レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

351~375件/11353件 を表示

  • 匿名希望
    良い!
    試し読みで面白そうだったので全4巻を買いました。まだ2巻が終わったとこですが、続きを読むのがもったいと思うくらい面白いです。とくにヒロインのさやちゃんが可愛すぎます。「こんな青春が送れてたらなー」って思うほっこりラブストーリーなのでお勧めです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月14日
  • 合格
    JavaScriptはかじりたてだが内容は結構わかりやすい。
    サンプルの問題も多いし楽しめそう。
    今買ったばかりなのでざっと見ただけだが理解しやすそうな内容だ。
    電子書籍を買うのはいつでも半分賭けという意識で買っているが今回は合格。
    それにしても、立ち読み部分はもう少し見させてくれないか。
    いつも、序文と目次の半分くらいで終わっているのはいかがなものか?
    これでは内容の比較のしようもない。
    それとebookjapanでは、固定ページの表示になっている本が多くて検索ができない。
    IT関係の書は辞書として使う人も多いから検索機能はぜひ使えるように改善してほしい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月14日
  • 匿名希望
    よくある異世界転移ものじゃなかった!
    リアル日本の弱点である、食料自給率の低さと資源不足などを
    反映させたり、魔法&竜のファンタジーと科学技術の現実性が
    とても面白かったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月14日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    やっと
    わたしがこの小説に出会ったのは15年以上前のことです。
    まだ小説投稿サイトなんてなくて、検索しては小説を読み漁っていたときに、この作品に出会いました。
    当時は今よりもいい作品に出会うのは難しくて。この作品を見つけたときは、愛に溢れる雰囲気と、竜たち、子どもたちのかわいさに、感動したものです。
    知った小説が次々文庫化されていく中、ホームページにたどりつき方さえわからなくなってしまい、読めなくなって作品もたくさんありました。この作品のそのひとつで。また読めることが本当に嬉しいです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月14日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    大衆の怖さ
    正義、自由の名のもとに残虐な欲望を満たそうとする大衆の怖さをいやというほど思い知らされました。今日、万歳を捧げた相手に明日は唾を吐き、、、被害者意識の強い人、英雄を必要とする心の危うさを知りました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月13日
  • 面白くなかったです。
    タイトル作品も他の収録された短編も、面白くなかったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月13日
  • 幻想郷の独特の世界観よくかけて面白かったです
    幻想郷の独特の世界観よくかけて面白かったですが、原作を知らない方は着いていけないかな。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月13日
  • タイトルは「黒首島」の方がしっくりきます
    1巻だけ読むとギャグ調の短編ホラーものと思ったのですが、2巻以降は孤島での支配者一族とのバトルものでした。1人で無双するシーンが多く爽快感は有りますが、単調かなとも思いました。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月13日
  • 匿名希望
    兎に角いい!
    一気に読んでしまいました!!
    早く続きをーーー(ノシ 'ω')ノシ バンバン
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月13日
  • ネタバレあり
    一筋縄ではいかない
    上巻のなんちゃってハッピーエンドからの、全てを崩壊させられた下巻。
    笑吉に本性を知られ、福介が拘束して自分の物にしようとするシーンは鳥肌が立ちました。(良い意味で)
    きっと最初の福介ならボロボロに泣いて弱った笑吉を見ても勃ったと思う。
    けど、共に過ごした時間が長くなり、本当に笑吉を愛してしまったからこそ、泣いて怯える彼を見て可哀想だと思ってしまったんじゃないかな。
    物として愛していた福介の愛を否定するつもりはないし、本来の調教や束縛を題材にしたBLならこのまま突っ走ってくれた方が作品として萌えたし、読了感も良かったのかもしれない。
    けど、福介は勃たなかった。
    笑吉を自分の物にして支配したかったのではなく、心を持った人として自分を愛して欲しいのだと気づいたからじゃないのかな。
    笑吉の泣き顔に惚れたはずの福介が、最後に笑った顔が可愛いと言っていたシーンがとても印象的でした。
    まだまだ続きが気になります。
    時間はかかるだろうけど、2人が心から笑い合える結末が待っていることを願います。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年08月13日
  • ネタバレあり
    実際の事件がモチーフ
    後味悪い系ですから人を選びますね。
