レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

351~375件/11703件 を表示

  • 激しさだけじゃない面白さ
    連載中の作品なので15巻時点の感想です
    最初にあらすじを知った時は硬派で激しいバトルのシリアスなストーリーかと思っていましたが良い意味で想像と違いました。
    埋蔵金を巡るシリアスな駆け引きや激しいバトルは確かにしっかりと描かれているのですが、その他にもアイヌ民族の文化や狩猟グルメ、映画のパロディネタ、それぞれ歪んだ美学を持ち突き抜けすぎていて逆に笑えてくる位の狂人変人が多数登場する等、激しさだけではないバラエティ豊かな面白さがあり読みやすいです。
    ただ、シリアス・グルメ・ギャグが入れ代わり立ち代わり描かれている感じですのでシリアスパートを集中して読みたいタイプの方には少し好みが分かれるかもしれません。
    元々はアニメがきっかけで読みはじめましたが、アニメでは序盤からごっそりカットされてしまっている主人公も含めた登場人物のバックストーリーもしっかりと描かれている為、アニメで既に話を知っていたとしてもより深く作品を楽しめると思います。
    おまけページはありますが、現時点では残念ながらカバー下イラストは収録されていません。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年10月18日
  • 匿名希望
    近未来SF好きにはもってこい
    人間が死ぬと、その人物の記憶を宿した蝶になる。そしてその蝶を管理する国家機関の「死局」。蝶を捕らえて闇で取引する組織と戦う、死局の職員の物語。
    何故蝶が国にとって必要なのかが、この作品のキーになっている。死局の個性豊かな職員達も、一見ばらばらの赤の他人のようでいて、実は繋がりがある。そんな設定も強引ではなく、自然と読ませてしまうのがこの作品。
    重厚な近未来ものの世界観に酔いしれること間違いなし。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年10月17日
  • 匿名希望
    タイトル通りのギャル属性推し漫画
    昨今、有名どころで「からかい上手の高木さん」のような、単一キャラ(個性)推しのラブコメディ漫画が数多く出版されていますが、これもまさにそのひとつという認識で大丈夫です。
    ギャルとは対称的なガリ勉草食主人公を、ギャルがからかうというシンプルなテーマです。
    オタク界隈で”ギャル”というと、清楚さや色恋における初心さが大前提にある”萌えキャラ”とは、対極にある存在でした。
    ただ近頃、”ギャル”属性のキャラを”萌えキャラ”の一つとして前面に押し出すものがちらほら出てきました。属性にも限りがありますし、ネタ枯渇やギャップ狙いなども相まって自然な流れだと思います。
    とはいえやはりオタク界隈では清楚や初心のウケが良いのは相変わらずで、そういった”ギャル”属性も、単なる”萌えキャラ”の表面だけ取り繕って、ただ”ギャル”とレッテルを貼ってるだけみたいな、とってつけたようなギャルキャラが多いです。
    しかし、この「やんちゃギャルの安城さん」はその点において、かなり”ギャルっぽさ”がよく表現できている漫画ではないかと、個人的には思います。
    もちろんガチの生々しいギャルでは、おそらく業界のウケも良くないでしょうし個人的にも好みではありませんが、”ギャルっぽさ”と”萌えキャラ”の兼ね合いがちょうど良くとれています。
    一般的なギャルにおける、奔放さ、軽薄さ、乱暴さ、ケバさという負のイメージを、主人公との掛け合いを用いることで、包容力、柔軟性、芯の強さ、好きなものに対する直向きさ、という受け入れやすいものに昇華していて、エピソードもド真面目な主人公が、気弱ゆえに損をするも、最終的には安城さんのおかげでちょっとおいしい思いをするという内容で一貫しており、読後感も気持ちが良いです。
    こんなギャルなら隣にいてもいいなぁと思わせる、まさにそんな漫画です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月17日
  • ネタバレあり
    ショタが好きなら読む価値あり
    3作品収録されてるんですが、陵辱・リバ・ショタ攻めというマニアックな3連発。
    クズ×クズで初っ端からレイプやらスカトロやら過激な描写が多いので、
    ダメな人はほんとに拒否反応が出る作品だと思う。
    大我(受)が狂愛じみていて、どんなに酷いことをされても
    理人(攻)に許してもらえるならと受け入れる子で、
    どうしてこの子が女性にだけこんなグズいんだろう?と疑問に思ってしまいました。
    自殺未遂するほど理人に執着してる理由があまり理解できなかったです。
    個人的には大我がもっと拒否して
    理人なんか好きじゃない!って設定の方が
    虐めがいがあって良かったのに…と思ってしまいました。
    物語の始まりから2人の関係は出来上がっていて、
    酷いことするシーンもされるシーンも2人の感情についていけず、
    置いてけぼりをくらってしまいました。
    ただ少年時代の半焼け大我は良かったです!
