。
    この作者が好きで現在出ている漫画も買っているが、ラブストーリーではなく、本当におバカ漫画。でも素晴らしい!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    元気が出る漫画
    元気が出る漫画というお題で一番最初にピンっと閃いたのがこの作品です。主人公の木絵は口下手で感情表現が苦手な女性なんですが、その表に出せない感情を自分の頭のなかで妄想する事で気持ちを消化し日々をやり過ごしている平々凡々なOL(寧ろブス寄り)さん。でもこの彼女の妄想力が本当に半端ないのです。例えば彼が彼の上司にパワハラを受けていたら、彼の上司を脳内で恥ずかしい格好をさせてお仕置きしたり、彼が同僚の女性と歩いているところを見かけたら、振られる事を想像して自分が魔物になって中世の教会の牧師に退治されて墓石に葬られていたり、彼のお母様に結婚を反対され花嫁修業をされたときは人相も変わるくらいゴッツい漁師になっていたり…とこうやって文字で書くと大して面白くないかもしれませんが森本先生の絵で見ると本当にクスクス笑えて面白いのです。私の1番のお気に入りは、ハリーポッターに出てくるドビーみたいなキャラの子。こいつが本当に妙にツボを突いてくる良いキャラなんです。心がクサクサしてる時に是非読んで欲しい作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    なつかしの少女マンガですが、当時は読まず、大人になってから読みました。
    少女マンガなのでもちろん楽しい。楽しいけれど、楽しいだけではなくて、悩みや大きな問題もある。
    それらを彼らは励ましあって、頑張って乗り越えてゆく。その乗り越えてゆく様に元気をもらえるんですよね。
    読み終えると元気が出る、しばらくするとまたみんなに会いたくなる。そんな漫画です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    こち亀、読むと、元気が出ます。
    世の中の、新しい情報が、たくさん盛り込まれているので、
    勉強になる。
    もうすぐ、200巻が楽しみです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    元気が出る漫画
    この作品はここ最近での一番のヒットでした。
    受けも攻めも女々しくない。むしろカッコイイ。二人とも仕事熱心で、誠実で、純情で、まっすぐで。人間的に魅力がある。
    設定でよくカリスマなんて言葉が出てきますが、そんな言葉を乱発しないでもそれを表現できているところが、作家さんのすごいところだなと思いました。
    ものすごい山があったり谷があったりするわけではないのですが(むしろ学校を卒業して二人が再会するまでの間の方が険しかったかもしれませんね)、二人が結ばれてホッとしましたし、嬉しかったです。素直にそんな気分にさせてくれる物語でした。
    にやけながら読み終えると不思議と元気出てる、この本に限らずBLってそういう力がありますよね。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年04月20日