    学歴ってものすごい鎖というか業というか最早呪いですよね。匿名掲示板などでも学歴系のネタが振られたりすると大抵殺伐としてきて、ものすごい食い付きや伸びを見せたりする。
    就職活動における学歴フィルターの存在が説明会のWeb予約から明らかになったり、私立大学医学部入試なども世間で話題ですが、ある意味とてもタイムリーな作品です。
    過去から現在へと収束していく構成が素晴らしく当事者に反省のない無力感もあり、嫌な後味も尚更引き摺ります。
    女であり、学歴差別をされたことも逆差別されたこともある中途半端な学歴の私としましても、この作品における東大生たちに情状酌量余地など感じません。
    しかし、被害者描写において、あくまで被害者が悪いと感じさせない被害者の背景や設定のバランス調整も絶妙、だと作為を見つけてやや穿ちすぎてしまいました。
    犯行動機として、東大生の肩書だけを見て近寄ってくる女性たちを代表とする、自分の中身を見ない人間たちへの不満や鬱屈の無意識の発露かな?なんて思ったりもしてしまう自分がいました。
    性犯罪における行為は一部の犯人にとっては性欲の解消というよりも支配のための、相手の尊厳を踏みにじる手段なんだということがつくづく実感されます。
    犯行を糊塗しようとする際に殊更に東大生的な頭の良さが発揮され強調されているのがものすごく皮肉だなあと思いました。
    被害者の通う女子大(共感しがたい態度に出る加害者母と同姓同名!)の学長さんの存在がとても救いでした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月13日
  • SFヲタをくすぐりまくる
    ほのぼの可愛らしい雰囲気で日常ものの顔をしながら中身はがっつりSFです。
    全身義体の「適合者」である稀有な存在である少女主人公のものがたり。
    可愛さや萌えやコメディ調がゴツい骨太要素を良い具合に包摂しており素も子もないんですが。末尾の士郎正宗先生の設定提案や解説を目を凝らして拝読するのも楽しみで。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月13日
  • これであなたもアイスランドに行きたくなる
    作者様の画力といいますかその国の空気感といいますか、
    紙面を超えて伝わってくるモノがあるのです。
    ミステリ部分も気になるけれど…
    青春小説、大自然が好き、一人弾丸海外旅行とかバックパッカーなどに憧れがある方には親和性があると思います。
    何だろう、ハードボイルド臭を薄めた「深夜特急」「世界の車窓から」的な…語彙力なくてごめんなさい。
    狭い自室から精神が脱出して野に遊ぶ感じを久々に味わった作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月13日
  • 匿名希望
    深刻な壁不足
    やーーーもうキュンキュンニヤニヤするマンガなので、殴る壁が欲しい!!!
    においフェチありだと思います!
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月12日
  • 匿名希望
    熱いマンガが来たー!
    絵って人に自分の思いを伝えるツールなんだ、とかそんな当たり前なことなんだけど再認識したし、
    2巻の親を絵で説得する場面は涙もろい自分はもう泣けました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月12日
  • 抑えておきたい一冊
    転生ものの名作。
    最初の取っ掛かりで得て不得手が出そうな作品です。
    漫画、ラノベの両方持っていますが、
    スライム目線で進むストーリーがはまります。
    (身内の魔物が、はっちゃけてたりします)
    気になっているなら、プロント(作者も大筋と割り切ってる)のネット小説家になろうを読んで見て下さい。
    漫画バージョンは多少簡略化され活字中毒者からすると物足りなさを感じるかもしれませんが、漫画は「まおゆう外伝」を書いてる方で活字から漫画への表現が比較的上手です。
    ラノベバージョンはさらに細かく設定され原作と違った趣に。。作者の意図しないボリュームになってます。
    この原作者は多分、結構はっちゃけてるんだろうと思います。
    担当や編集社に毒されてつまらない着地にならない様に願っています。読み終えて余韻に浸るまでが作品の評価ですが、小説家になろうを読んだ頃から中毒症状が出ており、星を付けさせて頂きました。
    • 参考になった 5
    投稿日:2018年08月12日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    ファンタジーゲームをモチーフにしたどたばた喜劇
    主人公は人間の子供並み?のステータスしか持たないレッドドラゴンLv52!
    卵の番をしてる間に居眠りしていて卵盗まれ、父親に叱られてたたき出されるところから物語が始まります。
    ゲームシステム的ネタも散りばめられていますが、メインは主人公と出会う人々(非人間種族含む)との交流というかかけあいというか。主人公含めいろんな意味で前向きなキャラクターばかりで、いろいろあって斜め上の方向に話は展開していきます。
    くすりと笑える読後感。脳みそ休めたい人におすすめです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月12日
  • 匿名希望
    お仕事ちょっぴりラブ有
    内容が濃くて読み応えがあります。
    サービス業ならではのアルアル満載
    笑いあり涙あり、お仕事中心の漫画
    接客苦手な主人公が、努力して成長する姿が
    良い!
    平尾副店長イケメンで最高でした!