    焼けた太ももと真っ白の太ももの境界線がたまりません…(*´-`)
    そして個人的にどツボだったのが、
    同時収録作品の「片恋トライアングル」
    なんてったってショタ攻めです!!
    (これも好き嫌い分かれるだろなー)
    へこへこへこへこ腰を動かすショタ(京太)が可愛らしくていじらしくて最高でした!!
    BL作品でおにショタって珍しいですよね。
    「薔薇とヘドロの」クズレイプやスカトロ描写、「片恋トライアングル」のショタ攻めなど、
    少し男性向けマンガのような性描写が多かったです。
    かなり好き嫌いが分かれる作品だとは思いますが、
    性癖に刺さる人にはたまらない!そんな作品でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月17日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    あら?
    他の方のレビューにもあるように、尻切れトンボのような終わり方。
    なぜあの終わり方なのかとても不思議です。
    ページ数も少ないような。
    キャラクターも良く、内容も面白かっただけに残念です。でも続きがあれば読みたいかな。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月16日
  • せつない!
    まだ最後まで読んでおらず10巻の途中なんですが、主人公の2人が付き合っていても付き合ってなくても、とにかく”せつない”と言う言葉がピッタリくるラブストーリーです。
    人の生き死にや離婚といった、世の中に溢れている日常の中でもまれながら生きて行く高校生たち。引き込まれてずーっと頭の中でリフレインするような感じです。何回も読み直すには少し重いタイプのラブストーリーですが、ぜひ一度は読んでください〜!
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月16日
  • 御坂美琴視点での物語
    一応禁書目録の方も読んでますが自分的にはこっちの方が好きです。当麻(男性主人公)もしっかり登場してきます。インデックス(禁書目録の方の主人公)の位置が美琴に代わる感じだと思って貰えればいいかと。本編(禁書目録)の方を読んでなくても全然問題なく読み進めていけます。
    あらすじとしては、学園都市という街では能力者の開発が行われており能力者達はレベル0〜5に分けられており主人公の御坂美琴は学園都市に7人しかいないレベル5の第3位の電撃使い。その御坂美琴がいろいろな事件に遭遇したり日常生活やちょっと気になる人とのやりとりなどバトルだけでなく日常回を混ぜることで全く飽きません!
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月16日
  • ネタバレあり
    無表情と女性下着のギャップがけしからん!!
    まさき先生の描くボディって筋肉質すぎず細すぎず、
    ほどよくムチムチしてて女性的なプリッとしたお尻がめちゃくちゃ好みです!!
    女性下着を履く男性ってどうしてこんなにエロいんでしょう...
    ヒラヒラした布を脱がすだけなのに凄く興奮します…(*´-`)
    悠真は綾平への気持ちを押し殺してるので普段は鉄仮面みたいな無表情なのですが、
    その顔で女性下着を履いているというギャップがたまらなかったです。
    表紙やあらすじからエロ漫画を期待していましたがお話もしっかりしていて、
    同性を好きになる戸惑いや、素直になれずすれ違うなど学生らしい恋愛描写が多くてニマニマしました(*´∀`*)
    エロ目的だとちょっと物足りない気はするものの、少年の危うい美しさが光った良作でした!!
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年10月16日
  • ネタバレあり
    箱庭のような世界観が素敵!!
    これでもかというくらい私の萌をついてくれる作品でした。
    まず未亡人のレイネが美しすぎる...!
    美人受けはあまり好みじゃないのですが、レイネには抱きしめたくなる儚さがありました。
    こんな優しくて寂しげだけど笑顔がかわいくて夜はエロエロな美人にお世話されたら、
    そらヨエルは性的な目以外では見れませんよ!!
    そしてショタからイケメンに成長する吸血鬼萌え...!!
    幼児の頃は口に猿轡のような物を噛まされて言葉も話せないって...めちゃめちゃ萌える。
    昼は少年のようなキラキラした目をしてるのに、夜寝ているレイネを見る目が急に大人びていたのに痺れました。
    まだあの頃は自分の感情が何なのか理解しきれていなかったのでしょうか。
    少年から青年になるのが少し早すぎる気はしましたが、(もっとショタが見たかった)その過程が熱すぎるので良いです。NTRからの青年化たまりません...(o´艸`)
    後半は社会人に戻るレイネですが、それまでの現実から隔離された箱庭のような世界観がとても好みでした。
    美少年とショタの絡みは至高です…(*´-`)
    お話も綺麗にまとまっていて、すっきりと読み終えました。
    個人的に褐色兄弟の弟くんがシコかったので、その子のお話も読んでみたいなぁと思いました。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年10月16日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    最高の受け攻め逆転系
    めっちゃ男らしくて格好良い先輩を、ワンコ系(しかもプードル)の後輩が責めちゃいます。ちゃんとプードルらしくプルプルしてて、先輩を大事に思っているのが良いです。
    先輩もしっかり格好いいのに、色っぽくて、中身は変態乙女。可愛い!!
    受けと攻めが逆転しているのがお好きな方は、是非!!先輩、エロ可愛いです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月15日
  • 匿名希望
    鈍感系ヒロイン
    乙女ゲーはしたことないけれど、実に面白く読ませていただきました。
    生き残るためとはいえ中々の鈍感ぶりです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年10月15日
  • ラブコメとは
    ストーリーは、あらすじを読んでいただくとして。
    ラブコメとは、ラブandコメディです。
    コメディ。つまりは笑いです。
    古見さんは、コミュ障です。はシリアス無しで、純粋にラブコメな作品です。
    つまり、とってもストレスフリーに読めます。
    決してラブストーリーに終始するわけではなく、ヒロインの古見さんが前向きに人間関係を作ろうと頑張って成長していく物語性もあって、つい応援してあげたくなります。むしろ、こちらをメインだと考えた方が楽しめる方もいるかもしれません。友達ができて喜ぶ古見さんが、実に微笑ましい。
    各キャラクターもしっかりと個性があって(ありすぎて)楽しいです。個人的にはキャラクターのネーミングが好きです。
    是非、ご一読下さい。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年10月15日
  • 匿名希望
    ちかこさん物語?
    この作品を書いたちかこさんには美人の妹さんがいたとある記事に載っていたのを読んでいたので、この作品はノンフィクションなのかな?とも思えるシーンが多く描かれています。「小さな恋のものがたり」のファンが好きなチッチとまゆみの関係っぽいエピソードがたくさんあります。主人公のいじけた感じなところや妹さんの自分に自信があり堂々としている生き方の対照的なところが面白いです。出てくるヒーローくんがサリーみたいな感じで主人公のポエティックな乙女心のイラストシーンもいくつか載っています。未完成で終わっているので続きが読めれば嬉しいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月15日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    もうお腹いっぱいです
    途中までは面白く読んでましたが、何度も何度も同じような辛い展開が続くだけで、正直読んでいて楽しくなくなってしまいました。
    現在19巻まで購入しましたが、続きの購入は完結した後、他の方の感想を見てから決めようと思います。
    「続きが読みたい!」というより、「もういいよ…」というネガティブな気持ちの方が強くなってしまったので。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年10月14日
  • ネタバレあり
    ムキムキ
    エロ濃いめ。しずる感強め。雄っぱいブルブル。筋肉ダルマ。会社の先輩後輩。ゲイの先輩(受)が男とホテルから出てきたところを後輩(攻)に目撃され、口止めに童貞を奪うところからはじまる。事が終わると唐突にプロポーズする後輩。とりあえずセフレになることに。
    大学時代に付き合っていた写真家の元彼に似ているため、そもそも好みのタイプだった後輩。そんな元彼は自分に結婚式でスピーチさせようとする糞野郎。くさくさした気持ちを紛らわせてくれる後輩。
    その大学に実は通っていた攻は、ずっと受の事が忘れられなかった片思い。身体を繋げたことで思いが爆発。
    絵柄さっぱりめ。眼鏡攻。こんなムキムキの身体創るの凄く大変そう。ライザップ。攻のギャグ顔が凄く好き。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年10月14日
  • ネタバレあり
    ちょっとじれったい
    絵も綺麗でストーリーも面白いです。
    が、ちょっと主人公と先生の関係性がじれったく感じました。
    おそらくそのじれったさがこの作品のいいところなんでしょうね。
    ただ、私にとってはじれったすぎて切ない気持ちの方が強く、早く先生とくっついてくれーーーー!とイライラしてしまいました。