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月12日
  • 匿名希望
    常識を非常識で描いたもの
    多くの人は、常識の枠内で非常識を表現する。
    校則を破ってみたり、ワルぶってみたり、多少強引に物事を押し進めてみたり、八つ当たりで暴力をふるってみたり。
    しかし、それら多くの非常識は、常識的に許容出来るもの、台本通りの様であり、酷く断罪されることはない。
    この作品の主人公は、破天荒、天才と思われがちだが、その実、単に常識的なだけなのである。
    彼女は、自身の常識を、私達にとって常識の枠外にある手段で実現させる。
    多くの場面で、彼女はただの被害者ではあるが、私達が普通は泣き寝入りする場面でも、きっちりと公平な結果を導く為に、その都度、最低限にして十分な手段を取っているに過ぎない。
    彼女の行動に反感を抱く人は、とても常識的で、社会性の高い人達なのであろう。
    彼女は、破天荒でも、特別な天才でもなく、18歳までに普通身につけるべき偏見のコレクションを持ち合わせていないだけである。
    作品中に、小説家になる方法が描かれているが、彼女にとっては極めて最低限の日常であり、多くの登場人物や読者は気づけていないのかもしれない。
    もし貴方がこの作品を読むのであれば、主人公を、天才、破天荒と誇張するでもなく、只の読書好きな女の子として理解してあげて欲しい。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月12日
  • 匿名希望
    再開を望む!!
    作品がいい所で、お休みされてます。
    この作品は大好きで、ずっと読んできましたが、出版社の都合で、長いこと止まったままです
    早く幸せにしてほしい、でも、バタバタ終わるような作品ではないのです
    他の会社でもいいので続きを描いて欲しいです
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月12日
  • 匿名希望
    長年
    色々な大人の縛りがありまして、続きが休刊されてる作品です
    このシリーズが大好きで、早くハッピーエンドになってもらいたいと思ってます!
    先生に応援という意味でレビューいたしました
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月12日
  • 匿名希望
    バブルとトレンディドラマの嵐の中のカウンター
    個人的な新井英樹の最高傑作のひとつ。
    割と最初は連載当時流行っていたトレンディドラマの一種で、実際にそれは作者も狙っていたよう。だがもちろん底意地の悪さはそこここで発揮され、うまくいかないやるせなさやそれでも進もうとする主人公に共感を覚え勇気をもらえる。
    のはあるところまで。
    この漫画最大の悲劇が訪れてからがこの漫画の本領。
    「うまくいかない」なんて言葉では生易しすぎる、「やるせない」どころの騒ぎでない最悪の展開の後、「それでも進もうとする」主人公はもう共感だの勇気だのそんなカスみたいな美辞麗句とは良くも悪くも100万光年離れた行動に出て、そしてドラマツルギーの塊のような超展開へと結ばれる。
    恐らく(特に女性は)許しがたいシーンが多々あるとは思いますが、それでもこの作品こそがチンケなリアリティだけで物事を描いた気になっている今氾濫中のフォロワーとは違う、物語、漫画ゆえの気合と情念が詰まった名作です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月12日
  • 匿名希望
    巻が進む毎に・・
    徐々に別ジャンルの本になっています。特に5巻になると酷い、お金を返して欲しいくらいです。
    ストーリでの楽しみ感は無くなり、作画も手抜きが目立ちだし、小学生でも興奮しないような色気もない裸の触手プレイばかりの駄作になっています。
    本来の小説では戦いをメインにしてたと思うのですけど??
    • 参考になった 6
    投稿日:2018年08月12日
  • 本編もこちらも購入
    現在刊行の7巻まで購入済み。
    本編(高羽、烏丸)が好きだったのでこちらも購入。
    内容的には、本編でも人気だったらしいウトウと新入社員のΩとの話。
    新入社員のΩの顔に既視感がある(パッとしない、本編で見た事がありそうなモブのような顔面)事や、
    話の流れに必要のない、高羽と烏丸の「その後」の話がかなり出てくる(…メインはそっちじゃないのに…)事を除けば、
    ストーリー的や設定には本編同様の面白さを感じました!
    私個人も、ウトウファンではないのに、何故かウトウに魅力を感じ始めました(笑)続編が出ればまた購入します。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月10日
  • ネタバレあり
    大満足!
    内容的には5巻までで完結している印象…
    6巻は、付き合い始めた彼等の「その後」といった印象でした。何なら続編がありそうなくらいの終わり方!
    二人がそれぞれ、どんどん惹かれていく様子がイイ! 特に久々に仕事で抱かれる楓にヤキモチを妬いたり、相手から庇ったりするシーンが良かった。
    ストーリー的にはお決まりのパターンでハッピーエンドですが、コメディタッチなのでスラスラと気持ち良く読めます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月10日