    そのくらい最近のBLにしてはストーリーもしっかりしています。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月14日
  • ネタバレあり
    ストーリーも面白い
    7巻までは和気あいあいな雰囲気のチョイエロBLで良くも悪くもあんまり山も谷もないストーリーで、読みやすくはあるものの物足りない感じがありましたが、7巻でいきなり山がきました。
    ありきたりなストーリー構成かもしれませんが、その分わかりやすく絵が綺麗なので読みやすい作品です。
    BLはあまり現実的じゃない作品は読みませんが、これは読んでみて面白かったので、これからはいろんなジャンルに挑戦しようと思いました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月14日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    意外とハマる
    年下猛獣系攻×年上おじさん受です。
    絵もあんまり好みじゃないなぁという感じでしたが、読めば読むほどハマる作品でした。
    絵も良く見ると繊細で綺麗です。
    年下攻めもカッコいいし、年上受けも意外とかわいくていいなぁと思いました。
    是非僕のおまわりさん1も合わせて読んで欲しいです^ ^
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月14日
  • ネタバレあり
    エロ好きにおススメ
    エロ好きにはおススメです。
    あくまでも個人的な意見としてですが、
    私は基本的にストーリーも楽しみたいタイプなので、この作品みたいに最終的にヤるように話を持っていくストーリーは好きではありません。
    また、パートナーを決めかねて3人でヤるスタイルには抵抗があります。
    どっちかに決めて操を立ててくれと思いますが…
    まぁ3Pも需要がある為、こういう作品もあるのでしょうが、私は好きになれませんでした。
    あくまでも個人的な意見です…
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月14日
  • くだらなさに価値がある
    手塚先生のタッチの絵でこれだけくだらない内容の漫画を読む日が来るとは…。
    それだけで価値のある漫画ではないでしょうか?
    他の漫画のキャラも出てくるのでお楽しみにですw
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月14日
  • 心の声
    人それぞれが持っているであろう心の声、想い?がテーマでしょうか。
    舞台は学校で、青春モノと言えなくもないのですが、
    心の声をフューチャーすることによって、表に出した時、
    相手に告げた時の反応が際立って、それがこの作品の良いところではないでしょうか。
    最終話は予想外の展開でした…。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月14日
  • いつの時代も、人は人。
    浮浪雲が連載を始めたのは1973年だ。つまり今から40年以上も昔。
    平成よりもずっと前の、昭和にはじまった作品だ。
    にもかかわらず、読んでいても古臭さをまったく感じさせない。
    舞台がいわゆる時代劇だからかもしれない。
    それにしたって、作中の悩む人たちや人間模様は現代とあまり変わりが無い。
    浮浪雲がふらふらしては、ところどころでちょっとしたことが起こる。
    えっ、これで終わり?と思うようなエピソードも少なくはない。
    悩む人たちを前にして、明確な答えや終着点は出さない。ただ浮き彫りにするだけだ。
    勧善懲悪ではないし、かといってピカレスクでもない。
    人間ってこういうものさ。といった割り切った観察眼の中に、ちょっとした温かみがある。
    ちょっと一服。あるいは一休みして空に浮かぶ雲を見る。そんな息抜きができる漫画なんだと思う。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月14日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    好きなオチ
    共依存な兄弟の話。わたし的にとても好きなオチです。ただ、あのオチにするなら、途中にもうちょっとフリがないと、いまいち納得出来ません。突然あのオチがきて、ええっ?そんなそぶり全くなかったやん!って感じなので、おにーちゃんが言ってることがいまいち説得力がなくて、それが残念。話の途中にもうちょっとそれらしいフリがあれば、自分的には完璧でした!!
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年10月14日
  • 匿名希望
    落丁
    無料で読めるキャンペーンで確認したところでは154,155ページが落ちてます。
    • 参考になった 6
    投稿日:2018年10月13日
  • 幻想的な世界観
    1巻の無料お試しで、この本は当たりかもと思って2巻まで買って正解でした。
    好きです、こういう世界観は。
    魅惑的で幻想的で、今までに読んだことのない新しさを感じました。映画みたいな流れで、終盤なんかもう良かった…。しばらく余韻に浸ってました(笑)
    かおちゃんの心情が上手に表現されてて共感しやすかったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月13日